fc2ブログ
『原発・正力・CIA』
- 2023/12/05(Tue) -
有馬哲夫 『原発・正力・CIA』(新潮新書)、読了。

大学の卒論で原発問題を扱ったので、日本の原発産業の歴史は一通り調べたのですが、
その発端である原子力行政のトップが正力松太郎氏だと知り、
なんで読売新聞の社主が???と不思議に思ってました。
まぁ、ナベツネさんのような政治とズブズブの記者が生まれる新聞社なので、
ナベツネさんの師匠ともいえる正力氏が自民党の真ん中に食い込んでても不思議じゃないか・・・・。

卒業後も、いくつか原発関連の本を読んで、正力氏に関する記述も目にしてきましたが、
まさに正力氏と原発の関係性そのものに目を向けた本作をブックオフで見つけて、
買ってきました。しかも、CIAとか書いてあるし(苦笑)。

学者である著者が、米国で開示された公文書を徹底的に調べ上げ、
米国がCIAルートで正力氏を活用して日本に原発を構築していく様子が詳細に述べられています。

結局は、正力氏の総理大臣になりたいという個人的野望と、
読売新聞や日本テレビといったメディア網を持っている正力氏のメディア影響力を利用したい米国という
非常に実利的というか、功利的というか、打算的というか。
誰も日本そのものの国益を考えていないままに、原子力行政が進んでいったようで
残念な気持ちになりました。

正力松太郎という人物は、読売新聞を日本一の発行部数の全国紙に育て上げ、
民放テレビ第一号の日本テレビを作り上げるなど、日本のメディア王のイメージで、
さぞ有能な経営者で、時代を先読みする能力を持っていたんだろうと想像していましたが、
この晩年の政治への執着を知ってしまうと、老いるって怖いなぁ・・・・と。
米国側の動きが読めていなかったり、意図を理解していなかったり、
往年の先読み力が鈍ってしまっていたのではないかとも思えます。

私個人の意見としては、日本の高度成長や以降の安定成長には
原子力発電は一定の貢献をしてきたと思っているので、
戦後10年経ったところで原発建設に舵を切ったのは、
米国の強力なプッシュがあったとは言え、原爆へのアレルギーもあったであろう日本国内の世論を
よくぞ歓迎ムードにまで引き上げていったなぁと、そこは正力氏のメディアマンとしての
優秀さを感じざるを得ません。

いずれにしても、米国の政治文書をベースにした緻密な解析は興味深かったのですが、
残念ながら学者さんの文章なので、その点での盛り上がりがイマイチでした。
誰か、ジャーナリスト系の作家さんか、企業小説系の作家さんが、正力氏と原発行政というテーマで
手に汗握る作品を書いてくれないかなぁ。




にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  読売新聞 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『ドキュメント 金融庁 VS 地銀』
- 2022/10/17(Mon) -
読売新聞東京本社経済部 『ドキュメント 金融庁 VS 地銀』(光文社新書)、読了。

かつて、金融機関に勤めていたので、金融庁検査は間接的に影響を受けてました。
金融庁が来る!となったら、メガバンク側のカウンターパートナーさんが
「金融庁検査最優先の指示が出てるので、しばらく動きが悪くなると思います、すみません・・・・・はぁ」
とため息交じりに電話がかかってきたものです。

というわけで、金融庁検査に対して、銀行マンは戦々恐々としているというのは
彼らのバタバタぶりから間接的に感じていました。
一方で、私は、直接検査の様子を見たことがないので、どんな感じなのかは
あんまり固まったイメージを持っておりませんでした。
(わたくしテレビ持ってないので、例の池井戸ドラマは見てないです・・・・・苦笑)

さて本作ですが、勝手に「メディアは官庁に対して批判的な言論を持つ」と思い込んでいたので、
思わぬ金融庁への期待感に満ちた本作に、驚いてしまいました。
まぁ、読売新聞は、他の新聞よりも体制に近いところにいるメディアだとは思いますが、
取材当時の森信親金融庁長官の手腕をかなりかっているようで、
その在任期間中に行った金融機関への具体的な指導や処分、
特に地方銀行の統合再編について、評価をする内容でした。

確かに、地銀の統合再編は一時期に一気に進んで、そのたびに、私の勤め先では
ビジネスチャンス!ということで、各銀行に営業に回ってましたし、
実際にいくつか案件を受注してきていました。
金融業界の崩壊を防ぐための金融庁の指導だったのだと思いますが、
その余波で潤った周辺企業もあり、ありがたいことです。

今一度、金融庁の取り組みを本作で追ってみると、
最初に、潰すべきヤバい金融機関は冷酷に潰してしまい、
その後、弱小地銀の再編などで潰れないように誘導し、
土台が整ったら貸付事業の後押しと、フィンテックなどへの積極的参加を促していくという
なかなか、確かにきちんと手順を踏んで改革を実行していっていて、
官僚組織の優秀さが適切に機能すれば、ちゃんとできるじゃないのー!という感じです。

それには、優秀な官僚たちだけではダメで、筋の通った方針を打ち出して
それを有言実行で推し進めていく長官の覚悟と、その長官に信頼して現場を任せ、
また時には障害となる事態の打開を支援する政府与党の本気度が
大事な要素だと実感しました。

森長官の時代は、安倍政権だったので、長官と政権の間の力強い関係が分かりやすく見えますが、
それよりも、小渕政権から小泉政権の間の時期に、潰すべきところは潰すという
腹をくくった対応をしたことで、その後、改善の手を打ったら効くようにできたというところが
キモなのじゃないかなと感じました。

竹中平蔵さんとか、最近のメディアでのいじられ方や自虐ネタにする姿を見てると、
この人は世の中の悪役というものを引き受けて、でもやるべき改革は断行するという
覚悟をしたのかなと、最近ちょっとヒーロー的な目で見るようになってきました(爆)。
いろいろ言われてますが、時には冷たく切るような改革をする人も必要ですよね。




にほんブログ村 本ブログへ


この記事のURL |  読売新聞 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『反ポピュリズム論』
- 2016/03/20(Sun) -
渡邉恒雄 『反ポピュリズム論』(新潮新書)、読了。

ナベツネ氏自ら、自身の最後の書になるだろうとして書き上げた
衆愚政治化する日本の状況を批判した一冊。
小泉政権~菅政権あたりへの批判、そして、これら政権への国民の不満が
表出した一事例として登場した橋下府知事・大阪市長について
思う存分意見を述べています。

最初の印象は、現在の政治状況の考察や提言については意外とまともな意見が多く、
読んでいて勉強になりました。

ただ、読売グループ会長・主筆としての立場でどんな行動をしようとしているのかというと、
やはり政治の世界に踏み込みすぎなのではないかと感じてしまいます。

テレ朝の椿事件について強く批判をしていますが、
ナベツネ氏の政界に対する行動も同じように感じられてしまいます。
椿氏は、テレビ番組の内容を偏向したものにして世論を作り上げようとしたわけですが、
ナベツネ氏も多くのメディアからその動向が注目される立場になってしまっている以上、
新聞の記事を偏向させようとする意図はなくとも、読売会長のナベツネ氏が
公の場で発言したことは、聞いた側は、読売の意見として捉える可能性も十分考えられ、
マスコミの公平性について論じるのであれば、自分の行動も控えるべきではないかと感じました。

読売グループにおける立場からリタイアした後であれば、
何を言おうが、どの政治家と会おうが、何を画策しようが、
それは個人の政治活動だと思うので、あれこれ周囲が言う筋合いのものではないと思いますが。

ま、「マスコミの公平性・客観性」なんて、ないものねだりに過ぎないのですが(爆)。


反ポピュリズム論 (新潮新書)反ポピュリズム論 (新潮新書)
渡邉 恒雄

新潮社 2012-07
売り上げランキング : 154588

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  読売新聞 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『雑学新聞』
- 2015/05/17(Sun) -
読売新聞大阪編集局 『雑学新聞』(PHP文庫)、読了。

新聞読者から寄せられた素朴な質問に、紙面上で回答したものをまとめた本。

よくぞこんな疑問を抱いたなぁと質問者側の着眼点に感心するものから、
わざわざこんなことを新聞社に質問しなくても・・・・と、
読者の暇さ加減に呆れるものまで、いろんな質問が載ってます。

お時間潰しには手頃な本でした。

へぇ~、と思う情報もありましたが、
きっと、すぐに忘れちゃうんだろうな(苦笑)。


新ネタ満載 雑学新聞 (PHP文庫)新ネタ満載 雑学新聞 (PHP文庫)
読売新聞大阪本社

PHP研究所 2010-03-02
売り上げランキング : 623517

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  読売新聞 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |