fc2ブログ
『サイコパス』
- 2023/12/07(Thu) -
中野信子 『サイコパス』(文春新書)、読了。

「サイコパス」という言葉は、昔、ヒッチコックの『サイコ』を見たので、
偏執狂的で常識はずれな人・・・・ぐらいのイメージを長年持っていましたが、
岡田斗司夫氏のYoutubeチャンネルを見るようになってから、
「サイコパスの人生相談」コーナーが好きで、身近な存在になりました。

岡田氏自身が、自分自身がサイコパス気質であるという前提で人生相談にのっており、
サイコパスが人生相談に答えるメリットは、情緒的な要素とか、「常識」と言われる要素とかを排除して
目の前の相談にある事実のみから状況を把握分析し、客観的に効果のありそうな解決策を提示できる
というサイコパスの特徴を良い方に利用しようという目的なところが興味深いです。

この動画シリーズを見るようになって、サイコパスは「良くも悪くも極端な性格」
「社会に害を与える人もいるが、それよりも社会に良い影響を与える人の方が多そうだ」
という風に理解が変化しました。

そして、私自身も、岡田斗司夫氏ほどではないですが、他人の感情よりも
結果や効果、効率を重視して決断する傾向にあるので、ややサイコパス傾向あるのかなと。
「こういう割り切ったことを提案したら、相手は気分を害するだろうな」とか
「こんな身も蓋もない言い方したら嫌な顔されるだろうな」という想像はできる方なので、
そこに想像が至らない・・・というサイコパスの本質は私にはありませんが、
想像したうえで、「ちょっと気分を害しても、こっちの方がメリットあるよ」と思ったら
メリット重視の決断をしてしまうので、ややサイコパス的な面があるかなと。

そういう点で、自分の性格の評価ができるかな?と思って本作を読んでみましたが、
正直なところ、イマイチでした。
理由は、「サイコパス=社会に害悪を与える人」という枠組みの中で議論を展開しているように思え
岡田氏の講義に比べると、薄っぺらいというか、読者側の「非常識な人の心理を知りたい」というような
ゲスな期待に応えて本を売ろうとしているような印象を持ってしまいます。

本作でも、例えば、医者とか弁護士とか学者とか、感情に流されずに客観的に効果追求する必要性が
ある職業の人にサイコパス傾向の人が多いという話は出てきますが、そこから
「サイコパスの冷徹さは社会に役立つ面があるんですよ」という方向の話はほとんど膨らませないので
ちょっと印象操作気味じゃない?差別的な感じがしない?という風に思えてしまいます。

そうは言いつつ、負の方に振り切れている側面の心理学的調査や社会学的調査、遺伝学的調査には
やっぱりそれはそれで興味があるので、面白く読めた面もあるのですが。

負の面を強調しすぎる著作、そして断言が目に付く著作は、
こういうセンシティブなテーマを扱うには、ちょっと偏見を助長してしまいそうで、
学者さんなんだから、もうちょっと慎重な文章で綴ってほしかったなと思いました。






にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  中野信子 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『毒親』
- 2023/02/09(Thu) -
中野信子 『毒親』(ポプラ新書)、読了。

先日読んだ著者の本が面白かったので、
ブックオフで本作を見つけて、「毒親」という社会問題も気になっていたので早速読んでみました。

ところが・・・・・うーん、これが科学者、医学博士を名乗る人の文章なのかなぁ?と思ってしまうほど
内容がふわっとしていて、しかも主観的です。
そもそも、毒親の定義がなされないまま、なんとなく話が始まっていくので、
エッセイでも読んでいるのかしら?と思えてしまうような内容の薄さです。
ところどころに実験の話が出てきますが、あんまり毒親議論の本質を食っていないような感じです。

自然科学系の学者さんって、基本的に、「用語の定義 ⇒ 仮説 ⇒ 実験・観察 ⇒ 検証・考察 ⇒ 結論」
という流れで文章を書くというか、物事を考えると思うんですけど、
定義もなければ仮説もなく、結論も良く分からない本でした。

なのに、意外とAmazonのレビュー平均は4点で、高くてびっくりしました。
高評価の人は、自分自身で悩みを抱えている人が多いようですね。
内容に共感できたり、苦しみが少し軽減されたりという点が評価されているようです。
一方で、低評価の人は私と同じような感じの感想が多かったです。

要は、当事者は共感でき、私のように考察の対象として知的好奇心から読んだ人は
あまりのフワフワ感に納得がいかなかったという感じでしょうか。

そうか、こういう本が世の中では求められているのか・・・・・と、
ある種のショックを受けてしまった読書でした。




にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  中野信子 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『空気を読む脳』
- 2023/01/03(Tue) -
中野信子 『空気を読む脳』(講談社+α新書)、読了。

新年一発目に読んだ道尾作品の解説を中野信子氏が書いていて
「そういえば、積読にあったはず・・・・」と探したら、本作が出てきました。

解説では「サイコパス」について脳科学者の立場で語っていたのですが、
本作を読んでみて感じたのは、脳科学者自体がサイコパスだよねー、と(爆)。

例えば、知能レベルについて、忍耐強いのか短気なのかという性格について、
異性愛者なのか同性愛者なのかという性向について、うつ気質があるかないかについて、
これら私たち人間が人生という大きな軸の中で悩み続けるであろう事象に対し、
「これは遺伝の可能性が●%」「○○という化学物質の保有が濃密だと◎◎という性格になる」
こんな風に科学的な研究成果で明確に事実を提示されちゃうと、
身も蓋もないよなー、となっちゃいますよね。

正直、世のお母さんが自分の子どもに向かって「やればできる!」と勉強を鼓舞するのは、
無駄というか、子供に対して嘘をついてるよね・・・・と私が感じちゃっているのは事実。
親の頭の物理的な知能レベルと、親が読書好きかというような趣味嗜好と
親がコツコツ努力することが好きな性格か、またその姿を子供に見せているか、
というような、要は遺伝で、子供の性質はほとんど決まっちゃうと思っているので。
自分自身がやったらできた親から、やればできる子は生まれてきやすいけど、
自分がやってこなかった親からは、やれない子が生まれてくる可能性が高いよねーと。

でも、「やればできる」と言い続けて「もしかしたら、自分もできるかも」と子供に希望を持たせることは、
「親ガチャにハズレた自分は何やっても無駄だよ」と諦めて社会からドロップアウトしてしまう子を
減らすために有用な対策だと思うので、社会全体の治安維持のためには必要な声掛けだと
考えています。この私見も、身も蓋もない意見ですけど・・・・。

世の中的には、例えばクローン技術の研究とかに対して、
「神の領域に踏み込む蛮行」だとして批判の声があがるケースが多いように思いますが、
私は、それ以上に、脳科学分野の研究の方が、アブナイ研究のように感じます。

ある程度、人間の性質や能力が、遺伝子や体質などで推定できてしまうようになると、
「優生思想」が生まれてきやすくなるのではないかと危惧しています。
クローン技術で「同じものを複製することができる」ことよりも、
脳科学で「優秀な家系を特定できるようになる」ことの方が
よっぽどアブナイ社会を生み出しそうな気がします。

それに対して著者が、例えば、「『合理性を欠く行動をする』性質は、『劣った』性質であり『弱み』と
みなされやすいが、この弱みを持っている人間が世の中から減っていかないということは
そこから社会集団が得ているメリットが当然あるはずだ」という趣旨のことを指摘しており、
短絡的な優劣評価を戒めています。
この前読んだ遺伝の本でも、「自閉症の人が時代を経ても減っていかないのは、
自閉症の人がその社会に何か強さを与えているために、自閉症の人が存在している社会が繫栄した結果」と
書かれており、この視点は面白いなーと感じたばかりでした。
多様性と寛容さが、集団に強さをもたらすのだろうなと。
この視点は、脳科学の各本で、もっと強調して書かれるべきことかなと思います。

そういうアブナさを危惧しつつも、でも、やっぱり、脳科学の研究成果を読むのは、
知的好奇心を刺激されて、とても面白く満足できるんですよねー。
怖い怖い。




にほんブログ村 本ブログへ


この記事のURL |  中野信子 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |