fc2ブログ
『小倉昌男の福祉革命』
- 2023/11/29(Wed) -
建野友保 『小倉昌男の福祉革命』(小学館文庫)、読了。

クロネコヤマト創業者による障害者の働く現場改革の本。

ブックオフでたまたま本作を見つけるまで、クロネコヤマトが財団まで作って
障害者支援事業をしているなんて知りませんでした。

そもそも障害者支援に取り組もうとしたきっかけについては明かされておらず、
小倉氏本人の談として「なんとなく、ハンディキャップを持っている人が気の毒だから、何とかしてあげたい」
という風に、特別なきっかけはなかったとされています。

しかし、お金を出すだけでなく、自ら全国の現場に足を運び、講演もして回り、
必要に応じて事業立ち上げの指導までする、ここまで熱意をもって取り組まれているからには
きっと具体的な、心動かされる出来事があったのではないかなと勘ぐってしまいます。
関係者の方への配慮で公言されていないだけで。

本作で一番印象に残ったのは、やはり、障害者と言えども労働をするのであれば
適切な労働対価を受けるべきだ、という考え方と、
そもそも消費者のニーズに合っていないものを「障害者が頑張って作ったから」という「付加価値」で
売っていこうとするやり方には限界があるだろうという冷静な目線です。

時々、地域のいろんな事業者さんが出店しているマルシェとかに行くと、
福祉団体さんとか、農福連携事業者さんとかが、クッキーを売ったり、野菜を売ったりしています。
そのとき、周囲の来場者への声掛けで、「美味しいクッキーですよ」「安心安全な野菜ですよ」と
謳うのは当たり前の商売活動であり、「どんなものを売ってるのかちょっと覗いてみようかな」と
立ち寄ることもありますが、反対に「障害者が作りました!」だけを連呼する団体さんも居て、
「少しでも自立できるように、もしくは働く喜びを感じるためにやっているはずなのに
障害者であることだけをプッシュするのは、逆に施しを受けたいとせがんでいるようだ」と
感じてしまいます。

本作では、特に、クロネコヤマト関係者が質実ともに支援しているパン屋の事業が紹介されていますが、
その「スワンベーカリー」は、障害者雇用の件を大々的に商品PRに活用しているわけではなく、
一般の消費者が「パンが美味しいから」「宅配してくれて便利だから」という理由で利用しているようです。
「障害者が働く店」としてではなく、「パン屋」として地域で認識されているわけで、
これが本来の商売のあるべき姿だと思います。

経営者側も、これだけ障害者を雇用すれば、これだけの支援が受けられるという思考ではなく、
これだけの従業員を雇うなら日商は少なくともこれだけ必要、というフツーの経営者目線で
物事を考えています。
たまたま雇っている従業員に障害者が多いというだけで、
このパン屋の経営者は、パン屋を経営している自覚のもとで活動しているんだろうなと思います。

そして、読み終わってからWikiで調べてみたら、
創業から25年経った今も、クロネコヤマト関係者が直接手掛けている直営店以外に、
全国に多くの店舗が広がっていて、何より、本作で紹介されている十条店や三原店が
今も存続しているということが素晴らしいと思います。

普通の新規創業のパン屋で、25年も続けられたら大成功だと思いますし、
25年も経てば店舗運営の中心人物たちは代替わりしていてもおかしくないので、
すでに、個人の思いではなく、組織として存続できる経営能力が備わっているのだと思います。

障害者雇用事業に関する小倉昌男氏の講演は、、障害者福祉に関わる仕事をしていない私でも、
自社の経営を見直すために、とても有意義な内容なのではないかと思い、聞いてみたいです。
ネット世界を調べたら、講演録とか動画とか出てくるかしら?




にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  小倉昌男 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『小説ヤマト運輸』
- 2022/01/09(Sun) -
高杉良 『小説ヤマト運輸』(新潮文庫)、読了。

高杉作品は何作か読んでみて、肌に合わないと感じてしまい
距離を置いてきたのですが、最近読んだ経営書にクロネコヤマトの話が出てきて
「そういえば積読で放置してたな・・・・」と思い出して、取り出してきました。

以前、クロネコヤマトの本は読んだことがありましたが、
そちらは宅急便サービスが始まって以降の成長物語だったので
本作が、宅急便の開始に際して、小倉昌男氏が労働組合に新事業挑戦を認めさせようと
苦労をするシーンから始まり、そうそう、そういうところから知りたかったのよ~、と引き込まれました。

ただ、残念ながらやっぱり高杉作品は私には合いません。
場面の繋ぎが雑なのか、著者が書きたいエピソードを並べて終わってしまっている感じがあり
なんだか城山三郎作品を読んでいるときのような、物語、小説としてのワクワク感が湧いてこないです。

小倉昌男氏だけでなく、彼を支えた幹部陣や、戦争を挟んで職場復帰してきた俳人など
とても仕事に熱心で、かつユニークな人材がいるのに、
イマイチそのクロネコ魂の熱さのようなものが作品からは伝わってきませんでした。
もっと滑らかなストーリーテリングを望みたくなってしまいます。

予想外に良かったのは、小倉昌男氏について書かれた本だと思っていたら、
その父親の康臣氏についてもかなりページを割いていて、
しかも康臣氏も運送会社創業者としてのパワフルな人物であることが分かり、
非常に興味深かったです。

この父親から、この息子が生まれてくるという、これはもう、
会社にとって奇跡としか言いようのない僥倖です。
そりゃ、社員もみんな付いていきますよね。
この父親目線での帝王学の本を読んでみたいなと思ってしまいました。

そして、息子の昌男氏の宅急便にかける思いが強く強く表現されていますが、
まさに、お客様のニーズが全てで、そこに応えるためには提供サービスはこうあるべきだという
理念が社長から末端社員までびしっと貫通しているところが
クロネコヤマトの強さかなと思います。

お客様に満足いただけるサービスを提供しているという自信があるから
送料の値上げを業界で最初に発表したり、Amazonとの契約見直しに着手したり
かなり強気の戦略も打てているのだろうとな思います。

クロネコヤマトさんと普段仕事でお付き合いがありますが、
ドライバーさん1人1人、営業所の職員さん1人1人、それぞれが信頼できる人なのは
会社としてこういう歴史とバックボーンがあるからなんだなと納得できました。




にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  小倉昌男 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『クロネコヤマト個を生かす仕事論』
- 2018/05/20(Sun) -
瀬戸薫 『クロネコヤマト個を生かす仕事論』(三笠書房)、読了。

普段、クロネコヤマトさんには大変お世話になっています。
他の運送会社さんとは違って、1人1人の従業員の方のホスピタリティが
非常に高い会社だという印象を持っています。
その人づくりの秘訣は何なのか。

また、一運送会社が、民間向けの小口宅配というサービスを開発し、
宅配便というジャンルを確立させたという成長譚は、
毎日サービスを利用させていただきながらも、どうやってこんなネットワークを
張り巡らせることに成功したのだろうかと、不思議な気持ちにとらわれます。
誰もやろうとしなかったビジネスモデルを、一事業者の立場で
どうやって全国展開をなし得たのか。

この2つの疑問が、いつもクロネコヤマトさんには付きまといます。
それが本作で分かるかな?と思い、手に取ってみました。

しかし、著者は、「宅急便」の生みの親である小倉昌男氏に仕えていたとはいえ、
入社年に「宅急便」サービスが始まっており、
そのサービス開発秘話の最も根源的なところには関われていないため、
本作でのエピソードも、必然、「宅急便」を拡大していく過程の話になります。

1つ1つのサービス拡充エピソードも面白いのですが、
しかし、やっぱり枝葉末節感は拭えません。

人材育成に関しても、著者の仕事観はモーレツ社員に近いように思え、
今の時代では「ブラック企業」と叩かれかねない感性に思えました。
昨年の値上げのドタバタの原因は、この人に代表される経営者の姿勢に
あったのではないかと思えるほど。

というわけで、残念ながらニーズに合わない読書となりました。
やはり小倉さんの著作を読まないとダメなようです。


クロネコヤマト「個を生かす」仕事論―“伸び続ける集団”の「発想・行動・信念」クロネコヤマト「個を生かす」仕事論―“伸び続ける集団”の「発想・行動・信念」
瀬戸 薫

三笠書房 2013-04
売り上げランキング : 456763

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  小倉昌男 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |