『鈴木敏文の統計心理学』
- 2010/12/13(Mon) -
勝見明 『鈴木敏文の統計心理学』(プレジデント社)、読了。

時々気になって買ってしまうセブンの鈴木氏の本。

これまで、流通業における経営理念のようなものを取り上げた作品を読んでいたので、
経営者としてのモノの考え方のような、もう少し概念的なところが読めるかと思い
本作を挑戦してみました。

前半は、どのような視点で世の中を見ているのか、
また世間一般の判断軸と異なる判断をする思考回路についての話が多く、面白かったです。

後半は、流通業における具体的なお話が増えてきたので、
以前に読んだものと重なる話もありましたが、
それでも、改めて考えさせられるものが多かったです。

インタビュアーの勝見氏は、梅おにぎりの話が好きですね(笑)。


鈴木敏文の「統計心理学」―「仮説」と「検証」で顧客のこころを掴む鈴木敏文の「統計心理学」―「仮説」と「検証」で顧客のこころを掴む
勝見 明

プレジデント社 2002-10
売り上げランキング : 227686

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ
この記事のURL |  鈴木敏文 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『「大きな仕事」ができる人、できない人』
- 2009/06/24(Wed) -
国友隆一 『「大きな仕事」ができる人、できない人』(PHP出版)、読了。

これは、あまり残るものがありませんでした・・・・残念。

もう一歩踏み込みが足りないというか、
決めどころの発言や行動の描写がピンポイントに欲しかったです。

あと、章立てがあまり整理されていないようにも感じました。


鈴木敏文に学ぶ「大きな仕事」ができる人、できない人
鈴木敏文に学ぶ「大きな仕事」ができる人、できない人国友 隆一

PHP研究所 2006-03
売り上げランキング : 513519


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ
この記事のURL |  鈴木敏文 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『鈴木敏文 考える原則』
- 2009/04/11(Sat) -
緒方知行 編集 『鈴木敏文 考える原則』(日経ビジネス人文庫)、読了。

こちらは「阿修羅展」を待ちながら。

店長会議で語られたという言葉の数々をピックアップしてまとめてあります。

いかにしてお客様のニーズに気づき、商品ラインナップを揃えるかという命題では、
「アロケーション的販売」として全店一律の販売方式を否定しています。
これは、『パーミションマーケティング』で述べられていた内容と
同じ趣旨のことを言っているのだと、繋がりました。

今の時代にどう対応するのか、
今の時代のお客様にどう対応するのか、
日々考えていかなければならないことだと再認識しました。

鈴木敏文 考える原則 (日経ビジネス人文庫)
鈴木敏文 考える原則 (日経ビジネス人文庫)緒方 知行

おすすめ平均
starsどこまでも繊細な論理
starsどこでも通じる仕事の原則
stars考える原則=行動の原則
stars生きていくうえでの原則ですね
stars読む面白さと実践との間

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

パーミションマーケティング―ブランドからパーミションへ
パーミションマーケティング―ブランドからパーミションへSeth Godin 阪本 啓一

おすすめ平均
starsインターネット時代のマーケティング
starsためになった。
stars多額の広告費を費やす前に
stars今となっては当たり前となった手法
stars友達マーケティングについて

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ
この記事のURL |  鈴木敏文 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『鈴木敏文語録』
- 2009/03/27(Fri) -
緒方知行 編集 『鈴木敏文語録』(祥伝社文庫)、読了。

わかりやすく簡潔にまとめられていて、
鈴木理論のエッセンスがつかめました。

金融業とか製造業とかは
けっこうガチガチの学問のような理論を持っているように感じるのですが、
流通業だと、消費者と直接接点があるという分、
現実社会に立脚した柔軟な考え方のように思いました。

「『価値』の中に『価格』が含まれている」というのは
印象に残る面白い表現でした。


鈴木敏文語録―「自分を変える」「人間の心理をつかむ」 (ノン・ポシェット)
鈴木敏文語録―「自分を変える」「人間の心理をつかむ」 (ノン・ポシェット)緒方 知行

祥伝社 1999-02
売り上げランキング : 338827

おすすめ平均 star
star小売業とは・・・

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  鈴木敏文 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『鈴木敏文の「商売の人間学」』
- 2009/02/01(Sun) -
勝見明 『鈴木敏文の「商売の人間学」』(大和書房)、通読。

こちらも図書館で。
鈴木敏文氏の著作はいつか読まねば・・・と思いながらも
まだ未着手でいます。

とりあえず、簡単に読めそうな本があったので
予習がてら読んでみましたが、分かりやすい!そして面白い!!

冒頭の「梅おにぎり」の話で引き込まれてしまいました。

具体例が理解しやすく、
また、そこから導き出される理論が汎用的なフレームになっているんです。

ユーザーの多様なニーズに応えるために
とにかく多くの商品を並べればよいのではなく、
その商品をなぜ陳列するのかを十分に考え、
陳列に至った思考の物語をお客様と共有することができれば売上が上がる。

この教えは見事です。

初心者には良い一冊でした。


図解 鈴木敏文の「商売の人間学」―なぜ、買うのか売れるのか
図解 鈴木敏文の「商売の人間学」―なぜ、買うのか売れるのか勝見 明

大和書房 2006-07
売り上げランキング : 99222

おすすめ平均 star
star実践的経営の広くおすすめしたい良書
star分かりやすい焼き直し
starギャップに惚れました(笑)

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ
この記事のURL |  鈴木敏文 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |