FC2ブログ
『落語的笑いのすすめ』
- 2020/12/31(Thu) -
桂文珍 『落語的笑いのすすめ』(新潮文庫)、読了。

桂文珍師匠が慶応大学で行った講義の記録。

正直、大学で芸能人や有名人が教鞭をとるというのは、
学生を集めるのに必死な二流三流大学がやる手法だと思っていたのですが、
慶応大学でもこういう講義をやるんだなぁ・・・・と最初は思ってしまいました。

が、読んでみると、「現代芸術」という講義において、
落語や浄瑠璃などの古典芸能の話をしながら、笑いというものを語っていきます。

なるほど、確かに、ただの有名人ではなく、落語家であれば
その職業のもつ歴史や他の古典芸術との違いなどを語れば、
十分に「現代芸術」という内容の講義になるのだなぁと変な感心をしてしまいました。

もちろん、落語家の仕事を話しているだけではダメで、
落語というジャンルと他のジャンルとの比較文化論的な考察や、
落語における笑いの構造のような分析を行えてこその講義ですから、
やはり著者ならではの視点が入っていると思います。

そして、落語家らしさと言えば、1つの講義における起承転結がしっかりと考えられていること、
また全9回の講義の全体の流れも練られていて、そこはさすが、ストーリーで笑わせる落語界の
トップを取った人の力だなと思いました。

慶応大学で早稲田大学の話題を出したり、福沢諭吉先生をディスったり、
まぁちょっと毒があるところもさすがです。

難点は、文章が、講義録の書き起こしのようになっているところで、
ちょっとした話し方の癖なんかもそのまま書いてあるので、
最初はすごく読みにくさを覚えました。
中盤まで来るとだんだんリズム感みたいなものがつかめてきて、スムーズに読めるようになりましたが
文章に関しては、もう少し工夫の余地があったのではないかと思ってしまいました。

最後の方で著者が学生の前で披露している新作落語の「心中恋電脳」は、
何年か前の正月番組で師匠が演っているのをたまたま見て爆笑した記憶があります。
それを改めて本作において文章で読んだら、やっぱり落語は生だよな・・・・と
当たり前の感想になってしまいました。




にほんブログ村 本ブログへ


この記事のURL |  桂文珍 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『日本の大学』
- 2015/10/31(Sat) -
桂文珍 『日本の大学』(PHP文庫)、読了。

落語家が大学で講義を行ったことについてのエッセイ
・・・・・・と聞いたら、毎週いかに面白い話を繰り広げたのかが気になるところですが、
本作は、結構、お堅いつくりです。

というか、著者がかなり説教臭い性格をしています(苦笑)。

文章表現は相応に柔らかいのですが、眼差しが厳しいというか、チクチクしているというか。

ちょっと方に力が入りすぎたんじゃないのかな?と思ってしまうエッセイでした。


日本の大学 この国の若者は、こんなんでっせ! (PHP文庫)日本の大学 この国の若者は、こんなんでっせ! (PHP文庫)
桂 文珍 森 毅

PHP研究所 1992-03-31
売り上げランキング : 114484

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ


この記事のURL |  桂文珍 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『落語的学問のすすめ』
- 2010/01/15(Fri) -
桂文珍 『落語的学問のすすめ』(新潮文庫)、読了。

元旦のテレビで、文珍師匠の「THIS IS I.T.」という新作落語に爆笑。
その勢いで、古本屋で一冊、師匠の本を買ってきました。

関西大学で1年間非常勤講師をした時の講義録です。

笑って読める一冊ですが、
これが大学生の受ける講義かと思うとちょっと残念。
もうちょっと「国文学」の講義らしく、
落語の歴史とか、構成とか、ある落語の舞台となっている時代背景を語るとか、
踏み込んだ内容のものが聞きたいですよね。

時事ネタに対する学生の反応も薄そうだし。

読み物としては面白かったのですが、
大学の一風景としてはお寒い感じです。


落語的学問のすゝめ (講談社+α文庫)
落語的学問のすゝめ (講談社+α文庫)
講談社 2006-07-21
売り上げランキング : 164491


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

東京に原発を! (集英社文庫)
東京に原発を! (集英社文庫)
おすすめ平均
stars反原発派のアジテーション
starsなんて言うものを作ってしまったのだろう
stars原子力コジェネレーション
stars時代に警鐘を鳴らした名著

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  桂文珍 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |