FC2ブログ
『女子と鉄道』
- 2020/08/24(Mon) -
酒井順子 『女子と鉄道』(光文社文庫)、読了。

またまたド繁忙に突入して、全然本が読めていません。
寝る前のほんの10分、15分とか、食事の時間の10分とか、細切れ読書です。

なので、細切れ対応しやすいエッセイを選んでますが、
図らずも鉄道女子の本が続きました

能町さんのエッセイは、「鉄道大好き!」というご本人のワクワク感が凄く伝わってきて
面白い読書だったのですが、本作の方は、どうにもワクワク感がイマイチ・・・・というかゼロな感じ。
以前にも著者による地下鉄のエッセイを読んだのですが、
「ほんとに鉄道が好きなのかしら?」という感想を抱きました。
なんだか、仕事として電車に乗ってる感じがするんですよねー。

能町さんと何が違うんだろう?と思いながら読んでいたのですが、
まずは、エッセイの内容が、鉄道に乗りに行った話から、鉄道土産の話、痴漢の話と多種多様なので、
エッセイ本としてはバラエティに富んでいて良いのかもしれませんが、
鉄道を軸に見ると、「この人は鉄道の何が好きなんだろう?」というのが掴めない感じです。

あと、基本的に一人旅なので、著者が自分の目で見た外の世界の話が主になってしまい、
担当者編集者さんと2人で行動していた能町さんの方が、特に鉄道好きでもない編集者さんとの
対比を描くことで鉄道女子の生態を分かりやすく提示してくれたのに比べて、
なんだか主観的な世界観が広がっているように思ってしまったのかもしれません。

本作でも、男性の鉄道ファンと一緒に旅をする様子も描かれているのですが、
どうにも、同行男性は補助的存在にすぎないところが、勿体ないのかなぁ。

著者の文章の特徴かもしれませんが、冷たい感じを受けてしまうのが、
鉄道とは相性が悪いような気がしました。
もうちょっと人間味のある文章を書く人の方が、鉄道という存在には合ってるように思います。




にほんブログ村 本ブログへ


この記事のURL |  酒井順子 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『食のほそみち』
- 2020/07/11(Sat) -
酒井順子 『食のほそみち』(幻冬舎文庫)、読了。

食にまつわるお手軽エッセイ。
決して、食通とかグルメとかいう立場ではなく、
食べることは好きだけど、グルメではないというお気楽な立場なので
こちらもお気楽に読めます。

「ごはん」「豆腐」「水」の良し悪しが分からないとか、同感(笑)。
お米は、魚沼産こしひかりは確かに美味しいと思いましたが、
そのようなずば抜けて美味しいお米以外は正直そんなに違いが判りません。
お米そのものよりも炊飯器の能力差の方が、味への影響度が大きいような気がしています。

「無駄海老」問題とか、今まで考えたことがなかったですが、
確かに言われてみれば、「無駄海老」なエビって、ありますねー。
エビって食材として安いということなんですかね?

「マロニーちゃん」問題も、我が家は全くマロニーを使わないのですが、
そんな私でも「マロニーちゃん」と言ってしまう恐ろしさ。

一方で、共感できないトピックスもありました。
汁物が苦手とか、飲めないとか!

そういう共感できない部分も含めて、自然体のエッセイだなと感じました。




にほんブログ村 本ブログへ


この記事のURL |  酒井順子 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『地下旅!』
- 2019/06/06(Thu) -
酒井順子 『地下旅!』(文春文庫)、読了。

雑誌『CREA』に連載されていたエッセイだそうで、
著者が東京の地下鉄に乗って出かけた先での探訪記。

ただ、枚数が少ないせいか、そんなに深く各町を紹介しているわけでもなく、
駅から歩いていける距離の観光地を訪れた感想文といった感じです。

訪れている先も結構オーソドックスな場所が多いと言いますか、
あんまり「おっ!」という感じのチョイスはなかったです。

そして、あとがきで「鉄道好き」と自称されてますが、
正直、あんまり鉄道好きな様子は本文から伝わってきませんでした。
日常生活で地下鉄をよく使っているというのは感じられましたが、
一般的な東京都民レベルな感じを受けました。

雑誌に載っているエッセイとして読む分には、
程よい気分転換な文章なのかもしれませんが、
一冊にまとめてしまうと、ちょっと内容の薄さが際立ってしまったような気がします。




にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  酒井順子 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『会社人間失格!!』
- 2007/07/17(Tue) -
酒井順子『会社人間失格!!』(角川文庫)、読了。

私の夏休みも今日が最終日(実は6連休でした)。
映画に海に美術館にと、遊び呆けていたので、今日は家でのんびり。

重いものを読むのも大変だと思い、酒井女史のエッセイをば。
その名も『会社人間失格!!』。
まるで明日からの出勤を拒んでいるかのような選択に苦笑。

女史の作品は初めてだったのですが、
軽いタッチの本音エッセイに、「そうだよね~」なんて共感しつつ、
2時間程度で読み終わってしまいました。
すでに本作でも「負け犬」的な発想の萌芽が見えているようで、
女史の作品は、どれもこんなテイストなのかしら?と
早々に理解したつもりになってしまうのは良くないかな??




にほんブログ村 本ブログへ
この記事のURL |  酒井順子 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |