FC2ブログ
『帝王学ノート』
- 2020/04/04(Sat) -
伊藤肇 『帝王学ノート』(PHP)、通読。

こちらもイタダキものの本。

安岡正篤氏の教えを中心に、経営者や政治家、研究者のことばをもとに、
どう生きるべきかということが語られています。

タイトルの「帝王学」という言葉のニュアンスから、
「日本社会を背負っていく特別なグループの人材に対して志などを解いた本」かと思ったのですが、
もうちょっと対象が広くて、「高い見地で生きていこうと目指している人全般」を相手に
語っているのかなと思う内容でした。
もっと特定の人に対して「お前たちはこうあるべきだ」と説く本かと思っていたので、
ちょっとイメージと違いました。

Wikipediaで「帝王学」を調べても、
「王家や伝統ある家系・家柄などの特別な地位の跡継ぎに対する、幼少時から家督を継承するまでの特別教育」
と書かれているので、私のイメージの方に近いことを指す言葉だよなぁ・・・・・と。

前に読んだ著者の本でも、安岡正篤氏のことが中心に書かれていたので、
著者にとっては「帝王学=安岡正篤の教え」という意味なのかもしれませんね。

前作の読書感想でも「安岡正篤氏の作品も、早々に読みたいですね。」と書いている通り
本作を読んでも、「安岡正篤氏を読まないと」という思いで終わりました。
結局、今までに1冊しか読んでいないので、もっと深堀しないといけないですね。




にほんブログ村 本ブログへ


この記事のURL |  安岡正篤 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『安岡正篤 昭和の教祖』
- 2011/09/11(Sun) -
塩田潮 『安岡正篤 昭和の教祖』(文春文庫)、読了。

やっとこさ、安岡正篤についての本を読みました。
昭和のフィクサーの1人のような存在だと知ってから数年・・・・・。
なかなか手ごろな本が無くて。

漢籍に関する知識や、政治の世界を冷静に眺め視点がどのように構築されていったのか、
子供時代・青年時代での、師となる大人や友人たちとのやりとりを活き活きと描写していて、
イメージしやすかったです。

しかし、政治家たちと接近した後の時代では、
政治家たちと関係を構築することには積極的だったり、
時には政治の世界と距離の置いたり、一方では身内の登用をねじ込んだり、
全体的にはバランス感があるような印象を持ちつつ、
でも、その行動の判断軸の切り替え方は、ちょっと分かりづらかったです。

政治の世界にあれこれ口を出すけれど、
決して、自ら行動を起こし、火中の栗を拾うようなことはしない・・・・・
このスタイルは、60年代、70年代の激動の政治の時期を思うと、
結構な批判を浴びたのではないかと思われ。
それなのに、影響力を持ち続けたところは、さすがの演出力です。

最後の最後、細木数子女史が登場してきたときには驚きましたが、
さらに、まさかの展開(爆)。

安岡正篤とは、なんとも不思議な存在です。


安岡正篤―昭和の教祖 (文春文庫)安岡正篤―昭和の教祖 (文春文庫)
塩田 潮

文藝春秋 1994-11
売り上げランキング : 720904

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

あなたの運命開運の箱(全7冊) 平成24年版 (2012)あなたの運命開運の箱(全7冊) 平成24年版 (2012)
細木 数子

ベストセラーズ 2011-08-17
売り上げランキング : 58379

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  安岡正篤 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『現代の帝王学』
- 2008/07/31(Thu) -
伊藤肇 『現代の帝王学』(講談社文庫)、読了。

なんとなく買ってきて積読になっていたのですが、
読み始めたら意外と面白かったです。

故事成語や格言、古典の引用にとどまらず、
現代の経営者の生の言葉を多数示しているので、
読んでいて具体的に理解することができました。

また、その守備範囲の広さに驚きました。

安岡正篤氏の作品も、早々に読みたいですね。


現代の帝王学 (1979年)
現代の帝王学 (1979年)伊藤 肇

プレジデント社 1979-04
売り上げランキング : 264213


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

安岡正篤一日一言―心を養い、生を養う
安岡正篤一日一言―心を養い、生を養う安岡 正篤

おすすめ平均
starsまさに座右の書
stars難しいがチャレンジして読んでみるべき本
stars「自分から」を思い知らされた。
stars腹に収めて忘るべからず
stars安岡正篤一日一言

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ


この記事のURL |  安岡正篤 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |