FC2ブログ
『約束の日』
- 2020/02/29(Sat) -
小川栄太郎 『約束の日』(幻冬舎文庫)、読了。

2か月前に安倍総理を描いた本を読みましたが、
本作もまた安倍シンパと目される著者によるものです。

前に読んだ山口氏の本は、官邸キャップとして安倍総理にベッタリ貼り付いて
取材をする中で見てきた安倍総理のリーダーシップを表現した本だと思いますが、
本作は安倍総理の政治家としての思想を解説した本だと感じました。

第一次安倍政権の時は、正直、あまり当時の政治情勢とか記憶にないんですよね。
当時、仕事で、自社の事業分割とか、提携先企業との合併とか、
結構大変な仕事を担当しており、会社に泊まり込みとかしてたので
全然、社会のニュースを見ておりませんでした。
あぁ、退陣したんだ・・・・ぐらいで。
なので、当時、安倍総理がどんな政策を打ち出していたかとか、
どんな反対に遭っていたのかとか、全く記憶にありません。
社会人失格ですね。

その後、安倍総理自身による『美しい国へ』も読んだことがありますが、
イマイチ刺さってこなかったです。
民主党政権下で読んだので、隔世の感過ぎて頭に入ってこなかったのかも。

で、本作ですが、ようやく安倍総理の考えというものがクッキリスッキリわかりました。
最近、残業しながらYoutubeの報道系チャンネルをよく見るようになったので、
自分の理解が進んだということもあると思いますし、
保守系チャンネルをよく見てるので、著者のような立場の方々の物言いに慣れてきたところも
あるのかと思います。

私は、安倍総理の個々の政策には疑問を持つこともありますが、
一人の政治家としては結構信頼しています。
それは、主張する政策の軸がブレないからです。
憲法改正、教育改革、財政改革、農業改革、行政改革など、大きな問題に取り組むにあたり、
大きなビジョンを描いてそこから個々の政策に話を降ろしてくるので、
自分なりに内容の賛否を考えるにあたって、判断しやすいんです。
毎日コロコロ言うことが変わった民主党政権とは違ってね。

今、これだけ反安倍の勢力が存在しているというのも、
安倍総理のビジョンが明確だから反対しやすいという点があると思います。
例えば憲法改正について、真正面から取り組もうとするので、
反対派は必死になって反対しますし、手段を選ばず安倍総理をその座から降ろそうと画策しています。
反安倍勢力の必死さが、そのまま安倍総理の強さとなって表現されてしまうような
皮肉な見解にあるように思います。

一方で、3期目の終わりが近づいている今、
政権運営がかなり雑になってきたような気がしてなりません。
個別課題に対するすごく対応がちぐはぐな印象が・・・・。
モリカケとか桜とか、そんな下らないことをやっている場合じゃない!という苛立ちなのかもしれませんが
それでも、以前は、もっと柔軟に余裕をもって往なしていたように思います。
最近、余裕の無さが綻びとして目立ってきたような気がします。

最後までしっかりとした政権運営をして欲しいです。
そして、与党内にも野党にも大した政治家がいない現状、
安倍総理の政策に真正面から論戦を挑むような政治家に早く登場してきて欲しいです。
安倍総理に関する本は、保守系の人物の本しかほとんど読んでいないのですが、
バランスを取るためといって、モリカケ問題を追及するような野党のレベルの本は
読んでる時間が勿体ないです。
安倍総理の国家観に対して、政策レベルで議論・反論できるような骨太の反対意見を
是非読んでみたいものです。




にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  安倍晋三 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『総理』
- 2019/12/11(Wed) -
山口敬之 『総理』(幻冬舎文庫)、読了。

安倍政権ベッタリのジャーナリストとして批判されがちな著者ですが、
あまりにド直球なタイトルと表紙写真に、逆に著者の意気込みを感じます。

第一次安倍政権が総理の病気により途中で投げ出す形になり、
その後、再起をかけて足場固めをしてきた様子と、
第二次安倍政権が長期政権となった最大の理由である盤石の内閣布陣を中心に
著者ならではの取材対象との距離感で描いていきます。

最初、著者の存在感があまりにも濃厚な描写の仕方に面食らいましたが、
ルポライターとは違うスタンスで、安倍政権というものを主観的に当事者的に描こうとしてるんだなと
割り切って読めば、大変面白い現場レポートでした。

特に、著者と安倍総理、麻生副総理、菅官房長官との空間や時間の共有の仕方から
太い信頼関係が構築されている様が見て取れます。
一方で、あまりにも一人のジャーナリスト(しかも当時はTBS社員)と
濃厚な接点を持ちすぎているようにも感じられ、そりゃ安倍の提灯持ちと皮肉られるわなぁと納得。

ナベツネさんって、こんな感じだったのかな?と思いながら読んでましたが、
それとも、各社のエース級の記者というのは、これぐらい時の政権の主要メンバーに
食い込んでるものなんですかね。

アベノミクスと消費税増税のタイミングとか、オバマ政権との向き合い方とか
興味深いテーマが深掘りされていて、特に、最終判断を誰がどのように行ったかが描かれており
なんだか冒険小説を読んでいるかのようなワクワク感さえ感じてしまいました。

一方で、まだ安倍政権が続いている現時点で、こんな内幕暴露の本を書いてしまって大丈夫なの?
という疑問というか不安が最後まで拭えませんでした。
現政権のことを、これほどまでに赤裸々に肯定的に描くからこそ提灯記者だと言われてしまうのでしょうが、
それ以上に、深掘りして書かれてるテーマが、現在進行形のものが多く、
安倍総理をはじめとする主要閣僚の判断軸とか悩んだポイントとかを具体的に書いてしまって
今後の政権運営や外交に支障を来さないのかしらと危ぶんでしまいました。

例えば消費税増税ですが、本書が出版された段階では、この10月の増税について
方針は示されていたものの直前まで増税延期の噂もあがっていた状況で、
前回の増税における安倍総理の判断や苦悩を描いてしまったら、次の増税の判断に支障がありそうな
気がしてしまいます。

まぁ、安倍政権の政策遂行を後押ししたいというような著者の思いがあっての著作なのかもしれませんね。
ますますナベツネっぽいぞ(笑)。

著者の自慢臭が非常に匂ってくる文章ではありますが、
それを乗り越えられれば、非常に面白い本でした。




にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  安倍晋三 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『美しい国へ』
- 2012/01/18(Wed) -
安倍晋三 『美しい国へ』(文春新書)、読了。

今更感満載でございますが(苦笑)、
まぁ、あまりにも現政権の評判が悪いので、
一昔前の政権のビジョンを覗いてみたくなりました。

現役政治家による本というものを初めて読んだので、
自分の半生を振り返る導入部分に面食らいました。
てっきり、自分の主義主張や政策について述べるものだと思っていたので・・・・。

主義主張面では、特に安保問題、拉致問題を中心に語っていますが、
過去の出来事、それに対する自分の行動について分かりやすく整理されていて、
政治家としてどのような信念に基づき行動したのかは理解しやすかったです。

しかし、美しい国「へ」というタイトルの割には、
これからの「日本をどうしたいのか」ということについて、
具体的な提言が少ないように感じました。

過去の功績の自慢、
もしくは現在おかれている状況への対処療法的な考えが示されているだけで、
10年後、20年後の日本を語る言葉が足りないように思います。
これから総理大臣になろうという時に出された本としては、
物足りなく感じました。

いわゆる、保守派と呼ばれる人々の思考回路を知るには、
手ごろな本だと思います。


美しい国へ (文春新書)美しい国へ (文春新書)
安倍 晋三

文藝春秋 2006-07
売り上げランキング : 61408

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  安倍晋三 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |