FC2ブログ
『新ゴーマニズム宣言 第1巻』
- 2020/02/17(Mon) -
小林よしのり 『新ゴーマニズム宣言 第1巻』(小学館)、読了。

ブックオフの50円ワゴンに入っていたので買ってきました。

『SPA!』での連載を、編集部との対立のために中止し、
『SAPIO』に連載の場を切り替えたということで、「新」連載の意味を込めて
「新」ゴーマニズム宣言となったとのこと。

へぇ、こんなトラブルがあったのね~。しかもオウムがらみでね~と、
全く知らなかったのですが、漫画の内容だけではどんな対立だったのか
全貌が良く分からなかったので、検索してみたら、かなり酷い内容でした(苦笑)。
正直、連載引き上げ自体については、編集部との方針の違いの範囲内で収まる話かなと
感じたのですが、その後の切通理作氏に対する宅八郎氏の執拗な嫌がらせを
紙面上で許容していた編集部の考え方には驚きました。

こんなトラブル、全然知らなかったのですが、
この話だけでなく、どの話も超スポットの時事ネタが多く扱われているので、
同時代を生きていないと、そもそも何を取り上げているのか分からないモノもあり、
さすがに雑誌連載ものを25年近くたった時代に読むのは、ちょっと無理があったかな、
だから50円なのか!と納得。

ただ、発行年を見てみると、ちょうど私が大学受験の勉強をしていた時で、
一番、世の中の動きに疎かった時代でもあるので、仕方ないのかな。

メインは、薬害エイズ問題における、川田龍平氏や大学生たち若者が
国家を相手にして戦う姿を描き、著者自身も彼らを全面的に支援して、
様々なイベントに客寄せとして登場したり、厚生省との交渉の場に同席したりしています。
このことも知らなかったので、「小林よしのりって実際に行動する人なんだな」と
見る目が変わったと思ったら、なんと最後に、川田龍平氏を一転して批判するという急展開。

薬害エイズ問題が、一定の決着を見たにもかかわらず、
彼らが左翼的な思想家に取り巻かれ、国家を相手に批判的な運動をする行動を
さらに広げていこうとしていたので、その思想や行動を批判して
最後に決別宣言のような文章で終わっています。

小林よしのり氏を、真に凄い人だなと思ったのは、この最終章を読んだときです。
これまで共に活動し、自らの著作物で大いに宣伝し、持ち上げてきた若者たちを
一転して批判するというのは、著作家として自分自身の信頼性を傷つける可能性も高い
大変リスキーな行為だと思います。

なのに、真正面から若者たちを批判し、
自分が正しいと考えることを切々と、しかし論理的に書き上げるその姿勢は、お見事だと思いました。
思想の内容そのものではなく、共に行動していた人が、自分と意見が異なった行動をし始めた時
ここまで理詰めの文章で批判をできるというのは、頭の冷静さと、身を斬る勇気と
ともに凄い覚悟だと思います。

小林よしのり氏が厚いファン層を持つ理由がわかりました。

川田龍平氏は、今は立憲民主党に所属しているようですが、
なるほどなぁと納得。




にほんブログ村 本ブログへ


この記事のURL |  小林よしのり | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『新・ゴーマニズム宣言SPECIAL 戦争論』
- 2018/11/10(Sat) -
小林よしのり 『新・ゴーマニズム宣言SPECIAL 戦争論』(幻冬舎)、読了。

先日、著者の新書を読んで、本業であるマンガをちゃんと読まないと!と思い、
早速ブックオフで買ってきました。

大東亜戦争(著者に倣ってそう表現します)における
主に日本軍の思想や行動について著者の見解を熱く述べています。
本作が出版された時は、私は大学生でしたが、
当時は、この手の本に近づくのが怖くて、ヒットしていたのは知ってますが
見ないふりをしていました。

こんな「右翼的」なマンガを読んでいるのを見られたら、
周りにどんな目で見られるか分からない・・・・という恐怖がありました。
もっと自分に自信があったら、どんな本を読んでも「勉強のため、知見を広めるため」と
言い切れたのでしょうけれど、弱っちい学生でした。

左翼的な人にとっては、頭からお尻まで、全く受け入れられない主張なのでしょうけれど、
日本という国家(公)と、その国民(個)という関係を考えるにあたって、
非常に重要な問いかけをしている本だと思いました。

戦争はあくまで政治の手段であり、戦争の反対は話し合いという手段。
平和の反対は混乱であるという整理が、非常にすっきり分かりやすかったです。

どんな手段を取りうるのかという問題は、
置かれた環境や自身のリソースによって多様に判断軸が変化するものであり、
絶対的な正解も、絶対的な間違いもないとおもいます。
だからこそ、なぜ戦争を起こしたのかという問題を考えるには
「何が何でも戦争はダメ!」なんて観念論を振りかざしていても意味がなく、
当時の世界情勢はどうだったか、日本の政治的また経済的実態はどうだったのか
どういう過程を経てその状況に至ってるのかという4次元的な分析と反省が
非常に重要だと思います。

ただ、本作を読んで感じたのは、そういう分析と反省を全ての人間に求めるのは、
これまた理想論に近いのかなぁ・・・・・という思いも。
そういう見方は差別的であり優性思想の表れだと怒られるかと思いますが、
でも、全ての人が社会や歴史に通じた目線を持てるようになる教育の在り方というのが
私にはイメージできません。

インテリだと自負している右と左の人たちでさえ、議論がかみ合っているようには思えません。
というか、議論になってないと思います。
結局、右の人は右の中で本作のような言論を中心に盛り上がり、
左の人は全く違う次元で自分たちの話題で盛り上がっているような。

左と右(それ以外の対立軸でも良いですが)が同じ土俵の上で議論できるようになれば、
日本人の議論力や思考力はぐんと上がって、国力の底上げにつながると思うのですが、
それも現実味のない空想に過ぎないなぁと。

日本人1人1人がもっと思考力、判断力を身につけて、
日本という国の土台を強固にしていかなければならないという思いを強く持ちましたが、
はてさて、どうやったらそれを実現できるのか、つかみどころがなくて
逆に不安感も覚えてしまいました。




にほんブログ村 本ブログへ


この記事のURL |  小林よしのり | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『世論という悪夢』
- 2018/10/12(Fri) -
小林よしのり 『世論という悪夢』(小学館101新書)、読了。

新書の棚で見つけました。
「そういえば、小林よしのり氏の本って、読んだことないなぁ・・・・・」と思い、買ってきました。

こんな有名な人の作品を、なんで今まで読んでこなかったんだろう?と思ったのですが、
よく考えれば、私がマンガの棚に近づかないから、出会いようがなかったんですね(爆)。
こんど、ブックオフでマンガの棚を覗いてみようかな。

さて、本作は、著者が責任編集長をしている『わしズム』という雑誌の巻頭に
毎号毎号著者が書いた文章をまとめたものです。

時事ネタに対する批評が中心ですが、
著者が何に対してどう思ったかという基本的な話よりも、
著者の主張に対して誰がどう噛みついてきたので、こう反論してやった!という話が多く、
そもそもの著者の主張がわかっていないと理解が進まないところがありました。

主にマスコミの主導によって、世論がどんなふうに形成され歪められていくのかは
何となくわかりましたが、でも、著者の主張の核が掴めてないので、
マスコミが捻じ曲げてるのか、著者の主張が極論なのかが把握しきれず、
ちょっと読書としては消化不良感が残ってしまいました。

やっぱり、著者を知るには、著者のメイン作品のマンガから読まないとダメですね。








にほんブログ村 本ブログへ


この記事のURL |  小林よしのり | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |