FC2ブログ
『アベノミクス大論争』
- 2018/08/26(Sun) -
文藝春秋編 『アベノミクス大論争』(文春新書)、読了。

第2次安倍政権がスタートしたころに作られた本。

当時は、首相が唱える大規模な金融緩和策に対して、
「アベノミクス」だとか「黒田バズーカ」だとか、様々な単語が飛び交ってましたが、
最近は、改憲の話が主流になってきて、金融緩和策については静かな印象です。
それでも、民主党政権時代に比べれば、ずいぶん景気が回復したものです。

で、安倍内閣になって5年以上たっていますが、
結局、アベノミクスって何だったんだろう?という思いもあり、
タイトルにどーんと掲げられていたので本作を読んでみました。

登場してくる言論人は、一線級の人がたくさんで豪華です。
ただ、たくさん出過ぎて、分量にすると短いので、食い足りないです。
しかも、前半は対談形式なので、お互いの主張が言いっ放しになっている感もあり、
真っ向から意見が異なる2人をツモっているので、議論が噛み合わず、昇華もなし。
司会に宮崎哲弥氏を起用してるのも、何だかもったいない感じ。
まぁ、真っ向から対立する2人に対談させる場を設定できるというのが
文春の力なのかもしれませんが。

そして、経済問題だけでなく、改憲論とか天皇家の問題とか
アベノミクス以外のテーマも詰め込むだけ詰め込んでるから
余計に消化不良感が残ります。

これも、安倍政権がそれだけ多くの難題に取り組んでいるということの
現れなのでしょうけれど。

もう一度、今のこの時点において、アベノミクスにテーマを絞って
本作のような企画があれば読んでみたいです。


アベノミクス大論争 (文春新書)アベノミクス大論争 (文春新書)
文藝春秋編

文藝春秋 2013-03-29
売り上げランキング : 880287

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  ポール・クルーグマン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『人生の達人 Vol.1』
- 2013/08/04(Sun) -
『人生の達人 Vol.1』(KKベストセラーズ)、通読。

出先で手持ちの本を読み終わってしまい、慌ててコンビニへ活字の調達に・・・。
あまりファミマの雑誌の選択センスは好きではないのですが、
周辺にファミマしかなく、已む無く、並んでいる中から選択を。

とりあえず、アベノミクス関連の特集が組まれている中から、
「個人の利益(どうやって株で儲けるかとか)」ではなく「経済学的な解説」が
載っていそうな雑誌ということで、これを買いました。
創刊号だそうで・・・。

巻頭は、ポール・クルーグマンへのインタビューだったのですが、
アベノミクスについての評価が、最近読んだ本の論調と似ててビックリ。
おかげで理解しやすかったです。
というか、先に本を読んでなかったら、きっとチンプンカンプンでした・・・(苦笑)。

その次の、浜田宏一先生へのインタビューも、興味深く読みました。

ただ、それ以降の特集がイマイチ。

ま、リタイア前のオジサマ達を読者層に想定しているようなので、
30代女子が読もうとすることに無理があるのですが(爆)。
相続とか・・・・(苦笑)。

後半の連載物も、なんだか、1つ1つに変に力が入り過ぎてて、
全体の方向性を見失っているように感じました。バラバラ臭ぷんぷん。

2回目の購入は、ないかな・・・。


サムライ 人生の達人 2013年 07月号 [雑誌]サムライ 人生の達人 2013年 07月号 [雑誌]

ベストセラーズ 2013-06-21
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  ポール・クルーグマン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『良い経済学 悪い経済学』
- 2011/01/06(Thu) -
ポール・クルーグマン 『良い経済学 悪い経済学』(日経ビジネス人文庫)、通読。

ノーベル経済学賞受賞者のクルーグマン教授。
「文庫本なら素人向けかしら?」との安易な思いで買ってきたら、
やっぱり経済学素人には難しかったです(悲)。

そもそも経済学を学んだことが無いので、
ナントカ理論と書かれても、内容も重要度もサッパリわからず。
リカードとかの名前も、聞いたことあるなぁ・・・ぐらいで、
ちゃんと勉強してこい!と言われそうなレベルで読み始めてしまいました。

ただ、本作は、「国家間の競争力で語る経済学は誤りだ!」という一つの主張を
いろんな発表の場でクルーグマン教授が書いたり話したりしたことを
まとめたものだったので、読んでいくうちに、
主張の内容がだんだんと理解できました。

ただ、まだまだ表面的な理解であって、
例えば、国境を超えたアウトソーシングの話などを
どのように理解すればよいのかまでは、私の頭が辿り着けていません。

一方、この論文集で驚いたのは、主張の迫力!
米国の有名経済学者(と思われる方々)への容赦ない糾弾。
真正面から「間違っている」と斬り付け、時には皮肉を散りばめる。
このアグレッシブな論陣の張り方に、呑まれてしまいました。

自分に絶対の自信がある人とは、
こういう人のことを言うんだなぁと、納得。


良い経済学 悪い経済学 (日経ビジネス人文庫)良い経済学 悪い経済学 (日経ビジネス人文庫)
ポール クルーグマン

日本経済新聞社 2000-11-07
売り上げランキング : 92569

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ
この記事のURL |  ポール・クルーグマン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |