『金メダル男』
- 2016/11/22(Tue) -
『金メダル男』

田舎暮らしになって、そもそも映画館が近くにない!
ちょっと離れた町に映画館はあっても本作をやっていない!!
というわけで、県内最大都市にでかける用事があった本日、
ようやく観に行くことができました。

田舎の月曜日の午前中という最も客入りが悪そうなシチュエーションでしたが、
予想通り、150人ぐらい入る箱で、20人も居なかったと思います。

で、肝心の作品の方ですが、
ぶっちゃけて申し上げますと、内村作品の中では最も入り込めなかった結果に終わりました。
残念ですが・・・・・。

まずは、いきなり内村さん(というか大人の泉一)が画面から観客に向けて
語り掛けるシーンから始まった時点で、
「え!?舞台と同じ枠組みを映画に持ってきちゃったのか・・・・・」と思ってしまいました。

内村監督、事前にテレビや雑誌の宣伝で、
「テレビの笑い」「舞台の笑い」「映画の笑い」みたいなことを言っていたので、
違う切り口で来るのかと思ってたんですよ。
しかーし、泉一の独白劇が延々続くという構成は変わらず。
この時点で予想が外れて、ちょっと心の距離ができてしまいました。
映画は映画の見せ方をして欲しかったなと。

で、小学校のかけっこの話から中学、高校と、
知念さんが演じるパートは、まさに舞台と同じく、どんどんエピソードが重ねられていきます。
舞台では、断片的なシーン展開でも見ている人が自分の想像力で補うので
マシンガンのように次々とエピソードが繰り出されても滑らかに受け入れられるのですが、
映画の画面で表現されると、背景や周囲の人たちも全て画面に映ってしまうので、
もの凄く各場面が浅い感じに見えてしまいました。
リアリティのなさというか、コントでもこの展開はおかしいだろうというか。
そして、友情出演の役者さんも無駄遣い感が・・・・。

知念さんが上京するシーン以降は、
だんだんと1つのエピソードで見せる時間が長くなっていき、
次第に映画らしい感じになっていったと思います。
上京の電車のシーンにはホロリと涙してしまいました。
(ただ、なぜ彼が見送ろうと思ったのかは、脈略が不明でしたが)

内村さんのパートでは、やっぱり木村多江さんが良かったです!
『ボクの妻と結婚してください。』でも思いましたが、
この方が作品に与える深みが素晴らしいです。
そして緩急付けた演技が、コメディエンヌとして最高です。

舞台では、もっと泉一と頼子の信頼関係が深く心に残ったのですが、
映画の方は、そこまで心に入ってきませんでした。
うーん、監督ではなく、私の頭が舞台版に引っ張られ過ぎているのでしょうかね。

本作で思ったのは、極論してしまうと、
内村光良という演出家は、映画ではなく「舞台」の人だと。
テレビのコントは、結局はスタジオの中でスタッフというお客さんの前で
セットという舞台を作って「コントの舞台」を完パケで撮ってる行為なんだなと。
テレビドラマや映画は、シーンという断面を切り取って、繋げる行為なんだなと。
司会業は、スタジオでVTR等を見ながら、お客さんの前で手際よく進行しつつも
面白くコメントで味付けする「仕切りの舞台」を見せる行為なんだなと。

だから私は、コントを作ったり、舞台を作ったり、司会をしたりする内村光良が好きなんだなと。
映画を作ったり、ドラマを作ったりする内村光良は、私の中で少し心の距離があるんだなと。
もちろん、映画の内村さんも、ドラマの内村さんも、全部見たいし、
面白いものもたくさんありますが、
基本的に、内村光良はお客さんの目の前で演じる「舞台」の人、
まさに「表現部」の人なんだなと認識しました。
それはそれで、良い気づきを得た作品となりました。


金メダル男 (中公文庫)金メダル男 (中公文庫)
内村 光良

中央公論新社 2016-06-23
売り上げランキング : 125782

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



この記事のURL |  内村光良 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『デイ・アフター・トゥモロー』
- 2016/08/23(Tue) -
『デイ・アフター・トゥモロー』

毎日、35度オーバーの暑い日々が続いていますが、
今日は氷の世界の映画を観てみました。

地球温暖化の影響で、極地の氷が溶けだし、
塩分濃度が変わることで海流の流れが変化し・・・・・
そして陸上は氷の世界になった。

何だか、原因と結果が途中で大きくスキップしているような印象ですが、
まぁ、そもそも地球温暖化論は現在も真っ二つに分かれてというか、
多方面で議論中のテーマですから、こういう突飛な想定が出てきても
あまり驚かなくなってきました(苦笑)。

さて、ストーリーですが、主人公の考古気象学者が
政府の議論の輪に入れてもらえず、かといって単独行動の暴挙にも出ず
じっと自分の研究室で観測と分析を継続するという
非常に地味な、ある意味で科学者らしい行動を選択したことで、
あぁ、この映画は、基本的にCG映像が全てなんだなと気づき、
それからはあんまり頭を使わずに映像重視で眺めてました。

世間的には、竜巻の描写や氷の世界の凍てついていく描写が素晴らしいという
評価だったのではないかと想像しますが、
私としては、ハリケーン級猛吹雪を起こした低気圧の雲の渦巻きの姿が
美しいと感じ入りました。
動きはそれほどないシーンですが、やっぱり気象の面白さの基本は低気圧にある気がします。

そして、気象レーダー画面ではあったものの、
ハリケーン級の巨大低気圧が、アメリカ大陸、ヨーロッパ大陸、アジア大陸にそれぞれあって、
そこから3つが統合されていくというシミュレーション画像に
不謹慎ながらワクワクしてしまいました。

ま、現実世界では起こり得ないと思われる気象現象ですが、
この映画を通して、まるで人間が環境を壊したといわんばかりのメッセージは
ちょっとなぁ・・・と思ってしまいます。

もちろん、一つの生き物として、身の丈に合った生活をし、
環境を汚すようなことや、資源を無駄使いするようなことは避けるべきですが、
しかし、人間に地球をどうこうするような力なんて無いと思うんですよ。

極地の氷が溶けたことに端を発して、
その影響が様々な形で地球上の現象として現れましたが、
その後の氷河期的状況は、地球が変化に対応しようとする過程であって、
地球の意思によるバランシングだと思うのですよね。
それがたまたま人間の生活には不具合な環境になってしまっただけであって
地球からすれば、灼熱地獄だったり、凍てつく氷河期だったりを繰り返して
今の環境になっているわけですから、1つの局面に過ぎないと思います。

人間中心の基準で地球を測ろうとする姿勢は、
私としては、不満です。
そのような人間の傲慢な姿勢にも、本作で警告を発してほしかったです。


デイ・アフター・トゥモロー [Blu-ray]デイ・アフター・トゥモロー [Blu-ray]

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2012-09-05
売り上げランキング : 2855

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この記事のURL | 映画 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『エボリューション』
- 2016/08/21(Sun) -
『エボリューション』

アリゾナの砂漠に落ちた隕石から発見された
地球外由来の単細胞生物は、瞬く間に進化を遂げて
観察に現地に向かうたびに、新たな生物が増えていく・・・・・。

設定は非常に興味深いものでしたが、
映画のノリがかなり軽いので、
あぁ、これは真剣に見ちゃいけない映画だな・・・・と観念し、
途中からは刹那的なギャグ中心に楽しみました。
ま、お気楽SFコメディです。

エイリアンの侵入事案だというのに
軍隊を指揮するのは頭コチコチの旧式将軍。
このキャラクター配置の時点で、ドタバタコメディ決定ですが、
もし、シリアスなSFサスペンス映画として描いたら
どんな出来になってたのかなと、そちらも見てみたい感じです。

エイリアンが、人間の日常世界に入ってきたときも、
そこからアウトブレイクになるのかと思いきや
一匹、二匹紛れ込んできただけのグズグズの展開に苦笑。

最後も、リスク管理ゼロの突撃戦略で
ご都合主義的ハッピーエンドを迎えますが、
ま、こういうお気楽さがハリウッド作品の一つの存在価値なのかも。


エボリューション ― コレクターズ・エディション [DVD]エボリューション ― コレクターズ・エディション [DVD]

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2002-05-24
売り上げランキング : 74151

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



この記事のURL | 映画 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『海猿 THE LAST MESSAGE』
- 2016/07/31(Sun) -
『海猿 THE LAST MESSAGE』

TVでやってたので、見てみました。
ちょっと最初を見逃しましたが・・・・。

天然ガスの海上プラントが舞台というのが、
政治的にも重要な意味を持つ駆け引きの場となりえるので、
面白い設定だな~と思って見始めました。

案の定、指令者側で組織対立が起きてます。
が、意外とこじれないまま、人命救助優先という情の世界が通ります。
ここは、もうちょっと揉めてほしかったなと(苦笑)。
もう少し知恵の回る日本の指導者層というものも見てみたいです。

現場の方は、ある意味、安定の熱血救出劇が繰り広げられており、
このワクワクドキドキ感は、海猿シリーズならお手の物といった感じです。

台風のCGシーンや、プラントの崩壊シーンも見事でした。

ただ、最後の海上保安庁による救出のシーンは、
海が穏やかすぎだろうに・・・・という(苦笑)。
ま、本当に危ない荒れた海では撮影できないでしょうけれど。
先崎も服部も、そんな深さから浮上して来たら減圧症だろうなぁ・・・・なんて。

と、ごちゃごちゃ書きつつも、やっぱり国民を助けるために存在する組織は
美しいなぁと思わせる作品でした。


THE LAST MESSAGE 海猿 スタンダード・エディション [DVD]THE LAST MESSAGE 海猿 スタンダード・エディション [DVD]

ポニーキャニオン 2011-04-05
売り上げランキング : 1114

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この記事のURL |  伊藤英明 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『アメリカン・スウィートハート』
- 2016/07/30(Sat) -
『アメリカン・スウィートハート』

久々に映画で息抜き。

ジュリア・ロバーツのラブコメだったのですが、
うーん、イマイチ。

「全米一のベストカップル」と呼ばれながら破局した俳優&女優カップル。
その女優の付き人をするのが、妹であるジュリア・ロバーツ。
売れっ子女優を演じるのは、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ。
破局前に撮影された映画の敏腕宣伝マン役はビリー・クリスタル。

ここまでは納得できるのですが、べスト・カップルの男性側が
ジョン・キューザックというのが腑に落ちず。
彼が演じたエディという役柄は面白かったのですが、
「アメリカン・スウィートハート」の片割れにしては、
アメリカ感が乏しい男性像だなと・・・・・。

ジュリア・ロバーツ、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、ビリー・クリスタル、ジョン・キューザック、
コメディとしては非常に豪華な布陣なのに、
相乗効果が感じられませんでした。

映画の宣伝とは、どれほど結果がすべての世界なのか
そこが垣間見られたのは面白かったです。


アメリカン・スウィートハート [DVD]アメリカン・スウィートハート [DVD]

ポニーキャニオン 2005-03-02
売り上げランキング : 78039

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この記事のURL |  ジュリア・ロバーツ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『マーシャル・ロー』
- 2016/06/17(Fri) -
『マーシャル・ロー』

イスラム過激派がNYで連続爆弾テロを仕掛け、
それに立ち向かうFBI、CIA、軍隊の三つ巴の組織闘争という構図の作品。

どんどん次のテロ事件が起きていくというスピード感と、
累積死者数の加速度的な増加、そして、何よりもNYが機能不全に陥るという
シチュエーションに、「911後にここまで踏み込んで描くとは勇気あるなぁ」と思ったのですが、
観終わった後に調べたら、なんと1998年の作品。

911の3年も前に、イスラム過激派VS米国市民社会という構図で
ここまで具体的で深刻な対立構造を描けてしまってたアメリカという国に、
病気の根深さを見てしまいました。

本作では、戒厳令が敷かれ、米国軍が出動する事態となりますが、
その手前では、一応、米国内で米国民(であるイスラム系住民)に対して軍隊を出動させるなんて
軍のあり方として間違っているというような本質論での議論が展開されていました。

しかし、もしトランプ大統領の治政下でこのような事件が起きたら、
即刻軍隊出動&イスラム系住民の弾圧が始まりそうで、恐ろしいです。

テロ事件に直面するアメリカ国民の動揺や混乱を描きながら、
アメリカが中東諸国に対して行ってきた長年の政治介入や裏工作、
それを支える大国主義的思想について批判的な目を注ぎます。

しかし、作品としての結末は、個人的な話に急に矮小化してしまい、
適当にお茶を濁してしまった感じがあります。
何も解決していないのに、上手く丸め込んでしまったような印象です。

作品が扱う問題が根深過ぎて、2時間の映画では受け止めきれないということなのでしょうが。
アメリカはどこに向かっていくのか、特にこの大統領選挙を前にした今、
本作を見てモヤモヤとしたものが残ってしまいました。


マーシャル・ロー [DVD]マーシャル・ロー [DVD]
エドワード・ズウィック

20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント 2003-04-11
売り上げランキング : 62069

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この記事のURL |  デンゼル・ワシントン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『コンプライアンス 服従の心理』
- 2016/06/16(Thu) -
『コンプライアンス 服従の心理』

米国で実際に起きたという
電話を使った詐欺(いたずら?)犯罪を扱った作品。

ファーストフード店の店長宛に、警察を名乗る男から電話が入り、
店員の少女が客の財布から金を盗んだという被害届が出ているため
身柄を確保し、身体検査をするよう電話越しに指示する。
別件の捜査で手が離せないという警察の言い分を信じ、自ら少女の服を脱がせる店長・・・・。

小さな田舎の場末のファーストフード店。
もう、事件が始まる前から、行き詰った感ぷんぷんの様子。
こんな職場で働きたくないわぁ・・・・・というか、こんな店を利用したくないわぁ。

で、事件の発端となる電話がかかってくるのですが、
店長しっかりしいや!と言いたくなるほど
状況に流されて行ってしまう店長。

周囲も、変だと思いながらも、面倒ごとに関わりたくないという消極性で
見て見ぬふりをして店長に丸投げ。
アメリカさん、世も末ですなぁ・・・・・という状況です。

タイトル通り、店長というコンプライアンスを言い渡す側の人間が
最もコンプライアンスという言葉の前に弱く、冷静さを欠いて流されるということを
表現したかったのでしょうが、映画作品として見ると、
あまりに淡々と事件の様子を再現しているだけの演出に、途中で飽きてしまいます。

それでも、最後はどんな結末を迎えるのだろうかと我慢して見て来たら、
えー、そんな終わり方??というブツッとした展開。

もうちょっと話を盛っても良いんじゃないの?と思ってしまいました。


コンプライアンス -服従の心理- [DVD]コンプライアンス -服従の心理- [DVD]

東宝 2014-01-24
売り上げランキング : 93365

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この記事のURL | 映画 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『モンスター・ホテル』
- 2016/06/02(Thu) -
『モンスター・ホテル』

モンスター界の5つ星ホテルを経営するドラキュラ伯爵。
妻を亡くした後は、一人娘をそれこそ箱入り娘で育て上げ、
娘の118歳の誕生日パーティを開いたところ、
人間が1人紛れ込んでしまい・・・・・。

モンスターたちが山のように登場する本作は、
アニメーションの本領発揮というキャラクター造形とアクションの連続で
眺めているだけで楽しいです。

ストーリーも、父親の娘への愛という
王道のテーマであり、安心して見ることができます。

父親のキャラクター設定が愛らしく、
一方で、人間のキャラクターも現代人そのものを皮肉っていながら
憎めないヤツに仕上がっています。

人間たちに住む世界を追われてきたモンスターたちという
社会学的に面白いテーマを扱っているのですが、
その解決は、モンスター・フェスティバルという展開に、
ちょっとここは、本質に触れずに蓋をしちゃった感があって残念。

ま、でも、モンスターと人間の間の叶わぬ恋という
分かりやすいテーマを爽やかに扱っていると思います。

続編が作られたのも納得。


モンスター・ホテル [Blu-ray]モンスター・ホテル [Blu-ray]

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2013-02-27
売り上げランキング : 50208

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この記事のURL |  アダム・サンドラー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『人生、ブラボー』
- 2016/05/31(Tue) -
『人生、ブラボー』

お金のために継続的に行った精子提供により
なんと533人もの子供ができてしまった主人公。
このうち100人を超える子供から、父親が誰なのか知りたいという
訴訟を起こされてしまうが、こっそりと1人1人の子どもに会いに行くうちに
彼らの人生のサポートをしようという気が湧き起こり・・・・。

コメディタッチになっていますが、
精子バンクとか、父親を知る権利とか、精子提供で誕生した障害児とか
重たい社会問題をテーマにした作品です。
533人というのは非現実的であったとしても、
その分、精子バンクの問題を集約して扱えているように思います。

中盤、主人公の借金問題がうやむやのまま展開していくので
都合よく甘い展開だなと感じてしまいましたが、
まぁ本題でもないので、こんなものなんでしょう。

子ども1人1人に会いに行った先々での展開も
都合よく甘い部分はあるものの、
なんだか応援したくなる憎めない主人公。

温かい心を持っているのに、話の段取りとかつじつま合わせに失敗し
軽い男と思われてしまっている不幸。
でも、きちんと見てくれている人には伝わるというのが
作品の温かさの理由かな。

判決後の弁護士インタビューの展開には笑いましたが、
くすっと笑えるシーンも多く、ハートフルコメディとしてしっかりした作品だと思います。


人生、ブラボー! [DVD]人生、ブラボー! [DVD]

パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン 2013-07-12
売り上げランキング : 19489

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

この記事のURL | 映画 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』
- 2016/05/30(Mon) -
『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』

キューバ音楽の知識なんてゼロなんですが、
知人に誘われて鑑賞会にお邪魔しました。

キューバでも忘れ去られたミュージシャンたちが、
ドイツ系米国人ギタリストの旗振りで
再集結した様子を収めたドキュメンタリー。

バンド「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」の各メンバーたちの
生い立ちについての短いインタビューと、セッションでの姿を
順番に見せていくという非常にシンプルな作りです。

各ミュージシャンのことを知らないため、
純粋に、場面場面で流れてきた音楽に耳を傾け、
気に入ったシーンを楽しむことができました。

私がハッとしたのは、ピアニストのルベーン・ゴンサーレス。
1919年生まれという高齢でありながら、
そのピアノは生き生きと躍動的です。

舞台でのピアノが素敵だったのはもちろんのこと、
インタビューの際に、まだ小さい少女たちのバレエ教室の片隅で弾くピアノが
とても印象に残りました。
女の子たちが、ピアノの周りに集まって、本当に楽しそうにしており、
ピアノの音に自然と体が反応している感じでした。
音を楽しむって、こういうことなのかなと。

そして、本作の中で見られる様々なキューバの風景にも惹かれました。
町の雰囲気は貧しくボロボロの建物が並ぶ中に、植民地時代の豪華で堅牢な建物があったり、
中高年でも原色系の派手な服装に身を包みながらも、ステージではスーツにタイだったり、
大人たちが街中を用事もなくブラブラしている退廃的な雰囲気を醸し出しつつも
子どもたちは明るく元気にはしゃいでいたり。

不思議と、そのアンバランスさが、アンバランスに感じないというか、
キューバらしさなのかなと腑に落ちる感じ。

今日は、異文化体験をしたような気分です。


ブエナ★ビスタ★ソシアル★クラブ  Film Telecine Version [DVD]ブエナ★ビスタ★ソシアル★クラブ Film Telecine Version [DVD]

東北新社 2012-11-29
売り上げランキング : 5660

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この記事のURL | 映画 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ