『ファインディング・ドリー』
- 2018/06/24(Sun) -
『ファインディング・ドリー』

『ファインディング・ニモ』の続編という位置づけなのかな。
そもそもドリーが、両親の元から迷い出てしまった迷子ちゃん。
健忘症で迷子のことさえ忘れてしまってましたが、
思い出したら両親を探さずにはいられなくなってしまい、冒険の旅に出ます。
ニモとマーリンを引き連れて。

うーん、ドリーの自己中心的な行動に、私はついていけませんでした。
私の目線は常にマーリンの立場で見てました。
仲間に連れまわされ、子供には突き上げられ、可哀そうなお父さん。

評価サイトでレビューを見ていると、障害児とどう向き合うかという視点で
この作品を見ている人が多いようで、子供を持つ親御さんとしては
涙なしには見られない作品のようです。
子供を持たない私は、ついつい組織論とかの目線で見てしまいがちで、
和を乱すな!とか思っちゃうんですよねー。
心狭くてすみません。

第1作で、ニモは鰭が左右対称ではない障害児として描かれ、
第2作で、ドリーは記憶障害とか発達障害の障害児として描かれているという解説が
どうやら主流みたいですね。
障害とどう向き合っていくのか。

両親や仲間に恵まれたドリーは、幸せ者だと思います。
でも、マーリンが呟く本音も、抹殺してはいけない言葉だと思います。
誰かが一方的に負担を背負うのはしんどい関係だと思います。

「息子が行方不明になったときドリーに助けてもらった」という過去の恩はあるにしても、
日々の生活の中でお互いにフラットに助け合える関係が理想なのではないかなと。
ドリーは一見自分勝手に見えますが、仲間を思う気持ちはピュアです。
そこに、この作品は助けられているのかなと思います。
ドリーの思い付きの行動に周囲が寄り添ってあげる優しさだけでなく、
マーリンのつぶやきにも耳が傾けられる世界になるといいなと感じました。

ストーリーは、ドリーの性格を反映して、
行き当たりばったりの無計画な展開だけで進んでいくので、
正直、ストーリーを追いかけるのがしんどかったです。
海水魚が淡水に入ったり、空中を行ったり来たりしたり、何でもありだなと(爆)。

ま、映像美を眺めるだけで、良しとすべき作品かな。
光の揺らめきとか、波の動きとか、見事です。


ファインディング・ドリー MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]ファインディング・ドリー MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 2016-11-22
売り上げランキング : 81

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この記事のURL |  ピクサーAS | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『ズートピア』
- 2018/06/18(Mon) -
『ズートピア』

地上波で放送されていたので、
「ふーん、ディズニー映画かぁ・・・・」という程度で見てみたのですが、
予想以上に差別問題を真正面から扱っていて驚きました。
私は、動物たちに人種の違いをあてはめながら見てました。

動物たちが理性で本能を抑え込み、
草食動物と肉食動物が共存するようになったズートピア。
一見、動物たちの平等が実現できているかのようですが、
動物の種類に対する偏見や差別があり、それらに苦しむ日々。

ウサギはか弱くドンくさいので農業でもやってろと頭ごなしに言われ、
キツネはずる賢くて平気で嘘をつくと思われて詐欺師呼ばわり。
結局、周囲の目が各動物たちの生き方を規定してしまい、
ウサギはニンジン農家となり、キツネは犯罪すれすれで生きていく。
これって、アメリカにおける人種差別の縮図みたいな感じですね。

そりゃ、ウサギに生まれて警察官に憧れるような子供だと、
差別の目が刺さって苦しいですよね。

かといって、私は、このウサギの主人公に共感できず(苦笑)。
どうにも、この、自分勝手な正義感を他人に押し付けるタイプって、苦手なんですよね。
アメリカのアニメ作品には良くありますが。

私は、本作では、キツネのニックに肩入れしながら見てました。
不当な差別の目にさらされ、結局、詐欺行為で生計を立てているのですが、
差別の目や置かれた環境に文句を言うのではなく、
甘んじて受け入れて、その中で生きていこうとする姿に、逆に惹かれました。
正義感丸出しの世間知らずよりも、世間ずれしてるけど本質が見えている方が
面白い人生訓が聞けるように思います。

ディズニーアニメですので、そんなキツネでも、本心では悪人ではなく、
主人公を助けてあげる良い男になるのですが
それもひっくるめて、ニック、イイ奴だなと。

物語の終盤は、差別問題よりも、ズートピアで起きている行方不明事件の捜査がメインになり、
動物の本能と理性のような話にすり替わっていったので、
なんとなく差別問題への対峙は先送りにされてしまった感じがありますが、
2時間ドラマでどうこうなるような簡単な問題ではないので、
問題提起しただけでも、意味のあることかなと思います。

アニメで、こんなことを考えさせられるとは思ってもみませんでした。
子供たちは、この作品で描かれる差別問題に対して
どんな感想を持つのでしょうか。気になります。


ズートピア MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]ズートピア MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 2016-08-24
売り上げランキング : 97

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この記事のURL | 映画 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『男たちのYAMATO』
- 2018/03/29(Thu) -
『男たちのYAMATO』

公開当時、原寸大で再現された戦艦大和のニュースが流れていましたが、
まさに、戦艦大和が動いている姿を見せるための映画であり、
それ以上のものがないような印象でした。

終盤の1時間、戦艦大和の最後の戦いのシーンが劇的に描かれていますが、
その再現性というか、迫力が凄かったです。
砲撃を受けたときの粉砕の様子、煙や埃のあがりかた、被弾した時の血の吹き出し方、
どれもリアルで、目が離せませんでした。

ただ、実際に戦争に従軍していた人たちには、見てほしくないなぁと感じました。
なんだか、歴史の記録とか、戦争へのメッセージ発信とかよりも
如何にリアルに見せるかというエンターテイメント性の方が重視されているようで、
なんだか興味本位で戦争体験者の悲しい記憶をほじくり返しているのではないだろうかと
不安になりました。

そういう気持ちになるのは、結局、本作が何を伝えたかったのかが
ピンとこなかったからだと思います。
戦死とか特攻とか、そういうシーンを描くことで、1人1人の悲惨な最期や
残された人の哀しみのようなものは描いていますが、
あくまで個人的な悲しみしか描いておらず、日本として、国家としてというような
大局観のない映画だなぁ・・・・・という物足りなさ。

凄い迫力だったね!で感想が終わってしまいました。

役者さんの演技は良かったけど、
脚本がイマイチで、シーンが立ち上がってこなかったのが残念。


男たちの大和/YAMATO 限定版 [DVD]男たちの大和/YAMATO 限定版 [DVD]
佐藤純彌

東映 2006-08-04
売り上げランキング : 58387

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この記事のURL |  松山ケンイチ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『TAPS』
- 2018/03/24(Sat) -
『TAPS』

米軍の陸軍幼年学校における青春劇・・・・・って、全然興味が湧かないテーマ(爆)。
実家にあるDVDをブックオフに売ってしまえということで、
一応、見ておこうかな・・・・・という程度で見始めました。

結果、話についていけず。

冒頭、陸軍幼年学校の様子が、卒業式の日を軸に描かれていきますが、
そもそも、この世界観に入っていけませんでした。
やっぱり、軍隊っていう空間は、その国の文化が凝縮されてますよね。
ちっとも素敵な世界に見えなかったです。
もしこれが、防衛大学校の卒業式だったら、もっと気持ちを込めて見れたと思うのですが。

実はこの陸軍幼年学校、廃校が決まっており、あと1年の運命。
その事実がオープンにされた卒業パーティの夜、地元のチンピラたちとトラブルを起してしまい、
不運な事故から死者が出る羽目に。
ショックを受けた校長は心臓発作を起こし、
校長を尊敬していた生徒たちは、学校に立て籠もることに・・・・・・って、おーい!

この展開がどうにも理解できなかったのですよ。
なぜそこで武装蜂起なのか。
確かに校長はスピーチ内で、廃校に対して戦おう、抵抗しようと呼びかけていましたが、
かと言って、武装蜂起することで問題が解決するとはとても思えません。
優秀そうなモアランド少佐のする判断が、こんな内容とは・・・・・。
反発する生徒がドワイヤーぐらいで、みんな同調してしまうという幼さが怖いです。

校長の学校に対する愛が歪んでいるなら、
生との校長に対する愛も歪んでおり、
こんな思想の人たちが米国陸軍を形成しているのかと思うと、
ちょっと引いてしまいました。

俳優陣としては、
主人公のティモシー・ハットンという役者さんは恥ずかしながら知りませんでしたが、
若き日のトム・クルーズやショーン・ペンが出ていて、光ってました。

トム演じるショーンは、血気盛んというか、好戦的な軍人を描いており、
その狂気が恐ろしかったです。
上手く演じていたということなのでしょうが、気味の悪さが後味悪かったです。
ショーン・ペンは、雰囲気に飲み込まれていく生徒たちの中で
冷静に状況を見ているドワイヤーで、格好良かったです。

アメリカ人が見たら、もっと楽しめる映画なのでしょうかね。
私は、米軍への不安が募ってしまう映画となってしまいました。


タップス [Blu-ray]タップス [Blu-ray]

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2017-07-05
売り上げランキング : 6990

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この記事のURL |  トム・クルーズ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『ナルニア国物語第1章』
- 2018/03/19(Mon) -
『ナルニア国物語第1章』

実家の本棚整理をしていたら、DVDが何本か出てきました。
まさか、ディズニー映画のDVDが家にあるとは思っておらず、
早速見てみました。

公開当時、ヒットしていたというか、CMがいっぱい流れていた印象ですが、
あまりブームになると気が引けちゃう天邪鬼なもので、
どんな話なのか情報収集しないままでした。

現実と切り離された、完全に別世界の話なのかと思っていたら、
戦時中の英国と魔法の衣装ダンスで繋がった異世界なのですね。
しかも、自由に行ったり来たりできるという好都合な展開(笑)。

兄弟4人が、ナルニア国を冬にして支配する白い女王と対決し
ライオンのアスランとともに、本来の姿を取り戻そうとする戦いを描いています。

基本的に、4兄弟が困難に直面するのは、
全て本人たちの勝手な行動のせいというか、自爆系ですよね(苦笑)。
4人の各キャラクターをそれぞれの子役が上手く演じてて、
顔つきからして、性格が出てますよね。ナイスキャスティング。
美男美女ではなく、演技力や表現力で選んだ成果かなと思います。

そういう意味では、白い女王を演じたティルダ・スウィントンも、
美で固めたゴリゴリの女王像ではなく、
闇に繋がっているような不気味な透明感を持った顔つきをしていて
恐ろしさがじわじわと伝わってくる雰囲気を持ってます。
こちらもナイスキャスト!
キャスティングは全般的に満足できるものでした。

で、肝心の物語の方ですが、女王軍 VS アスラン軍の戦いの描き方は
オーソドックスというか、CGで見せる今どきの作品で、飽きずに眺められました。
観る前は、2時間超の作品かぁ・・・・・と思ってましたが、そこまで長く感じなかったです。

ただ、アスランの身を巡る展開は、ご都合主義かなぁとちょっと反発。
そんな大事なことを女王が理解していないとは思えないんですよねぇ。
あと、戦いが集結した後の兄弟4人の行動も、
現実世界に戻るか戻らないかの葛藤みたいなものが描かれていなくて
そこは疑問でした。
疎開するときに、あんなに母親と抱擁してたのに・・・・・と。

結構、ストーリー的にはモヤモヤが残る展開でしたが、
映像で強引に見せていく感じの作品でした。
続きは、見るかなぁ・・・・・。


ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女 [Blu-ray]ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女 [Blu-ray]

ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 2011-07-06
売り上げランキング : 5786

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この記事のURL |  ジェームズ・マカヴォイ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『君の名は。』
- 2018/01/03(Wed) -
『君の名は。』

大ヒット映画ですね。
地上波放映されていたので、大ヒット映画という知識のみで見てみました(苦笑)。

冒頭、空から何かが降ってくるシーン。
「花火かなぁ?・・・・・・あ、流れ星か・・・・、いや彗星だ!」というぐらい前知識がない状態でしたので、
ある意味、非常に新鮮な気持ちで楽しめました。
この後、どんな展開になっていくのだろうかというワクワク感。

素直に時間軸に沿ってストーリーを見せていかないので、
結構、神経を使う視聴となりましたが、
見せ方のクセのようなものが掴めてからは、見やすくなりました。

男女の入れ替わりモノとしては、古くは『転校生』など多くの作品がありますが、
本作では、起承転結の「転」の部分で、思わぬ展開になったので、
そこから一気に引き込まれました。
あぁ、彗星はそういう風に繋がっていくのね・・・・・(涙)、と。

記憶やデータが都合の良いタイミングで瞬時に消えるとか、
あんな事件があった町の風景を地元の人が誰も知らないとか、
ちょっと首を傾げてしまう部分もありましたけど、
でも、全体のストーリーは面白かったです。

みつはのキャラクターも良かった。
方言が岐阜弁?で、私のしゃべる方言とも近くて耳に心地よかったです。
瀧は、最後まで苗字かと思ってましたが、下の名前なんですね。
途中までは感情移入がしにくいイマドキの高校生でしたが
現地に赴くという積極的な行動を起こしたところから共感できました。

SF恋愛映画がベースになりつつも、
パニック映画的な要素も入れ、日本の地方風景も織り交ぜながら、
スマホを小道具に活用して、てんこ盛りの作品でしたね。

ネタバレせずに感想書くのは、本作のような作品は特に難しいですね。

地上波放送では普段は邪魔に感じるCMですが、
本作では、SoftbankやZ会が「君の名は。」特別寺バージョンを用意しており
結局、CM部分までも、じっと見入っちゃいました。


「君の名は。」DVDスタンダード・エディション「君の名は。」DVDスタンダード・エディション
田中将賀

東宝 2017-07-26
売り上げランキング : 139

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



この記事のURL | 映画 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『内村さまぁ~ずTHE MOVIE エンジェル』
- 2017/12/25(Mon) -
『内村さまぁ~ずTHE MOVIE エンジェル』、再観。

先日、ブックオフオンラインから「ポイント10倍ですよ~」と通知が来て、
本でも買おうかなあ・・・・と探し始めたら、送料無料に至らず。
何で埋めようかなぁ・・・・と探していて、このDVDを買ってしまいました。

映画館で見てるので、はっきり言って無駄遣い(爆)。

でも、この作品の、脚本とアドリブの間にある揺らぎみたいなものが
心地よかったなぁ・・・・と思い出して、結局、見直してしまいました。
いや、買ったんだから見ないといけないんですけどね(苦笑)。

ストーリーはあってないようなものなので、
今回は、メインの3人に割り当てられた役割みたいなものを気にしながら見てました。

主人公は三村さん、サブが内村さん、遊軍が大竹さんという感じです。
『やるやら』の時は、主人公が南原さん、サブが内村さんで、
結局、内村さんの方がおいしい役を持っていく(マモー様とか)という
印象が強かったのですが、『ウリナリ』では、遊軍のポジションで
好きなように企画に関わっていく(ブラボーとか)というスタイルを
会得したような印象です。
あれは、『ウリナリ』に、天野君や勝ちゃんのようなサブをこなせるメンバーが
いたからこそ獲れたポジションなんだなと、今さらながら思います。

だって、内さまの3人での企画で、内村さんが遊軍の立場に行ける
イメージが湧かないですもの(爆)。

なので、今回本作を見直して、大竹さんのポジションが羨ましいなと感じました。
後ろでマジック披露してるの、何の意味もないんですもの(笑)。

南原さんとウンナンさんとしての番組で、
サブを張れるそれなりの実力の芸人さんと一緒に
何か新しい番組やってくれないですかねぇ。
そうしたら、一周回って、また新しい内村さんのポジションやキャラが
登場してくるような気がするのですが。

というわけで、映画の感想からどんどん脱線していってしまいましたが、
映画自体は、やっぱり無駄に面白かったです。


内村さまぁ~ず THE MOVIE エンジェル [DVD]内村さまぁ~ず THE MOVIE エンジェル [DVD]

アニプレックス 2016-02-24
売り上げランキング : 47771

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



この記事のURL |  内村光良 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『東京オリンピック』
- 2017/12/17(Sun) -
『東京オリンピック』

前回の東京大会の記録映画の上映会があったので観に行ってきました。

正直、見る前は、延々とスポーツの様子が流れるだけだから、
退屈したらどうしよう・・・・・と心配していたのですが、杞憂でした。
というか、開会式のシーンから一気に引き込まれました。

敗戦から20年も経っていない状況で、
これだけのスタジアムを作り、日本人もスポーツに熱狂する経済的余裕を持ち、
そして、世界各国から一流選手を呼べる信頼を得ている、
さらには、東洋で初めてのオリンピック開催。
このような奇跡的な復興が実現できた当時の日本人の方々に頭が下がります。

会場では、この開会式のシーンで、あちこちから鼻をすする音が聞こえてきました。
ご高齢の方が多かったので、戦争時のことや終戦直後の大変だった時期を
思い出しての涙だったのかもしれません。

映像の中でも、子供や青年層といった未来を担った世代だけでなく、
お年寄りが競技場に来ていたり、沿道で声援を送ったりしている様子を見て、
ああ、この人たちが今の日本の土台を作ってきたんだなぁと感慨深かったです。

そして、敗戦国で行われた復興の象徴の大会というだけでなく、
第二次世界大戦で争った戦勝国と敗戦国が
一つのフィールドに立っているという姿にも衝撃を受けました。
20年前に血を流し合った相手、自分の父や兄が戦死している選手もいるかもしれない、
家族や自身でさえ爆撃を受けたりした選手がいるかもしれない、
それでも、笑顔で開会式に出席するというのは、素晴らしいことだなと。

もちろん、心の中では、どのように思っているかはわかりません。
でも、そこに一緒に立っているというだけで、凄いことなのではないかと、
最近の戦争や内乱の国々の戦後を見て感じます。

各競技のシーンも、競技結果の記録というよりは、
競技シーンでの印象深さで選んで切り取っているようで、
記録より記憶といった演出でしょうか。

東京オリンピックで活躍した選手や飛び出た記録の内容自体を
私はほとんど知らなかったので、記録よりも印象深さで演出された映像の方が
興味深く観ることができました。

オリンピックの花形競技はやはり陸上ということで、
半分近くを陸上競技が占めていますが、
驚いたのは、スタータが「位置について、よーい、ドン(砲音)」と
日本語でやっているところ。
今なら日本で開催される国際大会はきっと英語でやってますよね。
当時の日本人の方が、戦争に負けた国であっても、
日本人であることに気概を持っていたのかと思いました。

映像で印象的だったのは、自転車のロードレース。
八王子の里山の中の道が競技コースとなったようで、
ヨーロッパの選手たちが、ピカピカの競技用自転車で颯爽と走り抜ける様子を
沿道で農家のおじいちゃん達が見守っている、そののどかさが素敵でした。
なんだか、東京とか都会とか関係なく、
日本国民全体がオリンピックを楽しんでいる様子が見られて、良かったです。

今日は200人ぐらいの会場で見ましたが、
2020年の東京オリンピックが近づいてきて機が熟したら、
地上波で放送して、家族みんなで1964年のオリンピックの感動を味わうというのも
良いのじゃないかなと思いました。


東京オリンピック [DVD]東京オリンピック [DVD]
林田重男

東宝 2004-06-25
売り上げランキング : 16098

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この記事のURL | 映画 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『超高速!参勤交代』
- 2017/11/22(Wed) -
『超高速!参勤交代』

公開時に気になっていた映画です。
「参勤交代を超高速で行う」という馬鹿馬鹿しくも悲しい設定を
どう料理していくのか面白そうだと思ったのと、
タイトルの感じから、かなりコメディコメディした内容だろうと期待したので。

で、結果ですが、設定そのものは面白かったです。
ただ、その課題のゴールまでの道のりが、あまり面白くなかったです。
平たく言えば、現実味が乏しくて、その苦難に共感できない感じです。
そして、コメディ色の方は意外と抑え目で、これまた想定外。
思ったほどには楽しめませんでした。
公開当時、それほどヒットしていた印象がないのも理解できました。

磐城の弱小藩である湯長谷藩は、
幕府老中の嫌がらせを受けて、江戸から帰藩早々に再び参勤交代せよとの知らせが。
どう対応するかで大議論となるが、藩主の判断で
通常8日間かかる道のりを5日間で走り通すことに。

途中、役人のいる宿場町では、適切な大名行列で通過しなければいけないというような
チェックポイントも設けられており、困難な課題を解決するチームプレーものとして
見れば面白い設定だったのに、忍びの者とか、遊女とか、そもそも意地悪な老中とか、
キャラクター設定がショボいんですよね。
こんなギャグマンガみたいなキャラで良いのか!?という感じ。

要所要所に演技派の役者を起用しているだけに
そのアウトプットの仕方がもったいなかったです。

ただ、佐々木蔵之介の藩主と、西村雅彦の家老のコンビは安定感抜群。
特に西村さんの家老の表情、間合い、動き、全てが抜群でした。
女優陣は残念ながら印象に残らず。

本作は、コメディ映画として見るよりも、
参勤交代マメ知識を得るための歴史映画として見た方が
楽しめそうですね。


超高速! 参勤交代 [DVD]超高速! 参勤交代 [DVD]

松竹 2014-11-12
売り上げランキング : 12439

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この記事のURL | 映画 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『オケ老人!』
- 2017/09/07(Thu) -
『オケ老人!』

地元で無料映画上映会があり、時間があったので行ってみました。
田んぼの真ん中にドーンと聳え立つ立派な公共ホール。
分かりやすい地方自治のあり方です。

で、肝心の映画の方ですが、
若い高校教師が勘違いで入団の意思表明を出してしまった交響楽団は、
高齢者だけで構成する落ちこぼれ楽団。
もっと良い楽団で演奏したいと思いながらも、何だかんだの末、
落ちこぼれ交響楽団の指揮者として演奏会を開催することに・・・・・。

かなりドタバタ系の作品です。
もし、私一人で家で見ていたら、
「こんな展開、ありえないだろ~ぉ」と言いながら
小バカにしていたと思うのですが、
今回は、500人ぐらい入るホールで見ていたので、
周りがあははと笑う雰囲気にのまれて、何となく楽しく観てしまいました。

脚本のアラとか、演出のアラとか、
言い出したらキリがないくらいなのですが、
見ていた環境が功を奏しました。

だって、老人を笑う映画を、老人が見て笑っているのですもの。
オケメンバーが倒れて欠員になったり、
最新の機器を操れずに右往左往したり、
息子との家業引継ぎ問題で揉めたり、
そんな高齢者アルアルを、高齢者が見て笑ってるんですもの。
30代も笑っちゃいますわよ。

60歳や70歳を超えて、最近の映画を見に来よう、
見て楽しもう、みんなで笑おうという気概で
田んぼの真ん中に立つ公共施設に500人規模で人が集まるのって、
これはこれで凄いことだなと思いました。

映画自体はあまりヒットしなかったかもしれませんが
地方のドサ周りには、丁度よい作品かもしれませんね。


オケ老人! [DVD]オケ老人! [DVD]

TCエンタテインメント 2017-05-02
売り上げランキング : 9752

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL | 映画 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ