FC2ブログ
『ナイト・ミュージアム2』
- 2019/08/31(Sat) -
『ナイト・ミュージアム2』

第一作に続いて続編も観てみました。
自然史博物館の改装に伴いお払い箱になった展示物たちは、
スミソニアン博物館の地下倉庫に運ばれます。
ところが、テナガザルが魔法の石板をスミソニアン行きの荷物の中に入れたことから
今度はスミソニアンがナイトミュージアムに!

そのスミソニアンの展示物の中に、世界征服を企むエジプト王が居て
彼が悪役、それに対するのは警備員と女性初の飛行士イアハート、そして自然史博物館の仲間たち。

なんだか、この対決が、博物館内でわちゃわちゃやってるだけで、
全然、世界征服感がないこじんまりした戦いです(苦笑)。
そしてイアハートも、「冒険したい!」という1点しか頭にないおバカ役。
悪役のエジプト王もすぐに頭に血が上るタイプですし。
お子様向けの分かりやすいキャラ設定という感じですかね。

前作は、離婚した父親とたまにしか会えない息子の親子の物語が
相応にストーリーに重みを与えていたのですが、
本作では、そういう深みを与える要素がなく、
単なるアドベンチャーで終わってしまったのが残念。

そういやぁ、前作の博物館ガイド役の女性はどこ行っちゃったの?
ベン・スティラーも、いつの間にか便利グッズ会社の社長になってたりして
住むところにも困っていたのに一気に成金です。

相変わらずCGは凄かったけど、
人間らしい部分の描き方が貧弱になっちゃったのが残念。




この記事のURL |  ベン・スティラー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『猫旅リポート』
- 2019/08/29(Thu) -
『猫旅リポート』

全く知らない映画だったのですが、HDDに撮れていたので観てみました。
タイトルから、猫と旅するロードムービーかなと思ったのですが
回想シーンが多くて、あんまり旅の風情は感じられませんでした。

ナナという猫を飼っている主人公。
彼が、ナナの引き取り手を探しに東京から福岡まで車で旅をする話が
一応の軸になっていますが、旅先の話よりも、旅先で回想した昔話の方を
中心に見せていく構成となっています。

主人公の小学校時代、初めて猫を飼った時の思い出とともに出てくるのは
修学旅行中に両親を交通事故で一度に亡くし、修学旅行先から連れ戻されるというシーン。
家族は猫のハチだけに。
そして、主人公を誰が引き取るかで親戚中が押し付け合いの喧嘩をして
最終的に、母親の妹が独身ながらに引き取ることに。ハチは他所へ引き取られます。

高校時代には、ハチが引き取られていった先を訪問しようと夏休みのバイトを頑張っている最中に
ハチの訃報の電話を受け、さらには自身も親友に片思いの女の子を取られて失恋。

そして現在、なぜナナの引き取り手を探しているかというと・・・・・・
まぁ、お涙頂戴のストーリーを描くには最も王道で安直な設定です。

猫を可愛がる気持ちはわかりますが、
あまりに簡単に、人間の命が、感動のシーンと引き換えに殺されていくことに、
なんだか虚しさを覚えてしまいました。

若手俳優陣の演技はちょっと苦手なカッコつけな感じ。
脚本のセリフも、「この年代の子がこんな表現使うかぁ?」てな違和感を覚えました。
良かったのは、やっぱり竹内結子さん。
検察官の独身ビジネス・ウーマンというサッパリとした部分と、姉夫婦を若くに失い
その息子をこちらも若くして引き取ったという情け深い部分との共存を上手く演じていたと思います。

あと、猫のナナのアテレコをやっていた高畑充希さん。
わたくし、映画を見ている間は、ずっと常盤貴子さんだと思ってました。声、似てません?
終わってからYahoo映画で作品のことを調べたら、高畑さんでした。
結構、上手いと思いました。

そして、もちろん、猫ちゃんの演技はお見事。
どこまでが演技で、どこからが偶然取れたカットなのかはわかりませんが、
アテレコの高畑さんの上手さもあって、名演技でした。

さて、猫好きは、この映画を観て満足できるのでしょうか?
お涙頂戴に上手く利用されてるだけような気がしないでもないですが・・・・・。




この記事のURL | 映画 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『帰ってきたヒトラー』
- 2019/08/28(Wed) -
『帰ってきたヒトラー』

2014年のベルリンの町に突如現れた自称アドルフ・ヒトラー。
TV局を首になった男と偶然出会い、男は再起をかけて物真似芸人ヒトラーを売り出そうとする。

実はわたくし、ヒトラーとかナチスをネタにしたコメディ、好きなんですよね。
かなりセンシティブなテーマなので、絶妙な匙加減が期待されるところですが、
劇場にかかったりTVで放映されたりするものは、ある程度のフィルターチェックを通っているので
安心して笑えます。

本作では、ヒトラーがTVに出るまでの間は、ちょっと間延びした感じでしたが、
TVの生放送番組で演説を始めた瞬間に、本作を作った意図が明確に感じられました。

EUの一員となったことで、移民問題が噴出しているドイツ。
他の人種を排除しようとする空気がなんとなく社会に漏れ伝わってきており、
ちょっと社会を揺さぶる人が出てきたら、一気に右傾化しそうな感覚があります。

そこに登場したヒトラー。
最初は、物真似芸人扱いでTVに出まくりますが、
次第に、その演説内容に共感する若者が出てきて、組織化していきます。
そのスピードは、YouTube等により、かつてとは比べ物にならない速さで進行します。

このあたりの社会が染まっていく空気、コメディタッチではあるものの、
かなり怖い側面を描いており、興味深く見ました。

そして、ドイツの極右政党の本部を訪れたヒトラーは、
軟弱な党員たちの前で、党首を「思想がない」とメッタ斬り。気持ちよいほど(笑)。
空気に染まって支持するのではなく、自分の頭で考えろと、あくまで正論をぶち込んできます。

トランプ大統領は、今の時代を生きる人ですから、発言は(一応彼なりに)気を付けているように
感じますが、彼は演説が上手いですよね。
話す英語は簡単、明瞭で、日本人の私でも聞き取れるぐらいですから、
アメリカ人の教育を十分に受けられなかった階層の人でも理解できる言葉でしょう。

本作を観て、ヒトラーにドイツ国民が陶酔していった様子を実感するとともに、
トランプ大統領が当選した理由も、肌で感じられたような気がします。

エンディングは、もの悲しさと闇にこぼれる様な怖さが共存しており、
ブツっといきなり作品が終わってしまったので(深夜放送なので尺の関係かもしれませんが)、
余計に不気味な余韻を残していました。




この記事のURL | 映画 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『ジュラシック・パークⅢ』
- 2019/08/19(Mon) -
『ジュラシック・パークⅢ』

『ジュラシック・パーク』が公開されたとき、私はまだ子供でしたが、
世間がものすごく熱狂していたのは覚えています。
私は天邪鬼なので映画館には観に行きませんでしたが。
たぶん、TV放送で見たのかなと思います。

その後、シリーズ化されたものは1作も観ないままだったのですが
たまたまⅢがHDDに録画されていたので、観てみました。

恐竜が住む「イスナ・ソルナ島」の周辺でパラセーリングを楽しんでいた少年は、
船舶側のトラブルで島に不時着、以来、行方不明。
少年の両親は、大富豪を装ってグラント博士に接近し、高額の寄付と引き換えに島のガイドを要求。
案の定、島に着いたらトラブル発生で恐竜たちに襲われ、飛行機は壊滅状態、スタッフも数人亡くなり、
グラント博士と助手、少年の両親と旅行代理店のおじさんのみのグループに。

ここまでの一気の展開で、恐竜の造形や動きのスムーズさは流石です。
何の違和感も覚えずに画面を眺めていられます。

一方で、登場人物たちには違和感満載(苦笑)。
まず、博士。高額な寄付を約束してくれたからって、なんで身元確認しないのよ?
夫婦の母親の方は、パニック映画に欠かせない本能丸出しのバカ親ですし。
旅行代理店のスタッフも、身の程知らずも限度があるでしょうに・・・・というお粗末さ。
島に到着して5分の時点で、ストーリーの複雑さは諦めました(苦笑)。

とにかくシンプルにパニック映画です。
救助を待つため海岸に逃げる、恐竜に会う、追いかけられる、逃げる、追いかけられる、逃げる・・・・。
特に深いストーリーはないです。

それにしても、なんでここまで執拗に恐竜に襲われるのか理解できませんでした。
一応、スピノサウルスに狙われまくる理由は出てきましたが、
他の恐竜も追いかけてくるし、こんなアグレッシブな肉食竜ばかりの構造だったら
自滅しちゃいそうですけど・・・・まあ実際に絶滅してるんですけどね。
猫が目の前を走る虫に反応しているような本能的なものではなく、
執念をもって追いかけているような印象を受けたので違和感を覚えました。

映画サイトのレビューを見てても、あまり高評価ではなさそうですね。
恐竜ファンが映像美を楽しむための作品ということですかね。




この記事のURL | 映画 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『謝罪の王様』
- 2019/08/15(Thu) -
『謝罪の王様』

宮藤官九郎 × 阿部サダヲのコンビによる謝罪コメディ。

謝罪コメディというと、つい『笑う犬』の「関東土下座組組長」が思い出されるのですが、
あれってクドカンさんが書いたコントなんですかね?

さて、こちらの内容ですが、東京謝罪センター所長がクライアントからの依頼に応じて
様々な案件を謝罪で解決していくというオムニバス形式。
クドカンお得意の、時系列を混在させて相互に話が影響し合うシンクロ技を織り込んできてますが
『木更津キャッツアイ』ほどの練り込んだ感じもなく、意外とあっさりしてます。
というか、伏線貼ってるように見えて、たいして回収できていないという(苦笑)。

Episode1、2あたりは、登場人物のキャラクター設定を見せる部分でしょうから、
あまりストーリーに突っ込んでもしょうがないのですが、
謝罪が謝罪になっていない単なるドタバタコメディです。

こんなんで謝罪って言えるのか?と、かなり気持ちは引いていたのですが、
Episode3に高橋克実と松雪泰子が最近離婚した芸能人夫婦で2世の息子が暴行罪で逮捕という
芸能界にあよくありそうなクダラナイ事件がスタートしてから、
所長による謝罪テクニックの的を射た解説が行われるようになり、
面白くなってきました。

特に松雪泰子の演技が素晴らしく、松雪&井上真央の辛辣コンビのセリフ回しがお見事。
高橋さんは敢えてクドイ演技をしているのですが、阿部サダヲ氏の演技と相まって画面重すぎ。

芸能界における謝罪会見のツボを知れて興味がせっかく戻ってきたのに、
Episod4から再び謝罪の方向は迷走をはじめてしまい、
最後の最後は、もはや日本語では謝罪でも何でもないです。
これこそ、ブータン王国の人々に怒られるんじゃないかとヒヤヒヤしました。
外交問題をネタに嗤った映画が外交問題化という(苦笑)。

せっかく良い役者陣を揃えているのに、
脚本が浅くて、活かされていないように思いました。
残念。




この記事のURL |  宮藤官九郎 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『未来のミライ』
- 2019/08/14(Wed) -
『未来のミライ』

この作品のことを初めて認識したのは、
Yahooニュースで、「主人公くんちゃんの声がおかしい」という記事でした(苦笑)。
4歳の男の子の声に聞こえないという指摘なのですが、
観てみて納得。確かに、子どもの声には聞こえませんな。
でも、これは声優さんの責任ではなく制作側の人選ミスでしょう。

で、ストーリーの方ですが、正直、良く分からないままお話が終わってしまいました。
タイトルやポスターから、てっきり、4歳の男の子が未来からきた妹と一緒に繰り広げる
冒険活劇なのかと思ってましたが、未来のミライちゃん、ほとんど登場しないじゃない(爆)。

結局、男の子が毎日毎日「未来ちゃん、好きくない」と幼児返り発言を繰り返し、
それに対して母親がイライラし、父親がオタオタするという日常を眺めているだけ。
特に大きなストーリーらしきストーリーはなく、イマドキ共働き夫婦の子育て日記といったところ。
冒頭、母親が父親に向かって「イクメン的な外見を作ってるけどママ友には見抜かれてる」的な
結構な辛辣セリフを吐いていたので、「こりゃ毒系なのか!?」と予想外の部分に期待してしまいましたが
結局、このシーンどまりで、その後の展開は無し。

主人公くんちゃんは、「未来ちゃん、好きくない!」と駄々をこねて庭に出るたびに
なぜか舞台が急展開して別世界へと通じてしまいます。
最初、「え!?なにこの急展開?何がスイッチだったの???」と悩みましたが、
何度もこの展開が繰り返されるうちに、ご都合主義でこうなってるんだと分かり、ガッカリ。

各別世界の先で起こる出来事も、くんちゃん無敵すぎだろうというぐらいに異世界に順応してて、
現実世界より異世界の方がしっかり行動してるから
異世界で生活する方が合ってるんじゃないの?と言いたくなってしまうぐらい。

ちょうど私の弟の夫婦のところが、上が4歳の男の子、下は半年の女の子で
くんちゃん、未来ちゃん兄妹と同じような関係ですが、
お母さん、毎日イライラするんだろうなぁ・・・・と義妹の大変さが少しは分かりました。




この記事のURL |  細田守 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『ナイト・ミュージアム』
- 2019/08/11(Sun) -
『ナイト・ミュージアム』

テレビで放送されていたのを録画してあったので
やる気の出ない暑い夜にクーラーガンガンに効かせて涼み見。

ヒットしていたので、設定は分かってましたが、
ここまで大混乱な館内になっていたとは思いませんでした。
毎夜、日没とともに館内の展示物たちが動き出しますが、
警備員を見ると非常に攻撃的に対峙してきます。
おかげで新人警備員は逃げ回り、館内は目茶苦茶。
これって、翌朝、目茶苦茶なままですよね。
過去50年以上、この状態が続いていたということでしょうか。
少なくとも警備員の新人の採用試験が始まって以降はこうですよね。
なぜに博物館のスタッフたちは、この異常に気付かないのか???

CGは見事だし、歴史も絡めてあって脅威深いけど、
肝心の基本設定の部分が杜撰な感じで、
あんまり物語の世界観には入っていけませんでした。

無秩序な夜の博物館内を、どうやってエンディングに持っていくのかと思いきや
外敵に対して一致団結して戦うというものでしたが、
オーソドックスな展開ではあるけれど、外敵が間抜けすぎて、なんだかスッキリしませんでした。

その分、「オーウェン・ウィルソン、また西部劇やってる!」とか
「ロビン・ウィリアムズ、自殺しちゃったんだよな・・・・」とか
余計なことを考えつつの鑑賞となりました。




この記事のURL |  ベン・スティラー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『ルパン三世 イタリアン・ゲーム』
- 2019/06/28(Fri) -
『ルパン三世 イタリアン・ゲーム』

立て続けにルパン三世シリーズを見ましたが、
本作は、作画のタッチがまた違ってて、あぁ、違うチームが作ったんだなぁと。
どうしても宮崎駿作品と比べてしまうので、TVシリーズはかわいそうですね。
それにしても、1本の作品の中で、何となくタッチがいろいろ変わっていった気がするのですが
いろんなところに下請けに出して作ったということなのでしょうか?

話は、「カリオストロ伯爵の遺産」と呼ばれる謎の財宝を巡り、
ルパンと仮面伯爵とが対決するというのが一応軸になっているのですが、
富豪令嬢の誘拐事件騒ぎがあったり、偽装結婚があったり、MI6が絡んできたりと
何だか凄くゴチャついていた印象で、結局何の話だったのか良く分かりませんでした。

あと、ルパンシリーズで「カリオストロ」って聞いたら、
どうしても「あのカリオストロ」が頭に浮かんできますよね。
なんで、この名前を使ったんだろう?




この記事のURL | 映画 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『ルパン三世 グッバイ・パートナー』
- 2019/06/26(Wed) -
『ルパン三世 グッバイ・パートナー』

録画されてたので見てみました。

TV用に制作された2時間SPだそうで、
劇場版に比べると、やっぱり作画の粗さが目に付いてしまいますね。

物語は、銭形警部が、ルパンと共謀して盗みを支援していたとして
アメリカの警察に逮捕されるところから動き出すのですが、
今回、銭形警部の扱いは、かなり可哀そうな設定です(苦笑)。

濡れ衣を着せられた上に、中盤ではルパンと協力してインターポール内で大暴れ、
さらには黒幕に逃亡されるし、良いところなしです。
というか、彼に帰る場所はあるのか心配になってくるぐらい。
本作では、味付け程度の役回りなので、雑になるのは仕方ないのかな。

主人公は次元大介。
とある少女の誘拐事件の裏には、若き頃の次元大介が関係していた・・・・。
そしてルパンに対する裏切り行為。
黒幕への協力。
次元の切ない過去が明らかになりますが、しかし、裏切られたルパン側にしたら
たまったもんじゃないですね(爆)。

ルパンと次元が銃を構えて向き合っても、
「彼らの関係だから、何か裏があるんだろう」と思って、さほど不安は感じず。
むしろ、どこまでお互いに分かり合ってて、どこからが裏切りなのか
その線引きを見分けるのに一生懸命見ちゃった感じです。

量子コンピュータとAI技術の本作で与えられた役割は興味深く見ました。
なるほど、投資さえできれば、これだけの自衛する要塞ができてしまうのかと。
今回は要塞レベルで終わりましたが、これって、国家として独立することも
可能な感じを受けました。
途中から、外部からのコマンドを受け付けなくなるという状況が怖かったです。

黒幕さんの米国政治における立ち位置も、過剰演出な感はありますが
ヒラリーやトランプをネタにしてたりして、意外と面白かったです。

というわけで、ルパン三世としての物語よりも、
舞台設定に興味をもって楽しめました。
今の時代を反映した作品ですね。




この記事のURL | 映画 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『人生スイッチ』
- 2019/06/24(Mon) -
『人生スイッチ』

TVで放送された映画を自動的に録画しているのですが、
その中で撮れてた作品です。

コメディっぽいタイトルだなと、気楽な気持ちで見始めたら、
飛行機の中でのパニックの話が、突如ブツ切れ。
「えっ!?」と思ってたら、どうやらオムニバス作品の様子。

次のシチュエーションは、郊外の古ぼけたレストラン。
悪徳業者が客としてやってくるのですが、
店員の過去の思い出から来る怒りが沸騰しそうな状態で、
一方でこの業者は客として嫌味をネチネチ。
まー、不快な気持ちが積もっていくストーリーです。
最後、急展開で結末を迎えるんですが、スカッと感が無い(苦笑)。
結末のつけ方の問題ではなく、その行動を起こした人が正常な頭の状態じゃないというところが
どうにも自分は引っかかってしまい、楽しめませんでした。

常軌を逸した人の話って、小説でも映画でも、苦手なんですよねー。
たぶん、自分自身が、理性を失うことに、ものすごい恐怖心を抱いているからだと思います。

本作では、6つの物語が登場しますが、
どの物語も、登場人物たちが常識の枠を外れたレベルで怒りを抱えていて、
しかもその怒りを表現しちゃうんですよね。
つまり暴走。
そこが、私には共感できなかったです。

暴走を、状況打開策として良しと認められる人には、
面白い作品のかなと思いました。

スカッとしたかったのに、逆にどんよりしちゃいました・・・・。




この記事のURL | 映画 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ