FC2ブログ
『なぜ、ホンダが勝ちソニーは負けたのか』
- 2012/08/05(Sun) -
荻 正道 『なぜ、ホンダが勝ちソニーは負けたのか』(彩図社)、読了。

圧倒的な創業者が居なくなったとき、
どのように、その喪失感を乗り越えて、一流企業であり続けようとしたのか
そういう要素が詰まった本だと思ったのですが、
前半は、ずーっと創業者の姿を描いていて、やや期待はずれ。

しかも、ホンダとソニーが目まぐるしく入れ替わり、
さらには時代も行ったり来たり・・・いつの話なのか年代の言及が無いので、
非常に読みにくく感じました。

このあたりは、創業者の魂のようなものを
簡潔にまとめたほうが読みやすかったのではないかと感じました。

後半は、創業者からバトンタッチされた
二代目社長以降の奮闘ぶりや挫折ぶりを描いていますが、
これらの物語の方が、断然面白かったです。
サラリーマン的には、創業者よりも二代目以降の苦悩のほうが実感が持てます。

両社とも、本作を読む限り100点満点という人材は輩出できていないようですが、
しかし、彼らが、どのような壁を感じたのかが伝わってきました。
ただ、その壁に対してどのような行動を取ろうとしたのかの書き込みが
やや足りないように感じました。
実際に何もしなかったのかもしれませんが、
読んだ印象としては、著者が意図的に薄く描いているような気がしました。

そして、結論としては、
タイトルの答えが、あまり明確になっていない気も・・・・・。
ホンダがミニバンで回復したことも、
ソニーが家電領域で低迷していることも書いてはいますが、
肝となる部分が良く掴めませんでした。

読み込みが甘いのかな・・・・。


なぜ、ホンダが勝ち、ソニーは負けたのか?なぜ、ホンダが勝ち、ソニーは負けたのか?
荻 正道

彩図社 2004-12-08
売り上げランキング : 822939

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

この記事のURL |  本田宗一郎 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『決断の法則』
- 2007/02/03(Sat) -
片山修 『決断の法則』(小学館文庫)、読了。

森田昭夫、松下幸之助、本田宗一郎の著名経営者についての本。

こじんまりとまとめられている感じで、
特にこの本で強く印象に残った場面というのはありませんでした。

某大会社の連結対象になる子会社に在籍する私としては、
経営者の個性が遺憾なく発揮される自由さに惹かれます。


決断の法則―ソニー、松下、ホンダに学ぶ
決断の法則―ソニー、松下、ホンダに学ぶ片山 修

小学館 2004-02
売り上げランキング : 223534


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  本田宗一郎 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『本田宗一郎「一日一話」』
- 2006/11/12(Sun) -
PHP研究所 『本田宗一郎「一日一話」』(PHP文庫)、読了。

大実業家・本田宗一郎氏の言葉を366の話で提供するという
スタイルが面白そうに感じたので読み始めました。

興味深い箴言から、単なるエピソードまで、玉石混交の感がありましたが、
手軽に読むにはちょうどよかったです。


本田宗一郎一日一話―独創に賭ける男の哲学
本田宗一郎一日一話―独創に賭ける男の哲学本田 宗一郎 PHP研究所

PHP研究所 1988-11
売り上げランキング : 403519


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



にほんブログ村 本ブログへ




この記事のURL |  本田宗一郎 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |