FC2ブログ
『小説財界』
- 2021/03/07(Sun) -
清水一行 『小説財界』(集英社)、読了。

久々の清水作品。
大阪商工会議所の会頭選挙をめぐる、大阪財界を二分した闘争を描いています。

他の清水小説はモデルとなる人物や出来事があるので、
本作も、大阪でそういう闘争があったのかなぁと思いながら読みました。
古い時代のことなので知りませんが。

そう思って読むと、登場してくる財界人たちが、
旧財閥系の住倉だったり、日本一の線路の長さを誇る阪鉄だったり関西ガスだったり、
すぐに元ネタがわかるような名前の会社がたくさん登場してきて、
こんなに露骨に書いちゃって大丈夫なのかしら?とドキドキしてしまいました。
あからさまにお金が飛び交ってますし、人物評も辛らつです。
昭和の時代だからOKだったんですかね?
「小説」と銘打てば何でもありなのかな。

さて、次期会頭含みで副会頭を務めていた大竹の急死により
引退するとみられていた現職会頭の迫田が5選を目指しはじめ、
それを阻止しようとする副会頭が大阪から東京の財界に出ていった男を大阪に戻そうとする。
この大綱派閥の設定(事実なのかな?)は、絶妙な駆け引きの上に成り立っていて、興味深いです。
5選阻止!という本音がありつつ、大義名分が成り立つ対抗候補を見つけないと
大っぴらに支持を求めにくいということで、東京から引っ張ってくることに。
このあたりの理屈の整え方も、財界らしいところだなと面白かったです。

ただ、残念だったのが、この東京から大阪に戻した小早川という人物に
なんら魅力が感じられないこと。
リーダーとしての統率力も戦略性もなく、ただ、会頭になりたいという欲望だけで動いているような印象。
小早川が腹心の部下として大阪に連れてきた男たちも、こんなので東京でやっていけたのか?と
疑問を感じざるを得ない無能ぶり。
この人しか居なかったのかしら・・・・・と思ってしまいます。

迫田派と小早川派の間に挟まって登場した関西ガスの安原という人物は、
人間性も経営者としての能力も高そうで、期待値の高い人物だったのに、
この人もその理由でダメになるのか・・・・と、中盤での展開はちょっとご都合主義に感じました。
でも、これも現実に起きたことなのかな?

とまぁ、なんだか面白くなかったかのような感想を書いてしまいましたが、
十分に楽しめる小説でした。
財界のドロドロした部分が余すところなく描かれた経済小説だと思います。




にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  清水一行 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『捜査一課長』
- 2016/12/08(Thu) -
清水一行 『捜査一課長』(祥伝社)、読了。

長らく読んでいなかった清水一行さんの作品
久々に。

心身障害児を受け入れる施設で、
重度の障害児2名が相次いで行方不明となり、数日後、浄化槽の中から見つかった・・・・。

心身障害児が被害者ということで、暗い気持ちにさせられる事件ですが、
さらに、施設の労働組合などが絡んできて、捜査への抵抗とか協力拒否とか
嫌らしい展開を見せていき、鬱々とした気分になります。

当初、会話文のところが、なんだか違和感を感じる返しが目について、
それが演出や伏線ならともかく、単純に会話の応酬が成り立っていないというか
読みづらいというか・・・・。
ちょっとしんどかったです。

でも、中盤あたりから捜査の様子がじっくり描かれるようになり、
そこから物語の世界に入っていけました。
大きなどんでん返しや、急展開があるわけではなく、
非常にコツコツと地道でオーソドックスな捜査が展開されていくのですが、
小さな成果から次の展開が開けてくる様子や、
取り調べで容疑者を追い込んでいく様子など、興味深く読みました。

ただ、動機って何なんだろう?という疑問には、
読み通しても、なんだか腑に落ちない感じで、
尻切れトンボで終わってしまいました。


捜査一課長 (集英社文庫)捜査一課長 (集英社文庫)
清水 一行

集英社 1983-07
売り上げランキング : 542270

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ
この記事のURL |  清水一行 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『背信重役』
- 2007/09/16(Sun) -
清水一行 『背信重役』(徳間文庫)、読了。

読み応えのある作品でした。

財閥グループ内の企業再編を発端とした役員間の覇権争い。
財閥系だと、やっぱりこういうのあるのかしら?と思いながらも
M菱グループをモチーフにしているみたいなので、
やっぱりあるんでしょうねぇ。

これに比べると、うちの会社の常務会・取締役会なんて
なんて穏やかなんでしょう・・・という感じです。
なんせ、親会社の銀行様がすべて牛耳ってますからね。

この覇権争いが象徴的に表れてくるのが
「飲み代の原資の奪い合い」というのだから、
なんとも子供じみた争いだと感じるのですが、
意外と大会社の社員レベルをも巻き込んだ人事抗争なんて、
そんなものなのかもしれません。

副社長・山崎は、策士タイプの黒幕化と思いきや、
社長の座に担ぎあげられ、その機会を利用できずに実権を握れないダメ経営者。
実際、銀行から送り込まれる人材なんて、このパターンが多いような(苦笑)。

自分の会社の役員連中の顔を思い浮かべながら読んでいくと
二重に楽しめる作品でした。

背信重役
背信重役清水 一行

徳間書店 1997-10
売り上げランキング : 849818


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ
この記事のURL |  清水一行 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『名門企業』
- 2007/07/29(Sun) -
清水一行 『名門企業』(角川文庫)、読了。

企業小説の短編集だと持って買ってきたのですが、
思いのほか艶っぽい作品が並んでいて、ちょっと吃驚。
通勤電車には合いませんでした。

作品としても、
筋の通らない主張をする主人公が多くて、ちょっと辟易。


名門企業
名門企業清水 一行

角川書店 2000-10
売り上げランキング : 865764


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ
この記事のURL |  清水一行 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『燃え盡きる』
- 2007/03/19(Mon) -
清水一行 『燃え盡きる』(徳間文庫)、読了。

城山三郎作品を愛読しながら、
清水一行作品は、これがお初です。
そして、何で今まで読まなかったんだろうと後悔しました。

三菱重工社長・牧田與一郎の死の目前の数十日間だけを描いた作品でありながら、
牧田與一郎という経営者がどのような人物だったのか、
経営哲学、判断基準、行動力、人脈、人徳、
これらあらゆることが凝縮されて描かれており、
この人物の人生を読んだような気持ちになりました。

文章の読みやすいテンポ、臨場感ある会話の描写、
過去のエピソードを組み込んでもすんなりと読める構成、
いずれも流石大作家です。

作品の多い方なので、当分楽しめそうです。

燃え尽きる
燃え尽きる清水 一行

集英社 1995-07
売り上げランキング : 845384

おすすめ平均 star
star経営者の熱さが感じられる本

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  清水一行 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |