FC2ブログ
『世にも奇妙なマラソン大会』
- 2019/01/27(Sun) -
高野秀行 『世にも奇妙なマラソン大会』(集英社文庫)、読了。

高野さんの冒険譚。
今回は、西サハラの砂漠で行われるマラソン大会に参加するというもの。

そもそも、西サハラってどんな地域なのかちっとも見当がつかなかったのですが、
本作を読んでいくと、遊牧民とモロッコが支配権を争っている紛争地域ということです。
全く縁のない世界なので、基本情報から勉強になります。

このマラソン大会自体が、西サハラの実情を全世界の人に知ってもらいたいという
ある種の政治的意図をもって企画されているので、
こうやって日本国内で本になって多くの人の目に留まり
私のような無知な人間に西サハラ問題を認識させたというだけでも、
その開催効果ありというものでしょう。

で、著者がなんでこんなマラソン大会に参加することになったかというと、
企画のネタを探してて、「アフリカ・中東 マラソン」でWEB検索したら
このマラソン大会が出てきて、ものの弾みで参加を申し込んでしまったというもの。

ものの弾みで申し込むという大暴走の前に、
「アフリカ・中東 マラソン」で検索しようと思うか普通!?てな感じです。
15kmのジョギングしかやったことがないのに、砂漠のフルマラソンって・・・・。

当然ながらドタバタ劇で終始するのですが、
この作家さんの面白さって、ドタバタしながらも
社会情勢とか、社会制度に関する情報を的確に伝えてくれるところかなと思います。
本人のドタバタ感と、社会を冷静に見ている安定した目線とのギャップが面白いです。

西サハラ問題に関して言うと、このマラソン大会にはスペインのバスク地方からの参加者が多く、
バスク独立運動と心情的に繋がっているという政治臭ぷんぷんの様子を伝えていたり、
そもそも難民キャンプなのにソーラーパネルがあったり貯水タンクがあったりで
マラソン大会の出場者を家に受け入れる余裕があったりと、
なかなかに資本主義の香りが感じられます。
このマラソン大会で、どれだけ現地にお金が落ちているのでしょうかね。

砂漠でマラソン走っちゃったよ~というようなバカ話をまぶしながらも
今の世界の情勢をそのまま切り取って伝えているところが
興味をそそられる理由かなと思います。

本作では、このマラソンの話以外に
短めのエッセイが何篇か併録されていますが、
個人的に面白かったのは「名前変更物語」。

インドから強制送還をくらった過去があるため、
同じパスポートではインド再入国が不可能という現実があり、
それを乗り越えるために「名前を変えてパスポートを取り直す」という荒業に出る話。

最初のチャレンジは、妻に離婚&再婚をお願いし、妻の旧姓になるというもの。
ホント、奥さん、よくこの人の奥さんをやっていられるなと思ってしまうほどの暴走っぷりです。
まぁ、こういう人だと分かって結婚してるんでしょうけど、
それに巻き込まれるのは大変ですよね。

で、あえなく妻の反対で頓挫するわけですが、
そこから著者は、違う名義のパスポートを手に入れるために奔走。
相手は、区役所、銀行、都庁と、お堅いルール重視の組織ばかり。
ところが、どこもルールはあるのに何だか抜け穴がたくさん空いてる感じで
変なルーズさが垣間見れます。
まぁ、こんな改名事案を持ち込んでくる人は少ないでしょうから
マニュアル化されていないということなのでしょうけれど。

最後の難関、都庁の旅券課ですが、ここで登場する窓口の職員さんのキャラが秀逸。
そしてオチもあって、あはは~な感じ。

でも、日本を代表する公と民間の組織の異質事例への対応能力の限界と柔軟さというか
日本社会の複雑さみたいなものが垣間見えて面白かったです。




にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  高野秀行 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『ワセダ三畳青春記』
- 2018/11/01(Thu) -
高野秀行 『ワセダ三畳青春記』(集英社文庫)、読了。

以前に読んだ冒険モノが面白かった著者。
本作は海外ではなくワセダという、私的にも身近な場所だったので読んでみました。

この方、ワセダ大学の探検部出身なんですね。
そして、その学生時代の生活から書き起こしていますが、
学生時代から海外に探検というか無茶というか、そんな活動を繰り返していることにびっくり。
そして、そういう際立った活動をしているとき以外は、
ワセダの三畳間の古いアパートに引きこもってグダグダしているという
その生活リズムのギャップにもビックリ。

探検部の仲間も変だし、アパートの住人達も変だし、
大家のおばちゃんも天然ボケなのか痴呆ボケなのか際どい感じでおかしいし、
著者の生活の周辺に、まったく正常な部分が感じ取れないのに、
なぜかリアリティのある描写で、ぐいぐい読めてしまいました。

この方の文章って、歯切れが良くて読みやすいですね。
そして、面白いネタを引っ張って書き連ねるのではなく、
無駄をそぎ落とした文章でサクサクと書かれているので、
面白い部分が強調されてて、一層楽しめます。

本作では、学生時代から30歳を過ぎるまでの
野々村荘での10年以上の日々を描いていますが、
やっぱり興味を惹かれるのは、早稲田大学探検部という場。
学生時代のバカバカしさ、「真剣にバカをやる」という無駄な一生懸命さ、
ホント学生時代にしか経験できないような話に溢れていて、
「自分の学生時代も楽しかったなぁ・・・・・」とノスタルジーに浸ってしまいました。
そういう世界観、今も大好きなんですよね。

私は、早稲田大学は、そういう「真剣なバカ」が集まる最高峰の場だと思ってます。
受験の下見に行ったとき、「この大学の自由な空気は、田舎者の私にはレベルが高すぎる・・・・・」と
ビビってしまい、おかげで第一志望の国立大学の入試に集中できました(苦笑)。

東京生活の最後の2年ほどは、早稲田に隣接する地域に住んでいたので、
よく早稲田大学周辺も散歩しましたが、あの街とキャンパスが一体化した空間は
本当に好きでした。

こんど上京した時に、久々に早稲田の町に行ってみたくなりました。




にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  高野秀行 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『怪魚ウモッカ格闘記』
- 2015/10/30(Fri) -
高野秀行 『怪魚ウモッカ格闘記』(集英社文庫)、読了。

タイトルに惹かれて買ってみました。

UMAであるインドの謎の魚、その名も「ウモッカ」を探しに行くという冒険譚。
ただし、冒険そのものだけでなく、ウモッカ情報との出逢いから、専門家へのヒアリング、
インド渡航の準備、そしていよいよ出国・・・・・と、
準備段階から時系列に沿って、アレコレと読むことができます。

冒険そのものがどういうことかを知るのではなく、
冒険に惹かれる人というのは、どういう思考回路で、どういう行動を起こすのかを知ることができます。

馬鹿馬鹿しいことに、これだけ一生懸命、時間をかけて努力できるというのは、
非常に幸せなことだと思います。

そういう思いをひしひしと感じて、いよいよ出発!というところまで来たのに、
何その展開!?というオチ。
確かに、準備段階において、さらっと懸念には触れていましたが、
まさか、この展開となってしまった冒険譚を、本にしようと思うなんて・・・・・・
という出版側のチャレンジ精神に驚きました。

ま、インド的な適当さも垣間見えて、面白かったですけどね(笑)。

他の作品も読んでみたくなりました。


怪魚ウモッカ格闘記―インドへの道 (集英社文庫)怪魚ウモッカ格闘記―インドへの道 (集英社文庫)
高野 秀行

集英社 2007-09-20
売り上げランキング : 105021

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  高野秀行 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
| メイン |