FC2ブログ
『少年』
- 2018/09/29(Sat) -
ビートたけし 『少年』(新潮文庫)、読了。

『菊次郎とさき』が非常に面白かったので
同じような雰囲気が楽しめそうな本作を読んでみました。
ただ、こちらは短編集です。

いずれも主人公は少年。
小学生から中学生まで。
やんちゃ坊主から歴史オタクまで。
舞台はそれぞれ違いますが、
根底に流れる温かい眼差しが共通しています。

私が好きだったのは冒頭の「ドテラのチャンピオン」。
運動が得意なやんちゃ坊主の主人公と、反対に勉強好きで運動音痴な兄。
学校の運動会が迫ってきて、興奮する弟と抵抗する兄。
そして彼らを見守る両親。
温かい家族です。

そして兄の同級生には、ちょっと抜けているけど抜群に足の速いカラバカ。
彼が高熱を出しながらも運動会の徒競走にやってくる姿を挟みながら
兄弟の思いを描いていきます。

そして、そのエピソードを俯瞰して、30代という年代になった兄弟が
小料理屋で杯を交わし合う。
いい家族ですね。

著者のテレビで見る破天荒な芸風のイメージとは違って、
小説のタッチは繊細で愛情こまやかですね。




にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  ビートたけし・北野武 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『菊次郎とさき』
- 2018/09/24(Mon) -
ビートたけし 『菊次郎とさき』(新潮文庫)、読了。

ビートたけしさんが語る自分の両親のお話。

毒舌で、自分は米問屋のお嬢様だったというプライドがあり、
なのに旦那は飲んだくれの冴えないペンキ屋で、
そのギャップからくるストレスなのか、子供の教育に血道をあげます。

頭の回転は良さそうな人なのに、
価値観の軸がちょっとずつ極端な方に触れていて、
なんだかお茶目な人に仕上がっています。
息子からすると大変かもしれませんが(苦笑)。

そんな母親を描くのに、著者は、軽井沢の病院に入院中の母親を見舞うという場面設定を作り、
電車の中での母との思い出を回想するシーンと、
電車内で現在の母への思いを巡らせるシーンとを上手く組み合わせており、
この構成の熟練さが、映画監督としての著者の力量なのかなと思いました。

母さきのキャラクターがとにかく面白いです。
自分はお嬢様だったという思いから、冴えないペンキ屋の旦那を見下し、
子供の教育は全て自分の力で何とかしてやろうという熱心さ。
毒舌で子供の尻を叩きながら、裏では担任の先生を家に呼びご飯を食べさせてやるという
なんとも極端な作戦を同時並行で進めていきます。

複雑な人間性が1人の体の中に納まっているのに、
「こんな人もいるのかもしれない」と思わせてしまうのは
著者の表現力と母への愛情のなせる業のように感じました。

一方、ダメ親父の菊次郎ですが、
飲酒にパチンコと、分かりやすいダメ親父ぶりをさらしながらも、
家族みんなを家業のペンキ屋の手伝いに駆り出していたり、
意外と家の中心になっているようなところもあり、
こちらももまた不思議な人物です。
照れ屋で小心者の昭和の下町男って感じですかね。

ビートたけしという時代を作った才能の塊が
どういう風に生まれてきたのかという謎に、
この本は、「あぁ、この家族ならビートたけしを生み出してしまいそう」と思わせる
説得力のある内容でした。


菊次郎とさき (新潮文庫)菊次郎とさき (新潮文庫)
ビートたけし

新潮社 2001-11-28
売り上げランキング : 180360

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  ビートたけし・北野武 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『間抜けの構造』
- 2017/08/20(Sun) -
ビートたけし 『間抜けの構造』(新潮新書)、読了。

『甘えの構造』や『「いき」の構造』に乗っかったタイトルだったので買ってみましたが、
思ったほど刺さるものではありませんでした。

確かに、日本人のコミュニケーションにおいて、
「間」というものは重要な役割を持っていると思います。

以心伝心とか、空気を読むといった間接的な意思疎通において、
「間」が有言に語る部分があると思います。

そこまでは共感できたのですが、
中盤で、お笑いの解説になってしまったのが、個人的に好みではなかったのかも。

「間」を説明するのに、漫才などでの「間」の扱い方は
格好の材料になるとは思いますが、
でも、お笑いの人がお笑いを解説するのは、やっぱり「間抜け」な感じがします。
かといって、お笑いじゃない人がお笑いの解説をしても面白くないのですが。

むしろ、映画のカット割りで解説している部分の方が
頭にスッと入ってきました。
映画人の常識と、それを壊そうとした北野監督の思いと。

お笑い論よりも、日本人論の方を読んでみたいですね。


間抜けの構造 (新潮新書)間抜けの構造 (新潮新書)
ビートたけし

新潮社 2012-10-17
売り上げランキング : 25103

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  ビートたけし・北野武 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか』
- 2013/05/25(Sat) -
竹田恒泰 『日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか』(PHP新書)、読了。

この手のナショナリズムを喚起する本を読むときは、
著者の立場が気になりますが、竹田氏は旧皇族のお家柄とのこと。
ある意味、分かりやすい日本礼讃の立場であり、安心して読めました。

世界規模での調査や、象徴的な出来事を取り上げ、
世界において日本がどのように評価されているかを紹介しています。

かつても『ジャパン・アズ・No.1』が大ヒットしたように、
日本人は褒められると嬉しがるのですが、それは土台に自国を卑下する気持ちがあるから。
それが、日本文化の「控えめの美意識」によるものなのか、
「自虐史観」と言われる教育によるものなのかまだ私には判断が付きませんが、
自国に誇りを持ちながらも様々な考え方があることを尊重し謙虚に生きるというのが、
私の目指すところです。

YouTubeなどには、日本を訪れた外国人が日本の文化や日本人の姿に驚嘆し、
感動の声をあげながらレポートする動画がたくさんあります。
歴史ある建造物の美しさや、ハイテク技術の先進ぶりに着目したものもありますが、
一方で、道にゴミが落ちていないことや、狭い道ですれ違う時に会釈することや、
整然と列を作って自分の順番を待つことなど、日本人の生活に着目したものも
数多く見られます。

私たちにとっては当たり前のことであると、
異文化の人に指摘されないと気づかないこともあるでしょうね。
本作で紹介されていた「ホテルをきれいに使う」というのも、
「立つ鳥後を濁さず」の文化で育てば当たり前なことです。
でも、アメリカで飛行機に乗ったりすると、
降りるときの床の散らかりっぷりには目を覆いたくなります。特にビジネスクラス(苦笑)。
借りた毛布を畳んで席に置いていくとか思いつかないのかなぁ・・・って思っちゃいます。

こういうことを1つ1つ思うと、教育って大事なことなんだなぁと改めて感じます。
巻末の北野武さんとの対談でも教育の話になっていましたが、
10歳までに学ぶ「生活のし方」って、とっても大事なものだと思います。

自分の両親、家族、
そして彼らが選んで行かせてくれた幼稚園や小学校の先生に感謝!


日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか (PHP新書)日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか (PHP新書)
竹田 恒泰

PHP研究所 2010-12
売り上げランキング : 1109

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ジャパン・アズ・ナンバーワンジャパン・アズ・ナンバーワン
エズラ・F. ヴォーゲル Ezra F. Vogel

阪急コミュニケーションズ 2004-12
売り上げランキング : 376134

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  ビートたけし・北野武 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |