『持ってる人が持っている共通点』
- 2017/08/24(Thu) -
小笹芳央 『持ってる人が持っている共通点』(幻冬舎新書)、通読。

小笹さんって、こんな表面的な話をする人だったっけ?と
思ってしまうほど、浅い感じの本でした。

ハンカチ王子の発言で一気に広がった「持っている」という言葉、
その言葉が送られるような人は、どういう人なのかということを、
主にアスリートの活躍シーンとともに分析した本。
・・・・・でも、「分析」というほど深くはないかも。
そういうシーンを「振り返った」という程度ですね。

共通点のあぶり出しも中途半端だし、
結局、何をして、どういう状態に至れば「持っている」人になれるのか
この本では糸口がつかめないように思えました。

私の考えからすると、「持っている」というのは、
しっかりとした分析と計画の元に、日々努力を重ねた人が、
その成果を発揮した際に、これらの努力を照れ隠しでごまかすための言葉が
自分は「持っている」という表現だと思ってます。

イチローにしても、本田にしても、ハンカチ王子にしても、
不断の努力をしてこその活躍であり、そこから得た自信があるので、
自分自身のことを「持ってる」と冗談交じりに言えるのだと思います。
そして、それは、「努力の賜物です」というクソ真面目なコメントを言わないための
照れ隠しなのでありまして、「持ってる」とう表現を
一生懸命分析するのも間抜けな話ではないかと思ってしまいます。

「持ってる」人が、陰でどのような努力を積み重ねているか、
結局、大事なのはそこだと思います。
そして、自分には何ができるか、ですね。


「持ってる人」が持っている共通点―あの人はなぜ奇跡を何度も起こせるのか (幻冬舎新書)「持ってる人」が持っている共通点―あの人はなぜ奇跡を何度も起こせるのか (幻冬舎新書)
小笹 芳央

幻冬舎 2011-05
売り上げランキング : 476728

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ


この記事のURL |  小笹芳央 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『会社の品格』
- 2011/12/08(Thu) -
小笹芳央 『会社の品格』(幻冬舎新書)、読了。

なにも品格ブームに乗っからなくても、小笹ブランドなんだから・・・・・・と
ちょっと冷めた目で読み始めた本作。

出だし、「法人とは」みたいな話から始まったので、
「あれっ?思ってたよりも形式論的な本なの???」と警戒してしまったのですが、
本編では、やはり小笹本らしく、明快&簡潔に整理されていて、
分かりやすい一冊でした。

「組織」「上司」「仕事」「処遇」「経営者」といった切り口で、
それぞれの典型分類がなされていて、
物事を総覧できている安心感があります。

さて、これを参考に、自分の会社の分析を深めなければいけませんね!


会社の品格 (幻冬舎新書)会社の品格 (幻冬舎新書)
小笹 芳央

幻冬舎 2007-09
売り上げランキング : 58373

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

国家の品格 (新潮新書)国家の品格 (新潮新書)
藤原 正彦

新潮社 2005-11
売り上げランキング : 4472

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  小笹芳央 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『モチベーション・マネジメント』
- 2006/12/05(Tue) -
小笹芳央『モチベーション・マネジメント』(PHP研究所)、読了。

「会社の活気ってどうやったら引き出せるんだろう?」と
ここ数ヵ月ぼんやりと考えてきて、
コミュニケーションさえ効果的に取れてれば、
いろんなことが連鎖的に解決して行きそうなのに・・・
というところまで辿り着いたのに、そこで煮詰まっちゃってました。

そんなときに、この本を見つけ、早速読んでみると、
「従業員のモチベーションを高めるのはコミュニケーションに尽きる」
とされており、考え方の方向性が合っていたので、
すんなりと読めました。
そして、自分の頭の中で大小のアイデアとして散乱していたものが、
うまく整理できました。

ちょうど、モチベーションアップ策についての議論を部長と始めたところだったので、
なかなかいいタイミングで読むことが出来てラッキーでした。

でも次の障壁は、
この手のモノの考え方を社内に導入して浸透させていく手順・・・。
社内に問題意識自体がないと、
企画部門がワーワー騒いでも無関心なんですよね・・・。
問題山積。

モチベーション・マネジメント ― 最強の組織を創り出す、戦略的「やる気」の高め方
モチベーション・マネジメント ― 最強の組織を創り出す、戦略的「やる気」の高め方小笹 芳央

おすすめ平均
stars「モチベーション」と「やる気」を混同してる
starsマネージャー職の人は、読んでおいて損はない本です。
starsやる気を引き出すために、やる気を削がないために。 
stars「リクルート流」人の使い方がわかる本
starsここんとこ、煮詰まってるなー、さえないなー、と感じている方にお勧め

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

-
この記事のURL |  小笹芳央 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |