FC2ブログ
『熊野の民俗と祭り』
- 2018/08/08(Wed) -
みえ熊野学研究会 『熊野の民俗と祭り』(東紀州地域活性化事業推進協議会)、読了。

地元の図書館で借りました。
熊野灘沿岸地域のお祭りを中心に、どのような信仰があるのかをまとめた本。

熊野に限らず、日本各地には、様々な信仰とお祭りが今も生活の中に
根付いていると思います。

本作でも、そんな祭りや風習について1つ1つ紹介してるのですが、
面白いなと感じたのは、海の神と山の神が共存している祭りがあること。

山地が海に迫っている三重県南部の地理的な特徴と、
伊勢神宮や熊野三山という大きな神様のもとに、様々な神が鎮座しているという
文化的な特徴との兼ね合いかもしれませんね。

伊勢の明るい神に比べて、
どうも熊野の神には暗いイメージというか、死と重なるイメージがあるので、
そのあたりの神秘性も加わって、面白い文化だなと思いました。


熊野の民俗と祭り熊野の民俗と祭り
三重 三重熊野学会研究

2002
売り上げランキング : 2282510

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ


この記事のURL |  みえ熊野学研究会 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『熊野灘磯の辺路紀行』
- 2017/07/23(Sun) -
みえ熊野学研究会 『熊野灘磯の辺路紀行』(東紀州地域活性化事業推進協議会)、読了。

地元の文筆家による文章の寄せ集めかな・・・・程度に思って買ったのですが、
何の何の、しっかりと調べてある文章が多くて、
満足度の高い読書となりました。

熊野古道、古代鏡、九鬼水軍、水産図鑑、赤須賀船等々、
様々な角度から歴史の推考がされており、
また、資料についても写真や年表が多数掲載されているので、
マニアックな内容でも興味深かったです。

また、水難事故の物語も複数収録され、
海を舞台に生きる男たちの苦労を知るとともに、
救助に向かう地元の男たちの熱さにも触れることができ、
素敵な物語たちでした。


熊野灘磯の辺路紀行 (みえ熊野の歴史と文化シリーズ)熊野灘磯の辺路紀行 (みえ熊野の歴史と文化シリーズ)
みえ熊野学研究会

みえ熊野学研究会 2005-03
売り上げランキング : 1315009

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ


この記事のURL |  みえ熊野学研究会 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『熊野産業史』
- 2017/02/07(Tue) -
みえ熊野学研究会 『熊野産業史』(東紀州観光まちづくり公社)、部分読。

こちらも図書館で時間つぶしに読んでいたのですが、
時間切れで途中で終わっちゃいました。

お魚関係の章から順番に読んでいたのですが、
やっぱり漁業関連の調査は興味深いです。
特に漁村文化史的なモノ。

ちょっと表面的な報告で終わってしまっているものもあり、
このような小論文の寄せ集めの本ではなく、
しっかりとした研究論文も、いつか読んでみたいなと思いました。

尾鷲市の岩田市長が、市長になる直前の寄稿のようですが、
熊野灘の変わったお魚について、自分の捕獲経験や食経験を
ふんだんに盛り込んだ独自の考察を行っており、
さすがお魚市長となる人ですね。


熊野産業史―海と山の恵みに生きる (みえ熊野の歴史と文化シリーズ)熊野産業史―海と山の恵みに生きる (みえ熊野の歴史と文化シリーズ)
みえ熊野学研究会

みえ熊野学研究会 2008-03
売り上げランキング : 937470

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ


この記事のURL |  みえ熊野学研究会 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『おくまの vol.6』
- 2017/02/05(Sun) -
みえ熊野学研究会 『おくまの vol.6』(東紀州地域振興公社)、読了。

地元の図書館で時間つぶしに。

東紀州という、三重県の中でも狭い地域にスポットを当てているので、
マニアックな情報が多かったです。

やっぱり、観光資源とかグルメとかではなく、
その土地の生活に入り込んだ記事が興味深いですね。

読んだのは第6号でしたが、どれぐらい発行されているのでしょうかね。


おくまの vol.6―伝えたい、みえ熊野のいま 特集:海の熊野古道おくまの vol.6―伝えたい、みえ熊野のいま 特集:海の熊野古道

東紀州地域振興公社 2015-06-12
売り上げランキング : 1410875

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  みえ熊野学研究会 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |