『戦国の群像』
- 2016/08/17(Wed) -
小和田哲男 『戦国の群像』(学研新書)、読了。

冒頭の戦国大名と国人領主の違いというテーマが
時代の変わり目を端的に表していて、興味深かったです。

それまでの封建制度における官僚的な組織の動きから、
能力主義の個人の動きへとダイナミックに変わっていき、
しかも、それが国盗りという側面だけでなく、
国造りや人民平定にも如何なく発揮されたというところが、
この時代の面白さですね。

また、百姓というものは、農民を指すわけではなく、
農民、漁民、猟民を幅広く指す言葉であったにもかかわらず、
幕府の政策の偏りから次第に百姓=農民となっていったなど、
面白い話もいろいろありました。

後半は、だんだん話が地味になっていった印象ですが、
歴史への興味を膨らませるには良い本なのではないでしょうか。


戦国の群像 (学研新書)戦国の群像 (学研新書)
小和田哲男

学研プラス 2009-05-26
売り上げランキング : 6883

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  小和田哲男 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『戦国合戦 武将たちの決断』
- 2014/04/20(Sun) -
小和田哲男 『戦国合戦 武将たちの決断』(PHP文庫)、読了。

またまた頂き物の本です。

戦国時代の合戦における武将の判断を3択問題で出していくのですが、
3択の内容に必然性がなく、単純な知識を問うだけの設問になってます。

歴史好きが、「おぉ、もちろん知ってるわ!」「これも知っとる!」と
自分の知識の量を確認するための本なのでしょう。

各合戦の情報は、文庫本で4ページ弱しかなく、
事実の情報以外に得るものがない本でした。


「戦国合戦」武将たちの決断 (PHP文庫)「戦国合戦」武将たちの決断 (PHP文庫)
小和田 哲男

PHP研究所 2008-12-02
売り上げランキング : 773445

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  小和田哲男 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『日本の歴史ミステリ まさかの展開』
- 2013/11/08(Fri) -
小和田哲男 『日本の歴史ミステリ まさかの展開』(知的生き方文庫)、読了。

またまた歴史の小咄本です。

ま、内容的には時間つぶし、気分転換レベルです。

読みながら思ったのは、

こういう本って、どんな人が書くのだろうか???ということ。

正直、この手の本がヒットすることはないですよね。

歴史マニアが買えば、コンスタントには売れるのかもしれませんが・・・。

中学・高校の歴史の先生とかかなぁ・・・

それとも郷土史家みたいな歴史ファンのおじちゃんかなぁ・・・

なーんて思ってたら、本作は大学の先生でした。

しかも、雅子さまの繋がりの方なの?良く分かりませんが。

へー、と思ったものの、内容はやっぱり時間つぶし程度でした。


日本の歴史ミステリー「まさか」の展開 (知的生きかた文庫)日本の歴史ミステリー「まさか」の展開 (知的生きかた文庫)
小和田 哲男

三笠書房 2010-01-20
売り上げランキング : 1168033

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  小和田哲男 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |