『里山資本主義』
- 2017/07/05(Wed) -
藻谷浩介、NHK広島取材班 『里山資本主義』(角川ONEテーマ21)、読了。

里海から里山と、逆の順番で読んでしまいました。
1作目である本作の方が、「里山資本主義」という言葉の本質を書いているのだろうなと
期待して読み始めたのですが、何だか、里海ほどの腑に落ちている感がなかったです・・・・。

紹介されている「エコストーブ」「CLT」「ジャムづくり」といった事例が、
それぞれは興味深い活動なのですが、
では、それらを横串として貫く思想は何なのか?と言った時に
「それが里山資本主義だ!」となる程までに、里山資本主義という概念が
定義づけられていないような印象を受けました。

要は、里山資本主義って何なのかが、私には本作を通して掴むことができませんでした。

マネー資本主義と対比して里山資本主義を説明しようとしていますが、
この設定が、そもそも誤っているのではないかと思えて仕方ありません。

マネー資本主義は、リーマンショックで気づかされたような
金融工学の結晶のような高度な金融商品が、現実世界と乖離して世界経済を大きく
動かす力になっていたというような現象に象徴されると思いますが、
そもそも日本の里山が廃れたり、里海が汚れたりしたのは
マネー資本主義のせいではなく、高度経済成長に代表されるような
従来型の資本主義のせいであり、時間軸がズレているように思います。

マネー資本主義と対比した方が、主張のインパクトは増すのかもしれませんが
腑に落ち感がなくなってしまうように思います。

そして何より、里山資本主義を体現する田舎暮らしというのは、
都市部の企業が日本全体の経済機能を担っているからこそ生まれる経済の安定感のおかげで
その傘の下でこじんまりと好きなことをして生きていくことのように思えてしまいました。
大きな庇護のもとで、その庇護の主体を批判しながら、安全な暮らしを謳歌するという
なんだか捻じれた立場に居るような気がしてなりません。

日本全体が里山資本主義の人々で溢れてしまったら、
経済活動として成り立たないように思います。
まぁ、人口オーナス期に入ってしまった日本は、国家の規模を縮小していく時期なんだ
ということなのかもしれませんが・・・・・。

里海資本論に比べて、なんだかモヤモヤが残る本でした。
それはやっぱり、里山資本主義とは何なのかが、
イマイチ私には分かっていないことに尽きるようです。


里山資本主義 日本経済は「安心の原理」で動く (角川oneテーマ21)里山資本主義 日本経済は「安心の原理」で動く (角川oneテーマ21)
藻谷 浩介 NHK広島取材班

KADOKAWA/角川書店 2013-07-10
売り上げランキング : 6565

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  藻谷浩介 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『地方消滅』
- 2015/11/08(Sun) -
増田寛也 『地方消滅』(中公新書)、読了。

増田レポートとして話題を呼んだ、地方消滅に関する予測。

ダイビングで訪れる海は、熱海のような観光地もありますが、
小さな漁港の町であることも多く、鄙びたというより、寂れたと表現したくなる町も多いです。
お年寄りしか歩いていないような・・・・。

地元に戻っても、街に人が歩いていないことが気になります。
我が家のある商店街も、昼間の閑散とした様子に驚くばかりです。
私が小学生の頃は、それなりに賑わっていたはずなのですが・・・・。

むしろ、増田レポートで、地元の津市が、若年女性の急激な減少地域に色分けされていなかったことが
自分の実感と合わずに驚きました。
田舎とはいえ、一応、県庁所在地なので、それなりに若年層人口は維持されるということなのでしょうかね。

本作の前半は、レポートの解説が中心で、やや味気ない文章だったのですが、
後半の藻谷浩介氏との対談が、重要ポイントをざくっと振り返って
今後のことを考えていく視点を持つために、分かりやすかったです。


地方消滅 - 東京一極集中が招く人口急減 (中公新書)地方消滅 - 東京一極集中が招く人口急減 (中公新書)
増田 寛也

中央公論新社 2014-08-22
売り上げランキング : 1439

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  藻谷浩介 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『金融緩和の罠』
- 2015/02/16(Mon) -
藻谷浩介、河野龍太郎、小野善康、萱野稔人 『金融緩和の罠』(集英社新書)、読了。

最近受講した講義で耳にした「人口オーナス」という考え方が、本書でも語られています。
このようなマクロの視点での適切な環境分析が大事だと思う反面、
藻谷氏の「付加価値の上昇のためには人件費を上げることが大事だ」という主張には、
確かに、経済学的な定義だとそうなるけれども、
経営学的な観点でいくと、その賃金アップの原資はどこから生み出すのだろうか?というあたりが
よく分かりませんでした。

もともとインタビュー形式の構成なので、
各論者の主張が出きっているのかがつかみ難いのですが、
なんだか、経済学と経営学の立脚点の違いのようなものの
ギャップが上手く埋められないまま読み終わってしまいました。

自分の会社に当てはめて、この3人が言わんとしていることをやりつつ、
自社の従業員の生活を守り、自社の業績も伸ばし・・・・・・という姿が
描くことができませんでした。


金融緩和の罠 (集英社新書)金融緩和の罠 (集英社新書)
藻谷 浩介 河野 龍太郎 小野 善康 萱野 稔人

集英社 2013-04-17
売り上げランキング : 79143

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  藻谷浩介 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『デフレの正体』
- 2012/06/29(Fri) -
藻谷浩介 『デフレの正体』(角川ONEテーマ21)、読了。

研修などで、SWOT分析などをやると、
外部環境の欄に必ずといっていいほど出てくる「人口減少」「少子高齢化」といった言葉。
しかし、イメージ先行で、いまいちピンと来ていませんでした。
いったい、どんな風に、この企業の業績、もしくは日本の経済に響くのだろうかと。

本作で、ようやく、人口問題のインパクトの内容そのものと、
インパクトの大きさ、そして回避することの難しさを、理解することができました。

30代で理解するには、かなり悲しくなる数字ばかりですね・・・。
そういう私自身が、子供が居ないので、大きい口は叩けませんが・・・・。

「率」と「絶対数」の関係をきちんと押さえることなど、
数字の読み方についても、勉強になりました。


デフレの正体  経済は「人口の波」で動く (角川oneテーマ21)デフレの正体 経済は「人口の波」で動く (角川oneテーマ21)
藻谷 浩介

角川書店(角川グループパブリッシング) 2010-06-10
売り上げランキング : 618

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ


この記事のURL |  藻谷浩介 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン |