『蒼ざめた馬を見よ』
- 2017/10/11(Wed) -
五木寛之 『蒼ざめた馬を見よ』(文春文庫)、読了。

著者のエッセイで本作を知り、すぐにBookOFFで見つけたので即買い。

直木賞受賞の表題作をはじめ、5つの短編が収録されています。
いずれもロシア絡みだったり、冷戦絡みだったり。
当時の日本や世界の時代状況が滲み出ている短編集です。

表題作は、冷戦下のソ連で、極秘に国外での自作小説の出版を望む著名小説家の元に
日本人記者が原稿を受け取りにいくという、ある種の冒険譚。
短編なので、物語の進行があまりにあっさりと進んでいくような印象を受けましたが、
しかし、コトの真相の部分は、非常に面白かったです。
これは、長編で読みたかったなぁという思いを抱きました。

個人的に面白いと思ったのは「天使の墓場」。
冬山で遭難事故に遭った高校の山岳部。
吹雪の中で退避したのは、山肌に墜落していた米軍の戦闘機の中。
意識を失い、救出された引率教師は、米軍機の墜落がなかったこととされ、
さらには生徒たちが行方不明扱いになっているということを知る。

こちらも、コトの真相の部分が、そういう展開かぁ・・・・という感じで
時代を感じさせてくれます。

やや陰謀論的なところも含めて、時代ですねぇ。


新装版 蒼ざめた馬を見よ (文春文庫)新装版 蒼ざめた馬を見よ (文春文庫)
五木 寛之

文藝春秋 2006-12-01
売り上げランキング : 204906

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  五木寛之 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『ゴキブリの歌』
- 2017/02/01(Wed) -
五木寛之 『ゴキブリの歌』(角川文庫)、読了。

五木寛之氏には、苦手意識があります。
大学生の頃に大ヒットしていた『大河の一滴』が上手く読めなかったり、
その後の世間での「思想家」としてのイメージがあまり私好みではなかったり、
どうにも歯車が合わない感じでした。

本作は、町の公民館で廃棄処理になろうとしていたものを頂いてきたのですが、
読んでおいてよかったです。

こんなにもカラッとしたエッセイも書いているのかと意外な思いがし、
スイスイ読めて、しかも面白かったからです。

著者が30代後半の時に書いた文章ということで、
若いのに、ややインテリ風が鼻につくところもありますが、
しかし、全体的に、軽いタッチでまとめられており、
奥様とのやりとりなど、冗談も交えた文章で面白いです。

学生時代の新聞配達で、時々すっぽかして新聞を川に捨てた・・・・・なんてことを
昔の日記が見つかりました・・・という話で書いてしまっており、
こんなことを今の新聞に書いたなら、
正義感の強い世間様に大バッシングされるのではないかと思ってしまいますが、
昔はおおらかだったのでしょう。
(ま、おおらかだったにしても、他人が購読している新聞を川に捨てるってアリエナイですが)

ちょっと露悪的なところも、インテリがよくやる庶民派アピールの技術だと思うので
ま、五木寛之的なところが出ているということで、ご愛敬ですかね。


ゴキブリの歌 (角川文庫―五木寛之自選文庫 エッセイシリーズ)ゴキブリの歌 (角川文庫―五木寛之自選文庫 エッセイシリーズ)
五木 寛之

角川書店 1994-12
売り上げランキング : 892119

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  五木寛之 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『人間の覚悟』
- 2015/11/03(Tue) -
五木寛之 『人間の覚悟』(新潮新書)、読了。

五木ファンからすると、心に染み入る温かい言葉のオンパレードなのでしょうけれど、
それほど五木節に思い入れのない立場からすると、
言葉がふわふわしすぎて、つかみどころのない印象受けてしまいます。

前にも書きましたが、言葉の定義の曖昧さが気になってしまい、
文章がすんなり腹落ちしません。

頭を使わずに、感覚的に読むべきものなのかもしれませんが、
どうも私は苦手意識が先行してしまいダメですねぇ・・・・・・。


人間の覚悟 (新潮新書)人間の覚悟 (新潮新書)
五木 寛之

新潮社 2008-11
売り上げランキング : 28839

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  五木寛之 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『百寺巡礼 第四巻』
- 2014/10/11(Sat) -
五木寛之 『百寺巡礼 第四巻』(講談社文庫)、読了。

いきなり第四巻からで恐縮ですが、
地元のお寺が紹介されていたので(笑)。

真宗高田派の本山である専修寺は、
小学校の写生大会で如来堂を描き、ラッキーにも入選をもらった思い出のお寺(笑)。
どーんと立派なお堂です。

本作で、滋賀県のお寺の数が、人口対比で日本一だと知りました。
確かに紹介されている延暦寺、三井寺、石山寺など、
有名なお寺がたくさんありますが、指摘されないと気づかないものですね。

お寺の訪問記なのですが、
寺が建立された経緯、日本の歴史の中で位置づけ、宗派の中での位置づけ、
建物としての寺の印象、地元の人々の信仰のあり方、季節のレポートなど、
様々な要素がミックスされていて、読者がどんな関心を持って手にとっても
相応に対応できる汎用性を備えています。
さすが、五木寛之、商売上手。

各お寺の写真が2枚ずつ挿入されていますが、
画面へのさりげないどころじゃない著者の映り込みかたに、
やっぱり、この人は自分大好きだよなー。なんて思っちゃいました(苦笑)。


百寺巡礼 第四巻 滋賀・東海 (講談社文庫)百寺巡礼 第四巻 滋賀・東海 (講談社文庫)
五木 寛之

講談社 2008-12-12
売り上げランキング : 374255

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  五木寛之 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |