FC2ブログ
『ぼくは12歳』
- 2019/12/17(Tue) -
岡真史 『ぼくは12歳』(ちくま文庫)、読了。

ブックオフで目に止まり、「12歳の詩集かぁ・・・」ぐらいの感覚で買ってきたのですが、
なんと12歳で飛び降り自殺をした少年の死後に、詩作が見つかり、それをまとめたものだとか。

その情報で、一気に印象が変わりました。
というか、詩を読む前にその情報がインプットされてしまったので
もう、そういう目線でしか詩を読めなくなってしまいました。
「何が自死を選ぶ引き金になったんだろうか?」と。

私自身、詩の世界には親しくないので、
そもそも詩を読むスキルというか、詩を楽しむスキルが身に付いていないという自覚があります。
あと、感性だけで詩に向き合えないというか、
ついつい理屈で読もうとしてしまうので、詩がつまらないものになってしまいます。
著者のような「情緒豊か」と言われるような感性は、残念ながら持ちあわせておらず・・・・。

で、理屈っぽい私が、この本を通して何を考えていたかというと、
「自死」というものに対して、自分は嫌悪感というか拒絶感を持ってしまっているなということです。

私は、自分でも、頭が固いなと自覚しており、
特に「きちんと生活する」ということに、融通が利かないようなところがあります。
「毎日やるべきことをきちんとやる」「自分の役割をちゃんと果たす」「最後までやりきる」みたいな
いうなれば、予定通り計画をこなすことに価値を置いているようなところがあります。

そんな自分にとって、「自死を選ぶ」というのは、
なんとも反社会的というか、アナーキズムのようなものを感じてしまい、
嫌悪感や恐怖を覚えてしまいます。

特に、本作で終盤に納められていた、「著者の詩に思うところがあり両親にコンタクトしてきた人」の
手紙の文面を読んでいると、「深い悩みを抱えて大変だなぁ」という思いよりも、
「なんでこんなに『死』を真剣に考えているんだ?」と、恐れてしまいます。
皆が明日の幸せを信じて精一杯生きようとしている社会において
それに反抗する勢力であるかのように感じてしまい、不安を覚えます。

またこれで、「私って、なんて冷たい人間なんだろう・・・・」と
自己嫌悪にも陥ってしまいますが、でも、こういうことを考えている人が一定数を超えたら
その社会は、不健全な気がします。表現が間違っている気がしますが
良い言葉が見つかりません。不快にさせてしまったら申し訳ありません。

明日の幸せを信じてしまう自分の能天気さもお気楽なものですが、
自分が生きていることそのものに悩みを抱えてしまうという状態に対して、
想像を超える不安と恐ろしさを感じます。
こういう本を読むと、自分の心がザワザワしてしまうので、
いつまでたっても苦手意識が抜けないんだろうなと思いました。




にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  詩集 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『くじけないで』
- 2018/02/04(Sun) -
柴田トヨ 『くじけないで』(飛鳥新社)、読了。

一時期話題になっていた詩集。
90歳を過ぎてから詩作を始めた著者の処女詩集。

1つ1つ、日常を詠ったシンプルな内容です。
変な飾りも捻った言い回しもなく、日常の言葉で紡がれる詩。
まるで、自分のおばあちゃんが日常会話の中でふと話してくれる
思い出話のような親近感と温かさがあり、
心地よい気持ちに包まれます。

息子さんに向けた母の思い、
そのお嫁さんに向けた感謝の気持ち、
愛情が溢れていて、素敵なご家族です。

90歳になるまでに、様々な大変なことを乗り越えてきたのだと思いますが、
その辛さを感じさせないというか、飲み込んだ大らかさがあり、
このような心持ちで90歳の人生を過ごすことができたら、
幸せな人生だろうなと思いました。


くじけないでくじけないで
柴田 トヨ

飛鳥新社 2010-03-17
売り上げランキング : 79046

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  詩集 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『詩集 朴』
- 2017/03/15(Wed) -
坂村真民 『詩集 朴』(大東出版社)、読了。

近所のおじいちゃんからいただいた本。

全く知らない人物だったのですが、
帯の文句からすると、仏教思想を基盤にした詩を書く人だそうで
試しに読んでみました。

まず感じたのは、平易な日本語で詩が作られており、
すーっと自然に読み進めていけるということ。

仏教的な言葉や思想も登場しますが、
全く違和感がなく、心の中に落ちてきます。

それは、宗教の枠組みを超えた、
人間らしい心の在り様を詠っているからなんだろうなと感じました。

家族への温かな思い、自分への厳しい目、
そして、自らの決意を述べるときの強い気持ち、
それが素直に詠われており、心に染み入ります。

詩集にしては、非常にボリュームのある本でしたが、
どんどん読み進めていきたくなるようなエネルギーを持った一冊でした。


朴―詩集朴―詩集
坂村 真民

大東出版社 2012-08
売り上げランキング : 2569093

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  詩集 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『子規歌集』
- 2016/08/31(Wed) -
土屋文明編 『子規歌集』(岩波文庫)、通読。

近くの古本屋に置いてあったので、お試しに。

特に思い入れのある歌人ではないのですが、
名前ぐらいは知っているので・・・・

・・・・・・という程度の思いで手に取ってみても、
やっぱり歌が頭に入ってきませんね。

何か、熱い思いがあって歌に向き合わないと、
ただ文字の上を目が滑っていくだけでした。

反省。


子規歌集 (岩波文庫)子規歌集 (岩波文庫)
正岡 子規 土屋 文明

岩波書店 1986-03-17
売り上げランキング : 188916

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  詩集 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『金子みすず名詩集』
- 2015/03/18(Wed) -
彩図社文芸部編集 『金子みすず名詩集』(彩図社)、読了。

震災直後にACのCMで一気に知られるようになった詩人ですが、
正直、私は「こだまでしょうか」の詩は、ピンと来ませんでした。

共感できないというものではないのですが、
そこまで胸に迫ってくるものでもないかなぁ・・・・・という。

でも、あれだけ人口に介した詩なので、
何かあるのだろうと思って、100円で見つけた詩集を買ってきました。
震災後の便乗商法かと思われるものの名残ですが。

印象に残ったのは、「こだまでしょうか」のような前向きな詩よりも、
日常生活におけるちょっとしたすれ違いやわがままをテーマにした、
悲しみを覚える詩の方です。

ちょっと落ち込むような、暗い感じの詩のほうが、
人間って、そういうところあるよねぇ~という共感を覚えました。

震災直後のCMしか見ていなければ、
この詩人の表面的なところしか見てなかったのかも・・・・・と思い、
たった一冊ではありますが、この詩人の作品に触れられたことは良かったなと思いました。


金子みすゞ名詩集金子みすゞ名詩集
金子みすゞ

彩図社 2011-06-17
売り上げランキング : 9249

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  詩集 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『15歳のポケット』
- 2010/10/11(Mon) -
山田かまち 『15歳のポケット』(集英社文庫)、読了。

先に『17歳~』の方を読んでしまったせいでしょうか、
本作は、詩も絵も、冗長な印象を受けました。
削ぎ落としきれていないような感じです。

ま、私の15歳に比べれば、
迸る情熱や才能、そして表現しようという意志の強さがうらやましい限りです。

ここが、彼の成長のスタートなんでしょうね。


15歳のポケット (集英社文庫)
15歳のポケット (集英社文庫)山田 かまち

集英社 1996-07-19
売り上げランキング : 442634

おすすめ平均 star
starかまち少年
star「苦悩のはじまり」

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ
この記事のURL |  詩集 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
『17歳のポケット』
- 2009/10/17(Sat) -
山田かまち 『17歳のポケット』(集英社文庫)、読了。

久々の詩集は、山田かまち少年の作品です。

詩作については知っていたのですが、
絵もこんなにたくさん残していたとは知りませんでした。

本作では、詩よりも絵のほうに引き寄せられました。

ページをめくると、
まず、色彩が飛び込んできて、ぱっとイメージを作り上げます。

そして、詩を読むことで、
そのイメージがより豊かになっていく感じです。

彼が17歳までに感じ、考えたことの何分の一ほどしか
これまでの私には蓄積されていないと反省しました。

生きるということ対して、ものすごく刺激になった作品でした。


17歳のポケット (集英社文庫)
17歳のポケット (集英社文庫)
集英社 1996-06
売り上げランキング : 231879

おすすめ平均 star
star君を忘れない
star感性を揺さぶられる作品集
star「17歳の真実」

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ
この記事のURL |  詩集 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『贈るうた』
- 2008/01/19(Sat) -
吉野弘 『贈るうた』(花神社)、読了。

珍しく、詩集です。
お金を出して詩集を買うだなんて、『海潮音』以来です。

何を機にこの詩人に目をつけたのか記憶がないのですが、
お名前がメモってあったので、買ってみました。

それぞれの詩が、誰かに向けて詠まれています。
「夕焼けが好きな人に」などというように。

それだけで、なんだか自分個人に向けて読んでもらっているような
そんな温かな気持ちになれました。

たまには詩も、いいものです。


贈るうた
贈るうた吉野 弘

花神社 1992-04
売り上げランキング : 248491

おすすめ平均 star
star祝婚歌

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

海潮音―上田敏訳詩集 (新潮文庫)
海潮音―上田敏訳詩集 (新潮文庫)上田 敏

おすすめ平均
starsすべて世はこともなし、かな。
starsひとりの夜に静かに酔う。
stars言葉が綺麗です
stars文芸文化に触れる
starsだれもが美しい詩の世界へ誘われます

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



にほんブログ村 本ブログへ


この記事のURL |  詩集 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |