『成毛式・実践マーケティング塾』
- 2017/09/09(Sat) -
成毛眞、日経MJ 『成毛式・実践マーケティング塾』(日本経済新聞社)、読了。

マーケティングの本としては、まとまりがないように感じられるのですが、
日経MJの連載だったということで読めば、
具体事例や時事ネタを踏まえながら面白く分かりやすく書いており、
読みやすかったです。

総合的なマーケティング論としてではなく、
経営者としての心構えが、マーケティングの解説の端々に
鋭い言葉となって挟まれており、そこが勉強になりました。

日本企業をダメにしたのは経営企画室


その手の部署に10年近く在籍していた身としては、耳が痛い言葉です。

確かに、現場のことを全然分かっていないのに、
社長の方を向いて事業計画とか作っていたなぁ・・・・・なんて。反省。
でも、組織の役割がそう定義されちゃっている以上、
そのように動かざるを得ないところもあり・・・・。言い訳。
自分で書いた計画を、自分自身は実行できる立場にないことがもどかしかったんですよね。

戦略上の目標を決める

これは本当に反省点。
戦略は描いたつもりでも、評価するための指標を目標値として置かないから
結局、情緒的な「みんな頑張ったね」という評価で終わってしまうという。
でも、数値目標を置こうとすると、担当役員とかが反対するんですよねぇ・・・・・。

戦略を立てて、遂行し、評価するというPDCAサイクルは、
経営トップに立ってこそ、楽しくやり甲斐があることなんじゃないかなと思います。

終盤、三重県の話が出てきたのですが、
1つ提言しているのは、観光振興のために近鉄に豪華列車を走らせるという案。
2002年の著作にさらっと書いてありますが、近鉄が豪華特急しまかぜを導入し
鉄道マニアや富裕シニア層に大人気ですが、この案が出てきたのは2009年頃だそうで。
成毛さん、目の付け所が時代を先取りしてますねぇ。

成毛さんへの興味が増した読書となりました。


成毛式・実践マーケティング塾成毛式・実践マーケティング塾
成毛 眞 日経MJ

日本経済新聞社 2002-06
売り上げランキング : 594761

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  成毛眞 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『スティーブ・ジョブズ超解釈』
- 2016/02/28(Sun) -
成毛眞 『スティーブ・ジョブズ超解釈』(KKベストセラーズ)、読了。

マイクロソフトの元日本支社長がジョブズの仕事哲学について語るというので、
一体どんなことを述べているのだろうかと期待したのですが、
ちょっとイメージしたものとは違っていました。

まず、ジョブズは日本で持ち上げられすぎているというのは同意します。
エキセントリックな部分も含めて礼賛されてるきらいがありますが、
ビジネスマンとしては異様なところがある人だと思いますし、
経営者とか組織人とかいう観点で見たときに、このスタイルで成功するか否かは
結構、運次第なところがあるように思います。

だから、ジョブズの仕事の仕方から何かを学ぼうとするのは危険かなと思います。
一方で彼の人生哲学には学ぶべきところが多くあるようにも思います。

で、そんなジョブズの仕事の仕方を批判するときに、
著者は、マイクロソフトの立場から発言を繰り返しており、
折角の興味深い批評も、アップルVSマイクロソフトという矮小な世界に落ちてしまっているように思え、
そこは残念でした。

著者自身の仕事哲学は、それはそれで面白い方だと思うので、
変にアップルVSマイクロソフトという構図を取り入れない方が
読める内容になったのではないかと思います。


成毛眞のスティーブ・ジョブズ超解釈成毛眞のスティーブ・ジョブズ超解釈
成毛 眞

ベストセラーズ 2012-02-25
売り上げランキング : 52963

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  成毛眞 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『実践!多読術』
- 2015/07/01(Wed) -
成毛眞 『実践!多読術』(角川Oneテーマ21)、通読。

以前にも著者の読書術の本は読んでみたもののイマイチ刺さらなかったので
もう1回別の本で挑戦。

・・・・・・でも、やっぱりイマイチでした(苦笑)。

「多読術」というタイトルが良くないのだと思うのですよ。
スキルが学べそうな気になるので。
でも、大した技術論は出てきません。

これなら、この人の読書日記を読んだ方が面白そうです。

でも、最終章におススメ本紹介がズラッと並んでましたが、
かなりマニアックな本たちだったので、読書日記を読んでも、ちょっと食いつきにくいかも。


実践! 多読術  本は「組み合わせ」で読みこなせ (角川oneテーマ21)実践! 多読術 本は「組み合わせ」で読みこなせ (角川oneテーマ21)
成毛 眞

角川書店(角川グループパブリッシング) 2010-07-10
売り上げランキング : 339426

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ


この記事のURL |  成毛眞 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『本は10冊同時に読め!』
- 2014/10/10(Fri) -
成毛眞 『本は10冊同時に読め!』(知的生きかた文庫)、読了。

読書術の本は、たいてい多読家には心地よいものだと思います。
自己肯定してくれると言いますか。

本書は、マイクロソフトの社長を務めた著者による多読の奨め。

著者の口の悪さは、事前に学ぶ機会があったので、
なんとか辟易せずに読めました。

しかし、いくら多読家的に肯定的な内容で読み心地がよかったとしても、
ちょっと内容が薄すぎな気が・・・・・・。

正直言って、タイトル以上の情報はありません。

自分も、何だかんだで5冊ほどは同時並行で読んでおり、
通勤カバンと会社の机に予備の未読の本を1冊ずつ置いているので
著者流のカウントであれば7冊同時並行で読んでいることになります。

本作では、10冊読め!と言っているだけで、
それ以上のテクニックは大して出てきませんので、
7冊読んでる自分としては、学ぶところがあまりありませんでした。


本は10冊同時に読め!―本を読まない人はサルである!生き方に差がつく「超並列」読書術 (知的生きかた文庫)本は10冊同時に読め!―本を読まない人はサルである!生き方に差がつく「超並列」読書術 (知的生きかた文庫)
成毛 眞

三笠書房 2008-01-21
売り上げランキング : 34155

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  成毛眞 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
『儲けたいなら科学なんじゃないの?』
- 2014/09/21(Sun) -
堀江貴文、成毛眞 『儲けたいなら科学なんじゃないの?』(朝日新聞出版社)、読了。

2人による対談です。
タイトルをみて、「そうだよねー、やっぱ科学だよねー」と思って買ってきました。

ちなみに、私としては、
「科学技術を日常生活に上手く取り込めば素晴らしい商品・サービスができる」
という積極的な意味での肯定と
「みんな『科学』って無防備に信じるから、ブーム作れば騙しやすいよね」
という否定的な意味での肯定と、両方感じています。

で、対談では、「科学」とか「科学信仰」についてテーマ的に深掘りはされてませんが、
2人とも上記の私の2つの意見を近いところで認識しているように感じました。
言葉の端々に、社会に対する批判的な言葉が出てきます。

「ホリエモンが宇宙開発に投資する!」というニュースを聞いたときに、
世間は「一個人に何ができんの?」「また変なこと考えて~」みたいな反応だったと記憶してますが、
私は、「お、一体どういう風にこれまでの事業のビジョンと繋がるんだろう!?」と興味を持ちました。
ま、興味を持っただけで調べなかったのですが・・・・・(苦笑)。

本作で、それは、「如何に低価格で人間を宇宙に送ることができるかを追求する」
「世界の優秀な人材が宇宙を感じれば、新しい何かを閃き世界を変えるきっかけになるかも」
という発想のようです。

あ、これって面白い!と思いました。
キレイごととしてまとめてしまえば、
WEB世界に多くの人を連れ込んで、知識の積極的な探求と出会いを起こさせるポータルサイトの役目と
同じだとも言えますよね。
(単なる金儲け目的だろう!というツッコミは、ここでは無しで・笑)

とにかく、本当に実現できるのか、
ホリエモンの私財と時間と頭脳を投じて、追究してもらいたいですわ。

それにしても自然科学のお話って、ワクワクしますよねー。
経済や政治の話にはないワクワク感があります。
きっと、社会科学は、足元の世界で見えていなかったことを見えるようにするための道具なのであり、
自然科学は、知らない世界を見えるようにするための道具であるという違いが、
このワクワク感の違いなのかなぁと思います。
社会科学のお話は、「そういうことなのか!」という納得感としての気持ち良さの方を
私は強く感じるんですよねー。これはこれで爽快、痛快な体験ですが。

それと、自然科学の話って、突き詰めると哲学や人生観みたいなところに行っちゃうのが
これまた面白いなぁと思います。
この対談でも、「ガンとは一体どういう状態なのか」「進化はそもそも必要なのか」という話から、
キリスト教的に表現すると、「そもそも神は世界をどのような設計図で作ったのか」というような
「この世界がある意味」みたいな話にまで広がっていきました。
この、事実の積み重ねをしていったら、最後はそれをどう捉えるかの価値観の問題に行き着くという
一気に視野が広がり、高みに昇る瞬間が好きです。

対談なので、テーマが流れていく感は否めませんが、
でも、両名とも、「(事実はまだ解明されていないけれども)僕はこう思う!」と明言するところが
非常に読みやすかったです。しかも結構、2人の意見が分かれるので面白かったです。

ビジネスの世界で成功する人って、社会的に評価が決まっている「事実」や「常識」だけでなく
いろんな考え方が可能なことに対しても「僕はこう思う、だって~~なんだから」と
スタンスをハッキリさせる傾向にあると思います。
この判断力と、外に向けて言い切ってしまう勇気と自分への自身、
このあたりが、成功することにとって大きく寄与してるんだろうな、
反対に、そういうことができない人は雇われ社長みたいなスタッフ社長なんだろうなと思います。

自然科学から人文科学、社会科学まで、
いろいろ考えるきっかけとなる面白い対談でした。

ちょっと成毛氏の口が悪いのは、最初、読み心地が悪かったですが・・・・・・。


儲けたいなら科学なんじゃないの?儲けたいなら科学なんじゃないの?
堀江貴文 成毛 眞

朝日新聞出版 2011-03-18
売り上げランキング : 284177

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  成毛眞 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
| メイン |