『血の味』
- 2015/06/15(Mon) -
沢木耕太郎 『血の味』(新潮文庫)、読了。

沢木作品って、どうしても『深夜特急』の印象が強いので、
エッセイとかルポの人だと思ってしまうのですが、
本作は長編小説ということでチャレンジしてみました。

いやぁ、何だか凄い小説でした。引き込まれました。

中学三年生の主人公は、母と妹が出て行き、家には寡黙で本ばかり読んでいる父と二人きり。
学校では推薦入学を勝ち取れるほどの才能があった陸上を突然止め、教師には突っかかり叱られ。
銭湯で女装趣味の男に話しかけられたことで、嫌々ながらその男と交流ができ、
鬱々とした日々に変化が訪れるかと思いきや・・・・・・。

とにかく、主人公の心理描写が、淡々としながらも、
あぁ、中学三年生という年代の男の子ってこんな感じなのかな・・・・と
思えてしまうほど、説得力をもって感じられました。

彼の目から見た友人、教師、女装趣味の男、そして何もしゃべらない父。

一見、女装趣味の男に銭湯で言い寄られるという展開に
気色悪さを覚えてしまうのですが、しかし、本当に気味が悪いのは、この父親。

家族とは会話も無く、ただ黒い本を読んでいるだけ。
かつては精悍な男性だったような思わせぶりなくだりがあるだけに、
現在の残念な感じに陥ってしまったきっかけが気になります。

しかし、そこは、少年の目からは見えない部分。
読者にも見えない部分。

自分の家族にこんな人が居たら、耐えられないだろうなぁ。
いや、家族だからこそ、受け入れられてしまうのだろうか。
気づいときには、そんな父親だったら、それが普通になるのでしょうか。

事件の展開が、思っていなかった方向に行ったため、
中盤から読み止められなくなりました。

小説家としても、凄い人ですね。


血の味 (新潮文庫)血の味 (新潮文庫)
沢木 耕太郎

新潮社 2003-02-28
売り上げランキング : 365117

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  沢木耕太郎 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『シネマと書店とスタジアム』
- 2015/05/22(Fri) -
沢木耕太郎 『シネマと書店とスタジアム』(新潮文庫)、読了。

『深夜特急』の第1巻で止まってしまっておりますが、
別のエッセイに寄り道(笑)。

タイトルどおり、映画と本とスポーツ(サッカーやオリンピック)のお話です。

映画は、結構、ヒット作品というか、私でもタイトルを知っている作品が多く出てきたのですが、
それでも、天邪鬼な私は、観ていないものが多いという(苦笑)。

一方で、本の方は、かなりマニアックな作品が多く、
触手が伸びるほど惹かれたものは少なかったです・・・・・。

スポーツ観戦は、サッカーや冬季五輪の話ということで、
野球派の私にとっては、少し距離のある感じでした。

と、まぁ、なんだかネガティブな言葉を並べてしまいましたが、
しかし、エッセイとしては非常に面白かったです。
焦点を絞って描かれた世界観が、例え私がスキー競技に興味がなくても、
へぇ~、長野のジャンプ台で、こんな物語が巻き起こってたんだぁ!と
関心を呼び起こされる語り口で、面白かったです。

エッセイのポイントが絞られるほど、
そこに登場する人間自身の物語に接近していくことになり、
その舞台装置については、大きな意味を成さなくなってきます。
そのような文章を読んで、やはり、世界を切り取ること、そして意味づけすることが
どんなに重要な行為なのかを実感しました。

1つ、本作の中で紹介されていた『黒い輪』。
私も、かなり前に読みました
広瀬隆の解説が型破り!というところに着目しつつ、モヤモヤしてしまったのが
私も沢木サンも同じで、なんだかホッとしました(笑)。


シネマと書店とスタジアム (新潮文庫)シネマと書店とスタジアム (新潮文庫)
沢木 耕太郎

新潮社 2005-06-26
売り上げランキング : 125308

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  沢木耕太郎 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『深夜特急1』
- 2012/07/17(Tue) -
沢木耕太郎 『深夜特急1』(新潮文庫)、読了。

大作なので、これまで尻込みしていたのですが、ついに読み始めてしまいました(笑)。
伊豆大島の往復の船の中で読んでいたら、否が応でも旅情は募ります。
雰囲気満点!

初っ端、インドでの情景描写で始まるのでアレレ?と思ったのですが、
長旅の中で、まさに異国情緒溢れる街といえば、インドが筆頭なんでしょうね。
そして、この旅の最初の切っ掛けが、「デリーからロンドンまで乗り合いバスで行けるか?」
という賭けだったと知り、大英帝国と、その植民地インドの関係や文化の相違度に
いろいろと想像が膨らみました。

つまりは、第一章で惹き込まれていたわけで、すごい本だと感じました。

デリーに行くまでに「ちょっと立ち寄った」ということになっている
香港・マカオでの経験も、魅力に溢れ、足止めされる理由にうなずけます。

まさに、その街に「生きている」人々の姿が描かれていて、
非常に興味深かったです。

今回、たまたま第1巻を100円で見つけたので試しに読んでみたのですが、
2巻以降も見つけ次第、挑戦したいと思います。


深夜特急〈1〉香港・マカオ (新潮文庫)深夜特急〈1〉香港・マカオ (新潮文庫)
沢木 耕太郎

新潮社 1994-03
売り上げランキング : 2350

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  沢木耕太郎 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
| メイン |