『中国がなくても、日本経済はまったく心配ない!』
- 2014/12/28(Sun) -
三橋貴明 『中国がなくても、日本経済はまったく心配ない!』(WAC)、通読。

中国シリーズの最後は、まぁ、おまけみたいなもんです(笑)。

バッサリ中国を斬って捨てるのだろうということは
読む前から予測がついたので、どんなポイントで斬っているのかを確認。

あくまで、日本の国益における中国の位置づけというモノの見方だったので、
民間企業の中国投資というレベルまで降りてくる話ではなく、
ちょっと今の私のニーズとは離れた内容でした。

過剰なまでに中国脅威論を振りかざす必要はないと
本作を読んでいて分かりましたが、
ただ、無視してOKというようなものでもないと思うので、
正しく怖がることが大事なのでしょうね。


中国がなくても、日本経済はまったく心配ない! (WAC BUNKO)中国がなくても、日本経済はまったく心配ない! (WAC BUNKO)
三橋 貴明

ワック 2010-12-23
売り上げランキング : 281001

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  三橋貴明 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
『経済ニュースが10倍よくわかる「新」日本経済入門』
- 2014/10/05(Sun) -
三橋貴明 『経済ニュースが10倍よくわかる「新」日本経済入門』(アスコムBOOKS)、読了。

本屋さんの前を通ると、
ベストセラーランキングでよく名前を目にするようになった著者。
この人は何者なんだ?と疑問に思っていたので、試しに100円で読んでみました。

まず、裏表紙裏の著者紹介を見て驚いたのが、
「作家」「経済評論家」という肩書きは自称なので誰でも言えることですが、
公的な肩書きが「中小企業診断士」でした。
中小企業診断士が相手にする中小企業の社長さんたちと、
この本で語られている国家財政の話とが上手く像を結ばす、
ますます、「この人は何者なのだ?」という疑問が膨れてしまいました(苦笑)。

どうやら、2chに積極的に書き込みをしていたために
スポットが当たった人のようですね。
というわけで(?)、主張はハッキリと、強めの口調で、やや他人を馬鹿にしながら書かれてます。
2chユーザーに好かれそうな感じの文章です。

主張内容も、アベノミクス下で読むと分かりやすいです。
出版当時に読んでいたら、どんな印象を持っていたかは自分でも分かりませんが。

インフレターゲット論者の皆さんは、
デフレ下で、大きな声で主張を叫んでいく必要があったので
今、当事の本を読むと、勢い込んだ熱い主張が多いように感じるのですが、
アベノミクスが走っている今は、
「ほら、言ったとおりじゃないか!」と、ますます勢い込んでいるのか、
それとも、政府と同じ主張をしていると評論家としては埋もれてしまうので、
新たな反論(というか新たな仕事にありつくため)の切り口を一生懸命探しているのでしょうか。

うーん、気になります。


経済ニュースが10倍よくわかる「新」日本経済入門 (アスコムBOOKS)経済ニュースが10倍よくわかる「新」日本経済入門 (アスコムBOOKS)
三橋貴明

アスコム 2010-06-21
売り上げランキング : 391653

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  三橋貴明 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『さらば、デフレ不況』
- 2013/08/01(Thu) -
廣宮孝信 『さらば、デフレ不況』(彩図社)、通読。

三橋貴明氏の名前が、大学の先輩の口から良く出てくるので、
読んでおかなきゃなぁ・・・・・と思い、100円で買ってきました。

・・・・・が!
三橋貴明「監修」の本でした(爆)。
またもや、読み始める時まで気づかず・・・・。

ま、でも、平易な文章で書かれており、主張は分かりやすかったです。

懸念すべきは、スラスラと頭に入ってきて、
かつ、今までの「常識」とされていた考え方と違うモノなので、
ついつい食いついちゃいそうなところ。

しっかり時間を取って読み込んで、
この本の主張が正しいかを自分の頭で考えて見極めないと、
「ホントはこういうことだったんだ!」と、思い込んでしまいそうです。

というわけで、今回の読書は「通読」レベルにしておきました。
主張の方向性には違和感を感じなかったので、
もう一度、夏休みの時間にでも読み返して、ちゃんと考えておきたいです。


さらば、デフレ不況 -日本を救う最良の景気回復論―さらば、デフレ不況 -日本を救う最良の景気回復論―
廣宮 孝信 三橋 貴明

彩図社 2010-03-02
売り上げランキング : 324973

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  三橋貴明 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |