『母性』
- 2016/08/02(Tue) -
湊かなえ 『母性』(新潮文庫)、読了。

母と娘の回想が交互に描かれ、
この2人の関係性の変化が時系列で示されていくのですが、
それぞれの視点から見た同じ出来事が、全く違うように解釈されており
あぁ、歴史って、個人でも国家でも、それぞれの立場で全く異なるように
構成されていくんだなということがまざまざと示されています。

特に私は、両親や祖父母を中心とする大人たちの目を気にする子供という
物語設定に非常に関心があるため、本作でも「娘」の視点から描かれた
世界を軸に、いかに「母」と異なる解釈をしているのかという部分を読みました。

「母」は、自分の母から多くの愛情を注ぎこまれ、
母がすべてというような人生を送ってきた、いわゆるマザコン娘。
そんなマザコン娘が自分の娘を持つようになりますが、
娘に愛情を注ぐのではなく、娘に愛情を注ぐ自分を母から褒めてもらいたいという
屈折した愛を「娘」に向けるようになります。
「娘」は、歪んだ愛情であることに感覚的に気づきながらも、
なぜなのかを理解できずに、「母」を畏怖するようになります。

そして、運命の台風の日・・・・・。

舞台装置はばっちりだったのですが、
物語にイマイチ乗り切れない部分があったのは確か。

それはたぶん、最初に「娘」の回想を読んだときに、
すでに「娘」がそのキャラクターを確立してしまっていたことにあると思います。
なぜこの「娘」がこの「母」の下で育ってしまったのか?という究極の点が、
読者が頭の中で想像するしかなかったので、
「そここそを読みたかったのに!」という思いになってしまったのです。

なぜ、「娘」は「母」を恐れるようになったのか、避けるようになったのか、
回想が始まった時点で、すでにそういう行動が当然のようになってしまっているので、
そのような行動が始まった本質的なきっかけを読んでみたかったです。

それでも、「娘」の成長を通して、埋められない「母」と「娘」の距離を
まざまざと見せつけられる作品であり、恐ろしかったです。
独白という形式を、ここまで嫌な感じに描ける著者は、やはり凄いです。


母性 (新潮文庫)母性 (新潮文庫)
湊 かなえ

新潮社 2015-06-26
売り上げランキング : 3112

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  湊かなえ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『贖罪』
- 2016/04/27(Wed) -
湊かなえ 『贖罪』(双葉文庫)、読了。

湊かなえ節全開です!

5人の人物による、様々なシチュエーションでの独白で構成されていますが、
その設定は『告白』を想起させます。

しかし、そのドギツさは、『告白』以上かも
なぜなら、本作の中で5人も殺されてしまうから。

小学校で起きた少女の強姦致死事件。
被害に遭った少女と一緒に遊んでいた4人は、
犯人が少女を連れていく場面に居合わせながら、
事件後に犯人逮捕につながるような情報を提供できず、
怒り狂った被害者の母親は4人に贖罪を求める・・・・・。

20年前なら、このような物語は、リアリティがないとされていたかもしれません。
しかし、現在、このような展開はありうるのではないかと思えてしまいます。
4人が辿ったその後の人生が、いずれも殺人というところに行きついてしまったのは
さすがに小説世界の話だとはしても、
被害者の母親がヒステリックな行動を起こしたり、
その行動がきっかけになって4人の少女の人生が大きく歪んでしまったりということは
十分にありうることのように思います。

4人の少女も、被害者の母親も、
事件をきっかけに大きな傷を受けており、
可哀想だなと思う一面はありつつも、共感までは至らないのは、
保身の言い訳が言葉の端々に充満しているから。

そんな中で、真紀の話だけは、身に染みてきました。
「きちんとしなければいけない」「しっかりしなければいけない」という強迫観念は
少なからず子供のころの私も持っていたからです。
親の思いを受け止めなければいけない、周囲の期待に添うようにしなければいけない、
そういう思いに駆られて、今の私があるように思います。
この小説のように、変な方向に捻じれることがなかったので、
今の自分には満足できていることが幸いです。

もし、自分が真紀の立場になったら、
事件当時に上手く立ち回れなかった自分を反省し、悔しく思い、嫌いになったのではないかと。
そして、次に迎えた新たな事件において、自分を取り戻すべく、
英雄になるための行動をとるかもしれない、真紀のように・・・・・・と思いました。
(思うだけで、たぶん行動は無理ですけど・・・・)

子供は、子供なりの理屈で世界を捉えているんだな、
自分も、子供のころに自分なりの理屈で周囲の世界を捉えていたんだなと
再認識させてくれる本でした。


贖罪 (双葉文庫)贖罪 (双葉文庫)
湊 かなえ

双葉社 2012-06-06
売り上げランキング : 4738

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  湊かなえ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『往復書簡』
- 2014/11/10(Mon) -
湊かなえ 『往復書簡』(幻冬舎文庫)、読了。

2人の人物の間で交わされる往復書簡。
手紙のやり取りを重ねるうちに、2人に大きな影響を与えた過去の出来事について
ポツリポツリと真相の断片が書かれ、一つの姿が今になって露わに・・・・。

最初、手紙の文章が、かなり地の会話文をそのまま書いており、
これを手紙と言ってしまうのは都合が良すぎないか?と
作品の体裁が気になってしまいました。
しかし、段々と話が進んでいくにつれて、そんな形式論はどうでも良くなるほどに
内容が面白くなってきました。

手書きの手紙は、私自身、あまり書く習慣がなく、
極まれに、お礼状を書く程度です。
日常のやりとりに手紙を使う機会はありません。

こうやって、改めて手紙のやいとりというものを読んでみると、
その手間ヒマ、面倒くささのようなものよりも、
手紙という媒体が持つ怖さを強く意識しました。

往復書簡ということで、相互のコミュニケーションが成り立っているように見えつつ、
1つ1つの手紙自体は、片方が片方に向けて一方的に書き綴った内容になり、
思い込みや勘違いもそのまま言葉として載り、ある物語を形作ってしまいます。
そして、読み手の方も、勝手に印象を受け、物語を想像しながら読むことになります。
これで、相互が同一の像を結んでいれば良いですが、
それぞれが自分なりの受け止め方をしていたときに起きるミスコミュニケーションが怖いなと。

しかも、無意識のうちに起きてしまうミスコミュニケーションだけではなく、
意思を持って、極論すれば悪意を持って、物語を事実とは書き換えたり、
大事なことを書かなかったり、小さなことを強調して書いたりと、
いくらでも恣意的に手紙の中身を演出することができます。

もちろん、恣意的に内容を歪めて伝えることは、
メールでも、電話でも、対面での会話でも、やろうと思えばできるのですが、
対面度が近いほど、文面だけでなく、声や表情や振る舞い等からも情報を得て、
どこかオカシイということに気づく機会も増えると思います。
しかし、手紙というのは、1つの完成した世界観を送り届けてくるという点で
おかしなところに気づきにくいのではないか、恣意性を持ちやすいのではないかと思いました。

収録作品では、比較的エンディングは穏やかというか、おとなしいというか、
バッド・エンディングなものはなかったと感じましたが、
果たして、最後の手紙に書かれている内容は本当のことなのだろうか、
お互いに、これ以上悪意に触れたくないという暗黙の了解の下に、
その結末で手を打ってしまったのではないだろうかと、
黒い想像が制限なく広がっていってしまいました。

本当に、人間の嫌なところを作品にして、読者に思い知らせることが得意な作家さんだと
改めて感じ入りました。


往復書簡 (幻冬舎文庫)往復書簡 (幻冬舎文庫)
湊 かなえ

幻冬舎 2012-08-02
売り上げランキング : 6317

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  湊かなえ | CM(0) | TB(2) | ▲ top
『夜行観覧車』
- 2014/01/18(Sat) -
湊かなえ 『夜行観覧車』(双葉文庫)、読了。

湊作品2つ目ですが、本作も自分本位さ爆発で、人間の嫌なところ満載ですね。

冒頭、殺人事件が起きた家の向かいの家での母娘の会話で始まりますが、
「反抗期」と呼ぶにはあまりにも粗暴で攻撃的な娘の言葉に、正直うんざり。
他人の家の実態までは分かりませんが、ここまで酷い家庭は自分の周りにはなかったような。
少なくとも我が家は違ったので、「なんで、自分の親に向けてこんな言葉遣いをするんだろう」
というか「誰が相手でもこんな汚い言葉を口にすることがストレスだわ・・・」というのが実感です。

でも、この母親の思考停止状態にも、これまたうんざりさせられます。
なんで考えないのだろうか、なんで想像しないのだろうかと。
父親は、輪をかけて現実逃避をする様で。

そして事件が起こったお向かいの家。
医者の父親、後妻で入った美人の母親、そこそこの出来だが女のために自由な娘、
男ということで過度の期待をかけられる息子。
それぞれに溜めているものがあるのに、表面的には仲の良い上流階級家庭。
典型的な気持ちの悪い家族です。

なんで、これほどに不気味な家庭が向かい合わせになっているのかというと、
高級住宅地として宅地開発されてきた「ひばりが丘」の姿が・・・・。
コミュニティ形成のプロセスが、どこか歪だったのだろうなと思わせるに十分な隣人達の動向。

人間の嫌らしさ、本性、悪意が、様々な角度から描かれており、
決して気持ちの良い読書にはならないのですが、読む手を止められません。
この作家さんについては、改めて凄いと実感させられました。

そして、本作で「ひばりが丘」の住人を象徴していると感じたのが、
「権利」「責任」「義務」という言葉の連呼。
学校の授業では学びますよ。概念としては理解してますよ。大事な概念だと思いますよ。
でも、日常会話で使う単語じゃないですよね。
誰かに向かって投げつける言葉でないと思います。
あくまで人々の間で共有するための言葉だと思います。
こういう言葉を平気で他人に(しかも家族に!)投げつけられる人間性が、
本作に登場する人物達の気持ちの悪さを象徴していると思いました。


夜行観覧車 (双葉文庫)夜行観覧車 (双葉文庫)
湊 かなえ

双葉社 2013-01-04
売り上げランキング : 12363

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  湊かなえ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『告白』
- 2012/03/08(Thu) -
湊かなえ 『告白』(双葉文庫)、読了。

大ヒット作をようやく読みました。
悪意の塊のような作品、このエネルギーは凄いですね。

とにかく、第一章の展開が秀逸。
中学校の教室で、担任が生徒達に向けて、淡々と授業をするかのように独白をしていく。
その内容が、独白というにはあまりにドギツイ内容。
時々、言葉の端に悪意が噴出するような瞬間が描かれていますが、
その瞬間よりも、悪意が出口を探して彷徨っているかのような
淡々とした描写の部分に、人間の恐ろしさを感じ取りました。

その後の登場人物たちも、
まー、自分本位な姿を晒していってくれます。

中学生たちのパートは、それでもまだ幼さのようなものを感じさせてくれるので、
悪意が純粋な形で(表現変ですね・・・)表出しているように思いましたが、
大人たちが主人公のパートでは、体面を気にしたり、保身に走ったりで、
悪意がさらに捻じ曲げられているようなところもあり、
気持ち悪いと感じるシーンも多々ありました。
それでも、次が読みたくなるという、見事な展開です。

新しい語り手が出てくると、みんな最後に、新たな真実を一つ残していってくれます。
しかも、衝撃的な真実を!

ちょっと登場人物たちが繋がり過ぎかなというご都合主義も感じましたが、
ま、田舎の学校なら、こういうこともあるのかもしれませんね。
いつもなら、ご都合主義の臭いが漂ってくると興ざめしてしまうのですが、
本作では、どんな真実に繋がっていくのかと、期待しながら読んでしまいました。

ここまで悪意を描ききる作家さんなら、他の作品も楽しみです。


告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)
湊 かなえ

双葉社 2010-04-08
売り上げランキング : 1021

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  湊かなえ | CM(0) | TB(1) | ▲ top
| メイン |