『ザ・ガール ヒッチコックに囚われた女』
- 2014/04/22(Tue) -
『ザ・ガール ヒッチコックに囚われた女』

立て続けにヒッチコックを描いた作品をば。

『ヒッチコック』が陽の作品なら、こちらは陰です。

『鳥』の主人公に無名のモデルを抜擢したヒッチコック。
熱心な演技指導を行う過程で、個人的な執着心が大きく膨らんでいき・・・・。

段々と行動がエスカレートしていく様は、まるでストーカーのようで不気味でした。
大監督というポジションがあるので、セクハラ&パワハラのダブルパンチ。
しかも、監督に従っていれば女優としてスターダムに伸し上がれるので、たちが悪いです(苦笑)。

ヒッチコックを演じたトビー・ジョーンズは、
目のギョロッとした動きで、ヒッチコックの内に眠る性的な欲望を
見ている側にドロッと伝えてきます。

一方、主演女優ティッピ・ヘドレンを演じたシエナ・ミラーは、まさにブロンド美人。
しかも濃厚なブロンド・ガールではなく、すっきり顔だったので、わたし好み(笑)。
演技はともかく、ふとした表情が美人さんでした。

で、2作続けてヒッチコックのメイキング的なものを観たわけですが、
やっぱり陽のヒッチコックのほうが可愛くて好きだなぁ。
病的な描写は苦手です・・・・・。

あ、あと、『鳥』は観てみたいなと思いました。

本作のDVDは販売されていないようです・・・。


鳥 [DVD]鳥 [DVD]

ジェネオン・ユニバーサル 2012-09-26
売り上げランキング : 37059

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この記事のURL |  ヒッチコック | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『ヒッチコック』
- 2014/04/20(Sun) -
『ヒッチコック』

アンソニー・ホプキンス、太ったなー・・・・と思ったら、
特殊メイクでした(苦笑)。
ま、あんなに激太りしたら病気ですわな。

『北北西に進路を取れ』の成功の後、
『サイコ』を撮り上げるまでの期間を描いています。
それはまるで、メイキング映画のように。

私が観た数少ないヒッチコック作品が『サイコ』でした。
もちろん、様々なパロディやオマージュでも見知っています。
そういう作品が舞台になっているので、何とか知識的に付いていけて良かったです。

とまぁ、あまり観たことがない監督さんなので、
当然、エピソード的なことも知らず、
本作で描かれるような、奥様と二人三脚で作品を作ってきたという話に驚きました。
まるで孤高の天才であるかのようにイメージしていたので。
でも、映画を作るという行為自体が、非常に大きなチームワークを要するものであり、
「孤高」という言葉が合わない世界なんだなと、再認識。

それにしても、甘いマスクの同業者からアタックされる奥様を見て
焼き餅プクーッ!コゲコゲ~のヒッチコックが、可愛いのなんの。
奥様の前では好々爺ですわ。

一方で、作品に向き合う姿は、時々、狂気の鬼を感じさせることも。
天才というのは、どこかネジが外れて、異空間と繋がっているんでしょうね。

私が『サイコ』を見たときに感じた疑問も、
この作品の中で解決しました。
その時代における空気を捉えるというのは、大事なことですねー。


ヒッチコック [Blu-ray]ヒッチコック [Blu-ray]

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2014-02-05
売り上げランキング : 17861

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この記事のURL |  ヒッチコック | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『裏窓』
- 2012/03/10(Sat) -
『裏窓』

ヒッチコックの名作をば。

足を骨折して自宅療養中の主人公は、
部屋の窓から近所のアパートを眺めることしかできない毎日。
しかし、ある日、その中の一つの部屋から女性が姿を消し・・・・。

思っていたよりも、作品全体のトーンが軽くて驚きました。
もっとドロドロしたものを想像していたので・・・・。

近隣アパートの見せ方が、
窓が異常に大きかったり、部屋の中が非常に明るかったり、
人物の動きが舞台的に大きかったりと、
この作品ならではの演出がなされていたところが、
なんだかアニメ的な強調を感じたからかもしれません。

サスペンスとして、正直、さほど大きな衝撃は受けなかったのですが、
事件の真相そのものを直接語らずに終わらせるという手法は、
なかなか面白いと感じました。

看護師のおばさんステラのキャラクターが、好みな毒っぷりでした。


裏窓 [DVD]裏窓 [DVD]

ジェネオン・ユニバーサル 2011-09-02
売り上げランキング : 48431

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

この記事のURL |  ヒッチコック | CM(0) | TB(1) | ▲ top
『サイコ』
- 2011/08/22(Mon) -
『サイコ』

初ヒッチコック作品。
WOWOWでやってたので、観てみました~。

何の事前学習もせずに、素の状態で観たのですが、
さすがに、あの有名なシャワーシーンは知ってました。
音楽が恐怖心を煽る、煽る!

そして、モノクロならではの、表情の演技のストレートさ。
色彩に惑わされない分、目の動きとか、指先の動きとか、
細かいところまで目に付きます。

剥製の不自然さもまた、モノクロだと嫌な感じを増殖させてきます。
モーテルの応接室で剥製に囲まれながら食事をするシーン、
あそこは特に、じっとりとした怖さを感じました。

また、カメラワークも面白い。
姉が自宅に乗り込んで物色するシーンでは、
部屋の小物や、鏡を使って、上手いなぁと感じ入りました。

1960年の作品で、サイコ・サスペンスを堂々と作ってしまう勇気と力量に拍手。
ただ、あまりにストレートなタイトルは、これでいいのかしら?
真相を辿るミステリー的楽しみは殺がれちゃいますが、
やっぱり、端から、サイコ感を目いっぱい楽しんでほしいということなのかしらね。


サイコサイコ

ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント 2000-02-25
売り上げランキング : 35237

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

この記事のURL |  ヒッチコック | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |