『コミュニティ』
- 2015/05/31(Sun) -
篠田節子 『コミュニティ』(集英社文庫)、読了。

ちょっと寄せ集め感のある短編集ですが、ホラーな味付けの作品が面白かったです。
人間の悪意なのか、魔が潜んでいるのか、
ギリギリのラインを描かせると、本当に上手いですよねー。

「恨み祓い師」では、「妖怪」という表現が出てきて、魔を払うような役割の人物も登場しますが、
しかし、老女2人の生活の描写に存在感がありすぎて、
現実世界で、こんな空間が存在していてもおかしくないような印象を受けました。

反対に、東京郊外の寂れた公団で生活する人々を描いた「コミュニティ」は、
非科学的なものは登場しないにも関わらず、
そこで生活する人々の思考が不気味すぎて、私にはホラーに感じられました。
あれほど忌み嫌っていた広江が、ある夜を境にコミュニティに溶け込み、
しかも、その理由説明の描写がほとんどなされないというところが、
恐怖を想像させてくれます。

久々の篠田作品だったのですが、すっかり堪能させていただきました。


コミュニティ (集英社文庫)コミュニティ (集英社文庫)
篠田 節子

集英社 2009-07-16
売り上げランキング : 198822

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  篠田節子 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『ゴサインタン』
- 2012/12/09(Sun) -
篠田節子 『ゴサインタン』(双葉文庫)、読了。

ネパールから農家に嫁いできた陰のある女。
言葉は通じず、日本の習慣にも馴染めず、何となく家の中で浮いたままの存在だったのが
とある出来事をきっかけに、不思議な現象を起こし始める・・・。

オカルト的な要素を期待して読み始めたのですが、
新興宗教が出来上がっていく過程を見ていくうちに、
そういう組織論的な部分に関心が向くようになり、
そういう組織に取り込まれずにいる主人公の男のことが気になったら、
今度は、その男の無気力な生き方が呼ぶ暗い闇が怖くなってきました。
なんで、こんなにも自分の人生に無関心になれるのだろうかと。

普段だと、こうやって自分の目が移って行ってしまう時は、
「この本は何が書きたいのだろうか?」と軸のブレが気になってしまうのですが、
本作は、その重量さから、軸のブレは気になりませんでした。
むしろ多面的な作品の世界の中で、自分の関心の軸を探していたような感じです。

地方の旧家の農家を継いだものの、
農業に身が入っているわけでもなく、拡大する気もなく、
副業の家賃収入で生活が成り立っている現状。
旧家の立場で顔役としてあちこちに駆り出されるものの、
未だに周囲の頭にあるのは父親への信頼であり、主人公は当てにされていない。
こんな閉塞感漂う環境で40歳まで過ごし、恋人も作れず、ネパール人の妻を義務感から娶る。
この主人公の人生の空しさを思うと、オカルト的な出来事よりも、
数段恐ろしいことのように感じてしまいました。

結局、作品中では、オカルト的な要素には答えが用意されていないのですが、
主人公の男自身には答えが訪れるエンディングになっているので、
物語としては、上手く締まったように思いました。


ゴサインタン―神の座 (双葉文庫)ゴサインタン―神の座 (双葉文庫)
篠田 節子

双葉社 2000-06
売り上げランキング : 215375

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  篠田節子 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
『レクイエム』
- 2012/08/15(Wed) -
篠田節子 『レクイエム』(文春文庫)、読了。

加門ホラーがいささか期待はずれだったので、
何か怖そうな作品はないかしら・・・・と探して出てきたのがコレ。

タイトル、カバーの雰囲気、著者から、
ホラーものかも!と期待して読み始めましたが、
怖さよりも幻想的な感じの作品が収められていました。

これまた、ちょっと今のニーズとはズレてたのですが、
後半に入っていた「コンクリートの巣」が非常に面白かったので、満足でした。

これは、ホラーではなく、リアルな人間を描いたもの。
児童虐待と母子愛の微妙な関係を、非常に上手く描いています。

人間って、やっぱりコワーイ!!!



レクイエム (文春文庫)レクイエム (文春文庫)
篠田 節子

文藝春秋 2002-04
売り上げランキング : 590245

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  篠田節子 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『聖域』
- 2011/09/25(Sun) -
篠田節子 『聖域』(講談社文庫)、読了。

未完の小説原稿を手に入れた編集者が、
その続きを書かせようと、失踪した著者を探しに東北へと向かう・・・。

この未完の小説は、いわゆる幻想小説で、
修行僧が東北の僻地で出会った魔のものたちと対峙するというもの。
序盤は、この小説が作中作という形で展開されていくのですが、
幻想小説というジャンルが、自分の好みでないため、
ここを読み通すのに苦労しました。

しかし、主人公が著者を探し始めた途端に止められなくなり、一気読みです。
原始宗教や地域の信仰、新興宗教などの要素が絡み合い、
社会科学的な側面でも興味深かったこととが大きいです。

そして、「信仰」にまつわる超常現象的なものについて、
それを体験したものの視点から活き活きと描きながらも、
どこかに冷静な視点が残っており、どことなく自然科学的な日常世界の思考とも
違和感無く同居できるような世界観になっています。
これは、かつて著者の『カノン』を読んだときにも感じたことであり、
読んでいて、とても納得感があるのです。

最初は、いろんな要素を詰め込みすぎなのでは?と感じた
一つ一つの出来事も、最後には、意味のある結びつき方をしてきて、
全ての要素が、無駄なく、きちんと作品中で料理されたというスッキリ感も味わえます。

一つだけ気にかかったことと言えば、
主人公が、失踪作家に対し、とにかくすぐに続きを書けと迫るところ。
失踪作家の頭の中に、続きが既に完成しているという前提があってのことなのでしょうが、
小説を書くということが、なんだか軽視されているような印象を受けました。

小説を書く行為を、「ストーリーを作る」作業と、「文字に落とす」作業とに分解して、
前者は作家の腕の見せ所だが、後者は単なる機械的作業と割り切っているようで、
腑に落ちないものが残りました。
文字に落とす作業自体にも、その作家独特の文体や、リズム感を生むための
歴とした創造的な作業だと思ったので・・・。

まぁ、それは、物語の完成に執念を燃やす編集者の熱い心が
言わせた台詞なのかもしれませんね。
それぐらい、いろんな人のいろんな「想い」を、ずっしりと重く感じさせる作品でした。


聖域 (講談社文庫)聖域 (講談社文庫)
篠田 節子

講談社 1997-08
売り上げランキング : 583986

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



にほんブログ村 本ブログへ
この記事のURL |  篠田節子 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『天窓のある家』
- 2010/11/04(Thu) -
篠田節子 『天窓のある家』(新潮文庫)、読了。

非常に怖い作品群です。
自分のすぐ隣にこれらの恐怖が転がっていて、
ほんの些細なきっかけで、自分も同じような目に遭うのではないか、
自分も同じような愚かな行動を取ってしまうのではないかと
気が気ではなくなります。
そういう、ひたひたと迫ってくる恐怖です。

ジャンルは、生活を描いたものから、SFチックなもの、ホラーものと
非常に多彩で飽きることがありません。

「上手いなぁ」と、感嘆する気持ちにどっぷり浸かれる作品群です。

「誕生」の静かに迫ってくる感じが、とても怖かったです。


天窓のある家 (新潮文庫)
天窓のある家 (新潮文庫)篠田 節子

おすすめ平均
starsおもしろい
stars「友と豆腐とベーゼンドルファー」は最悪です
stars男性にぜひお奨めしたい
stars後味が悪いけど・・・
stars女性特有の!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ
この記事のURL |  篠田節子 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
『家鳴り』
- 2010/06/27(Sun) -
篠田節子 『家鳴り』(新潮文庫)、読了。

7つの作品が収められていますが、
「春の便り」を除き、いずれにも、生々しいほどの人間の嫌らしさが
これでもかというぐらいに書き込まれており、
うんざりしてしまうほど、凄い小説です。

大地震による避難生活、育児ネグレクトに遭っている姉弟の生活、
認知症を持つ義母の介護、不妊問題、ペットロス症候群・・・・
社会問題となっているものから、今後起きうる危機まで、
とにかくリアリティをもって、
これらの問題と、それらに端を発した人間同士の負の感情のぶつかり合いが、
描かれています。

まさに、現代の恐怖小説だと思います。

篠田作品は、短編も切れ味があって、読み応えがあります。


家鳴り (新潮文庫)
家鳴り (新潮文庫)篠田 節子

おすすめ平均
starsすんなり読めるホラー
stars摂食障害小説を含む七篇の短編集
stars鮮烈
stars現代ホラー

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ
この記事のURL |  篠田節子 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
『カノン』
- 2009/06/09(Tue) -
篠田節子 『カノン』(文春文庫)、読了。

「ホラー長編」という触れ込みだったので、
あまり期待せずに「どんなもんかいな?」というぐらいの心づもりで読んだのですが、
結構はまってしまいました。

確かに起きている現象は幽霊モノなのかもしれませんが、
それに直面している主人公自身が
「疲れや精神不安定によるものなのかも」というような半信半疑の状況で、
意外と冷静に状況をとらえようとしているので、
変なドタバタ感が出ることもなく、
また自分の内面をみつめるようなしっかりとした心理描写もあり、
読ませてくれる内容でした。

最後も、映像として考えると劇的なのかもしれませんが、
ホラー作品として見ると、現実の世界の中で何とか結末をつけようとしていて、
キョーレツな摩訶不思議現象でエンディングにしてしまおうという
感じではなかったので、それなりの納得感をもって読み終えました。

自殺の原因探しのところは謎解きの要素もあって、
読み物として面白かったです。


カノン (文春文庫)
カノン (文春文庫)篠田 節子

おすすめ平均
starsぼやけている
stars心の深層にひっかかる作品
stars状況描写が素晴らしい
stars音楽の追求
stars小説版「フーガの技法」

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ
この記事のURL |  篠田節子 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『百年の恋』
- 2009/02/26(Thu) -
篠田節子 『百年の恋』(朝日文庫)、読了。

キャリアウーマンと三低男の格差婚。
このテーマ設定興味津津だったのですが、
なんともすんなり結婚出来て、子育て日記になっていったので
ちょいと拍子抜けしました。

いかにしてこの三低男との結婚を周囲に納得させるかという
結婚を中心に据えたてんやわんやの話だと思い込んでいたので。

キャリアウーマン梨香子は、
かなりカリカチュアライズされているとはいえ、
なかなかおもしろいキャラクター設定でした。
「こういう肩肘張った女性っているよなー」という感想と
「私も家事はできないんだよなー」という感想とが入り混じって。

劇画調に描いて行くのも面白かったのですが、
産業医に対してキレたくだりで、ちょっと覚めちゃいました。
外面がお見事なまでに完璧な梨香子なのに、
ビジネスの領域に近いところにいる人物にキレたら
本性がバレちゃうでしょうに・・・・・・・と。
このミスは、梨香子は犯さないような気がしました。

やたらとその有能さを強調されていた梨香子ですが、
年収が私とさして変わらなかった・・・・。
金融業界では、まだまだ年功序列的な昇進昇給制度だとわかってはいながらも、
なんだか、私って給与泥棒なんじゃないの?と
ちょっと卑屈になっちゃいました。


百年の恋 (朝日文庫)
百年の恋 (朝日文庫)篠田 節子

おすすめ平均
stars行き当たりばったりな印象。
stars頭で生活するのではなく
starsコメディタッチではあるが…
starsまあ、コメディなんですけど。
starsコメディ,あるいは

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  篠田節子 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
『死神』
- 2008/12/30(Tue) -
篠田節子 『死神』(文春文庫)、読了。

初っ端、不思議体験の話から始まったので、
てっきりホラーものかと思いきや、社会福祉事務所のお話でした。

なんか、篠田作品はタイトルがしっくりこないことが多いです。

さて、ケースワーカーのお仕事というのは
存在は知っていてもその仕事ぶりを読んだのは初めてです。

気骨のある面々が揃っていて個性豊かな職場のようですが、
個々のケースワーカーの体験談に留まって
あまり横の連携が見られなかったのは残念でした。

でも、「社会福祉」という
政治家が口にするときれい事のように聞こえる世界が
どれだけ人間臭くてドロドロした現実なのかは、良くわかりました。


死神 (文春文庫)
死神 (文春文庫)篠田 節子

おすすめ平均
stars現代にも潜む問題
stars全体的に暗く、単調で飽きる。。
stars社会福祉を背景とする群像劇
stars波瀾万丈
stars4点だけどおすすめ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  篠田節子 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『アクアリウム』
- 2008/12/07(Sun) -
篠田節子 『アクアリウム』(新潮文庫)、読了。

篠田作品2つ目です。
「サスペンス・ファンタジー」という紹介文だったので
「合わないかもなー」と思いつつも、
ダイビングが軸に置かれているようだったので、挑戦してみました。

結果、う~ん・・・・・。

ファンタジー世界にのめり込んでいく主人公に引いてしまいました(苦笑)。

というよりも、計画性が無く、情熱だけで突き進んでしまう主人公が
どうも性に合わないようです。
冷静さを欠いている人の行動って、
物語が盛り上がるよりも先に破綻しちゃうんですよね。

また、ダイビングも、海ではなく、山岳の地下水脈が舞台だったので、
よく知らない・・・というよりも苦手なジャンルでした。
淡水、閉塞感、暗闇、洞窟性生物、どれも「苦しみ」「過酷」に繋がっていくようで
読んでいてしんどかったです。
しかも、描写が結構グロテスク。

ただ、市民団体の本性のような部分を描いているのは
読んでいて面白かったです。


アクアリウム (新潮文庫)
アクアリウム (新潮文庫)篠田 節子

おすすめ平均
stars盛り下がり
starsこんな三面等価、成立たない!
stars不思議な雰囲気
stars自然環境の生と死
stars自然保護を叫ぶだけではない小説

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  篠田節子 | CM(1) | TB(2) | ▲ top
| メイン | 次ページ