『遅れてきた青年』
- 2014/10/14(Tue) -
大江健三郎 『遅れてきた青年』(新潮文庫)、通読。

今年もまた、ノーベル文学賞で、候補者に村上春樹氏の名前が取りざたされていましたが、
「なーんか、そんなにスゴイ作家さんなのか、よう分からんわぁ」てなもんです。
で、この、「よう分からんわぁ」路線に乗っているノーベル文学書作家ということで
手元にあった大江作品に挑戦。
ま、「よう分からん」の意味は、春樹作品と、大江作品とでは違うのですが・・・・・。

で、結局、今回も脱落・・・・・。
前半の子供時代の部分で、すでに、「なんでこんな展開になっていくんだろうか・・・・」と
ついていくことができず、ほぼ流し読み状態でした。
流し読みでも、最後まで行くのに1週間近くかかってしまいました。

第二部冒頭の教護院のくだりは、
主人公の心理描写とか、教護院の子供たちの反応とか、教官の様子とか、
結構面白く読めたのですが、そこがピークでした。

学生運動の話とか、なんだか、うんざりしてしまうようなお話で。
ま、これは、父の世代への反発を自分が持っているからかもしれませんが。

というわけで、大江作品は、そろそろ諦めるべきかもしれませんね。


遅れてきた青年 (新潮文庫)遅れてきた青年 (新潮文庫)
大江 健三郎

新潮社 1968-11-27
売り上げランキング : 504397

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  大江健三郎 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『二百年の子供』
- 2012/06/06(Wed) -
大江健三郎 『二百年の子供』(中公文庫)、通読。

よく分からない内容に、途中で半分諦めてしまいました。
最後まで読みはしましたが、流し読みに近い状態です(苦笑)。

物語展開とか、主題とかいう前に、
そもそも主人公3人の存在を、現実味をもって受け止められませんでした。

中学生に、この言葉遣いをさせるということ、
このような思考をさせるということ、
そこにどんな演出、意味があるのか、測りかねました。
共感の糸口を掴みそこないました。

そこからは、過去に行こうが、未来に飛ぼうが、
あまり関心を持つことが出来ませんでした。

うーん・・・・・・。

前回は、本流の大江作品で梃子摺ってしまったので、
ファンタジー小説ならいけるかと思ったのですが、
そんなに甘くは無かったです。


二百年の子供 (中公文庫)二百年の子供 (中公文庫)
大江 健三郎

中央公論新社 2006-11
売り上げランキング : 442142

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  大江健三郎 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『死者の奢り・飼育』
- 2011/10/22(Sat) -
大江健三郎 『死者の奢り・飼育』(新潮文庫)、読了。

久々に硬派な小説に挑戦です。

冒頭の「死者の奢り」は、
大学病院の地下に保管された検体の整理のアルバイトに携わった
文学部学生の心情を記録したもの。

物語の設定としては面白いと思いましたが、
描写が主人公の内面世界にどんどん沈んでいってしまうと、
追いついていけなくなる自分が居ました。
そこまで突き詰めて読み込むのに拒否感があるというか・・・。
自分が知っている大学生の像と、上手く結びつかないせいかもしれません。

一方、もう一つの表題作である「飼育」は、高校の教科書で一度読んでいます。
そのときも、相当な迫力のある作品だと思っていたのですが、
今回初めて通しで読んでみて、そのグロテスクな構成に驚きました。
う~ん。
で、やっぱり、本作ものめりこむところにはいけませんでした。
なんだか、生理的な拒絶感を覚えてしまうんですよね。
戦争、子供、性、民族、土着性・・・・・なんだか、そういういろんな要素を消化する力が
自分には足りないのだと思います。

個人的に面白く読めたのは、「他人の足」。
脊椎カリエスで自由に生活が出来ずに、療養所に収容されている少年たち。
そこに足の事故で一時的に大学生が入院してくる・・・。
同じように足が動かなくとも、不知の病と一時的な怪我の違い、
その違いには目を向けずに、不知の少年たちの目を外の社会に向けさせるだけ向けさせて、
怪我が治ったらさっさと退院していく大学生・・・・。
この手の残酷さは、様々な局面で人間が示すものですが、
結構、私好みの”嫌らしさ”の見せ方です(苦笑)。

いずれにしても、大江作品をガツガツ読んでいけるステージには、
私は、まだ立てていないようです。


死者の奢り・飼育 (新潮文庫)死者の奢り・飼育 (新潮文庫)
大江 健三郎

新潮社 1959-09
売り上げランキング : 21165

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  大江健三郎 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |