『無料ビジネスの時代』
- 2016/07/10(Sun) -
吉本佳生 『無料ビジネスの時代』(ちくま新書)、読了。

先日読んだ『FREE』が面白かったのですが、
たまたまブックオフに行ったら本作が目に留まったので、
日本版『FREE』かなと思い、買ってみました。

案の定というか、かなり『FREE』を意識した作りになっており、
しかも日本企業の事例で解説されているため、
非常に分かりやすかったです。

そして、「無料ビジネス」を、本作においては、
「最初に無料で顧客を獲得し、総合採算で利益を確保するビジネス」と
限定的に定義をしたことで、総花的な『FREE』に比べて
無料ビジネスの本質に辿り着きやすくなってると思います。

また、高く買う「能力」と高く買う「意思」を明確に区別して
価格戦略を捉えているところも、面白かったです。

確かに、何か商品を売ろうとしたときに、
「これなら10,000円でも安いと思うよ!」と言いながら
「でも、今はお金がないから買えないけど・・・・」と断られるケースは
多々あると思います。

嫌な言い方をすれば、「私はこの商品の価値をちゃーんと分かってるよ」と
自分の理解力をアピールしつつも、
「でも、実際に自分のお金を出して買うほど欲しいものではないなぁ」と
ちゃんと懐事情と相談しているんです。
結局、購買行動に繋がらないという・・・・。

ここって、企業側がマーケティングをするときに
注意しなければいけないポイントだと思います。
意思に基づく消費者の反応だけに囚われて価格設定すると
結局一部の人しか買ってくれないという状況に陥りそうです。
その人の支払い能力もきちんと見極める観察力が必要ということですね。

そして、本作では、単に一企業が利益を上げるための方法論としてだけでなく、
日本全体の経済が上向くためには、とにかく使える人間に金を使わせろ!という
本音を隠さずに述べているのが潔いなと感じました。

その点は、官僚のような視点から日本経済を見ている方なんだなと。
経済官僚は皆、そういう視点で物事を考えていると思いますが、
それを公の場で口にすることはないでしょうから、
このような著述に出会うと、ハッとします。
いろいろ気づきが得られた良い読書になりました。

あと、本作ではマクドナルドのカフェ無料戦略が紹介されていましたが、
マックが日本のビジネス書で成功事例として題材にされるのは、
本作が出た2011年あたりが最後になるような気がします・・・・・・。


無料ビジネスの時代: 消費不況に立ち向かう価格戦略 (ちくま新書)無料ビジネスの時代: 消費不況に立ち向かう価格戦略 (ちくま新書)
吉本 佳生

筑摩書房 2011-09-05
売り上げランキング : 373812

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  吉本佳生 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『金融広告を読め』
- 2015/09/29(Tue) -
吉本佳生 『金融広告を読め』(光文社新書)、通読。

金融商品の勉強になるかなと思って読んでみました。

広告のどこに着目して、その商品性を理解すべきか
非常に丁寧に解説されているので、分かりやすいです。

そして、表面的な用語の意味だけでなく、
その広告を出している金融機関側の意図、
それは、上手く客を乗せて(錯誤も利用しながら)より多くの成約を取ろうという単純な意図だけでなく、
その広告に引っかかる人、引っかからない人を選別するために使っているという
金融リテラシー判別フィルターという意図まで解説がされており、
非常に興味深かったです。

ただ、あまりにもボリュームが多いので、途中で食傷気味になり、
後半は流し読みとなってしまいました。

ま、私が、金融商品そのものに興味がないからだと思うのですが(苦笑)。

勉強になりました。


金融広告を読め どれが当たりで、どれがハズレか (光文社新書)金融広告を読め どれが当たりで、どれがハズレか (光文社新書)
吉本 佳生

光文社 2005-05-17
売り上げランキング : 30341

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  吉本佳生 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『出社が楽しい経済学2』
- 2014/08/29(Fri) -
吉本佳生 『出社が楽しい経済学2』(NHK出版)、通読。

あまり良い評価をしなかったシリーズ第1作目に次いで、
なぜ続編をすぐに読んでいるかというと、2冊いっぺんに買ってしまったから(爆)。
評価の定まらないものをまとめ買いすることの危険性を学びました。

構成は第1作目と同じです。

扱っているテーマは、行動経済学の範囲からのものが増えました。
その点は、やや、当時の流行を追っかけているだけのように感じます。
行動経済学の本を1冊読んでいれば、新しい話は何もないです。

第1作目の経済用語を振り返るコーナーもあり、
ますます既視感が強まっております(苦笑)。


出社が楽しい経済学 2出社が楽しい経済学 2
吉本佳生

日本放送出版協会 2009-10-10
売り上げランキング : 344419

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  吉本佳生 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『出社が楽しい経済学』
- 2014/08/27(Wed) -
吉本佳生 『出社が楽しい経済学』(NHK出版)、通読。

なんとなくタイトルで買ってきたのですが、
NHKの番組名とのこと。

経済学の用語を、コメディタッチのドラマで解説する内容のようですが、
こんな番組、知りませんでした・・・・。

ドラマ化して見せるというところに、この企画の肝があるわけで、
本にしてしまうと、正直、凡百の入門書に埋もれてしまう内容です。
せめて、番組で放送したドラマのストーリーを軸に
小説風に解説してくれれば、それこそ差別化できて強みを活かせたのでしょうが、
そのあたりの要素がほとんど消えてしまっているのが残念です。


出社が楽しい経済学出社が楽しい経済学
吉本 佳生

日本放送出版協会 2009-01
売り上げランキング : 180795

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  吉本佳生 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
『スタバではグランデを買え!』
- 2011/08/08(Mon) -
吉田佳生 『スタバではグランデを買え!』(ダイヤモンド社)、読了。

またまた、ちょっと前のヒット本です。

ちょっと、タイトルと中身がマッチしていないように感じましたが、
内容自体は面白い作品でした。

この本の主題である「取引コスト」。

私は、手間隙を省くために高いコストを払うことを選ぶことが多いのですが、
この「取引コスト」の概念が理解できない人と話をして、
非常にイライラした経験が何度も・・・・(苦笑)。

「なんで、そっちのコースを選んだの?こっちの方が年間4,000円も得だったんだよ?」と
くどくどと注意されたのですが、その年間4,000円のお得さを試算するのに、
年間に10回利用したら・・・、5回しか利用しなかったら・・・、頑張って20回利用したら・・・・
というような前提を置いていて、しかも、その前提の妥当性の検証&各コースの試算比較に、
1ヶ月も時間をかけていること自体で、4,000円の差額は吹っ飛んでるよ・・・と思うのですが、
伝わらないんですよね~。

自らの収入がない専業主婦の人が、少しでもコストを抑えようとスーパーの割引を
フル活用しようとする努力は、家計の利益を増やすためという点で、
お金を稼ぐことと同等の意味があり、とっても良く理解できるのですが、
自ら収入を得ている人間が、僅かな割引に血道をあげているのを見ると、
その時間で働けよ!、と経済観念の弱さにドン引きしてしまいます。

ま、割引を活用すること自体が生きがいの人もたまに居ますから、
そういう人は良いんですけど・・・・・・。

というわけで、自分の経済観念の有り様を補強してもらっているようで、
読んでいて気持ちの良い(自己満足的な?)本でした。

やっぱり、タイトルは、「取引コスト」の話であることが分かるようにしたほうが、
本の内容と読者とのマッチングには良い様な気がするのですが・・・。
そこだけ不満。



スタバではグランデを買え! ―価格と生活の経済学スタバではグランデを買え! ―価格と生活の経済学
吉本 佳生

ダイヤモンド社 2007-09-14
売り上げランキング : 20355

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  吉本佳生 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |