fc2ブログ
『一橋ビジネスレビュー2021冬』
- 2022/12/31(Sat) -
『一橋ビジネスレビュー2021冬』、通読。

何度か読もうと手に取り、数ページ読んだところで放置・・・・・ということが続いてしまい
大晦日に「今読まないともう読めないかも!」とざっと流し読み。

特集の「スタートアップ」は、特に、日本であまりスタートアップが盛り上がらないという状況に、
現状分析、日米欧比較、日本での成功事例の解説、政府の政策評価など。

ものすごく感覚的な感想になっちゃいますけど、日本って、ハングリー精神が
持ちにくい社会なのかなと思いました。
そもそも生活水準が一定レベルまで上がってしまって、「他人と違うことをしないと食べていけない!」
みたいな危機感を持たずに済みますし、外国人もコンビニバイトや工場労働には増えているとは言え
では、自分の仕事を奪われるというような恐怖をリアルに描いている人はまだ少ないのではないかと
思います。

本誌の中で、「ソニーもパナソニックも元はベンチャーだった」というような文章が出てきましたが、
戦後、日本社会の生活が戦争でボロボロに疲弊し、外国に政治的または経済的に
支配されてしまうかも・・・・・というようなリアルな不安の中にあって
優秀で野心のある人は起業してどんどん組織を成長させていくモチベーションがあったと思います。
今の日本で、そこまで切実な感覚でビジネスをしている人なんて、
ほんの一握りなんじゃないかと思います。私自身を含めて。

ちょっと日本の行く末と、そこで私自身が果たせる責務に対して、
あんまり明るい気持ちになれない特集でした。
大晦日にふさわしくない(苦笑)。
明日からは、気分一新、チャレンジ精神でいかないといけないですね。

インタビュー記事で登場した、Beyond Next Venturesの伊藤毅氏や
Mistletoeの孫泰蔵氏の言葉は、とても彼らには志の高さは及びませんが、
でも、発破をかけてもらえる内容でした。
そして、今、自分自身が何に力を注ぎ、将来をどういう風にしていきたいのかという志は、
子どもの頃の体験や家族からの教育内容など、そういう自分の過去が土台になっているんだなと
改めて確認できる内容でした。

連載では、スーパーホテルの話が興味深かったです。
いろんなところで目にするのですが、実は、一度も宿泊したことがありません。
「ちょっと田舎っぽい土地に屹立している格安ビジネスホテル」という認識だったのですが、
クレド的な言葉を持っていて、それを徹底する組織運営をしている等、
知らないことが多かったので、認識を改めました。
そして、自分たちの取った過去の戦略に間違いがあり業績が傾いたときに、
それを過ちと認めて、きちんと改善を行い、しかも、こういう取材で赤裸々に語れるというのは
良い組織だと思います。常に改善最優先の組織なんだろうなと。
全国旅行支援が年明けから再開されるようですし、一度、泊まってみよ。




にほんブログ村 本ブログへ



この記事のURL |  一橋ビジネスレビュー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『一橋ビジネスレビュー2021夏』
- 2022/05/16(Mon) -
『一橋ビジネスレビュー2021夏』、通読。

特集は「研究力の危機を乗り越える」ということで、
主に日本の大学における研究力の低下もしくは実績の積み上げ力の低さを論じています。
あんまり、今の私に刺さってくるテーマではなかったので、流し読みになってしまいました。
どうせなら、1本ぐらい、一橋大学自身の直近の研究実績を評価する論文がほしかったですわ。
それこそ身を切る研究をね。

興味深く読んだのはビジネスケース研究。
一つ目は「大丸松阪屋百貨店」。
私は、会社勤めの時も百貨店さんと営業部門を介して間接的にお仕事をさせてもらっており、
今、自分で事業をするようになってからは直接お取引先様として繋がるようになったのですが、
百貨店さんって、本当に、社風というか、組織文化の違いがはっきりしていて、
特に合併したりすると、社風のぶつかり合いをもろに肌で感じます。
三越さんと伊勢丹さんとか、その店舗のこのフロアをどっちが仕切ってるか空気で分かります。
今回のケースでは、人事制度改革に焦点を絞って述べていますが、
制度よりももっと骨身に染みている企業文化の統合をどうやるのか、そこに目が行きました。

もう一つのビジネスケースは、キリンビールの「タップマルシェ」。
私、ビールが大好きで、東京に住んでいたころはビアバーとかに時々行ってましたが、
三重県に移ってからは、そんなオシャレな場は四日市ぐらいにしかなく・・・・・と悲しんでいたら、
タップマルシェを導入するお店が増えてきて、よく利用するようになりました。
4種類のクラフトビールが選べますが、お店の方でも、定番2種と新ネタ2種みたいな感じで
うまく商品を切り替えてくれるので、お店に行くたびに新しいビールが楽しめ、
一方でお気に入りのビールも常時楽しめて、気に入ってます。
小ロットで多くの銘柄をそろえてペットボトルで供給するというスキームを最初に知ったとき
「キリンは、やっぱり凄い会社だ!」と感動しました。
今回のケースでは、そのスキームをどうやって構築していったかがきれいに整理されており
感動再び!という感じでした。
自社の売り上げをいかに伸ばすかという近視眼的な考え方だけでなく、
日本人、特に若者のビール離れをどう食い止め、ビール好きをどう育てるかという
ビール業界全体の将来を考えているキリンビールという会社がますます好きになりました。




にほんブログ村 本ブログへ




この記事のURL |  一橋ビジネスレビュー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『一橋ビジネスレビュー2017冬』
- 2021/12/30(Thu) -
『一橋ビジネスレビュー2017冬』、読了。

書類の山をどけたら、下から出てきました(苦笑)。
4年間放置。

伊藤邦雄先生責任編集の特集は「コーポレートガバナンス」。
「ガバナンス」と聞くと、メガバンク下で経営管理をやっていた自分からすると、
内部統制の方の印象を強く持ちますが
本特集は、イトクニ先生が座長を務めた経済産業省の研究会で発表した所謂「伊藤レポート」の
内容に準拠したものであり、数値による企業の収益性管理についてが主眼です。

ROEのような略語や横文字が飛び交う特集記事で、私のような立場では、
ROEまではついていけても、他の略語3文字はちんぷんかんぷんという体たらく。
中小企業診断士の試験を受ける時に、一応、相応の勉強はしたつもりですが、
結局、合格後にそれら指標を使うような場面に遭遇することがなく、
記憶の彼方へ・・・・・・。

ただ、一つ一つの指標の意味を追っていくと、
私自身、経営者として毎日のように考えている指標ではあるんです。
新しいチラシを作るのにデザイン代込みで10万円の投資をするか、
それとも従前のデザインで増刷するだけの1万円で済ませるか、
それぞれどれぐらいの売上の積み増しが期待出来て、利益への寄与はどのぐらいか、
そういう判断は、日々やっています。
それが、私だと10万円という投資額であり、本特集で登場するような企業だと100億円という投資額だという
スケールの違いだけで・・・・・・・ま、その違いが大きな違いなんですが。

変に略語を用いるからちんぷんかんぷんになってしまうのですが、
単純に考えたら、「この機械を買って元が取れるのか」「この広告を打ってペイするのか」
「この人物を採用して給料出せるのか」「この借金を期限内に返せるのか」、要はそういうことですよね。
零細企業を経営するという経験を通して、略語への理解は全く進んでいませんが、
経営指標を日々判断し迅速に決断し、柔軟に対応するという勘所は、少しづつ身にけられているかなと
自分なりには満足しています。

小さな会社の経営規模が、具体的に数字の持っている意味をイメージできるので、
私の身の丈にはあっているということなのかな。
本作で語られているような、数字のみで事業評価をしていくという割り切りは
私の能力ではとても決断できない領域で、世の大企業の経営者の方々を
素直にすごいと思えます。

特集以外には、ドイツでのインダストリー4.0の現実をリポートしたものが興味深かったです。
メディアの言うことには踊らされるなよ・・・・・という点で。

あと、流山市が流入人口の拡大に成功しているというのを初めて知り、
その積極的な取り組みは勉強になりました。
東京へ通勤する人たちが居住できる立地なので、
単純に私が住むような地方の中の地方とは立ち位置が違うとはいえ、
地元自治体のトップが代わると、これだけ変わるんだという実例だと思うので、
やっぱ首長って大事だよな~と実感せずにはいられない記事でした。




にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  一橋ビジネスレビュー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『一橋ビジネスレビュー2018 秋』
- 2021/12/28(Tue) -
『一橋ビジネスレビュー2018 秋』、通読。

もう3年以上前の雑誌ですが、
ちょっと読んでは置き、またちょっと読んでは置き・・・・・の繰り返しで
ちっとも前に進めなかったので時間がかかりました。

以前にように、東京でそれなりの規模の会社に勤めていたら
自動車産業は日本の製造業の花形であり、象徴でもあるので
全然関係のない業界ではあっても、それなりに興味は持ててたと思うんですよね。
自動車産業にも、また一つの産業が世界的な課題に立ち向かう戦略を学ぶ上でも
産業界のリーダーが発する全世界へのメッセージを理解するためにも。

でも、もう、地方在住となり、自分で小さな会社を経営する身となってしまうと
正直、大きな産業の話はかなり遠くの話になってしまった感があり、
一方では、そういう小さな世界に収まってしまった自分を寂しく思う面もあれば、
他方では、自分が責任を負うべき世界こそが重要なんだという気持ちもあり
いろいろ複雑な感情になった読書でした。

正直、あんまり刺さってくるものはなかったのですが、
日本の産業と自分、世界と戦う自動車産業と自分、という
自分自身の位置づけを考え直すきっかけにはなったかな。




にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  一橋ビジネスレビュー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『一橋ビジネスレビュー2021春』
- 2021/06/01(Tue) -
『一橋ビジネスレビュー2021春』

「働き方改革」と言われて久しいですが、
これだけ安倍政権下でいろいろ進めようと努力してきて成果が出なかったのに、
コロナ禍で一気にテレワークが広がったり、そのために不要な中間管理職があぶりだされたり、
やっぱり「改革」というレベルの変化は、強い外圧がないと実現しないですよね。

コロナ禍、東日本大震災、リーマンショック、9.11、
こういう圧倒的な圧力のせいで、社会は変わり、弱い人の犠牲は出ますが、
生き残った人が強い社会を再構築していくんだなと実感します。

そんな中で「働き方改革の本質 脱低生産性・脱低賃金を目指して」という本特集。
うーん、あんまり刺さりませんでした。
正直、もう、全ての企業が努力したら何とか乗り越えられるというような状況ではなくなっているように思います。
突破力あのるごく一部の力強い企業が世の中を牽引し、一気に変えていくのではないかと予想します。
ついていけない企業は、消えていくか、消えないにしても抜け出せない底辺に甘んじるか。

正直私は、このコロナ禍において、どこかの企業に属していなくて良かったと思った口です。
今、自分で起業し、いくつか副業も同時並行で行っているのですが
コロナ禍で、外出できなくなったり、大勢の人が集まる空間が企画されなくなったり、
いろんな大きな変化に巻き込まれましたが、その反面、新たに頼まれた仕事も出てきたりして、
変化に柔軟に対応することで、むしろコロナ前より仕事が増えました。
今後社会がどんな風に急激に変化しても、自分一人の生活なら何とか生きていけるなという自信にもなりました。

もし、以前のまま東京でサラリーマン生活をしていたら、
会社の指示どおりに在宅でテレワーク勤務をして、同僚と雑談のような息抜きの会話もできず、
休みの日に出歩くこともできず、読書をしにカフェにも行けず、
本当に息苦しい日々に悩んだのではないかと思います。
会社の経営が一気に傾く事態も起こりうるのではないかという恐怖もあるでしょう。

脱サラして、地元に戻り、実家と自宅を行き来しながら興味のままに、請われるままに
いろんなことに手を出して、いろんな経験をさせてもらって、
それほど先の生活にも不安なく今の日々を送れるというのは、とてもありがたいことです。

コロナ禍により、企業という枠組みが崩れ、1人1人が自分のできることを社会に提供して
オーガナイザー的な人が都度個々人を組み合わせて事業体を組織して動かしていくような
そんな有機的な人間のつながりで動いていく社会に変わっていくのかなと想像します。

ただ、そのときに、社会の構成員1人1人が能動的に関わっていけるようになるのか、
それともごく一部の優秀な人が社会を動かし、残り多数は駒として使われるようになるのか、
そこは、個々人の努力と、そしてリーダーを務める政治家の能力にかかっているように思います。

というわけで、特集の論文の内容よりも、
自分自身の考えを整理する読書となりました。

あと、ビジネスケースのメガネスーパーの話が面白かったです。
創業一族による経営で債務超過に陥り、投資ファンドによる再建でV字回復したとのこと。
この老舗企業に、そんな嵐が起きていたとは知りませんでした。
当然、現在の経営陣である投資ファンド側の目線で語られているので、
創業一族の経営はとことん悪く描かれ、その後の改革は華やかに描かれており、
まぁ、話半分に差し引いたとしても、短期間でこれだけ業績を戻せるのはさすがの手腕ですね。
一度、客観的な立場の人が書いたルポルタージュとかがあれば、読んでみたいなと思う事例でした。




にほんブログ村 本ブログへ


この記事のURL |  一橋ビジネスレビュー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『一橋ビジネスレビュー2020冬』
- 2021/03/27(Sat) -
『一橋ビジネスレビュー2020冬』

特集は「新しい会社の形とガバナンス」と題して、
ESG投資やSDGsなどの新しい概念を絡めて解説した論文が並びます。

わたくし、いま流行りのSDGsとか、結構冷めた目で見ちゃってます。
結局、そのキーワードで新しい仕事を取りに行ってる人たちの活動なんでしょ・・・・的な。
政策的なマネーががっつり動いているように感じます。
地球温暖化対策を声高に叫ぶ人たちとダブって見えるというか・・・・。
環境のためと言いながらも、排出権取引だったり、発展途上国への支援だったりで
儲けようとたくらんでるんじゃないの?的な。

で、本特集ですが、ガバナンスというワードが入っていたので
ゴリゴリの理念押しだったらどうしよう?と読む前に思っていたら、
むしろ、「経営」「ビジネス」「統率」というような切り口をしっかり意識している論が多く、
「そうそう、やっぱり『経営』や『ビジネス』のための概念だからこそ企業がみんな飛びつくんだよね~」
と納得しながら読めました。

ESG投資やSDGsについては、本特集のように、キレイゴトで包み隠すのではなく、
もっと「誰のために」「何のために」という深堀を本音ベースでやるべきだと感じました。
少なくとも、私自身は、そういう裏読みみたいなものは忘れないようにしたいなと。




にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  一橋ビジネスレビュー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『一橋ビジネスレビュー2018冬』
- 2021/02/04(Thu) -
『一橋ビジネスレビュー2018冬』、通読。

部屋の中を片付けていたら、手つかずの古い号が出てきました。

特集は「新しい営業の科学」ということで、
セールスノウハウの組織的な学習とか、いろいろ論文が掲載されていましたが、
私としてはあんまり刺さってこなかったです。

というか、自分自身、営業活動をやっているので
論文で分析されると、自分自身の日々の行動が評価されているような気持ちになり
あんまり楽しい気分になれなかったという感情的な理由が大きそうです。
統計的に処理されたり、機械的に評価されたりすると、
「そんな単純なものじゃないよ」と、反発したくなる感情もあると思います。

いずれにしても、営業活動を分析した論文というのは、
営業現場を取りまとめている現場にいない人向けのものであり、
現場の人は読んでも面白くない(感情的にも内容的にも)んだなと分かりました。

やっぱり、仕事のことを学ぶには、私は、ビジネスケースの方が興味を持てます。
なので、今号でも、連載企画のビジネスケース分析、
英國屋などの事例を読む方が、学ぶところが多いように感じました。




にほんブログ村 本ブログへ


この記事のURL |  一橋ビジネスレビュー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『一橋ビジネスレビュー2020春』
- 2020/12/25(Fri) -
『一橋ビジネスレビュー2020春』、通読。

特集は「TOKYO:ポスト2020の未来展望」。
東京オリパラの開催直前にぶつけて、あえてポスト世界を描こうという魂胆だったのに
コロナ禍で当てが外れてしまった悲しい号。

夏ごろに一度手に取ったのに、やっぱり気分が追い付かず、いったん放置してました。
ただ、来年開催できるのかというと、それも微妙な空気があるので、
こりゃもう、年内に消費しておいた方が良いかもと思い、年末のドサクサの中で読んでみました。

特集で描くポスト2020の世界は、
産業革命、都市開発、ベンチャー、地方などとバラエティに富んだ角度で考察されており
本来であれば興味深く読めたのだと思うのですが、
いかんせん、「オリンピックできなかったしなぁ・・・・・」という気持ちが先に立ってしまって、
文章にのりきれないまま終わってしまいました。

都市開発、街づくりという観点は、私はこれまであんまり読んだことがなかったので
特に新鮮に感じました。
これはまた、オリンピックの文脈とは別の切り口で読んでみたいと思います。

ビジネスケースの「Francfranc」は、大学に入って上京した時に
「こんなおしゃれな店があるのは、やっぱり東京だなぁ」と思ったのですが、
もともとは福井県の家具メーカーの子会社として始まったと知り、驚きました。
家具メーカーの子会社としてスタートする部分、要は斜めに一歩を踏み出した瞬間を
もうちょっと詳しく知りたかったなという感想でした。




にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  一橋ビジネスレビュー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『一橋ビジネスレビュー2019冬』
- 2020/11/07(Sat) -
『一橋ビジネスレビュー2019冬』、読了。

特集の「安心・安全のイノベーション」は、あんまり刺さってくるものがないまま読み終わってしまいました。
「Safety2.0」とか、ちょっと概念的過ぎたのかな。

ビジネスケース分析のアスクルのあたりから面白く感じられました。
アスクルの文具配達事業自体は、いろんなところで読み知った内容が多かったので
新鮮さはなかったのですが、後半のLOHACO事業のところは知らない内容が多くて興味深かったです。

食品の通販が普及しない理由の一つとして、複数の商品の同梱が難しいという指摘に納得。
私自身、食品の小売や卸売の事業を少々やっているのですが、
食品は、温度帯や重量、壊れやすさ等が多種多様で、同梱できるようにしようと思うと、
日持ちのする加工常温品でかつ嵩張らず重くもないものというところに偏ってしまいます。
これでは出荷側の事情で消費者の利便性を大きく損なってしまいます。

そんな弱点に対し、LOHACOでは、例えば従来のミネラルウォーターの配送ロットと形状が
同梱に不向きだと考えると、水メーカーを買収して同梱しやすい形状に変えてしまたっとのこと。
一商品である水に、そこまでの投資をするのかと驚くとともに、
確かに重たい水等の飲み物は私も通販で頼んで家まで運んでもらっているから
食品を通販で売るにはキーコンテンツだよなぁ、と納得。
ポイントを見極めて、重点的に投資して取り組んでいく事業判断がすごいなと思いました。

続いてタカキベーカリーです。
社名からはピンとこなかったのですが、アンデルセングループと聞いて、やっとイメージできました。
広島県を創業の地とし、今も広島に本社を置く同社。
戦後すぐの創業ですが、安さを求めるのではなく、味や品質、そして本物ということにこだわる姿勢は
その時代から続いていると知り驚きました。
国民の生活が豊かになってからアッパー顧客層に舵を切ったわけではなく、
最初から品質にこだわったというのは、職人気質を感じます。

そして、石釜パンの開発。
私は、この石釜パンがヒット商品であるという認識がなかったのですが、
ヨーロッパ古来の石釜を使ったパン作りの美味しさの理由を
大量生産の仕組みと組み合わせていく工夫に驚きました。
工夫もそうですが、そもそもチャレンジしようという思いがすごいです。
念ずれば通ずというところでしょうか。

さらに次の米倉先生の対談シリーズでは、日本マクドナルドのカサノバ社長が登場。
この方は、就任直後は、中国産鶏肉の品質問題や異物混入事件が立て続けに起き、
タイミングが悪くて可哀そうに・・・・と思ってしまったほど。
一方で、びしっと決めたスーツに黒ぶち眼鏡でスキのない印象を与える会見スタイルは
日本人には受けなさそうだな・・・・・と感じていました。
案の定、同情の声は少なく、マクドナルドバッシングが一気に悪化したように記憶しています。

その後、あんまりマクドナルドの悪いニュースが出なくなった気がしました。
正直、業績が悪くて、マスコミや視聴者も叩き甲斐がなくなっちゃったのかな?
ネタとしての賞味期限が過ぎちゃったのかな?と思ってましたが、
企画もののハンバーガーを販売して大ヒットを飛ばすなど、最近は、
市場受けするニュースを連発するようになりましたね。
カサノバ社長の功績なんでしょうね。

こういうグローバル企業の経営幹部というのは、いろんな企業を渡り歩いているのかと思いきや
カサノバ社長は生粋のマクドナルド人生を歩んでいるようで、現場を知っていることこそが
日本マクドナルド復活の理由なのかなと思いました。

そして、あのマックの絶頂期を作った原田泳幸社長の下で働いていた時期もあったようで、
日本市場をきちんと理解しているというところも大きかったのかなと思います。
まさに、適材適所だったんでしょうね。

以前、東京に住んでいた時は、待ち合わせや電車の時間待ち等でマックを使うこともありましたが
今や車社会の田舎にいるので、普段マックを使うことがなくなってしまいました。
最後にマックを使ったのは3年前ぐらいかも。
正直、私の中では、何かを食べに行く場所としては認識しておらず
時間をつぶす場所という感覚なのですが、たまにはハンバーガー食べてみようかな。




にほんブログ村 本ブログへ



この記事のURL |  一橋ビジネスレビュー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『一橋ビジネスレビュー2020秋』
- 2020/10/16(Fri) -
『一橋ビジネスレビュー2020秋』、読了。

恥ずかしながら特集の「デジタル・トランスフォーメーション」という用語を知りませんでした。
ま、でも、結局はIT化を進めるということですよね。
大局観をもって取り組みなさいよという長期プランなところが「IT化」との違いなのかな。

どうしても、論文の考察対象はそれなりの規模の企業が相手になってしまうでしょうし、
本誌の読者層としても大企業や上場企業に勤める人が多いと思うので、
私みたいな零細企業がすぐに参考にできるレベルの規模の企業が登場することはないですが、
でも、「ヒトではなく電子を走らせろ」というのは、企業サイズの大小に関係なく
取り組んでいかなければいけない命題だと思います。

まだまだ自分自身、効率化する方法を考えるよりも1時間残業したら解決するからそれでいいわ・・・
というような考えで動いてしまうことが多く、結局、作業体力がかかってしまってます。
最初はちょっと仕組化して円滑に走らせるまでに労力を要しても
その山を越えたらずっと楽になると分かってても、及び腰になってしまうという残念さ。

ネットで情報を仕入れていると、「あ、このサービス使ってみたい」とか
「これとこれを連結させたら面白そう」とか、いろいろアイデアは出るので
ちゃんと実行させていかないといけないですね。

こうやって、たまにお尻を叩いてくれるような特集は、ありがたいです。




にほんブログ村 本ブログへ


この記事のURL |  一橋ビジネスレビュー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ