『一橋ビジネスレビュー65巻1号』
- 2017/09/01(Fri) -
『一橋ビジネスレビュー65巻1号』

特集は、「ノーベル賞と基礎研究」ということで、
社会科学系の大学から出る本としては何だかピンと来なかったところがあり、
しばらく読まずに放置してました(苦笑)。

長時間の電車移動があったので、そのお供に持って行ったのですが、
読み始めたら、「ノーベル賞を獲るにはどうやったら良いか」
「ノーベル賞を獲る前と獲った後では業績はどう変わるか」というような
あくまでノーベル賞の効用の部分に絞った論述が多く、
神聖化していないところが、ノーベル賞と縁がなさそうなヒトツバシらしいなと(爆)。

平和賞とか物議を醸す選出も多い昨今ですが、
経済学賞は、もともとのノーベル賞にはなかったスウェーデン中央銀行資金の賞だとか、
アメリカからの受賞者の偏りの現実とか、
そういうアレコレを知るにつけ、普遍的で神聖な賞なのではなく
あくまで一つの価値観のもとに選ばれる賞なんだということが明確になり、
こういう視点は、もっと日本人全体に知らしめるべきだと感じました。

一方で、ノーベル賞の日本人受賞者を2050年までに30人輩出するという政府目標は、
研究分野への投資効果を測定する1つの指標としては、
有効なのではないだろうかと思いました。

基礎研究に莫大なお金が必要となる現状において、
政府が相応の体制で支援しなければ、研究成果も出てこないでしょうし、
その1つの具体的かつ象徴的な目標としてノーベル賞があげられるのは、
分かりやすいと思いました。
ま、このおかげで最近の社会科学の分野は、優先順位が下げられて
苦汁を舐めさせられているという点は残念ですが・・・・・。

ただ、世界の頂点を狙えるような研究分野は、
やはり、国の歴史や文化の影響を多大に受ける人文科学や社会科学よりも
自然科学分野の方が期待が持てるでしょうし、
日本のこれまでの実績からしても、国策の設定の仕方としては
納得性が高いかなと思います。

本誌では、ノーベル賞受賞者の野依先生が、米倉先生らと対談して、
政府目標を受けて国が示すべきビジョンとか、研究者の在り方とかを議論していますが、
こういう受賞者の視点と、枠外の社会学者の視点と
両方をバランスよく政策の中に盛り込んでほしいなと願います。

というわけで、当初の期待の薄さとは異なり、
非常に面白い特集でした、。

他にも、知的障害者支援施設のこころみ学園の物語とか、
ビジネスの「当り前」を疑うブラケティングの話だとか、
興味深い記事がたくさんありました。


一橋ビジネスレビュー 2017年SUM.65巻1号一橋ビジネスレビュー 2017年SUM.65巻1号
一橋大学イノベーション研究センター

東洋経済新報社 2017-06-16
売り上げランキング : 204212

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  一橋ビジネスレビュー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『一橋ビジネスレビュー64巻4号』
- 2017/08/02(Wed) -
『一橋ビジネスレビュー64巻4号』

一橋大学のイノ研が設立20年だそうで。
私の入学した年に誕生したんですね~。

イノ研の20年を踏まえつつ、これからの20年を展望するという特集ですが、
米倉センセ、不祥事事件から、よく立ち直ったよなぁ・・・・と
変なところで感慨深いものです。

さてさて、本題の中身の方ですが、
「イノベーション」という概念自体も、この20年間で変動してきたというか、
多様化されてきたようで、各研究事例の紹介も興味深かったです。
でも、一番印象に残ったのは、軽部大先生の言葉。

イノベーション研究は事前の「バカな(非常識)」と事後の「なるほど(常識)」を
結果的に結びつける周縁領域の変則事例の発見・受容・制度化過程の解明に
もっと注力すべきである

そう。
イノベーションって、成功したから事後的に「イノベーション!」と称賛されるわけで、
失敗したら、「判断ミス」「戦略の誤り」と糾弾され、
下手をすれば誰も見向きもしてくれなかったりするわけですよ。
その違いは何なのか。

「イノベーション!」と「ほんとバカ!」の違いはどこで生じるのか。
結果論だけではない、プロセスの解明を是非進めてほしいものです。

あとは、後半の野中郁次郎先生と米倉誠一郎先生の対談が面白かったです。
一橋大学の顔同士、師弟関係でもあり、
適度に肩の力が抜けた対談で良かったです。

あと、プロレス団体「ドラゴンゲート」の事例研究が、
へぇ、こんな団体あるんだぁという驚きもあり、興味深かったです。


一橋ビジネスレビュー 2017年SPR.64巻4号一橋ビジネスレビュー 2017年SPR.64巻4号
一橋大学イノベーション研究センター

東洋経済新報社 2017-03-10
売り上げランキング : 22692

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ


この記事のURL |  一橋ビジネスレビュー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『一橋ビジネスレビュー64巻3号』
- 2017/02/22(Wed) -
『一橋ビジネスレビュー64巻3号』

今回は戦略論の特集でしたが、
以前に比べて、こういうテーマに興味を持てなくなっている自分が居ます(苦笑)。

大きい企業には、戦略論は重要ですし、
小さい企業にとってもビジョンと計画は重要ですが、
でも、自分が小さいビジネスに携わるようになった今、
大きな視野の戦略論よりも、小回りの良さやスピード感の方に
気持ちが向かって行ってしまっています。

というわけで、戦略そのものよりも
戦略をいかに実行していくかの方に目が行きがちなので、
清水勝彦先生の「良い失敗とコミュニケーション」が興味深かったです。
あとは、特集の稿ではないですが、井上達彦先生の「良い模倣と悪い模倣」。

結局、経営とは、いかに実行し継続していくかが鍵のような気がします。


一橋ビジネスレビュー 2016年WIN.64巻3号一橋ビジネスレビュー 2016年WIN.64巻3号
一橋大学イノベーション研究センター

東洋経済新報社 2016-12-09
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  一橋ビジネスレビュー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『一橋ビジネスレビュー64巻2号』
- 2017/02/16(Thu) -
『一橋ビジネスレビュー64巻2号』

かなり積読状態だったのですが、
読み始めたらベンチャービジネスのエネルギーに当てられ、
特集を一気に読んじゃいました。

やっぱり、新しいビジネスを興していこうという人々のエネルギーは凄まじいですね。
そして、常識が覆され、新たなビジネスモデルが提起される新鮮さ。
目からウロコの指摘も多く、読んでいてワクワクしました。

連載モノでは、相変わらず無印良品が本音が混じってて面白かったのと、
雪国まいたけのドタバタぶりに驚きました。


一橋ビジネスレビュー 2016 Autumn(64巻2号) [雑誌]一橋ビジネスレビュー 2016 Autumn(64巻2号) [雑誌]
一橋大学イノベーション研究センター

東洋経済新報社 2016-09-09
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ



この記事のURL |  一橋ビジネスレビュー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『一橋ビジネスレビュー63巻3号』
- 2016/01/25(Mon) -
『一橋ビジネスレビュー63巻3号』

特集は「中国モデルの破壊と創造」ということですが、
「中国経済」ではなく、「中国でのビジネスモデル」という観点で捉えています。

なぜ、中国がこれほどまでに経済成長できるのか、
また、世界経済に影響力が持てるのか、
それを、ビジネスモデルで解説しているので、「仕組み」が分かって面白かったです。

そして、連載されている無印良品の話。
セゾングループって、センスの良さと人間のドロドロさとが混じり合っていて、
不思議な企業だなぁと思います。
堤清二の強さなのか、特異さなのか、異様さなのか。
その下で働いてきた人々が、異様さを分かりながら直接的には堤氏の批判をせず、
その後を継いだ経営者たちの批判は厳しく行うところが、何とも外目には面白いです。

次号の知財戦略の話も、あまり意識したことがない分野なので楽しみです。


一橋ビジネスレビュー2015年WIN.63巻3号―中国モデルの破壊と創造一橋ビジネスレビュー2015年WIN.63巻3号―中国モデルの破壊と創造
一橋大学イノベーション研究センター

東洋経済新報社 2015-12-11
売り上げランキング : 183287

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  一橋ビジネスレビュー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『一橋ビジネスレビュー63巻2号』
- 2015/09/26(Sat) -
『一橋ビジネスレビュー63巻2号』

ただいま中小企業診断士の資格を勉強中の身としては、
今回の「ファミリービジネス」特殊は興味深く読みました。

さすがに研究対象ともなると、ファミリービジネスとはいえ大企業が多いので、
そのまま中小企業に当てはまるわけではないものもありますが、
しかし、経営者のマインドのようなものは、共通する部分が多いのではないかと思いました。

「4Cモデル」なんて言うと小難しく聞こえますが、
Continuity、Community、Connection、Commandの組み合わせにより
ファミリービジネスが成り立っているというところは大納得。

やっぱり、家業の継続性というところを大切にされていますし、
家族的経営な温かみのある会社が多いです。
そして、近隣とのお付き合いを大切にし、使命感に燃えている。
うーん、まさに活力のある中小企業の姿のように思います。

最近、中小企業の方たちと触れる機会を重ねるにつれ、
中小企業という事業体の活力や、その経営の面白さのようなものを感じます。
私は、今は大企業の一員ですが、中小企業で働く自分を想像してみたりしちゃってます。

今号では、他に、無印良品の連載や、JINについてのケーススタディが面白かったです。


一橋ビジネスレビュー 2015年AUT.63巻2号: ファミリービジネス その強さとリスク一橋ビジネスレビュー 2015年AUT.63巻2号: ファミリービジネス その強さとリスク
一橋大学イノベーション研究センター

東洋経済新報社 2015-09-11
売り上げランキング : 8535

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  一橋ビジネスレビュー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『一橋ビジネスレビュー62巻4号』
- 2015/03/22(Sun) -
『一橋ビジネスレビュー62巻4号』

特集は「デザインエンジニアリング」。

デザインに限らず、エンジニアリングの世界というのは、
機能設計の合理性や効率性を実現する着眼点、そして機能の追究に傾ける情熱が
非常に興味深い分野だと思います。

ただ、本誌のアプローチは、「デザイン」と「エンジニアリング」という対比において
それらを扱う「技術者」を語っているものが多く、ちょっと私の思っていた視点からはズレていました。

いかに両方を融合させた人材を育成するのか・・・・・という論点なのですが、
こういう議論が出てくるほどに、プロダクトデザインの世界において、機能美を意識しないことがあるのか?
ということが疑問でした。
一部のゲージュツヒンのような商品はともかく、普通の商品なら使いやすい形状は
当然求められる視点なのではないかと。

「デザイン」と「エンジニアリング」という2つの視点を意識しなければならないほどに、
この世界も分業化が進んでいるのかと思うと、残念な気持ちになってしまいました。

あと、今年のポーター賞受賞企業が掲載されていましたが、
アイスタイルとスタートトゥデイという2つのWEBサイト運営企業が表彰されていて
今という時代を感じました。

一方で、時を同じくしてYKKのファスニング事業が受賞しているというのも、
多様性に富んでいて面白いですね。


一橋ビジネスレビュー 2015年SPR.62巻4号: デザインエンジニアリング一橋ビジネスレビュー 2015年SPR.62巻4号: デザインエンジニアリング
一橋大学イノベーション研究センター

東洋経済新報社 2015-03-13
売り上げランキング : 6153

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  一橋ビジネスレビュー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『一橋ビジネスレビュー62巻3号』
- 2014/12/29(Mon) -
『一橋ビジネスレビュー62巻3号』

今回の特集は「小さくても強い国のイノベーション力」。
どんな源泉にイノベーションの秘密が隠されているのか興味深々だったのですが、
「強い国」の定義が、各種ランキングによる評価を前提としていて、
なんだかそこに違和感が・・・・。

「イノベーション」の解を探すために、
数字で個性を消してしまいそうな統計(しかも評価基準が適切なのかも良く分からないもの)に
頼ってしまうところが、なんだか、このアプローチでは解に辿り着けないのではないかという
疑念を生んでしまいました。

というわけで、特集はイマイチな印象。

唯一、イスラエルについて分析した中東調査会の中島勇主任研究員の論文が面白かったです。
ま、これも、イノベーションという観点よりも、比較文化論的な意味での興味ですが。

他には、野中郁次郎先生の寄稿、青島矢一先生や吉原英樹先生の連載が面白かったです。

競争戦略論は、言い方は悪いが、「合法的なカルテル」を指南する学問

経営学が追究してきた生産性増大の工夫は、「人々が楽をするための工夫の総体」


こういう風に本音の解説をしてもらえると、
社会学部出身者として経営学のイケイケな熱意に対して感じてしまう距離感も、
縮まるように思いました。


一橋ビジネスレビュー 2014年WIN.62巻3号: 特集:小さくても強い国のイノベーション力一橋ビジネスレビュー 2014年WIN.62巻3号: 特集:小さくても強い国のイノベーション力
一橋大学イノベーション研究センター

東洋経済新報社 2014-12-12
売り上げランキング : 27149

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  一橋ビジネスレビュー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『一橋ビジネスレビュー62巻2号』
- 2014/10/17(Fri) -
『一橋ビジネスレビュー62巻2号』

特集は「ベンチャーとIPOの研究」。
サブタイトルは、「なぜ公開後低成長に陥るのか」ということで、
結構面白そうな印象を受けたのですが、
収録された論文は、数字をいじって結論を導き出すという味気ないもの。

ま、こういう厳密な処理があってこその経営学なのでしょうが、
数式による分析を苦手とする身としては、入っていけなかったです。

ベンチャー企業の社長さんと、グロービス系の投資会社の代表が
米倉先生の仕切りで対談をしているのですが、これが面白かったです。
簡単にポンとお金が出るわけでもなく、
一回投資を断られたのに、きちんと課題解決を行って、もう一度申し込むなど
なかなか根性がないとできないことだと思います。
その間の運転資金を確保することさえ、困難なのでしょうから。

この対談のような、ワクワクするベンチャーの話が、特集でも読みたかったです。


一橋ビジネスレビュー 2014年AUT.62巻2号: ベンチャーとIPOの研究一橋ビジネスレビュー 2014年AUT.62巻2号: ベンチャーとIPOの研究
一橋大学イノベーション研究センター

東洋経済新報社 2014-09-05
売り上げランキング : 90691

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ


この記事のURL |  一橋ビジネスレビュー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『ビジネスケースブック3』
- 2014/09/28(Sun) -
一橋ビジネスレビュー編集部 『ビジネスケースブック3』(東洋経済新報社)、読了。

100円で売っていたので、第3巻でしたが買ってみました。
『一橋ビジネスレビュー』誌に掲載されたビジネスケースを再録したものです。

オリンパス、ファストリ、キリン、エーザイと、
あまりにも有名な大企業が並んでいたので、
正直、目新しさという点では、「読んだことがある話だな」という感想になってしまい残念。

ただ、ニュートーキョーが開発した食材発注システムの話は
初めて聞くものであり、しかも、オープンソースで開発したというところが斬新で、
非常に興味深く読みました。
やっぱり、ビジネスケースは、こういう自分にとっての「発見」「新知識」が嬉しいですよね。

あと、オリンパスのケースでは、公開セミナーにおけるディスカッションが付録されており、
いわゆる自分と同じ立場の「ビジネスケースを勉強の材料として読んだ人」の目線で
いろんな質問が投げかけられ、検討が加えられている様が面白かったです。
そういうところに着目するのか!という発見がありました。

ただ、残念ながら、この試みはオリンパスのケース独自のものだったようで、
他のビジネス・ケースでは試されていませんでした。
残念。


ビジネス・ケースブック〈3〉 (一橋ビジネスレビューブックス)ビジネス・ケースブック〈3〉 (一橋ビジネスレビューブックス)
『一橋ビジネスレビュー』編集部

東洋経済新報社 2004-03
売り上げランキング : 555551

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  一橋ビジネスレビュー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ