FC2ブログ
『共生虫』
- 2020/04/07(Tue) -
村上龍 『共生虫』(講談社文庫)、読了。

何年も引きこもりだった男が、インターネットの世界で出会った「インターバイオ」なる集団と
コミュニケートするようになったことをきっかけに、「共生虫」の生贄を求めて外の世界に出ていく・・・・。

前半はグイグイ読ませてくれて面白かったです。
後半は失速。思ったほど世界観が広がらなかったので尻すぼみ感。

前半の面白さは、引きこもりという極端に閉塞した世界に住む主人公が、
ネットの世界に触れ、自分の子供の頃の体験を深掘りしようとしたことで
接点を持った知らない人からの言葉に引き込まていく過程です。

私は基本的に、精神的に不安定な人の描写は苦手なのですが、
本作における主人公のモノの考え方は、歪んでいるなりに筋が通っているように思え、
そんな彼が引きこもりからネットの世界に移行していく理由に納得できた感がありました。

彼の家族に対する評価みたいな部分はもうちょっと詳しく読みたかったなという感じはあります。
なんでこんな息子ができてしまったのかというところを
母親や父親、兄弟との関係性から知りたいなと思いましたが、
まぁ、それは本作の主題ではないから望んでも仕方ないかな。

で、問題の後半ですが、
ネット世界の知らない集団から送られてくるメールに反応して、
引きこもりを捨てて、部屋の外に出て活動するようになります。
この外の世界での活動が、やたらアクティブなんですよね(苦笑)。

引きこもりのようなことをしてる人が、こんなに初対面の人と普通に会話ができるのか?というような
精神的な面の描写よりも、まず気になったのは、こんなに体力あるの?ということ。
女の後を付けたり、計画に必要なものをあちこち回って買いそろえたり、
雑木林の中でサバイバルのようなことをしてみたり。
部屋の中でじっとしてた人が、いきなりそんなに行動したら息が上がっちゃうんじゃないの?と
物理的な面で疑問に思いました。

そして、やたら段取りが良かったり、行動に無駄がなく効率的だったり、
前半と同じ人物なのだろうか?という感じでした。

終盤、彼が準備万端で完遂した計画についても、
これをやることに何の意味があるのか良く分かりませんでした。
その点では、精神が歪んでいる人の論理性の脆弱さが、ここにきて気になってしまいました。

計画完遂により、彼は引きこもり男から、一般人を超越した経験を積んだ男になったかというと、
物理的な部屋に引き籠っていた男が、精神的に自分の世界の中に引き籠っている男になっただけで
結局社会性はないままなのが、救いがないように感じました。

最後、主人公にとっては、すごく明るい未来が待っているような感じで終わりましたが、
読んでいるこちらとしては、尻切れトンボで終わってしまった印象でした。




にほんブログ村 本ブログへ



この記事のURL |  村上龍 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『モニカ』
- 2018/01/16(Tue) -
坂本龍一、村上龍 『モニカ』(新潮文庫)、通読。

坂本龍一が書き留めた夢の断片をヒントに、
村上龍が原稿用紙5枚の短編を30編書き上げたというもの。

モニカという架空の女性を主人公に、
様々な情景が語られていきますが、
短すぎて楽しめないまま話が終わってしまう感じです。

ファンの方は、この短い文章から空想の世界をぐーっと広げて
楽しんでいくのでしょうけれど、私はそこまでの忍耐力がないので
脱落してしまいました。

むしろ、坂本センセの超短文の方が印象に残りました。

ただ、村上龍さんが凄いと思うのは、
こういう他分野の一流の人と一緒に新しいことに挑戦する姿勢。

映画監督業とかも賛否あるように思いますが、
挑戦する気概が伝わってきますね。


モニカ―音楽家の夢・小説家の物語 (新潮文庫)モニカ―音楽家の夢・小説家の物語 (新潮文庫)
村上 龍 坂本 龍一

新潮社 1999-03
売り上げランキング : 146488

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ


この記事のURL |  村上龍 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『イビサ』
- 2017/03/11(Sat) -
村上龍 『イビサ』(講談社文庫)、通読。

途中で、「なんで私、この本を読んでいるのだろう?」と
自問自答を繰り返す羽目になりました。
挫折寸前の読書。

近所のおばちゃんが貸してくれた本の中の一冊なのですが、
まさか、こんなセクシャルな本が混ざっているとは思わず、
軽い気持ちで読み始めてしまい、早々に後悔。
そこで、読むのを止めるという判断ができないのが私の往生際の悪いところで・・・・・。

主人公の女性の境遇にも、
行動にも、価値観にも、
共感できる部分が見つけられませんでした。


イビサ (講談社文庫)イビサ (講談社文庫)
村上 龍

講談社 1995-04-06
売り上げランキング : 107771

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  村上龍 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『逃げる中高年、欲望のない若者たち』
- 2015/11/17(Tue) -
村上龍 『逃げる中高年、欲望のない若者たち』(KKベストセラーズ)、読了。

「挑発エッセイ」との帯にあるとおり、
確かに、毒のある表現がポンポン飛び出して、容赦ないです。

でも、個々の事象への評価は容赦ないのですが、
だからどう行動すべきかという将来への提言については
あまり意見を押しつけてくる感じではなく、
読者に思考を促してきます。

そこが物足りないような気もするし、
そこは自分で考えないといけないような気もします。

でも、挑発的な表現が飛び交った割には
主張が控えめなので、着地が少し居心地悪いような印象の読書になりました。


逃げる中高年、欲望のない若者たち逃げる中高年、欲望のない若者たち
村上 龍

ベストセラーズ 2010-11-20
売り上げランキング : 161788

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  村上龍 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『おじいさんは山へ金儲けに』
- 2015/03/19(Thu) -
村上龍 『おじいさんは山へ金儲けに』(NHK出版)、読了。

村上龍が、昔話をモチーフに、投資の解説本を書いたようだ・・・・・
というわけで、店頭で見つけて即買ってきたのですが、
正直、期待はずれでした。

うーん、期待はずれというか、昔話を下敷きに村上龍が短編に仕上げているのですが、
その話で何が言いたいのか、正直よく分からない話が多いです。

短編の後に、山崎元氏や北野一氏が投資に関する解説を添えているのですが、
短編と解説とが、こじつけのように感じられて、一冊の本になっている意義を
あまり感じられません。

出来が悪いとか言うのではなく、
よく分からなかったというのが、正直な感想です。

最後に収録されている三氏の鼎談の方が
スッキリ整理されていて、読み応えがありました。


おじいさんは山へ金儲けにおじいさんは山へ金儲けに
村上 龍 山崎 元 北野 一 はまの ゆか

NHK出版 2001-08-25
売り上げランキング : 860496

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  村上龍 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『カンブリア宮殿2』
- 2014/12/06(Sat) -
村上龍×経済人 『カンブリア宮殿2』(日本経済新聞社)、読了。

シリーズ2作目。
今回も、大企業のトップから、ユニークな中小企業の創業者まで
多彩な面々が登場して、面白かったです。

改めて、一口に「成功した経営者」と言っても、
様々なタイプの人が居るんだなぁと実感しました。
とても丁寧で謙遜深い話し方をする人もいれば、
従業員に「死ね!」というぐらいの勢いでモノを言う経営者もいて、
きっと社風も経営者の数だけあるんだろうなと思いました。

しかし、どんなタイプの人であれ、自分の会社のことについては
しっかりと語る言葉を持っており、それが自社の事業の自信だったり誇りだったり
従業員に対する信頼だったりを現しているように感じました。

収録語の村上龍氏のコメントの中で、
収録日にスタジオに付いてきた会社の面々の印象が述べられているところがあったのですが、
当人である経営者を介さずに、村上龍氏が従業員に話しかけたいと思える会社であること、
また、従業員側も堂々と村上龍氏に回答を返してくるところなどを思うと、
従業員自身も会社のことや経営者のことが好きなんだろうなと感じます。

自分も、勤務先との関係や、経営者&上司との関係を、
そんな風に情熱的なものにしていきたいなと思いを新たにしました。


カンブリア宮殿 村上龍×経済人II (日経スペシャル)カンブリア宮殿 村上龍×経済人II (日経スペシャル)
村上 龍

日本経済新聞出版社 2008-02-26
売り上げランキング : 226314

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  村上龍 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『日本経済に関する7年間の疑問』
- 2014/07/20(Sun) -
村上龍 『日本経済に関する7年間の疑問』(生活人新書)、読了。

引き続き本日も鼻の調子が悪いです・・・・。
くしゅん、くしゅん、ズルズル、といった感じで。
鼻炎薬飲んだから、眠くなりそうだなぁ・・・・。

さて、龍さんが、日本経済に関して一体どんな疑問を投げかけているのだろうか?と
期待しながら読み始めたのですが、
自らが主催するメルマガ「JMM」に書いたコラムを集めた内容で、
肝心の疑問は巻末に一覧化して載っているけど、
それに対する専門家の答えは未掲載・・・・・看板に偽り有!!(怒ッ)
でも、疑問自体は載せているから、タイトルは嘘ではないか・・・・・・・詐欺的?

無料メルマガのようなので、本にしても売上云々には影響なさそうなのに・・・。
でも、どんなことが書いてあるのだろうか?と、とりあえずメルマガ登録してしまったので(爆)、
会員獲得には有効な策なのかも。

で、コラムの方ですが、時事問題を中心に思うことを述べてます。
ただ、きっと本文的なものがメルマガの方にあり、
その編集後記的な印象の文章なので、肝の部分が良く分からず、残念。

編集後記的な位置づけのせいなのか、著者の言論スタンスのせいなのか分からないのですが、
重大な時事問題や政治問題に対して、
「総論賛成各論反対」ではなく、「総論の意見表明は留保、各論に斜めからイチャモン」みたいな
レベルで話が終わってしまっているのは残念でした。

分析の視点や、本質の突き方は面白いので、
もっときちんとした内容を読んでみたいと思いました。


日本経済に関する7年間の疑問 (生活人新書)日本経済に関する7年間の疑問 (生活人新書)
村上 龍

日本放送出版協会 2006-11
売り上げランキング : 809947

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  村上龍 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『カンブリア宮殿』
- 2012/12/04(Tue) -
村上龍×経済人 『カンブリア宮殿』(日本経済新聞出版社)、読了。

TV番組を本にまとめたもの。
時々、テレビを点けたときにやっていれば、見てしまう番組です。
ただ、テレビをつけることがあまりないので、偶然見る感じです(苦笑)。

最初の章には、大企業のトップが並んでいるため、
正直、紙面の量が少ないなぁと物足りなく感じたのですが、
ユニークな中堅企業に移っていくと、
普段目につくような経営論とは着眼点が違っていて、
エッセンスだけでも十分に興味深く読めました。

ちょっと今、自分自身、仕事で壁にぶつかっているのですが、
この本を読みながら、なんで自分は壁を乗り越えられないんだろう・・・
と考えてしまいました。

で、「会社の計画を書いても、実行者が自分じゃないから身が入らないんだ!」と気づき・・・。
会社批判、経営批判になってしまいそうな自分。
なんで長期計画を、一担当が書いて役員にお伺いを立ててるんだろうか???

頭を転換しようと、「自分がお店を持ったら・・・」と空想し始めたら、
あまりに楽しくて眠れなくなっちゃいました(爆)。
今日の仕事は眠かった。

自分で計画して、自分で実行できる、それが経営者の醍醐味かもしれませんね。


カンブリア宮殿 村上龍×経済人 (日経スペシャル)カンブリア宮殿 村上龍×経済人 (日経スペシャル)
村上 龍 テレビ東京報道局

日本経済新聞出版社 2007-05-26
売り上げランキング : 98400

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  村上龍 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『悲しき熱帯』
- 2012/10/25(Thu) -
村上龍 『悲しき熱帯』(角川文庫)、読了。

レヴィ=ストロースかと思いきや、まさかの龍さん。
勝手にエッセイだと思い込んで買ってきたら、短編集でした(爆)。

初っ端の「フィリピン」が、あまり改行もないまま、
誰の視点かもよくわからないまま、どんどん言葉が繰り出されてきます。
読んでいる私は、置いてきぼり、ぽつーん。

「スリーピー・ラグーン」に至っては、全く改行なし(苦笑)。
ただ、こちらはダイビングのお話で、かつストーリーも掴みやすかったので
付いていくことはできました。

面白かったのは、「ハワイアン・ラプソディ」かな。
老いて飛べなくなったスーパーマンが、生まれ故郷の星に帰ろうとして、
でも飛べずに海に落ち続ける話。
荒唐無稽な話かもしれませんが、なんだかホンワカした気持ちになりました。
ただ、エンディングは結構グロイです・・・。



悲しき熱帯 (角川文庫 (5803))悲しき熱帯 (角川文庫 (5803))
村上 龍

角川書店 1984-09
売り上げランキング : 620296

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ


この記事のURL |  村上龍 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『空港にて』
- 2011/04/10(Sun) -
村上龍 『空港にて』(文春文庫)、読了。

ジャケット買いしてしまった作品。

「○○にて」となっている作品たちですが、
○○に居る時の瞬間の風景を事細かに描きつつも、
主人公の頭の中は、過去の世界へと飛んで行っている・・・。

他人とある空間を共有しているのに、
一人だけ別のことを考えている時ってあるよなー、なんて思いながら読みました。

最初の「コンビニにて、2つ目の「居酒屋にて」などは、
この手法が面白くて、しかも主人公の置かれた立場なども上手く組み込まれてて、
楽しんで読めたのですが、途中から飽きてきちゃったかな・・・。

そして、「三十年に及ぶ作家生活で最高の短編」と紹介された
表題作の「空港にて」は、私には、そこまでの感慨を持っては読めませんでした。

どうも、この短編集で登場してくる女性の主人公たちが、
イマイチしっくりこない感じで・・・・・。
何がどうとは、上手く説明できないのですが。

過去に読んだ龍作品の感想を眺めていても、
あんまり女性の登場人物に共感した覚えがないんですよね・・・。
ちょっと視点が違うのかも。


空港にて (文春文庫)空港にて (文春文庫)
村上 龍

文藝春秋 2005-05
売り上げランキング : 72452

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ
この記事のURL |  村上龍 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ