『プレミアム・ラッシュ』
- 2014/04/13(Sun) -
『プレミアム・ラッシュ』

NYの自転車メッセンジャーを主人公にした作品。

中国人の友人から、中華街のお店へ1通の封筒を託されたメッセンジャー。
しかし、不審な男が彼から封筒を奪おうとする・・・・。

自転車目線で眺めるNYの街並みが美しかったです。
あとは、疾走感あふれる画面も面白かった。

でも・・・・・
自転車野郎たちの、スピード重視、スリル重視、交通安全無視の姿勢には
共感できませんでした。
日本の道路で危ない思いをしたことがあるという自分の経験と、
最近感動したロードレース選手のジェントルマンな姿勢との対比で、
そう思ってしまったのだと思います。

特に、赤ちゃんを乗せたベビーカーに自転車が突っ込み、ベビーカーが吹っ飛ぶシーンは、
たとえ想像の世界を描いたものだとしても、趣味が悪すぎです。

ストーリーも単純すぎて、
悪役の警察官のあまりのバカっぷりに、悪役としての役不足。
なんだか、社会に適応して生きていけない者同士が、底辺で足を引っ張り合っているようにしか
見えませんでした。


プレミアム・ラッシュ [DVD]プレミアム・ラッシュ [DVD]

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2013-03-19
売り上げランキング : 40742

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この記事のURL |  ジョセフ・ゴードン=レヴィット | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『LOOPER』
- 2014/01/20(Mon) -
『LOOPER』

タイムトラベルものは頭使うから大変なんですよ・・・。
しかも本作では、記憶のフラッシュバック・カットとかもあって一層複雑。
でも、結構面白かったです。

2044年からさらに30年後にはタイムマシンが開発されていた。
しかし、その使用は法律で禁止され、裏社会が邪魔者を消すために
30年前の過去に送り込んでくるようになった。
過去の世界で何をやるかというと、到着した途端に銃でズドンと殺される。
その殺す側の仕事を担うのは、LOOPERと呼ばれる人々。

と、まぁ、初期設定はこんな感じです。
しかし、この後に、未来から30年後の自分が送られてくるという事態の発生、
「レインメーカー」の登場、テレキネシスの血統など、
いろんな要素てんこ盛りで、どんな風に話の決着をつけるのかと
ワクワク半分、心配半分でしたが、非常に王道な幕の閉め方でした(笑)。
『12モンキーズ』かっ!?っていうぐらい。

ま、でも、てんこ盛りがごった煮にならず、
それなりに整然としてたので楽しめました。
というか、タイムトラベル以外の要素がありすぎて、
タイムパラドックスを逐一指摘する気力が残りませんでしたわ(爆)。
前半のスピード感がだんだん削がれていったのは残念でしたが・・・・。

あと、アメリカ人が考える未来っていうのは、
技術の発展は一部の富裕層が享受し、世間一般は貧しい生活を送るという
貧富の差、知性の差の極端に拡大した世界観で共有されてるんですかね?
『リアル・スティール』も、こんな世界を描いてましたよね。
社会全体が底上げされてるようなドラえもん的な未来がいいなぁ・・・・・。

それと、子役の子供、怖すぎ。
ホントにテレキネシスっぽいわ(苦笑)。


LOOPER/ルーパー [DVD]LOOPER/ルーパー [DVD]

ポニーキャニオン 2013-07-10
売り上げランキング : 6160

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この記事のURL |  ジョセフ・ゴードン=レヴィット | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『(500)日のサマー』
- 2012/01/22(Sun) -
『(500)日のサマー』

サマーとであった日からの500日間を
主人公の男の視点で描いた作品。

運命の出会いを信じる男と、愛そのものを信じない女。
男は浮かれ、女は今この瞬間だけを楽しむ。

悲しい結末しかありえない設定なのですが、500日間の様子をシャッフルして見せることで、
次はどんな関係の時の様子が見られるのだろう、なんでこんな風になっちゃったんだろうと
ワクワクしながら次のシーンを待っています。
そこは、演出が上手い!

ただ、肝心の主人公に親近感が湧きませんでした(苦笑)。

確かに彼女は考え方がクール過ぎるというか、感情がこもっていないというか、
特異な思考の持ち主なのですが、
2人の関係がおかしくなり始めたときに、一方的に彼女の態度を責め立てて、
自分の行動には反省なしのところが、個人的に受け付けられず・・・・。

特に、バーで彼女に言い寄ってきた男を殴りつけ、殴り返された後で、
「君のために殴られたんだ」という台詞に呆然。
男にバカにされたからキレただけなのに・・・・・・。

こういう一言って、女性の側は、結構、冷静に評価してると思うんですよね。
押し付けがましいところが見えちゃうと、ちょっと、ねぇ・・・・。

かといって、彼女の側に味方するのかというと、
終盤の急な思想転向は、ありきたりな結末になってしまって、残念。

ラストシーンを見ると、
やっぱり、世の中の男と女は、所詮こんなもんか・・・・と思わずにはいられませんでした。


(500)日のサマー [DVD](500)日のサマー [DVD]

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2010-07-02
売り上げランキング : 29753

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

この記事のURL |  ジョセフ・ゴードン=レヴィット | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |