『戦争の克服』
- 2016/03/03(Thu) -
阿部浩巳、鵜飼哲、森巣博 『戦争の克服』(集英社新書)、読了。

森巣氏と両氏との対談、および三者での鼎談が収められています。

個人的には、鵜飼先生のちょっと毒のあるウィットに富んだお話がヒットでした。
母校の先生なのに認識しておらず、Wikiってみたらフランス文学・思想研究者とのこと。
こりゃ、私好みの路線ですわ(笑)。

なぜ戦争はなくならないのかということを、
国際政治や思想史の観点などから分析していきますが、
各国が表向きに主張している建前、裏側の本音、そして、本音と建前を超えたところにある
純粋に信じていることや歴史からくる国民性といったものが多角的に捉えられていて
非常に勉強になりました。

どうやって戦争をなくすのかという観点になると
「平和を希求する」というような感覚論になってしまうのですが、
しかし、なぜ戦争はなくならないのかということを認識しているか否かは
平和を望むに際しての大きな違いになると思います。

適切な現状認識の大切さを学ぶことが出来ます。


戦争の克服 (集英社新書)戦争の克服 (集英社新書)
阿部 浩己 森巣 博 鵜飼 哲

集英社 2006-06
売り上げランキング : 249550

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  森博嗣 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『自分探しと楽しさについて』
- 2016/01/09(Sat) -
森博嗣 『自分探しと楽しさについて』(集英社新書)、通読。

「自分探し」という言葉が苦手です。
なんで、そんなことをやろうとするののか理解ができないのです。
というか、そもそも、どういう行為を「自分探し」と呼ぶのかが理解できていないのでしょう。

周囲の人との関係や、社会との関係、外部環境における位置づけ、
それらの複合的な要因が重なって自分という存在があるのだと私は思っているので、
周囲への眼を取っ払って、自分だけを見ようとしているように思える「自分探し」という行為が
理解できないのだと思います。

というわけで、通常、自分探しをテーマにした本には関心が向かないのですが、
森博嗣氏が書いているということで試しに読んでみました。
理系センスが織り込まれた小説を手がけている著者なので、
「自分探し」という行為を、ロジカルに捉えた文章が読めるだろうと期待したのですが、
なんと、相当に情緒的な文章が続き、掴みどころがないまま終わってしまいました。

つくづく、この方の作品とは相性が悪いようです・・・・。


自分探しと楽しさについて (集英社新書)自分探しと楽しさについて (集英社新書)
森 博嗣

集英社 2011-02-17
売り上げランキング : 76123

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  森博嗣 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『四季 春』
- 2014/07/13(Sun) -
森博嗣 『四季 春』(講談社文庫)、通読。

何やかんやと文句を言いつつ、4冊目となってしまった森作品。

謎解きモノを読みたいなぁ・・・・と思ってブックオフに行ったときに
ついつい買ってしまうのですが、
ミステリとはちょっと違うものを買ってしまって、いつも挫折(苦笑)。
そして、同じ過ちを本作でも・・・・・。

真賀田四季と言えば、例の作品に登場する強烈キャラですが、
その四季の幼少のみぎりのお話・・・・・って、
そんなエピソード・ゼロ的なものを読むほど、森作品にはまってませんがな(苦笑)。

ところどころで、この四季が発する価値観についてのコメントは
面白いなと思うものがあるのですが、なにぶん、そこまで思い入れがないので・・・・・。

殺人事件は起こりますが、「別にいらないんじゃない?」というぐらい
真賀田四季とは・・・・という話に終始しております。

うーん、そろそろ、森作品は潮時かな。


四季 春 (講談社文庫)四季 春 (講談社文庫)
森 博嗣

講談社 2006-11-16
売り上げランキング : 151261

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  森博嗣 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『虚空の逆マトリクス』
- 2014/03/24(Mon) -
森博嗣 『虚空の逆マトリクス』(講談社文庫)、読了。

何となく・・・・で買ってきました。短編集です。

長編のS&Mシリーズから繋がっているものもありますが、
私は、まだ作品に馴染んでいないため、普通の短編集として読みました。

冒頭の「トロイの木馬」が、あまりにも概念的過ぎて付いていけなかったので
「うわー、こんな作品が続いたらどうしよう・・・・」と危惧したのですが、
それ以降は、通常の短編ミステリだったので、挫折せずに読み通せました。

というか、「三重県」がところどころに出てきて、
「こんな地味な県がどうして!?」と驚いたのですが、
三重大学に勤務されていた時期があるのですね。納得。

という、変なところで楽しんでしまいましたが、お気楽に読める短編集です。

「ゲームの国」に出てくる回文の数々、
その力作ぶりには驚きました。


虚空の逆マトリクス(INVERSE OF VOID MATRIX) (講談社文庫)虚空の逆マトリクス(INVERSE OF VOID MATRIX) (講談社文庫)
森 博嗣

講談社 2006-07-12
売り上げランキング : 330292

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  森博嗣 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『今夜はパラシュート博物館へ』
- 2013/05/10(Fri) -
森博嗣 『今夜はパラシュート博物館へ』(講談社文庫)、読了。

短編集はお初でしたが、
ちょっと私の好みとは違ってました。

連作集?と思ったのですが、
そういうわけでもなく、軽めのミステリーから純文学的な香りの作品まで
幅広い作品がそろっているのですが、
残念ながら、どれも肌合いが微妙でした・・・。

短編集においては、ミステリーに限らず、
オチがはっきりしているものの方が、私は好きなようです。

長編作品
でもイマイチ乗り切れなかったので、
こりゃ、ダメかな・・・。


今夜はパラシュート博物館へ THE LAST DIVE TO PARACHUTE (講談社文庫)今夜はパラシュート博物館へ THE LAST DIVE TO PARACHUTE (講談社文庫)
森 博嗣

講談社 2004-03-16
売り上げランキング : 246509

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  森博嗣 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『すべてがFになる』
- 2011/08/17(Wed) -
森博嗣 『すべてがFになる』(講談社文庫)、読了。

熱狂的なファンがいる作家さんというイメージだったので、
期待していたのですが、ちょっと肩透かしを食らった感じ。

トリック重視のミステリーなので、登場人物に共感できるというところまで行けず、
また、「天才」とか「孤島」とか「十四年間建物から出てない」とかいう設定に親しみがもてないので、
淡々と話が進んで、謎が解かれていったような印象です。

探偵役の主人公2人は、登場シーンでは、結構な強烈キャラなのかと思ったのですが、
島に渡ってからは、意外と普通の言動だったような印象です。
この2人ならではの、特異な行動があるかな?と期待したのですが・・・。

犀川助教授や真賀田博士の思考回路は、読んでいて面白かったです。
自由観とか、死生観とか。

とりあえず、このシリーズは、基本、トリックメインだと思うので、
次には手が伸びないかなぁ・・・。


すベてがFになる (講談社文庫)すベてがFになる (講談社文庫)
森 博嗣

講談社 1998-12-11
売り上げランキング : 3909

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  森博嗣 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |