『色即ぜねれいしょん』
- 2015/06/30(Tue) -
みうらじゅん 『色即ぜねれいしょん』(光文社文庫)、読了。

じゅんさんの小説はお初です。

仏教系の高校に通う主人公。
教室ではヤンキーが幅を利かせ、フォークが好きな主人公はちょっと引き気味。
そんな夏休みに、中学時代からの友達に誘われ、隠岐島のユースホステルに泊まりに行く・・・。

冒頭のシーンから、ヤンキーたちが講堂でがなる「ホーネン、ホーネン」のシーンに圧倒されます。
本当に、こんな高校あるのかしら?と疑問に思いつつも、
でも、なんだか有ってもおかしくなさそうな変な存在感があります(笑)。
このヤンキーたちが意外とお茶目。
主人公も、文科系を自認していながら、結構ヤンキーと普通に話ができちゃってます。

このお話の山場は、やっぱり隠岐島。
友人が仕入れてきた「フリーセックスの島」というトンデモ情報に踊らされて遊びに行くものの、
もちろん、そんなことはなく、ユースホステルとしてのオモテナシと、
そこに集まる人々との交流があるわけで、ま、良い人もいれば悪い人もいる中で、
数日間を過ごした主人公は何かを得て日常生活に戻ってきます。

この主人公の変化が、非常に自然な形で書かれていて共感できました。
一歩を踏み出すきっかけを掴む瞬間が良く分かります。
そして、自信を持った少年が、どんな風に成長していくのか、非常に面白く読めました。

あと、この作品の安心感は、主人公の両親がもたらす温かい愛情から来てるのかなと思いました。
理解がありすぎな感じもしますが、でも、主人公が変なムチャをしない、ある意味冷静な判断を
重ねていくところは、この両親の元で育ったならそうだろうなと納得できるものがあります。

じゅんさんの私小説にあたるのでしょうが、
この少年が大きくなって、みうらじゅんという特異な人物になるとは、
人生って不思議なものですね(笑)。


色即(しきそく)ぜねれいしょん (光文社文庫)色即(しきそく)ぜねれいしょん (光文社文庫)
みうら じゅん

光文社 2007-07-20
売り上げランキング : 12197

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  みうらじゅん | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『見仏記3』
- 2014/01/29(Wed) -
いとうせいこう、みうらじゅん 『見仏記3』(角川文庫)、読了。

見仏野郎たちが、ついに海を渡りました(笑)。

仏教伝来のルーツを逆に辿っていく旅ということで、
韓国、タイ、中国、インドの諸仏を巡ります。

ただ・・・・今のご時勢、なかなか韓国の仏像の話題は、
気持ちが重くなりますね。どうしても政治の話が頭に浮かんでしまって。
本作の中でも、秀吉の朝鮮出兵による仏像破壊の話に触れています。
現地の人との交流もあまりなかったようで・・・・。

一方、中国では、その文化の奥深さに触れるとともに、やはりここでも仏像破壊の跡が。
日本人によるものだけでなく、文化大革命などによるものも多そうですが、
いずれにしても痛ましいことです。
ただ、中国では、現地の人々と「阿弥陀=アミトヮフォ」の大合唱で一体感を得たようで
中国人の懐の深さというか、歴史ある国が持つ泰然さを感じました。

タイやインドでは、仏教以外の宗教の寺院のレポートもあり、
いろんな文化に触れられて面白かったです。

で、この本を読んで得た私なりの結論は、
「いろんな仏教文化があるけれど、日本のものが私には一番面白いな」というもの。
優劣の問題ではなく、自分は、どれが一番心惹かれるか、落ち着くかという問題です。
木造の仏像の温かさが一番好きです。


見仏記3 海外篇 (角川文庫)見仏記3 海外篇 (角川文庫)
いとう せいこう みうら じゅん

KADOKAWA / 角川書店 2012-09-25
売り上げランキング : 214

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  みうらじゅん | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『見仏記2』
- 2011/09/06(Tue) -
いとうせいこう、みうらじゅん 『見仏記2』(角川文庫)、読了。

またもや買ってしまった見仏記。
仕事に疲れると、こういう世界に逃げたくなります(苦笑)。

今回のいとうさんの文章は、前回ほどの堅苦しさを感じず、
肩の力が抜けた読みやすい見仏文章でした。
雑誌の企画という枠組みから抜け出し、2人だけで見仏に出てしまったという勢いと、
2人だけで自由に会話ができるという自由な感じから、
バランスの良い空間が出来上がったのではないかと思われます。

前回は仏像そのものが気になって「写真を見た~い」と感じてしまったのですが、
今回は、道中での2人のやりとりが一層面白く、
仏像そのものよりも、仏像を見て2人が何を感じたのか、
そしてどんなバカ話をしたのかという方に興味を持ちました。
本に描かれた世界だけで、十分楽しめたという印象です。

四国や北陸といった遠出以外に、目黒のお不動さんも出てきて、
昔、目黒に住んでいた身としては、懐かしく感じました。
でも、五百羅漢寺は拝観したことが無かったのが悔やまれました。
今度、行ってみたいと思います。


見仏記〈2〉仏友篇 (角川文庫)見仏記〈2〉仏友篇 (角川文庫)
いとう せいこう みうら じゅん

角川書店 1999-01
売り上げランキング : 23361

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  みうらじゅん | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『見仏記』
- 2011/05/17(Tue) -
いとうせいこう、みうらじゅん 『見仏記』(角川文庫)、読了。

『ホントコ』などでウンナンさんとよく絡んでいたせいこうさん、
その著作を読むのは、実は初めてです。

せいこうさん、みうらじゅんさんが有名な仏像を見に行くエッセイ。

「あの」みうらじゅんさんですから、マニアックな仏像の楽しみ方をするんだろうなと
思って表紙をめくったら、なんと小学生のじゅん少年が作成したという
「仏像スクラップブック」が登場。
こんなに激しい小学生だったとは!と、改めてビックリ。

みうらじゅんさんのパッション溢れる仏像評価・・・というか
純粋な仏像への愛の言葉は、清々しいほどの惚れっぷりです。

一方、せいこうさんは、仏像鑑賞の中で、何か気づきを得ると、
一気に思考の世界へと飛び立っていきます。

仏像目当てに本作を読んだ身としては、ちょっと重く、また理屈っぽく感じてしまいました。
じゅんさんのパッションとの対比があまりに鮮やかだったため、そう感じたのかもしれません。

みうらじゅんさんのイラスト解説付きの本に向かって
こんな要望を出すのは間違っているとわかっているのですが、
やっぱり、仏像の話を目当てに読んだ自分としては、
仏像の写真を入れてほしかったです・・・。


見仏記 (角川文庫)見仏記 (角川文庫)
いとう せいこう みうら じゅん

角川書店 1997-06
売り上げランキング : 5120

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  みうらじゅん | CM(0) | TB(1) | ▲ top
| メイン |