『いつまでもデブと思うなよ』
- 2014/01/20(Mon) -
岡田斗司夫 『いつまでもデブと思うなよ』(新潮新書)、読了。

ここ1年ほどで、体重が10%増しになってしまいました (_ _|||)
ま、理由は酒量が増えたことだと思うんですけど・・・・。

今年は、会社が5年おきに言ってくる人間ドックの年なので、
ちゃんと体重を落とさないと面倒なことになるかなぁ・・・と思い、
とりあえず食事を改善することにしてみました。

でも、これまできちんとダイエットに取り組んだことがなかったので、
カロリー計算とか良く分からない・・・・ということで、本作を。

レコーディング・ダイエットで50kgものダイエットに成功した著者が
その取り組み方法を解説しています。

「ガマンしない」「無理しない」を基本原則に、
「データを取る」「データを分析する」という頭脳戦で進めていきます。
こういう「数字と理屈」で展開する方法は、私には受け入れやすそうです。
とにかく興味を持てないと取り組めない性質なので(苦笑)。

ということで、とりあえず、データを取ることから始めてみたいと思います。
6ヶ月で10%分を落とそう!


いつまでもデブと思うなよ (新潮新書)いつまでもデブと思うなよ (新潮新書)
岡田 斗司夫

新潮社 2007-08-16
売り上げランキング : 4114

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ



この記事のURL |  岡田斗司夫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『オタク学入門』
- 2011/01/10(Mon) -
岡田斗司夫 『オタク学入門』(新潮文庫)、読了。

息抜きにオタク本を。

真正オタクの生態と思考回路を解明してくれますが、
彼らの「突き詰める」プロセスが非常に面白かったです。

そして、彼らが日本のアニメーション等の発展を誘ったように、
ITの世界ではプログラミングのオタクたちが開発を牽引していったのではないかと、
本作を読みながら、梅田さんの本の内容を思い出していました。

とことん突き詰めようとした人々でなければ
新しい世界には辿り着けないほど、今の各分野の技術は進歩し、
かつ細分化された専門世界になってしまっているのだと感じました。

その細分化された世界をさらに先に進めつつ、
また細分化の壁を破って横串を刺せる能力をもった人たちがオタクとなれば、
彼らを大量に保有する日本の未来は安泰・・・となるはずが、
どうやら彼らの生産プロセスは確立できていなかったようで、
今や、真正オタクは減少しているとのこと。

いろんなオタク文化が一般化、汎用化してしまったことで、
大分薄まったモノになってしまっているようです。

確かに、周りを見ても、オタク風な人ばかりですもんねー。
自分の理論を確立しているというよりは、単に流行に乗っているだけのような。
ガッツのあるオタクは、もう出てこないのかしら?

あと、最後の富野由悠季氏との対談は、噛み合わなさっぷりに笑いました(苦笑)。
ガンダムファンには、受け入れやすい対談だったのかなぁ?


オタク学入門 (新潮文庫 (お-71-1))オタク学入門 (新潮文庫 (お-71-1))
岡田 斗司夫

新潮社 2008-04-25
売り上げランキング : 181260

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

G-SELECTION ∀ガンダム DVD-BOX 【初回限定生産商品】G-SELECTION ∀ガンダム DVD-BOX 【初回限定生産商品】

バンダイビジュアル 2011-01-28
売り上げランキング : 271

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ
この記事のURL |  岡田斗司夫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『「世界征服」は可能か?』
- 2009/03/13(Fri) -
岡田斗司夫 『「世界征服」は可能か?』(ちくまプリマー新書)、読了。

新聞だか雑誌だかの書評で目にした時から気になっていた一冊。
常々私が疑問に感じている「アクション映画の悪役は一体何がしたいんだろう?」に
何らかの回答を与えてくれそうだったので。

結論からいえば、
「今の世の中で世界を征服しても割に合わない」ということで、
どうも世界征服は頭のいい人がやることではないようです。

経済的にも政治的にも割に合わないということが次々と論じられていくので
世界征服は自己満足のためにしか達しようがないようです。

そして、岡田センセが提唱する「ネオ悪の組織」とは
「アンチ経済社会」で「情報信仰からの解放」であり、
「目上の人を言うことを守る」「ボランティア形式」・・・・・・
これって、モロにオ○ム真○教のような気が。
彼らは最先端の「悪」だったようです。

それにしても、「レインボーマン」が気になります。
DVDもたくさん出ているようですし、
いつか「死ね死ね団」に会える機会があるかな?


「世界征服」は可能か? (ちくまプリマー新書)
「世界征服」は可能か? (ちくまプリマー新書)岡田 斗司夫

おすすめ平均
stars働いたら負けでした的世界征服
stars「内容が薄い」という人は薄い内容しか読み取れない人
starsおもしろい!!
stars現代の国際政治を考える。あながちバカにできない真実。
stars深いようで浅いオタク与太話

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

愛の戦士レインボーマン M作戦編 [DVD]
愛の戦士レインボーマン M作戦編 [DVD]特撮(映像)

おすすめ平均
stars今観てもすごい。
stars多くの子供にみてほしい
starsアナーキーでエネルギッシュな快作
stars21世紀初頭の日本の混乱を予言していたオカルト番組
stars偽札事件にエセ教祖・・・歴史は繰り返す

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ
この記事のURL |  岡田斗司夫 | CM(2) | TB(1) | ▲ top
| メイン |