『有頂天家族』
- 2016/08/30(Tue) -
森見登美彦 『有頂天家族』(幻冬舎文庫)、読了。

京都に住む狸の一家を中心に、
敵対する叔父一族、師事する天狗、迫りくる人間の魔の手、
様々な要素をギュッと詰め込んだ物語です。

冒頭50ページぐらいの、
主人公の狸(三男)と天狗先生の間のエピソードが非常に面白おかしく語られていたので
期待値がグンと上がったのですが、
登場人物があれこれ増えてきて、物語の世界が広がり始めたら
それなりに普通の話に落ち着いてきました。

哲学的に面白い話は、やっぱり少ない登場人物の間で、
あれやこれやと議論されている方が面白いですね。

かと言って、本作がつまらなかったわけではなく、
調子っぱずれな感じの特異なキャラクターたちの間で
京都の風景が揺れていて、興味深かったです。

著者の他の作品よりは、断然とっつきやすかったです。

狸と天狗と七福神と蛙の取り合わせの妙。
京都なら、何でも起こり得そうな懐の深さというか
闇の深さがありますな。


有頂天家族 (幻冬舎文庫)有頂天家族 (幻冬舎文庫)
森見 登美彦

幻冬舎 2010-08-05
売り上げランキング : 43173

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  森見登美彦 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『太陽の塔』
- 2016/06/04(Sat) -
森見登美彦 『太陽の塔』(新潮文庫)、読了。

森見登美彦氏のデビュー作。

デビューの時から作風はガッチリ固まっていたということを理解できました。

が、この作風は、私には合わないということも再認識しました。

味付けが濃厚すぎて、途中で飽きちゃうんですよね・・・・。

が、「ええじゃないか」の顛末は面白かったです。


太陽の塔 (新潮文庫)太陽の塔 (新潮文庫)
森見 登美彦

新潮社 2006-06-01
売り上げランキング : 17681

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  森見登美彦 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『ペンギン・ハイウェイ』
- 2016/02/19(Fri) -
森見登美彦 『ペンギン・ハイウェイ』(角川文庫)、読了。

どうやって、この作品の世界観を楽しめば良いのか
分からないまま終わってしまいました。

「ぼくはたいへん頭がよく・・・・」なんて自己紹介から始まるので、
どんなに斜に構えた世間評が読めるのだろうかと、
ワクワクしながら読み進めたのですが、
彼が住む世界自体も歪んでいるというか、不思議な人と不思議な現象ばかりで、
すべてが歪んでいるので、自分がどこに立って作品に向き合えばよいのか
つかめませんでした。

作品の中で起きる出来事自体に
興味が持てなかったというのも一因かも。

うーん、残念。


ペンギン・ハイウェイ (角川文庫)ペンギン・ハイウェイ (角川文庫)
森見 登美彦 くまおり 純

角川書店(角川グループパブリッシング) 2012-11-25
売り上げランキング : 85284

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  森見登美彦 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『四畳半王国見聞録』
- 2015/05/05(Tue) -
森見登美彦 『四畳半王国見聞録』(新潮文庫)、通読。

うーん、これは、どうやって楽しめば良いのか
私には分かりませんでした・・・・・・・。

『四畳半神話体系』の続きモノかと思ったら、
続編というほどの位置づけではなく、世界観がリンクしているという程度で、
マニアでないと、ついていけないのではないかという感じ。

そもそも、修飾過剰&感情過多な文章が、
そういう作家だと分かっていても、やっぱり読みづらかったです。


四畳半王国見聞録 (新潮文庫)四畳半王国見聞録 (新潮文庫)
森見 登美彦

新潮社 2013-06-26
売り上げランキング : 78147

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  森見登美彦 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『きつねのはなし』
- 2014/06/09(Mon) -
森見登美彦 『きつねのはなし』(新潮文庫)、通読。

これまでに読んだユーモア溢れる作品から一転して
幻想的な小説でした。

こういう、ふわっとした終わり方をする小説は、
つかみどころが無くて苦手としております。
雰囲気を楽しむものなのだと思いますが、そこに理屈を求めたくなってしまうのです・・・・。

表題作「きつねのはなし」は面白く読んだのですが、
2作目からはしんどくなってきました。

変に物語に登場してくるお店や町がリンクしているところも、
なおさら読んでいて重石となって迫ってくる感じでした。


きつねのはなし (新潮文庫)きつねのはなし (新潮文庫)
森見 登美彦

新潮社 2009-06-27
売り上げランキング : 85107

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  森見登美彦 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『四畳半神話体系』
- 2014/01/10(Fri) -
森見登美彦 『四畳半神話体系』(角川文庫)、読了。

森見作品がどんなものか分かった上で読んだので、
本作は非常に楽しめました。

大学入学直後、選んだサークルで出会った小津に、
ばら色の青春を奪われ、下らない2年間を過ごしてしまった主人公。
一念発起?なのかどうかは分かりませんが、
人生を変えるキーワード「コロッセオ」に出会い・・・・・。

このクダラナイ大学生活を、
「もしも最初に選んだサークルが●●だったら・・・・」という設定で、
4つの人生が語られます。

しかも、それぞれの人生で出会うキーパーソンは、
結局同じ顔ぶれで、少しずつ展開は違うものの、同じようにクダラナイ出来事を
経験していくというか、消費していくというか、流されていくというか。

そして、それぞれの人生が、「もちぐま」「蛾の大群」によって
なぜか時系列が繋がっているような不思議な感じ。
この構成の複雑さは、お見事です。
パズルをはめるように、気持ちよく繋がっていきます。

いやはや、恐れ入りました。

そして、大学生活のくだらなさ爆発なところが、
森見作品に惹かれる最大の要素です。

私も、「もし自分があの団体に所属していなかったら・・・・」と想像してしまいました。
私の場合は、受験をしに大学に行ったときに出会った先輩たちに惹かれて
入学後にその組織に所属したので、本作の主人公よりも能動的に行動したのですが・・・
でも、受験の時に先輩たちに出会ってなかったら、全然違う組織に入ってたかもしれませんからねぇ。
テニサーとか(爆)。

でも、楽しい4年間でしたし、今も繋がっている友人達や先輩・後輩たちのことを思うと、
もう一度大学生活をやり直したいという気にはならないですねぇ。
素敵な4年間を出発点に、今もその素敵さが続いているように思っています。


四畳半神話大系 (角川文庫)四畳半神話大系 (角川文庫)
森見 登美彦

角川書店 2008-03-25
売り上げランキング : 3074

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ


この記事のURL |  森見登美彦 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『夜は短し歩けよ乙女』
- 2013/04/07(Sun) -
森見登美彦 『夜は短し歩けよ乙女』(角川文庫)、読了。

山本周五郎賞ということで期待したのですが、
これは合いませんでした。
内容云々ではなく、文章の持つ雰囲気が合わないということです。
装飾がふんだん過ぎて食傷気味。
エッセイでさらっと読むには良いかもしれませんが、この文量では重いです。

ただ、大学生の無駄なエネルギーのかけ方には賛同。
「バカを一生懸命やる」ことの清々しさをもってる作品ですね。
特に、学園祭のくだりは最高です。
私自身が、学園祭の実行委員をやっていたという理由も大きいのですが、
しかし、すべての知恵と体力を「偏屈王」という劇に注ぎ込むエネルギー、
風刺の効いた会話と展開、周りを巻き込み興味を引き付ける力、
どれも大学生活らしい素晴らしい一面を描いてると思います。

あぁ、バカなことに生活の全てを費やしてた頃が懐かしい。


夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)
森見 登美彦

角川書店 2008-12-25
売り上げランキング : 39

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  森見登美彦 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
『恋文の技術』
- 2012/02/26(Sun) -
森見登美彦 『恋文の技術』(ポプラ社)、読了。

突然、会社の同僚が貸してくれました。
初・森見作品です。

人から借りた本というのは、扱いが難しいですね。
私は、その時に読みたいと思う本を選べるように、
常時70冊ほどを積読状態にしているのですが、
借りた本は、あまり寝かせておくわけにも行かず、早々に読まないといけない。
となると、どうも、義務感で読んでしまって、気乗りしないことも多々あります。
結果、感想が、寂しいものになるという・・・・・。

今回も、戦争責任がテーマの本と併読してしまったため(苦笑)、
なんとも軽く感じてしまって、作品に乗れませんでした。

手紙のやり取りだけで、しかも、片側からの手紙だけで、
各人物のキャラクターや、物語の展開をイメージさせる手腕はお見事です。
でも、肝心のキャラクターや物語が、
非常にありきたりなものに感じてしまいました。
ギャグ的な小ネタも中途半端です。

小説だけでなく、ドラマや映画、舞台、そしてコントなどで
何度と使われてきた枠組みだと思うのですが、
過去のものを突き抜けるような工夫を感じられませんでした。

うーん、残念。

きっと、読むタイミングが悪かったから、余計に厳しい眼で見てしまったのでしょう。
試しに他の作品も読んで見ます。


恋文の技術恋文の技術
森見 登美彦

ポプラ社 2009-03-05
売り上げランキング : 138459

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  森見登美彦 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |