『ホリエモンとオタキングが、カネに執着するおまえの生き方を変えてやる!』
- 2015/11/11(Wed) -
堀江貴文、岡田斗司夫
     『ホリエモンとオタキングが、カネに執着するおまえの生き方を変えてやる!』(徳間書店)、読了。

帯にホリエモンとオタキングが並んで写っているのですが、
岡田センセ、リバウンドしましたよね~(苦笑)。
堀江さんの方がスマートな体型をきっちりキープしてます。

さて、2人の対談本ですが、
中心テーマとなっているのは、「貨幣経済」に対する「評価経済」という概念。
どうやら岡田センセの造語のようですが、
「貨幣の代わりに評価が流通する社会」「評価と影響を交換する社会」とのこと。

結局は、評価や影響を直接交換することは今の社会ではできないので、
その仲介を貨幣が行っているように私は感じたのですが、
でも、貨幣そのものの価値ではなく、評価や影響が価値を定めており、
貨幣はその価値のボリュームを表現する単位に過ぎないという気はしました。

この概念を理解するためには、対談ではなく、きちんと岡田センセの著書を読んだ方が良さそうです。

もう1つ、この対談で気づいたのは、ホリエモンの知的好奇心を前にした謙虚な態度です。
ライブドアの代表だった頃は、露悪的な態度と物言いという自己演出もあって、
上から目線の嫌なヤツに見えていましたが、檻から出てきた後は演出を変えたために、
素の堀江さんが出てきているのだと思ってます。

で、自分の知らないことで、かつ面白そうだと感じたものについて、
素直に「何ですかそれ?」と質問し、「教えてください」とお願いする姿に、
知的好奇心に対する真摯な姿勢が印象に残りました。

これだけ名前が売れて、しかも時には世間に叩かれる役回りを背負わされている人にとって、
こうやって「知らない」と言える素直な態度は、意外とハードルが高いのではないかと思います。
私でさえ、知っているふりを取り繕ってしまったりしますから(苦笑)。

膨大な知識量をベースにして生きている人は、
知的好奇心に対して素直な姿勢があってこその、知識の蓄えなんだろうなと思いました。


ホリエモンとオタキングが、カネに執着するおまえの生き方を変えてやる!ホリエモンとオタキングが、カネに執着するおまえの生き方を変えてやる!
堀江貴文 岡田斗司夫FREEex

徳間書店 2014-05-31
売り上げランキング : 19728

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  堀江貴文 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『拝金』
- 2015/04/25(Sat) -
堀江貴文 『拝金』(徳間文庫)、読了。

ホリエモン、またまた、露悪趣味なタイトルの本を書いてるなぁ・・・・・と思ったら、
何と小説でした!?

ライブドアの急成長~ニッポン放送買収事件~逮捕と続く
ホリエモンの半生(といってもたかだか数年)を下地にした私小説というか暴露本?
いや、これは、言い訳本かも。

株式会社伝書鳩の話は、素直に面白いと思っちゃいました。
単なる時間つぶしのゲームというだけではなく、
自分自身が遠くに出向いて鳩を放つというアクションがある点や、
ユーザー同士の交流があったり(しかもランダムに)、
あえて通信ネットワークとしてノイズを入れてみたりと、アイデア満載。

こういうところを見ていると、やっぱりホリエモンは、
最初は自分の頭の力で出てきた人なんだなと感じます。

しかし、物語が進み、主人公の経営する会社が一定の大きさになってくると、
(創業から、この一定の大きさになるまでの間が結構端折られているのがそもそも不満・・・・)
話の軸がアイデアやひらめきから、闘争というものに変わってきて、
ビジネス感覚としての面白さが失われていきます。ただの戦争。

実際の事件をモチーフにしているので、
こういう見せられ方をすると、かなり言い訳がましく聞こえてしまいます。
敗軍の将、くどくどと過去を振り返る・・・・みたいな。
しかも、主人公の黒幕に、「チーフデザイナー」という存在を置いてしまう設定が、
なおさら責任逃れのように思えてしまいました。

ただ、最後のフジテレビ批判というか、フジテレビの将来を予言したところは興味深かったです。
現に今、フジテレビがボロボロになってしまっているのは、
ライブドアとの闘争において多額の資金を使い果たしてしまい、
節約に節約を重ねた結果の番組の質の急低下なんだなと。

ホリエモン、こんなに自分を露悪的に見せる必要ないのに・・・・と感じることが良くあります。
もう、病気みたいなものなのかもしれませんが。
根は、ちゃんと社会を捉えている人だと思うのですが。


拝金 (徳間文庫)拝金 (徳間文庫)
堀江貴文

徳間書店 2013-04-05
売り上げランキング : 333496

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  堀江貴文 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『まな板の上の鯉、正論を吐く』
- 2013/12/02(Mon) -
堀江貴文 『まな板の上の鯉、正論を吐く』(新書y)、読了。

高裁判決から控訴して最高裁の判決を待つ間に書かれた本。
書かれたというか、108の質問に対してホリエモンが答えるという体裁。

本作を読んでまず感じたのは、
自分の主張を述べるだけの文章は、この人の場合、面白くない!ということ(爆)。
前に読んだ本でも思いましたが・・・・。

これは、言っている内容が平凡だという意味ではなく、
ある種、押し出しがそれほど強くないので、思っていたよりパンチがないということです。

むしろ、誰かと対峙した時に、この人の考え方の魅力はパッと花開く感じです。
比較により面白さが分かり易くなるというよりも、
変なところで控えめなところがあり、誰かが突っ込んでいかないと、
この人独自の思想がつまびらかにされないというところがあると思います。
だから、対談や鼎談は面白い!

本作も、どこまで本気で語っているのか分からない・・・というか、
この本を作った理由は時間つぶしなのではないかと疑ってしまいたくなる内容でした。
ま、本の構成も、あっちこっちに話題が飛んでいて、
浅く広く、というか、ところどころ疎らに・・・みたいな感じなのが
良くないのだとは思いますが。


まな板の上の鯉、正論を吐く (新書y)まな板の上の鯉、正論を吐く (新書y)
堀江 貴文

洋泉社 2010-04-06
売り上げランキング : 197415

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  堀江貴文 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『そこまで言うか!』
- 2013/08/25(Sun) -
ひろゆき、ホリエモン、勝間和代 『そこまで言うか!』(青志社)、読了。

面白かったです。

この3人のメンツで『そこまで言うか!』というタイトルにしては
無難な内容というか、想定の範囲内の発言が多かったですが、
でも、イマドキの知性の在り方の一片を垣間見られれて興味深かったです。

3人とも「イマドキ」を代表する人々なのですが、
三者三様でキャラクターが違うので、面白かったです。

ホリエモンは、前に著書を読んだときにも書きましたが、本音を公の場で言う人。
ただ、この対談で分かったのは、露悪的な趣味がややキツ過ぎて、
自分の意図以上に、自分のキャラに縛られれて発言している気がします。
ひろゆき、勝間両氏にツッコまれて必死に言い返している姿はお茶目でもありましたが(苦笑)。

ひろゆきさんは、これまで氏の主張を文章で読んだことがなかったのですが、
意外とまともなバランス感の人だとわかりました。
自分個人のことを言う時は「労働はできればしたくない」というようなアナーキーな表現を
使いますが、社会一般のことを話すと、突然まともな感覚を発揮します。
そういう意味では、普通でつまんない・・・と感じてしまいました。

勝間女史は、この3人の中では著書を何冊か読んでいる分、考え方は分かっているつもりですが、
この人もホリエモン同様、キャラに縛られている気が。
本音の部分は、もっと尖がって戦闘的な思考回路を持っている人だと思うんです。
でも、世間の勝間女史観や、マスコミの勝間ニーズの意向に沿って、
無意識のうちに「正論のまともなロジックを語る人」になろうとしているような・・・。
この対談では、もっとホリエモン、ひろゆきの両氏に、この勝間女史の防御壁を
突き崩してほしかったんですよねぇ・・・・。

とまぁ、不満げな感想を書きましたが、でも、読み応えがあり面白かったです。

ホリエモンのように、一般社会向けに本音を話すとスポットは当たりますが、
ご本人が「世間はバカばっかり」と喝破しているように、
仮に世間がバカの集団だったとして、バカに向けて一生懸命本音を話しても、
あんまり社会は好転しないと思うんですよねー。

社会を一定破壊はできるかもしれませんが、同時に変なものを創造しちゃうと思います。
「スクラップ&ビルド」と良く言いますが、スクラップの次にビルドが来るわけでなく、
スクラップしながらビルドも始まっちゃうんですよね~。
となると、ビルドの能力がある人がスクラップもしないと混乱する訳で。
ホリエモンの本音発言を真に受けるバカが多いと、変な世の中を作っちゃうんですよね(爆)。

ビルドにおいては、「みんなで創る」よりは、「頭の良い人がスキームを考える」方が
良いものができると私は思っているので、本音を全部公にぶちまける方針は
効果的な戦略ではないと思ってしまうんですよねー。
現にホリエモン自身も、自分の本業については然程公にせずに黙々とやってるわけですし。

そういう点で、この対談は、ある種、知性レベルが近しい人々の本音トークだったので
面白いと感じることができました。
こういう知的レベルの人々がみっちり考えて作ったビルド戦略こそ
今の日本に必要なものだと思います。
(知性を使って考えている「内容」や「方向性」は、この文脈では問うていませんからね)

で、結局、お前は誰の思考に一番近いのか?と問われると、
ホリエモンなんですよね(爆)。
自分のことを過度に露悪的に語る嗜好を除けば、彼の主張は、うなずける部分が多いです。
社会と自分とを対比して、合理的な判断をしていると感じます。
ホリエモンについては、引き続き、他の本も読んでみたいと思います。

あと、この3人の日常行動で驚いたのは、
相当に忙しい3人のはずなのに(それはゲームをする時間というのも含めて)、
キーパーソンだと思う人々の対談などは、きちんと事後にフォローしていること。
番組は直接見なくとも、テキストでさらっと確認をしています。
このような、地道な情報収集活動こそが、この人たちの能力の1つだと思います。
この努力の姿勢は、本当に見習いたいと思います。


そこまで言うか!そこまで言うか!
勝間 和代 堀江 貴文 西村 博之

青志社 2010-09-02
売り上げランキング : 47222

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  堀江貴文 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
『稼ぐが勝ち』
- 2013/06/16(Sun) -
堀江貴文 『稼ぐが勝ち』(光文社)、読了。

今更ながらイケイケ当時のホリエモン本です。
今となっては、時代の悪者になってしまった感がありますが、
落ち着いて評価できる状況になった今、もう一度見直すべきではないかと思い・・・。

「頭の良い」人たちが、心の中では考えていても口に出すと面倒になると思って黙っていたことを
素直に口にしてしまったのが、この人の良いところでもあり、甘いところだった気がします。

大悪党は、黙って、もしくは大義名分の陰で、本音を実行するんだと思うんです。
それにより、日本という社会や経済が、上手く回っているという
必要悪な部分もあると思うんですよ。

ところが、ホリエモンは、それを公で口にしちゃった。
大多数の「善良な」人は、それを聞き、「そんな不公平は許せない!」と彼を支持し、
既成の枠組みの破壊を熱望したのだと思います。
一方で、「エリート」たちは、「何を無駄な騒ぎを起こしてるんだ・・・」と苦い顔。

結局、ホリエモンも、裏で実行していた本音の行為が表沙汰になって、
「善良な」市民の支持を失い、世の中の枠組みを作り、動かしている「エリート」たちは、
「だから言わんこっちゃない・・・」と言いつつ、過去の一出来事として忘却する。

「善良な」市民を自分の熱狂的サポーターにしようとするか、
それとも、適度にあしらう対象として割り切っているかの違いだけで、
多分、ホリエモンも世の中の「エリート」さんも、考えてることは一緒な気がします。

私は、こういうモノの考え方を批判する気はなく、そういうもんだと受け止めて、
「さて、そんな世の中で自分はどう生きようかな?」と考えるタイプなので、
世の中一般の方から見ると、きっと正義感が甚だしく欠如してるという評価になるかも(苦笑)。

この本で最も残念だったのは、文章に魅力がないこと。
ゴーストライターを雇う際に、もうちょっと能力ある人を選ぼうよ・・・。
せっかくの主張の内容が、非常につまらない文章に毀損されているように感じました。


稼ぐが勝ち ゼロから100億、ボクのやり方稼ぐが勝ち ゼロから100億、ボクのやり方
堀江 貴文

光文社 2004-08-07
売り上げランキング : 50897

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  堀江貴文 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
| メイン |