『暴雪圏』
- 2015/09/11(Fri) -
佐々木譲 『暴雪圏』(新潮文庫)、読了。

冒頭、様々な登場人物たちが一気に登場してくるので、
1人1人を頭に入れるのに苦労しました。
なんだか、どの人物も、社会に対して前向きさが感じられないというか、何というか・・・・・。

雪解けの河原で女性の変死体が見つかり、
一方で、暴力団の組長の家では強盗殺人事件が勃発しますが、
意外と両方の事件は、大きな変化を伴うわけでもなく、淡々と事件後の動きが展開していきます。
ま、現実の世界は、こういうものなんでしょうね。

ページ数のボリュームが多い割には、
淡々と物語が進んでいくので、途中でちょっとダレてしまいました。

最後に何か凄い展開が待っているのかも・・・・と期待しましたが、
最後まで田舎の人間模様を描いた作品というスタイルを貫いた印象です。

ま、こういう作品もありなのかな。

サスペンスとか、警察小説を期待して読むとガッカリするかもしれませんが、
地方の暮らしを描いた作品としては、しっかり書き込まれているように思いました。


暴雪圏 (新潮文庫)暴雪圏 (新潮文庫)
佐々木 譲

新潮社 2011-11-28
売り上げランキング : 134101

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  佐々木譲 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『廃墟に乞う』
- 2015/08/16(Sun) -
佐々木譲 『廃墟に乞う』(文春文庫)、読了。

直木賞受賞作とのこと。
短編集ということで、読む前から嫌な予感がしていたのですが、
やっぱり、「なんで、これで直木賞なんだよ~」という印象が。

もっと読み応えのある長編小説を多数書いているのに、
賞を与えるタイミングを逃した臭がプンプン。

普通に読んでいれば、相応に面白いと思える短編集だと思います。
心療内科通いで現場から遠ざけられている主人公という設定が
上手く生かされている作品になっていると思います。

でも、直木賞受賞作と聞いてしまうと、
これじゃないよなぁ・・・・・と思わずにはいられません。

こういう読書になってしまうと、賞レースって、一体何なんだろうかと思ってしまいます。


廃墟に乞う (文春文庫)廃墟に乞う (文春文庫)
佐々木 譲

文藝春秋 2012-01-04
売り上げランキング : 168837

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  佐々木譲 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『サンクスギビング・ママ』
- 2014/05/29(Thu) -
佐々木譲 『サンクスギビング・ママ』(新潮文庫)、読了。

佐々木譲と言えば、警察モノが頭に浮かびますが、
本作は、アメリカをドライブしながら書き留めた風景をヒントに
小説に仕上げていったという短編集です。

へぇ~、こんな作品も書くんだ~ というのが最初の印象。

創作プロセスから、当然、アメリカを舞台にした作品が多いのですが、
冒頭に収められた表題作「サンクスギビング・ママ」が良かったです。
ほんの一時のNYの風景を切り取っただけなのに、
感謝祭の日という晴れやかさと、その祝いの輪に上手く入れない面々。
その対照性を、カラッとした筆で淡々と書いていくところが良いです。

他にも、「氷雨のフリーウェイ」「サンタフェまでの距離」などが面白かったです。

淡々とした描写なので、
作品の世界観にぐーっと入っていける感覚は味わえないのですが、
世界のどこかに、こういう出来事を体験している人が居るんだなという
存在感を感じられる短編集でした。


文庫 サンクスギビング・ママ (扶桑社文庫 さ 17-1)文庫 サンクスギビング・ママ (扶桑社文庫 さ 17-1)
佐々木 譲

扶桑社 2008-06-28
売り上げランキング : 793649

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  佐々木譲 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『警察庁から来た男』
- 2012/11/30(Fri) -
佐々木譲 『警察庁から来た男』(ハルキ文庫)、読了。

『笑う警官』の続編。
単なる、登場人物たちが同じという意味での続編かと思いきや、
事件自体が前作から連綿と続いています。
どこまで腐敗してるんだ、北海道警!って感じです(苦笑)。

前作であれだけ世間を騒がせた腐敗事件を起こしておきながら、
その後も、本作のような組織的な犯罪機構が、そのまま道警の中に維持されていたというのは
ちょっと楽観し過ぎだろうと思いましたが、
それでも、ストーリーテリングの力で、楽しく読めました。

各キャラクターの配置が、絶妙なんですよねー。

今回も、事件の真相に辿り着くまで、正味3日間。
このスピード感が、ぐいぐい読ませてくれる原因の一つなんでしょうね。

佐々木作品、他にもどんどん読んでいきたいです。



警察庁から来た男 (ハルキ文庫)警察庁から来た男 (ハルキ文庫)
佐々木 譲

角川春樹事務所 2008-05-15
売り上げランキング : 84297

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  佐々木譲 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
『笑う警官』
- 2012/09/06(Thu) -
佐々木譲 『笑う警官』(ハルキ文庫)、読了。

北海道警の不正事件の余波として、
1人の警察官が同僚殺しの罪を負わされ、射殺命令までもが出る事態に。
かつて、おとり捜査で彼とタッグを組んだ主人公は、濡れ衣を晴らすために
仲間とともに真相究明に乗り出す・・・・。

与えられた時間は、翌日の10時まで、十数時間しかない状況で、
真犯人逮捕と疑われた警察官の身を守り通すという2つのテーマが与えられます。
この、時間とのせめぎ合いの中で、テンポ良く物語が展開していくので、
一気に読むことが出来ます。
ただ、十数時間で型をつけるために、あまりに早急に真相に辿り着いてしまう感はありますが。

ラストの展開の慌しさも、
主人公の指示のもとに事態が刻一刻と変わっていくので、
一緒に場面をコントロールしているような気持ちを味わえます。

というわけで、読書としては十分に楽しめました。
ただ、ストーリーで、いくつか疑問点も。

そもそも射殺命令って、すご過ぎません???
いくら組織のために生きる警察官とはいえ、見つけたら撃て、しかも同僚を・・・
というのは、ちょっと日本では受け入れにくいのではないかと感じました。

細かい行動判断についても、真犯人を、ある種自由にしてしまう対応は疑問でした。
(その後の展開は十分に予想できたはずです)
それと、裏切り者の動機がいまいちピンと来ませんでした。
一種の保身なのかと思いきや、そうでもなさそうですし・・・。
ま、当人に本文中であまり言い訳をさせていないので、何とも分かりませんが。

あと、時々、場面が変わるときの最終の一文で、
思わせぶりなことが書いてあるのに、結局、何も意味をしないところがあって、
無駄に誘導しようとしているような印象を受けて、やや、そこはイラッとしました。

登場人物の一人が、携帯電話で話している場面を描き、電話相手の会話文を載せずに
「弟さんに・・・・ということを連絡したのだろう」という一文で締めると、
誰か他の人に電話をしていたようにも邪推できます。

これを章の最後にもってこられると、気になって仕方ありませんでした。
でも、後ろのどこにも繋がらず、弟さんに電話していただけという真実。
あんまり思わせぶりな文章を散りばめないで欲しいなぁ。

ま、でも、全体としては、楽しめました。


笑う警官 (ハルキ文庫)笑う警官 (ハルキ文庫)
佐々木 譲

角川春樹事務所 2007-05
売り上げランキング : 96014

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  佐々木譲 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
『制服捜査』
- 2010/05/23(Sun) -
佐々木譲 『制服捜査』(新潮文庫)、読了。

最近は、面白い警察小説を描く作家さんがどんどん出てきていますね。
この作家さんの作品は初めてだったのですが、案に違わず一気読み。

北海道十勝地方の人口6,000人の町が舞台。
そこに新たに赴任されてきた駐在さんが主人公。

この駐在さんが赴任してくる背景が興味深い。
数年前に大問題になった裏金問題を始めとする北海道警の数々の不祥事。
この再発防止策として道警が実施したのは、長期勤務者の一斉異動。
これによりベテラン刑事は異動を余儀なくされ、
各署の現場力は一気にダウンしたという。

実際に発生した事件を物語の背景に上手くとり込み、
非常に説得力のある舞台装置にしています。

また、「駐在さん」という立場での事件への関与の仕方も新鮮です。
事件捜査の中心には立てず、あくまで本隊が到着するまでの場つなぎ役。
その後も、思いつくことがあっても、捜査の中枢に意見することが困難な立場。

作品の作り方としては、駐在さんの役割を超えて大活躍させるという
選択肢もあるでしょうが、本作では、あくまで組織の一員として、
主人公には分相応の動きをさせるにとどめます。
この現実的な判断が、背景にある道警の現実の問題ともリンクして、
作品全体のリアリティを非常に実感のあるものにしていると思います。

リアリティという面で一つ難があるとすれば、
こんな小さな町で大きめの事件が起こりすぎだろう・・・という点ですが、
そこは、解説でも裏事情が紹介されていました。
これは、やむなしですね。

でも、無暗に大きな事件が立て続けに起こるわけではなく、
事件の内容は、町のサイズに合っていたと思います。
ただちょっと、それらが連続して発生するというだけで(苦笑)。

いずれにしても、非常に面白く読める作品でした。
たくさん作品を出されている作家さんのようですので、
頑張って読んでいこうと思います。


制服捜査 (新潮文庫)
制服捜査 (新潮文庫)
おすすめ平均
starsもったいない、一気に読んでしまった。
stars味のある警察小説、お薦めです
stars安心して読める警察小説
stars警察小説の秀作
stars身近な名前

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ
この記事のURL |  佐々木譲 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
| メイン |