FC2ブログ
『ザ・エージェント』
- 2019/02/26(Tue) -
『ザ・エージェント』

アメリカのスポーツ・ビジネスにおけるエージェントが主人公ということだったので、
切った張ったの一流エージェント同士の駆け引きが見られるのかと思いきや、
恋愛要素の方に傾いていってしまい、私的には面白くなかったです。
まぁ、トム・クルーズの相棒役がレニー・ゼルウィガーという時点で、
その展開は見えていたのですが・・・・・。

大手代理店に勤務し、多くのエージェントを担当していた主人公は、
その金儲け第一主義な業務内容に嫌気がさし、
全米のエージェントが集まる会議の会場で、業界の改革案をぶち上げます。
・・・・・・・当然、クビ。
しかも、担当顧客も失って一文無しの状態に。

ここからラブコメ路線まっしぐら。
私が見たかったビジネスコメディは、クビ直後のクライアントの奪い合いのシーンで
若干見られたものの、主人公は情緒に訴えかけるだけで説得力なし。
そりゃ、みんな、組織力と資金力のある代理店の方に流れますわなぁ。

この前半の流れで、私の中では、主人公は実績の伴わない
自信過剰なエージェントという風に格付けされてしまったので、
共感できず、応援する気にもなれず。

レニー・ゼルウィガーは、イメージ通りの、
ちょっと空気の読めない芋っぽい女の子そのものの役で、目新しさなし。

そんな2人がビジネスでコンビを組んでも上手くいくわけがなく、
また私生活でカップルになっても、明るい未来が待っているわけでもなく。
唯一クライアントとして残ってくれたNFL選手も落ち目な感じで、
なんだか閉塞感・・・・・・と思っていたら、最後は起死回生のラッキーな展開で
全てが丸く納まるというラブコメ路線大爆発。

うーん、もうちょっと社会派の要素を入れてほしかったなぁ。




この記事のURL |  トム・クルーズ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『TAPS』
- 2018/03/24(Sat) -
『TAPS』

米軍の陸軍幼年学校における青春劇・・・・・って、全然興味が湧かないテーマ(爆)。
実家にあるDVDをブックオフに売ってしまえということで、
一応、見ておこうかな・・・・・という程度で見始めました。

結果、話についていけず。

冒頭、陸軍幼年学校の様子が、卒業式の日を軸に描かれていきますが、
そもそも、この世界観に入っていけませんでした。
やっぱり、軍隊っていう空間は、その国の文化が凝縮されてますよね。
ちっとも素敵な世界に見えなかったです。
もしこれが、防衛大学校の卒業式だったら、もっと気持ちを込めて見れたと思うのですが。

実はこの陸軍幼年学校、廃校が決まっており、あと1年の運命。
その事実がオープンにされた卒業パーティの夜、地元のチンピラたちとトラブルを起してしまい、
不運な事故から死者が出る羽目に。
ショックを受けた校長は心臓発作を起こし、
校長を尊敬していた生徒たちは、学校に立て籠もることに・・・・・・って、おーい!

この展開がどうにも理解できなかったのですよ。
なぜそこで武装蜂起なのか。
確かに校長はスピーチ内で、廃校に対して戦おう、抵抗しようと呼びかけていましたが、
かと言って、武装蜂起することで問題が解決するとはとても思えません。
優秀そうなモアランド少佐のする判断が、こんな内容とは・・・・・。
反発する生徒がドワイヤーぐらいで、みんな同調してしまうという幼さが怖いです。

校長の学校に対する愛が歪んでいるなら、
生との校長に対する愛も歪んでおり、
こんな思想の人たちが米国陸軍を形成しているのかと思うと、
ちょっと引いてしまいました。

俳優陣としては、
主人公のティモシー・ハットンという役者さんは恥ずかしながら知りませんでしたが、
若き日のトム・クルーズやショーン・ペンが出ていて、光ってました。

トム演じるショーンは、血気盛んというか、好戦的な軍人を描いており、
その狂気が恐ろしかったです。
上手く演じていたということなのでしょうが、気味の悪さが後味悪かったです。
ショーン・ペンは、雰囲気に飲み込まれていく生徒たちの中で
冷静に状況を見ているドワイヤーで、格好良かったです。

アメリカ人が見たら、もっと楽しめる映画なのでしょうかね。
私は、米軍への不安が募ってしまう映画となってしまいました。


タップス [Blu-ray]タップス [Blu-ray]

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2017-07-05
売り上げランキング : 6990

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この記事のURL |  トム・クルーズ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『M:I2』
- 2012/11/03(Sat) -
『M:I2』

大ヒット映画でございますが、
なんだか、しらけてしまいました・・・・。

だって、アクションの動き、変ですよ。
OPのグランドキャニオン的な場所でのロッククライミング。
滑落しそうになってから体勢を立て直すまでの動き、不自然過ぎでしょう(苦笑)。
少なくとも、あんな手順で体勢立て直すなんて、判断おかしいでしょ。リスキー過ぎ。

OPでリアリティの無さにひいてしまったため、
その後のストーリー展開にも付いていけず・・・。

その道具便利過ぎだろとか、変装なんでもありかよとか、
1つ1つに突っ込みたくなってしまいますが、
何よりも凄かったのは、ストーリーの薄っぺらさ。

スパイものにあるべきサスペンス要素がゼロですよ。
最初に、悪役の計画を見せておいて、実は裏にはこんな悪巧みが・・・・
という展開なのかとやや期待したのですが、私がバカでした。

トム・クルーズの過剰な演技とジョン・ウーの過剰な演出に胃もたれ。

この舞台設定&キャスティングにジョン・ウーは合わないだろうに、
なぜ、オファーしちゃったんでしょうか・・・。



M:I-2 [DVD]M:I-2 [DVD]

パラマウント ジャパン 2003-03-07
売り上げランキング : 42292

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この記事のURL |  トム・クルーズ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『コラテラル』
- 2007/10/21(Sun) -
『コラテラル』(2007年10月21日EX放送)、視聴。

意外と面白かったです。
テンポよく物語が進んでいくし、
面白いカットもあって、観ていて楽しかったです。

トム・クルーズの悪役、「クールでカッコいい・・・」
という前に、「やっぱトム・クルーズって、頭デカイよなぁ」なんて
余計なことを思ってみたり。

ターゲットおよびターゲットの障害となるものに真直ぐに銃口を向け、
躊躇いなく引き金を引く。それも2度3度。
殺し屋の冷酷さが、さすがサマになってます。

タクシー運転手マックスが殺人事件に巻き込まれ、
次第に性格が変わっていく様子も見せてくれます。

俳優2人のぶつかり合いが、よい作品に仕上がっていたと思います。


コラテラル スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
コラテラル スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]スチュアート・ビーティー

おすすめ平均
stars殺しがタクシーに乗ってやってくる
stars銀髪のかっこよさ
stars配役が逆
stars幼稚な監督
starsヒットマンとタクシードライバーのコンビネーションが見もの。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

この記事のURL |  トム・クルーズ | CM(0) | TB(2) | ▲ top
『カクテル』
- 2007/05/04(Fri) -
『カクテル』(2007年5月4日 Movie Plus放送)

実家に帰ると、ケーブルテレビが見られるので、テレビ三昧です。
朝起きたら、『カクテル』をやっていたので、
ぼーっと観てました。

トム・クルーズ、若いねー。
物語は単純明快なんだけれども、
カクテルを作っているシーンを見ているだけで楽しめます。
かっこいいね。


カクテル [DVD]
カクテル [DVD]
おすすめ平均
starsトム・クルーズの勢いを感じれる映画です。
stars若き日のトム・クルーズ
starsあの「浮き世の夢」80年代を象徴する作品 しかしB.ブラウンが体現していた気骨とは…
stars大スターと大女優の若き日の姿をどうぞ
stars現代シンデレラ物語

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

この記事のURL |  トム・クルーズ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |