『うわさの神仏 其ノ三』
- 2013/10/27(Sun) -
加門七海 『うわさの神仏 其ノ三』(集英社文庫)、読了。

『其ノ一』『其ノ二』とは別の雑誌に掲載されたものということで、
1か所あたりの文章量がぐっと減ってしまっているのは物足りない。

しかし、東京の神仏関係および怪しの場所について書かれているので、
行ったことがある場所や、気になっていた場所が盛りだくさんで、
東京在住者には面白い本です。

わたくし、霊感なるものは全くないので、
普通にビビりなだけで、「見た」とか「感じた」という経験はありません。
ただ、ふと通り過ぎた場所にある神社仏閣に、
「せっかくだからお参りしておくか」という気持ちになることはしばしば。
むしろ、「気になったからにはお参りしておかないといけないかな」という
義務感のような、罰が当たると嫌だなというような気持ちがムクムクと湧き上がる時があります。
これって、もしや、そこに祭られている人の「気の強さ」みたいなものなのでしょうか?

ちょっと大きめの寺社に行くと、様々なものが祭られていて、
本殿以外にどこまで参拝していけばよいのか分からなくなります。
で、怖くて、結局ぜーんぶ拝むことになってしまったり・・・。

拝めばご利益が授かれるとは思うものの、拝まないと祟りがありそうな気もして、
きちんと参拝のルールや、その寺社の謂われは学んだ方が良いのだろうなぁと思いつつ、
いつも付け焼刃な知識で目をつぶってしまいます(苦笑)。


うわさの神仏 其ノ三 江戸TOKYO陰陽百景 (集英社文庫)うわさの神仏 其ノ三 江戸TOKYO陰陽百景 (集英社文庫)
加門 七海

集英社 2007-05-18
売り上げランキング : 278138

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ


この記事のURL |  加門七海 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『うわさの神仏 其ノ二』
- 2013/01/16(Wed) -
加門七海 『うわさの神仏 其ノ二』(集英社文庫)、読了。

神仏ご訪問エッセイの第2弾です。

前回は、ハイテンションぶりが目に余ったのですが、
今回はすんなりと読み進められました。
むしろ、加門流神仏の楽しみ方みたいなものが伝わってきて、
うっすらホラー要素は怖いのですが、基本的にはワクワク楽しめました。

著者の神仏もしくは霊的なものに向き合うスタンスが
それぞれの訪問記の中で何度も述べられているので、
自分が納得できたという要素が強いのかと思いました。
基本はまじめ。神仏霊の聖域を荒らさない。
でも、不思議な現象に行き当たると、本質的に期待してしまうというところ。
そして、ところどころ、おっちょこちょいなところなど。
根のところは間違っていない人だと思えるので、安心して読めるのだと思います。

京都での平安京歩き倒しツアーや、沖縄での異宗教の探索ツアー、
台湾での宗教的背景を持つ占いめぐりツアーなど、興味深く読めました。

一方で、お祭り訪問記では、お祭りという舞台を通して神仏に向き合った
奈良の春日大社のお話は面白かったですが、
御柱祭は、祭りを楽しむ方がメインになってしまってて、やや不満。

様々な形はあれど、信仰というものの純粋さや
思いの強さに心打たれるところがありました。


うわさの神仏 其ノ二 あやし紀行 (集英社文庫)うわさの神仏 其ノ二 あやし紀行 (集英社文庫)
加門 七海

集英社 2002-08-20
売り上げランキング : 28749

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  加門七海 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
『祝山』
- 2012/08/24(Fri) -
加門七海 『祝山』(光文社文庫)、読了。

先日読んだ加門ホラーが不発だったので、
評判が良さそうな本作で再挑戦。

いやー、怖いわ!

物語は、遊び感覚で肝試し行った連中が祟りを受け、
主人公がそのドタバタに巻き込まれるという至ってシンプルなものですが、
主人公が感じる恐怖の感覚をじっとりと描いていて、先を読むのが怖いんです。

肝試しに行ったみんながどんどん加速度的におかしくなるのではなく、
時々おかしくなるというのが、またリアリティがあって怖い。
何が現実なのか、境目が分からなくなる感覚があります。

主人公の立場を使って、心霊現象や肝試しといったものへの
著者の強い思い、主張が冒頭から書き込まれていて、
最初は、随分と肩に力が入ってるなーと邪魔に感じたのですが、
その信念が、物語の展開とともに土台になっていく感じで、
次のページをめくる後押しになっていました。

あと、先日読んだ別の作品でも感じたのですが、
加門ホラーは「異臭」「悪臭」というのが印象に残ります。
他のホラー作品は分からないので比較は出来ませんが、
目に見えないけど臭いだけが漂ってくるというのは、
想像力を掻き立てる怖さがありますよね。

「著者の実体験を下敷きにした・・・」って裏表紙には書いてありますが、
どこまでは実体験なのでしょうか・・・。
こんな騒動に巻き込まれるなんて、御免だわー。


祝山 (光文社文庫)祝山 (光文社文庫)
加門 七海

光文社 2007-09-06
売り上げランキング : 43744

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  加門七海 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『203号室』
- 2012/08/12(Sun) -
加門七海 『203号室』(光文社文庫)、読了。

夏真っ盛りですね~、というわけで、珍しくホラーに挑戦。

ホラー作品は読みなれていないので、
この作品が王道なのか異色なのかの位置づけも分からないまま読みましたが、
素人目には、あまり面白くありませんでした。

「何が原因で」もしくは「何が目的で」この怪奇現象たちが起きていたのか
最後までさっぱり分からず・・・・・。
論理的な背景説明が無い小説は、読みにくくって苦手です。

怖がってばかりいた主人公は、
終盤になって、この怪奇現象を起こしている「何か」について
彼女なりの結論を出しているのですが、なんでそんな発想になるのか理解できず。
あまりの急な頭の切り替えに、こちらはついていけませんでした。

怪奇現象も、確かに1つ1つは怖いのですが、
似たようなことの繰り返しで、何かが迫ってくるような圧迫感を
あまり感じることがありませんでした。

うーん、納涼の読書にはならず・・・残念です。


203号室 (光文社文庫)203号室 (光文社文庫)
加門 七海

光文社 2004-09-10
売り上げランキング : 666905

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ
この記事のURL |  加門七海 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『うわさの神仏』
- 2012/04/12(Thu) -
加門七海 『うわさの神仏』(集英社文庫)、読了。

タイトル買いしてきた一冊。

ホラー作家の加門七海さんが、
神社仏閣や、その周辺領域の話題で盛り上がりまくるエッセイ。

ちょっと、作者のテンションが高過ぎて、
最初は文章についていけなかったです。
文体が軽すぎる感じを変に狙っているような印象を受けるところも
鼻につきました。

でも、取り扱っているテーマが、
仏教や神道の本筋ではなく枝葉末節の面白話なので、
内容的には興味深かったです。

後半の神社仏閣街歩きレポは、
前半よりもテンション抑え目で読みやすくなったので、十分に楽しめました。

ただ、さすがホラー作家なだけあって、
単なる神社仏閣めぐりではなく、ある意味、祟りスポットめぐりです。
怖いのなんの!

ご丁寧に写真まで載せられていて、
夜、寝る前に読むのは、しんどかったです。
途中で、なんだか気になって、一度お経をあげてしまいました(苦笑)。

この方の本職のホラー作品
実は、買ったものの、ずーっと積読状態になってるんです。
こんなエッセイ読んでしまったら、怖くて、ますます手が付けられない・・・・。


うわさの神仏 日本闇世界めぐり (集英社文庫)うわさの神仏 日本闇世界めぐり (集英社文庫)
加門 七海

集英社 2001-06-20
売り上げランキング : 61571

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  加門七海 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |