『近代化と世間』
- 2015/04/18(Sat) -
阿部謹也 『近代化と世間』(朝日新書)、通読。

お、アベキン先生の新書だ!と思って
軽い気持ちで買ってきたら、かなり難解な内容でした・・・・。

なんだか、最近、「新書=サクッと読める」と思ってしまいがちですが、
私が大学生の頃は、新書は心して読まないと読み通せないものでした。
そういう意味では、骨のある昔ながらの新書です。

「世間」についての話は、
日本社会についての話が中心になるので、興味を持って読めるのですが、
ヨーロッパ社会の話となると、なかなか自分自身に引き寄せて読むことができず、
苦労してしまいました。というか、読み流してしまいました。

冒頭に、フーコーの「個人の成立」についての考え方を
アベキン先生なりに紹介しているパートがあり、そこは「なるほどぉ」と感じ入りました。
アベキン先生によるフーコー解説を読んでみたいなぁという気持ちになりました。


近代化と世間―私が見たヨーロッパと日本 (朝日新書)近代化と世間―私が見たヨーロッパと日本 (朝日新書)
阿部 謹也

朝日新聞社 2006-12
売り上げランキング : 423275

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  阿部謹也 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『中世の星の下で』
- 2012/02/12(Sun) -
阿部謹也 『中世の星の下で』(ちくま文庫)、通読。

この作品は、エッセイ集ということになっていますが、
エッセイのテーマが、中世ヨーロッパにおける石の話や橋の話など、
かなりマニアックで、ちょっと読むのに苦労しました。

なかなか興味を振り向けるのが難しかったです。
自分の生活との距離感が掴みにくくて・・・・・。

というわけで、今回は、ざっと読み流すのにとどまりました。


中世の星の下で (ちくま文庫)中世の星の下で (ちくま文庫)
阿部 謹也

筑摩書房 1986-12
売り上げランキング : 505088

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  阿部謹也 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『日本社会で生きるということ』
- 2011/11/19(Sat) -
阿部謹也 『日本社会で生きるということ』(朝日新聞社)、読了。

「『世間とは何か』を読まねば!」と言いながら、別の講演録に手を出してしまいました。
飲み会の前の時間つぶしに、新橋の古本屋を覗いたら、100円で見つけてしまったのです。
サラリーマンの街で、こんな本に出会うとは・・・。

内容は、世間というものについて語っているので、
『世間とは何か』を、さらに噛み砕いて説明している入門書だと思います。

講演録ということで、耳で聞いて理解できる平易な説明になっていることに加え、
経世会などの時事ネタも盛り込まれており、
理解しやすいとともに、面白い!

講演録は、文字にするとつまらないものも多いと思うのですが、
アベキン学長の話は面白いんです。
一般人に向けて、自分の研究を語って聞かせるだけの伝達力を持っている
素晴らしい学者だと改めて感じました。

そして、早く、『世間とは何か』を読まなければ!!


日本社会で生きるということ日本社会で生きるということ
阿部 謹也

朝日新聞社 1999-03
売り上げランキング : 555539

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「世間」とは何か (講談社現代新書)「世間」とは何か (講談社現代新書)
阿部 謹也

講談社 1995-07-20
売り上げランキング : 59293

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  阿部謹也 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『世間を読み、人間を読む』
- 2010/01/06(Wed) -
阿部謹也 『世間を読み、人間を読む』(日経ビジネス人文庫)、読了。

たまたま100円で見つけたので買ってきました。
我らが学長アベキンです。

懐かしいなぁ・・・ぐらいの感覚で手に取ったのですが、
内容の面白さに引き込まれました。

「読書論」の部分が非常に興味深かったです。
本を読むという狭い意味での読書論ではなく、
いかに世の中と向き合い、世の中で自分を位置付けるか、
そういう大局観をもった論旨に、なるほどぉと唸らされました。

ちゃんと、『世間とは何か』も読まなければいけないですね。

それから、文章が非常に読みやすいということも再認識しました。
学者然とした難解な言葉の羅列ではなく、
日常生活を語るような語彙で、哲学的な問題をもやさしく説明してくれます。
この才能は素晴らしいものだと思います。
学長挨拶とか、もっとちゃんと記憶しておけばよかったなぁ。

『ハーメルンの笛吹き男』も読み返してみないといけないですね。
きっと新たな面白さを楽しめるはず!


世間を読み、人間を読む―私の読書術 (日経ビジネス人文庫)
世間を読み、人間を読む―私の読書術 (日経ビジネス人文庫)
日本経済新聞社 2001-10
売り上げランキング : 447163

おすすめ平均 star
star新たな視点の発見に・・・
starなるほど・・・

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「世間」とは何か (講談社現代新書)
「世間」とは何か (講談社現代新書)
おすすめ平均
stars周りに合わせなければと、強迫観念にとらわれている人に。
stars『世間』の歴史
stars東西の個人と社会そして「自由・平等・平和」の成り立ち
stars世間は何かは人それぞれ
stars「世間」は空気のように見えない、感じない

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ハーメルンの笛吹き男―伝説とその世界 (ちくま文庫)
ハーメルンの笛吹き男―伝説とその世界 (ちくま文庫)
おすすめ平均
stars歴史の研究は、常に物言わぬ群衆を見据えていなければならない。
stars世界に誇れる研究
stars良書とはこういう本です
stars読み物としても楽しめる一冊
stars想像力をかきたてられた

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



にほんブログ村 本ブログへ
この記事のURL |  阿部謹也 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『私の死亡記事』
- 2006/06/11(Sun) -
文藝春秋編 『私の死亡記事』(文春文庫)、読了。

各界の著名人が存命中に自身の死亡記事を創作するという試み。
発想は非常にユニークだったのですが、
人によって出来不出来がはっきりしすぎていて、
一冊の作品としては及第点レベルぎりぎりといったところでしょうか?

文藝春秋からの依頼文書に
「既成の死亡記事の形式にこだわる必要もなく」
とあるためか、手紙形式だったり依頼を受けたときの感想だったり・・・
ご当人は自分らしい工夫を凝らされたつもりなのでしょうが、
「本人による『死亡記事』」という企画趣旨を解していないものは
やはり失格ではないでしょうか?

依頼の時点で、フォーマットをきちんと定めて、
敢えてガチガチの制限がかかる中で、
各人物がどれだけ個性的な死亡記事を書けるかを競わせたほうが
面白かったと思います。
(まぁ、こんなルールだと出来不出来が余計に目立つかもしれませんが)。

本作品を読んで、有名作家といえども、
パロディやパスティーシュが出来るわけではないんだなと学びました。
清水義範氏は、やはり凄い!

そして、さらに厭味を加えるならば、
死因を「事故死」「自殺」「失踪の末遺体で発見」等と
書かれている方が相当数いらっしゃるのですが、その死因が似合う人と、
「何格好つけてんだ?!」と思う人とに分かれました。
「あんたは病院の高級個室でチューブ人間となって生きながらえるんでしょ?」
という反感が湧いてきたりして。

ちなみに、久々に阿部謹也先生のお名前を拝見し、
アベキンを自分の中で「過去の人」のカテゴリーに
入れてしまっていたことに気づいて驚きました。
結局、『ハーメルンの笛吹き男』しか読んでいません。
入学式で学長として式辞をもらっているのですから、
もう少し愛着があってもいいものですかね。


私の死亡記事
私の死亡記事文芸春秋 文春=

文藝春秋 2004-12
売り上げランキング : 66448

おすすめ平均 star
star中身はこんな方々です。
star人選が……
starユニークな試みではある

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ハーメルンの笛吹き男―伝説とその世界
ハーメルンの笛吹き男―伝説とその世界阿部 謹也

筑摩書房 1988-12
売り上げランキング : 52332

おすすめ平均 star
star史実と伝説のあいだ
star名探偵登場
star結局真相は闇の中…。しかし…。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  阿部謹也 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |