『男性誌探訪』
- 2014/06/08(Sun) -
斎藤美奈子 『男性誌探訪』(朝日新聞社)、読了。

斎藤美奈子女史が、世の中の男性誌をバッタバッタと斬りまくる。
あぁ、哀れ、男性誌たち、そして、その読者たち。
でも、斬り捨てられるだけでなく、ちょっと愛らしいなという気持ちも湧いてくる不思議さ。
これが上手い批評の姿なんでしょうね。

誌面上の特徴をさらうだけでなく、
編集方針の裏側に潜む潜在的な思想や編集部に課された制約まで
いろいろと想像を巡らしており、それがまた当たってそうなんです。

一見20代の男性をターゲットにしていそうだが、実は作る側も読む側も団塊崩れだろうとか、
他人との違いを目指したい男たちに向けたその実はマニュアル本だとか、
御託を並べても結局はエロだとか、
まぁ、いろんな角度からツッコんでます。

一部の雑誌編集部からはクレームが入ったようですが、
概ね、「良くぞここまで読み込んでくれた!」と喜んでる編集部の方が多そうですね。
ま、シャレが通じるだけ、風通しの良いところはありそうですね。

本作は、女性誌探訪連載の続編の連載だったようですが、
女性誌よりは男性誌の方が、はるかに興味深い世界観を作り上げていそうな気がします。


実録 男性誌探訪実録 男性誌探訪
斎藤 美奈子

朝日新聞社 2003-12-12
売り上げランキング : 1049559

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  斎藤美奈子 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『それってどうなの主義』
- 2011/11/07(Mon) -
斎藤美奈子 『それってどうなの主義』(白水社)、読了。

書評ではない斎藤エッセイに挑戦です。

世の中の様々な出来事に対して、何か変だなぁ・・・・・と感じたときに、
「それってどうなの?」とつぶやいてみるというもの。

目の付けどころは、やはり面白いものが多いです。
なるほどね、そういうところに違和感を感じるんだ・・・という新しい視線もあれば、
あぁ、この手の話に感じる違和感というのは、これが原因なんだ・・・と目からウロコも。

ただ、紙面の関係か、「それってどうなの?」というつぶやきで終わってしまうケースも多く、
で、どうしたいの?という答えが見えてこない場合、
ちょっと食い足りない感じも残ります。

書評のときは、批評の対象となるのが一冊の本なので、
バシバシ斬り込む過程で結論が見えてきたのですが、
このエッセイでは、斬り付ける対象が大きなテーマの場合、
ちょっと締め方の座りが悪い(言いっぱなしの感じ)ときがありました。

ま、答えを出すのはこの本の主題でないので、つぶやいた時点で公約達成なのですが。

総括としては、面白い一冊でした。


それってどうなの主義それってどうなの主義
斎藤 美奈子

白水社 2007-02
売り上げランキング : 491146

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  斎藤美奈子 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『読者は踊る』
- 2011/06/30(Thu) -
斎藤美奈子 『読者は踊る』(文春文庫)、読了。

斎藤美奈子女史による書評集。
いつものとおり、真っ向勝負で、気持ちよいです。

特に、世間みんなが褒めている本(≠売れている本)への
冷静な斬り込みが素敵です。

それにしても、この方の読書の幅の広さには恐れ入ります。
タレント本から「複雑系」まで。
難解な本を取り上げても、何らかの意見をつけられるほどに
読み込めることには、感嘆してしまいます。

読書術の本も書いてほしくなりました。


読者は踊る (文春文庫)読者は踊る (文春文庫)
斎藤 美奈子

文藝春秋 2001-12
売り上げランキング : 246029

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  斎藤美奈子 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『誤読日記』
- 2011/02/21(Mon) -
斎藤美奈子 『誤読日記』(朝日新聞社)、読了。

清水センセの本でお名前を知った斎藤美奈子さん、
ずーっと気になっていましたが、やっと著作を100円で入手。
さっそく読み始めたら、止まらずに夜更かしして読んでしまいました。

最初の章がタレント本の批評から始まったので、
「おっと、B級グルメツアー系なの?」とちょっとたじろぎましたが、
後半になるにつれて、文学賞受賞作品などの章も出てきて、
自分の読んでいるフィールドに近づいてきたので、楽しめました。

自分が面白いと思っていた本がバッサリ斬られてた・・・てなことは無く、
結構、自分の感覚と近い感想が並んでいたように思います。

ただ、文芸評論家として、ここまでバッサリと切って捨てる文章を
堂々と雑誌に載っけてしまう度量は、すごいと思いました。
ある意味、読んでいて気持ちがよいです。

一方で、お仕事とはいえ、下らないと分かっている本を読まねばならないのは、
私だったら耐えられない苦痛だろうな・・・と感じてしまいました。
タレント本とか、純愛ものとか、ケータイ小説とか。
きっと半分も読めないと思います。

ただ、この食わず嫌いが勿体ないことも承知しています。
この作品でも、タレント本の意外な面白さを発掘したりしています。
なるべく雑食性でいたいとは思うものの、
買う時に、ゲテモノと掘り出し物を見分ける力を身につけたいですね。


誤読日記誤読日記
斎藤 美奈子

朝日新聞社 2005-07-15
売り上げランキング : 374627

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ
この記事のURL |  斎藤美奈子 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |