『レヴォリューションNo.3』
- 2014/11/07(Fri) -
金城一紀 『レヴォリューションNo.3』(角川文庫)、読了。

新宿区にある、とあるオチコボレ男子校のハチャメチャ集団
ザ・ゾンビーズが繰り広げる冒険活劇!

近所のお嬢様高校の文化祭はチケット制。
そこにお呼びのかからないオチコボレが参加するには、
「出前作戦」か、はたまた「ええじゃないか作戦」か、
とにかく奇想天外な展開で先生の正門警備を突破するしかない!

「ええじゃないか作戦」だけでも、十分、面白いお話になりそうなのに、
そこは、昨年の出来事としてさらっと書き終えてしまい、
今年の作戦をどうするかに行を費やすという、
なかなか太っ腹なネタの使い方が、却って気持ちよかったり。

最初、オチコボレ高校という舞台設定と、
ザ・ゾンビーズの作戦を練り、集団を統率し、鼓舞する主人公や、
刑法を滔々と解説できる友人、教室で西田幾多郎を読んでいる友人といった
頭の良い面々のキャラクターとがミスマッチな印象を受けたのですが、
それぞれのバックグラウンドが分かるにつれて、物語に馴染んできました。
逆に、彼らの斜に構えた世界の捉え方が興味深く思えました。

重い病気に罹り、みんなの前では気丈に振舞いながらも主人公には弱気な面を見せる友人や
とにかく神がかり的な引きの悪さで周囲を和ませる友人など
脇役たちも素敵な面々です。

彼ら個々人が抱える問題をどう解決し、
乗り越えていくかというテーマもありますし、

僕たちの育った時代に、ベトナム戦争とか学生運動みたいに分かりやすいことがあったら、
わざわざ理由なんて説明しなくて済むんですけどね。

というように、世代として抱えている悩みもあり、この2行には、私も大きくうなずきました。
世代としての共通の体験がないということは、結構、空洞感を覚えます。

本作の主人公は、「トラブルに首を突っ込む」という形で、
この空洞な感覚を埋めようとしてますが、自分も、仲間とバカ騒ぎをするという形で
埋めようとしているのかなぁと思ってしまいます。
なかなか解決が難しい問題なのです。


レヴォリューション No.3 角川文庫レヴォリューション No.3 角川文庫
金城 一紀

KADOKAWA / 角川書店 2008-09-25
売り上げランキング : 11971

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  金城一紀 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『フライ、ダディ、フライ』
- 2011/10/21(Fri) -
金城一紀 『フライ、ダディ、フライ』(角川文庫)、読了。

娘に暴行を加えた高校生ボクサーに復讐するため、
父は、高校生グループにけんかの仕方を教えてもらう・・・・。

ストーリーはシンプルなのですが、
なんだか、要所要所が雑な感じがして、あまり楽しめませんでした。

娘が暴行を受けた経緯が、あまりに唐突だし、
その事件をきっかけに娘が父親への不信感を抱いたにも関わらず、
父と娘の何らの対話もなしに不信は溶解していくし、
在日の要素も取ってつけたような感じ。
主人公が朴を殴ったシーンも、読んでいて受けた印象と
その直後に主人公が言い訳する流れとが、とてもアンマッチに感じました。

南方をはじめとする高校生グループは、
キャラクターとして面白く出来たと思うのですが、
物語の中での使い方が下手で、活かせていません。

なんだか、とっても残念な出来でした。


フライ,ダディ,フライ (角川文庫)フライ,ダディ,フライ (角川文庫)
金城 一紀

角川グループパブリッシング 2009-04-25
売り上げランキング : 60759

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  金城一紀 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『対話篇』
- 2010/08/19(Thu) -
金城一紀 『対話篇』(新潮文庫)、読了。

何も考えずに気楽な気持ちで読み始めたら、
一気に引き込まれていました。

これは面白かった!

不思議な縁に縛られた青年、
末期ガンに冒された青年、
頭の中の血管に爆弾を抱える青年。

どの話も、ある種、特殊な状況下に置かれた人々が主人公で、
ややもすると「狙い過ぎだろ」「キワモノ過ぎるよ」という感想に陥りがちですが、
本作では、見事に、一人の人間の内面の葛藤に落とし込んでいて、
読み応えがありました。


対話篇 (新潮文庫)
対話篇 (新潮文庫)金城 一紀

おすすめ平均
stars対話の中から見つかる自我
starsしっとりとした物語
stars目を見開き続けること
stars置きにいく小説
stars二十歳の頃に読んでいたら

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  金城一紀 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『GO』
- 2010/05/14(Fri) -
金城一紀 『GO』(講談社文庫)、読了。

在日朝鮮人/在日韓国人が主人公の青春小説。

重いテーマなのですが、あっけらかんとした口調で主人公が語るので、
肩ひじ張らずに読むことができました。

主人公の家庭は、父親の事業が右肩下がりとは言え裕福で、
友人の加藤はヤクザの父親を持つボンボン、
彼女の桜井も父親が東大出の高給取り・・・というように、
出てくる人物たちが、あんまり悲壮な環境を背負っていない、
というより、経済的には平均以上の水準で生活しています。

だから、『パッチギ!』なんかで観たような
在日問題とは、また違った印象を受けました。

でも、この世界も、在日問題の一側面なんでしょうね。
優秀な学生である正一でさえ、人生の選択肢が非常に限られているという状況が。

主人公の杉原が、人類学や生物学のトピックスを使って描写する
民族という問題のとらえ方が、興味深かったです。

最後、思いのほか希望を持たせた展開になり、
読後感は爽やかですが、ちょっと物足りない感じもあるかも。
ただ、主人公たちの生活水準の高さからすると、
こういう平和的なエンディングのほうが似合ってるのかもしれませんね。


GO (講談社文庫)
GO (講談社文庫)
おすすめ平均
stars青臭さ
stars『いつか俺が国境線をなくしてやる』
starsつよくやさしく生きるには。。。
starsGO
stars最低

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

パッチギ! (特別価格版) [DVD]
パッチギ! (特別価格版) [DVD]井筒和幸

おすすめ平均
stars人それぞれ
stars大阪のホープ 坂口拓
starsこういうテーマは難しい・・・
stars表現する勇気
stars沢尻エリカの可愛さが光る、心熱き日本映画の傑作!!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ
この記事のURL |  金城一紀 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |