『名著講義』
- 2015/09/09(Wed) -
藤原正彦 『名著講義』(文藝春秋)、読了。

藤原センセがお茶の水大学の新入学性に対して行ったゼミの講義録です。

新渡戸稲造の『武士道』にはじまり、内村鑑三『余は如何にして基督教徒となりし乎』、
福沢諭吉『学問のすすめ』など、錚々たるラインナップです。
これを毎週のゼミに向けて読むのは、1年生では相当しんどいと思います。

なのに、さすが、あえてここに飛び込む20名は、
毎回、藤原センセと対話ができる程度に読んだ感想を携えていて、
その気合ぶりが伝わってきました。

惜しむらくは、藤原センセ対女子学生個人という
1対1の関係の対話しか生まれておらず、学生同士の議論がなかったことです。
(収録されていないだけかもしれませんが)
むしろ、この読書を経て、同年代の学生たちの間で、
どんな変化が生まれたのか、その議論を聞きたかったです。

また、当時はデフレ真っ只中で、不況にあえぎ、国家への冷めた意見が多かったせいか、
藤原センセは、かなり強い国家への思いを学生に向けて語っています。

『きけわだつみの声』では、編者の左翼思想により
収録されている手紙に偏りがあるという指摘を何度もゼミの中で行っていますが、
反対に、藤原センセの熱い国家論を、学生さんが素直に受け止めている姿も
ちょっと大丈夫かいな?と思えてしまうところも。
もう少し、批判の目も養ってから、国家論は語った方が良いのではないかと懸念しました。

藤原センセは、もうお茶の水大学を定年退官されてしまっていますが、
今の、ナショナリズムに振れているご時勢において同じゼミをやるとすれば、
藤原センセはどのような本を選ぶのでしょうか。やはり同じラインナップなのでしょうか。
そして、どんな話をするのでしょうか。また、学生さんはどういう反応を示すのでしょうか。

時代の置かれた状況で、右にも左にも大きく振れる世論ですが、
そんな中でゼミのあり方、学生さんの反応の仕方が気になった読書となりました。


名著講義名著講義
藤原 正彦

文藝春秋 2009-12-09
売り上げランキング : 192529

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  藤原正彦 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『天才の栄光と挫折』
- 2015/07/23(Thu) -
藤原正彦 『天才の栄光と挫折』(文春文庫)、読了。

正彦センセによる偉大な数学者たちの人生を紹介した本。

単なる伝記ではなく、実際に著者が、数学者の生まれ育った地や研究に没頭した地を踏んで
感じたこと、考えたことを文章にしているので、その数学者のことが立体的に伝わってきます。

そして、偉大な数学の業績を残した人物の日常生活が
意外と寂しいものであったり、周囲に評価されない時代があったりと、
後世の人間が思うような華々しい数学者が居ないことに驚きました。
公私共に素晴らしい人生を送るというのは、よほどの幸運に恵まれないと、
もしくは当人自信が心にゆとりをもって人生と向き合う覚悟がないと、
なかなか実現できないものなのだろうなと学びました。

肝心の数学者としての実績の方は、正直私の数学レベルでは
何の話をしているのかさえ、さっぱり分からないものが多かったですが、
しかし、アンドリュー・ワイルズ教授が、フェルマーの最終定理を証明するための
ヒントを思いついた瞬間を語ったシーンに触れて、ひらめきの瞬間の素晴らしい感覚を
感動的に語る言葉に、学問の面白さ、知的刺激の素晴らしさを感じました。
(私がこれまでに味わった感動とは、天地の差があるのでしょうけれど・・・・・)

こういう、偉大な人が語る、感動の瞬間というのは、
次世代の偉大な学者を生み出すために、必要な要素だと思いますし、
語り伝え、また広めていく行為は非常に有意義なものだと思います。

今、同時代の数学を研究している人の中にも、
数百年後に「偉大な数学者」として語り継がれる人がいるんだろうなと想像すると、
それはそれで夢のある話だなと思いました。


天才の栄光と挫折―数学者列伝 (文春文庫)天才の栄光と挫折―数学者列伝 (文春文庫)
藤原 正彦

文藝春秋 2008-09-03
売り上げランキング : 12832

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  藤原正彦 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『世にも美しい数学入門』
- 2011/10/13(Thu) -
藤原正彦、小川洋子 『世にも美しい数学入門』(ちくまプリマー新書)、読了。

数学の世界観を「美しい!」と表現する人には親近感を抱きます。

私の祖父は数学大好き人間。
その祖父に勉強を教えてもらっていた私は、勉強の中心が数学でした。
それも、受験勉強などではなく、単純に祖父が美しいと感じた数学を教えてもらっていました。
(今から思うと、受験競争にはマイナス作用・・・苦笑)

でも、数式の美しさや、証明が出来たときの喜びは、
やっぱり、他ではなかなか手に入れられない感動だと今でも思います。

補助線を一本引っ張ったときに視界が一気に開けた瞬間の感動とか、
うだうだ書き連ねている文章問題をたった一本の数式で表せたときの爽快感とか。
他では得られない感覚だと思っています。

清水センセによる、素人向けの分かりやすい解説も楽しいのですが、
藤原センセによる、専門家が数学の感動を分かりやすく語ってくれる機会というのも
他には代えがたい感動があります。

本作では、小川洋子さんが数学素人という位置づけながら、
数学の本質をパッと捉えて発言される様子を見て、
一流の作家は感性が違うんだということを実感しました。
これは、数学というジャンルの本質を掴む「取材力」だと思いました。

もっと数学について知りたいと知的好奇心をくすぐられる一冊でした。


世にも美しい数学入門 (ちくまプリマー新書)世にも美しい数学入門 (ちくまプリマー新書)
藤原 正彦 小川 洋子

筑摩書房 2005-04-06
売り上げランキング : 31132

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  藤原正彦 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『古風堂々数学者』
- 2009/05/20(Wed) -
藤原正彦 『古風堂々数学者』(新潮文庫)、読了。

正彦先生のエッセイは
軸がぶれず、文章も簡潔なので、非常に読みやすいです。

また、主張一本槍の堅物ではなく、
反対に、どうでもいいことばかりを書きなぐる軟弱でもなく、
良い具合にいろんな硬さのテーマがミックスされているので、
飽きずに最後まで気持ち良く読めます。

本作では、「心に太陽を、唇に歌を」という
小説風な作品も書き下ろしで入っていて、
面白かったです。
また、勉強にもなりました。


古風堂々数学者 (新潮文庫)
古風堂々数学者 (新潮文庫)藤原 正彦

おすすめ平均
stars偉人の共通点
stars大成功をおさめる数学者、またそうでない方との違い示唆
stars国語教育
stars「合理性」への厳しい批判。
stars心に太陽を、唇に歌を

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

心に太陽を持て (新潮文庫)
心に太陽を持て (新潮文庫)山本 有三

新潮社 1981-06
売り上げランキング : 35107

おすすめ平均 star
star若いうちに読んで欲しい

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ
この記事のURL |  藤原正彦 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『祖国とは国語』
- 2009/02/15(Sun) -
藤原正彦 『祖国とは国語』(新潮文庫)、読了。

相当久しぶりの正彦先生です。
『国家の品格』も未読です。

で、タイトルからして『国家の品格』と同じようなジャンルの本かな?
と思って、本作から。

最初に感じたのは、失礼ながら、
「私が正彦先生に求めてるエッセイはこういうのじゃないんだよなぁ」
ということ。

『遥かなるケンブリッジ』から先生のエッセイに入った私としては、
「身辺雑記からモノを思う」というお話が好きなんです。
日常生活における観察力の鋭さとか思考を深める手順とか。

なので、本作の「国語教育絶対論」の章のような話になると
「そんな大上段から提言しなくても・・・」と感じてしまいました。
たぶん、新聞紙上に掲載された状態で読んでいたら
「ふむふむ、ナルホド」と思っていたのでしょうけれど、
エッセイ本の中に入っていたから身構えてしまったのでしょう。

むしろ、家族のことを描いた「いじわるにも程がある」の章の方が
これぞ正彦エッセイ!と楽しめました。

「満州再訪記」は、戦争の歴史を学び直したいという思いを強くしました。


祖国とは国語 (新潮文庫)
祖国とは国語 (新潮文庫)藤原 正彦

おすすめ平均
starsやっぱ国語っすね!
stars国語が全ての学習の基礎に全く同感
stars早期英語教育への反対と「祖国とは国語」という点では,私は藤原派です。
stars国語への情熱
starsおススメいたします

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

国家の品格 (新潮新書)
国家の品格 (新潮新書)藤原 正彦

おすすめ平均
stars日本を大切にしよう
stars一部「ん?」となる所がありますが、自分は日本人だと実感する本です。
stars大衆にウケて、専門家にウケない本
stars文藝春秋の「名著講義」と併せて読むと理解できます
stars経済破綻を予言

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

遥かなるケンブリッジ―一数学者のイギリス (新潮文庫)
遥かなるケンブリッジ―一数学者のイギリス (新潮文庫)藤原 正彦

おすすめ平均
stars若々しい視点を失わない藤原氏
stars壮年数学者の英国留学体験記
starsVS ハーバードMBA留学記
starsイギリスから学ぶこと。
stars才能があったり,コネがあったりすると,いいなぁ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  藤原正彦 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
| メイン |