『美徳のよろめき』
- 2015/07/07(Tue) -
三島由紀夫 『美徳のよろめき』(新潮文庫)、読了。

タイトルは知っていたのですが、
どんな作品なのか良く分からないまま、ずーっと積読でした。

で、ようやく手に取ってみたら、不倫モノの娯楽小説でした。
もう少し社会派の内容なのかと思っていたので、
手強いかなと身構えていたのですが、読みやすい文章でした。

正直、惚れた腫れたの世界は、
あんまり小説のテーマとして好みのものではないので、
三島作品でなければ読まなかったと思いますが、
当時の日本流行語にまでなったというのですから、
衝撃を与える作品だったのでしょうね。


美徳のよろめき (新潮文庫)美徳のよろめき (新潮文庫)
三島 由紀夫

新潮社 1960-11-08
売り上げランキング : 10959

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  三島由紀夫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『行動学入門』
- 2014/11/06(Thu) -
三島由紀夫 『行動学入門』(文春文庫)、通読。

古本屋の店頭でパラパラっとめくったときに
普通のエッセイっぽかったので買ってきたのですが、
なかなかに歯ごたえのある内容でした。

大きく3つの連載が収められており、
学生運動に対する思いを書いた「行動学入門」、
ウィットに富んだ内容の「おわりの美学」、
そして、陽明学について述べた「革命哲学としての陽明学」です。
どうやら、真ん中の連載の部分をパラパラっと読んでしまったようです(苦笑)。

学生運動に関しては、著者の思いが熱すぎて、
この時代を経験した人でないと、読み取るのが大変かなと感じてしまい、
流し読みで終わってしまいました。

「おわりの美学」は、皮肉のこもった文章で、面白おかしく読めました。

陽明学は、思想自体に詳しくなく、
また、さほど興味も持っていない分野だったので、
結局コレも流し読み・・・・・。

三島作品は、油断できません・・・・・。


行動学入門 (文春文庫)行動学入門 (文春文庫)
三島 由紀夫

文藝春秋 1974-10-25
売り上げランキング : 39373

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  三島由紀夫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『宴のあと』
- 2011/06/23(Thu) -
三島由紀夫 『宴のあと』(新潮文庫)、読了。

「プライバシー裁判」で教科書にも載ってしまうような作品ですが、
そんな下世話な話を抜きにして、小説として面白かったです。

まず、何よりも文章が読みやすい!

どうにも、私は、三島作品に対して心理的距離を感じているようで、
いつも作品を読むたびに「意外と読みやすかった」という変な印象を持ってしまうのですが、
本作でも右に同じくでした(苦笑)。

都知事選に打って出た、いわゆる「一昔前の偉人」が、
政治という世界の価値観を掴むことができずに、落選してしまいます。

そんな男の妻として選挙を戦い、料亭の女将として金銭的にも支援し、
選挙に敗れた後は、その敗戦処理をいかにも「政治的に」行う手腕を見せる主人公。

この対比が、非常に面白かったです。

そして、決して、政治の世界の理屈が分かっているわけではないのに、
女将としての肌感覚や、人間を見極める目を持っていることで、
いっぱしの政治感覚を本能的にもっているところが、興味深く感じられました。

特に、この女将の目を通して評価される「老人」や「男」というものの
冷静な分析は、非常に面白かったです。

やはり、一時代を築いただけあって、三島作品は面白いです。


宴のあと (新潮文庫)宴のあと (新潮文庫)
三島 由紀夫

新潮社 1969-07
売り上げランキング : 14982

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ


この記事のURL |  三島由紀夫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『潮騒』
- 2006/10/26(Thu) -
三島由紀夫『潮騒』(新潮文庫)、読了。

相当久しぶりに三島由紀夫作品を読んだのですが、
物語の中身云々の前に、
「こんなに読みやすい日本語を書ける人なんだ・・・」
ということに驚きました。
(大作家に向かって失礼な感想なのですが)
『金閣寺』『仮面の告白』などを読んだときの遠い記憶では
結構、苦労したような気がします。

ストーリーについては、
我が出身地・三重県の小島が舞台となれば、
無条件に引き込まれずにはいられません。
それにしても、歌島の人々の純粋な生活は、
今の自分の生活とはあまりにもかけ離れたものでありながらも
「そんな生活もあるだろうな」と納得できてしまう描写力に感動。

また、観敵哨での「その火を飛び越して来い」のシーンに突き当たったとき、
「ウンナンのコントで時々出てくるシーンは『潮騒』から来てたのか!!」と
三島センセイに怒られそうな感想を抱いてしまいました。
あの二人なら小説より映画のほうでしょうけれども。


潮騒
潮騒三島 由紀夫

新潮社 1955-12
売り上げランキング : 36383

おすすめ平均 star
star歌島を思い浮かべながら読むことができる青春小説
star今まで読んだ恋愛云々の本では一番かっちょよい本!秀逸!
star三島文学の登竜門。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

金閣寺
金閣寺三島 由紀夫

新潮社 1960-09
売り上げランキング : 25704

おすすめ平均 star
starズバリ
star美の本質を見つめる名作
star金閣には迷惑?

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

仮面の告白
仮面の告白三島 由紀夫

新潮社 1950-06
売り上げランキング : 49855

おすすめ平均 star
star女からみた公威クンの誤算
starこの虚構性、過剰さこそ、まさに三島文学のエッセンス
star人格は一つではない。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ
この記事のURL |  三島由紀夫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |