FC2ブログ
『社長になる人に知っておいてほしいこと』
- 2019/05/07(Tue) -
松下幸之助 『社長になる人に知っておいてほしいこと』(PHP総合研究所)、読了。

伝説の経営者が世の中の社長に向けてメッセージを発した本。
松下氏自身が書いているわけではなく、
どこかで語った言葉が、編集されて収録されています。

基本的に、経営者向けの講演会での質疑応答の様子が使われているようで、
経営者からの質問に対して、丁寧に答えている内容が記されているので
とても勉強になります。

どの質問も、経営に際して本質的な課題(売上のこと、コストのこと、従業員のこと、税のこと等)で
どの経営者も少なからず同じようなことで悩んでいるだろうなと思います。
だからこそ、名経営者の答えを知りたいと思いますし、そんな根本的な質問を素直に発せられる
質問者の真面目な姿勢は素晴らしいなと思います。

で、その質問に、松下幸之助氏は、まずは理想をもって回答するのですが、
それでは目の前の課題の解決にならないと思ったら、
「まずはこうしてみたらどうでしょうか」というような、現実的なヒントを与えてくれます。
でも、最後は、理想はこうですから誤ってはいけませんよ、と念を押してくれます。
この理想と現実を行ったり来たりしながら、最善の方法を見つけようとするバランス感覚が
さすがだなと思いました。

そして、自分への厳しさが、どのページからも伝わってきます。
社長が一番熱意を持て、
社長が一番仕事をしろ、
社長は血尿が出るまで努力しろ、
これぐらいの覚悟でやらないと、壁は突破できないでしょうね。

自分の覚悟を見直す良い読書になりました。
自分も理想の実行を徹底しなければ!




にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  松下幸之助 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『若さに贈る』
- 2018/08/13(Mon) -
松下幸之助 『若さに贈る』(PHPビジネス新書)、読了。

新書をドカ買いしてきた中の一冊。

松下幸之助氏が、若い世代の人々に向けて
自分の経験談や仕事の哲学を語った本です。

丁稚奉公の頃の話とか興味深く読みましたが、
9歳で奉公に出て、母を思う寂しさで涙が出る毎夜。
しかし、初めてお給金をもらうと、働いてお金をもらうという仕組みにはまり、
一人の寂しさも忘れて、働くことに熱中する日々。
この気持ちの切り替えが、松下幸之助ですよね。

このエピソードに触れると、その人の人生哲学というものは
子供の頃に出来上がっているのかなと思いますね。
三つ子の魂百までということかもしれません。

そんな少年が大人になると、日本一の経営者になっていくわけですが、
取引先の青年社長に向けて「小便が赤くなったことがあるか!」と迫る著者。
今、このセリフを言ったら(例えば三木谷さんが言ったとしたら)、
ブラック経営とか、圧迫経営とか、総叩きになるでしょうね。
どっぷり昭和なエピソードです。

でも、今の時代の、何でもかんでも「ブラック」と批判する風潮も、個人的にはどうかと思います。
確かに、松下氏のような経営者が、従業員に向けて「血尿が出るまで働け!」と強制したら
そりゃ大問題だと思います。
でも、松下氏が、自分の考えで、血尿が出るまで働くのは、個人の価値観だと思うんですよね。
まぁ、経営者がそんな働き方をしてたら、直属の部下は休みにくいから
直接的な強制はなくても、間接的に強制だ!と言われると、それまでなのですが。

経営者は、陰に陽に従業員に与える影響を考えなければいけないですが、
一従業員の働き方を、形式的に統制する方法、
特に、今議論されている、労働時間を基準に管理する方法は辞めてほしいなぁと
サラリーマンとして働いている頃はよく感じてました。
とことん仕事に取り組みたいという人間もいるんですよ~、ここに。
結局、長時間労働を続けると、勤務先に迷惑をかけてしまうとわかり、
独立することにしたのですが(苦笑)。

働き方改革の中で、高プロの議論がありましたが、
個人的には、自由に働けるようになると嬉しいなと思いつつ、
各企業がこの制度を趣旨通りに上手く運用できるかは疑問だなと感じました。
制度に問題があるというよりは、国会や世論の議論の内容を見ていると、
この制度を適切に運営できるレベルに、日本はいないのではないかと感じました。

高プロ制度を活用できる企業を許可制にするとか、
高プロ制度を導入していることが、企業にとって一つのステイタスになるような
エリート意識をよりくすぐるような制度にした方が、
日本経済にとっては成果は出るんじゃないかなと思いました。

と、話が横にそれちゃいましたが、
一番印象に残ったエピソードは、散髪屋のお話。
「念入りにサービスしますね」との散髪屋の主人の心遣いで、
1時間で終わる散髪が、1時間10分に長引いたとのこと。
より丁寧にすべての工程を行ったのでしょうけれど、
むしろ松下氏としては同じ品質で50分に短縮してほしかったというもの。
私も同感。

日本人は、「スピード」「時間」に関する価値の置き方が弱いように思います。
「急いてはことを仕損じる」という言葉のせいですかね。
行動が早ければ、補正も早くできますし、
いろんな人の意見を反省させながら方向修正もしやすいですし、
良いことづくめなきがするのですが、一緒に働いている人を見てても
スピードが遅く感じます。

スピード経営、もっと実践的に広まらないかなぁ。


若さに贈る (PHPビジネス新書 松下幸之助ライブラリー)若さに贈る (PHPビジネス新書 松下幸之助ライブラリー)
松下 幸之助

PHP研究所 2014-03-19
売り上げランキング : 50420

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ


この記事のURL |  松下幸之助 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『松下とホンダ』
- 2011/02/12(Sat) -
大西宏 『松下とホンダ』(実業之日本社)、読了。

日本の大企業の経営論を知りたいなぁと思っていた時に
この本を見つけたので、早速買ってきました。

よく、東洋経済やダイヤモンドなどの週刊誌に取り上げられるので、
なんとなく知ったつもりでいた両社ですが、
実は、本でしっかりと読んだのは初めてかもしれません。
松下幸之助の本は読んだことがありましたが)

突き詰めれば、松下幸之助と本田宗一郎の話にはなるのですが、
彼らの理念や思想を、組織としてどのように受け継いでいるのかが
大きなテーマになっています。

まるでそれは、利己的な遺伝子が、自分のDNAを活かし続けるために
生物という組織を余すところなく活用し、再生する過程を見ているようで
非常に面白く読みました。

創業者の熱い思いが、大企業となった今も、
組織の一つ一つの細胞である従業員一人一人に息づいている
そんな姿が目に浮かびます。

一方で、組織のカラーとしては、
全社一丸になる松下と、自由奔放のホンダ、
この対比が、また見事なまでに両極端で、面白いです。

日本の企業の発想の豊かさに触れられる一冊です。


松下とホンダ勝利のDNA―「原点回帰」が強さの秘密!松下とホンダ勝利のDNA―「原点回帰」が強さの秘密!
大西 宏

実業之日本社 2005-06
売り上げランキング : 398406

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

利己的な遺伝子 <増補新装版>利己的な遺伝子 <増補新装版>
リチャード・ドーキンス 日高 敏隆

紀伊國屋書店 2006-05-01
売り上げランキング : 5394

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ
この記事のURL |  松下幸之助 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『人を活かす経営』
- 2006/11/26(Sun) -
松下幸之助 『人を活かす経営』(PHP文庫)、読了。

読み易い、理解し易い、腑に落ちる。
ふむふむと肯きながら、面白く読むことができました。

エピソードも豊富です。

松下幸之助翁のカリスマ性だからこそ通用したんだと感じる荒業の対処法でも、
その真意を説いている文章を読むと「なるほど」。
商売というものの考え方について勉強になりました。


人を活かす経営
人を活かす経営松下 幸之助

PHP研究所 1989-12
売り上げランキング : 752808


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ


この記事のURL |  松下幸之助 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『松下幸之助の人の動かし方』
- 2006/11/15(Wed) -
藤井行夫『松下幸之助の人の動かし方』(三笠書房)、読了。

「経営者とは何ぞや」の答えを求めて、本書を読んでみました。

松下幸之助氏の経営者としての数々のエピソードをもとに、
経営者として部下に接する姿勢が説かれており、興味深く読みました。
また、松下氏の下で働いていた人々のによる松下評も多く取り入れられており、
バランスの取れた視点構成になっていたと思います。

自分の会社の経営者に、
松下翁と同じ行動を求めるつもりは皆目ありませんが、
松下翁と同じように熱意を持った経営を望みたいものです。

松下幸之助の人の動かし方
松下幸之助の人の動かし方藤井 行夫

三笠書房 2000-11
売り上げランキング : 664061

おすすめ平均 star
star松下幸之助翁の叡智を盗め!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

この記事のURL |  松下幸之助 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |