『彼らの夏、ぼくらの声』
- 2012/02/24(Fri) -
山際淳司 『彼らの夏、ぼくらの声』(角川文庫)、読了。

スポーツ・ノンフィクションというと、
まずは、対戦相手との心理的な駆け引きの面白さを想起します。
そして、ゲームが展開していく躍動感・・・・。

なので、本作の冒頭が、エベレスト登頂の話で始まったことが、
ちょっと心理的に入り込みにくさを感じてしまいました。
読みたいものとのミスマッチ。
残念。

後半は、野球やサッカーをはじめ、様々なスポーツが登場してきますが、
なんとなく、どれも小粒に感じてしまいました。

ちょっと期待過剰だったのかな。


彼らの夏、ぼくらの声 (角川文庫)彼らの夏、ぼくらの声 (角川文庫)
山際 淳司

角川書店 1997-02
売り上げランキング : 634418

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  山際淳司 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『空が見ていた』
- 2011/10/19(Wed) -
山際淳司 『空が見ていた』(角川文庫)、読了。

野球を中心としたエッセイ集。

発行年が古いこともあって、登場する野球選手たちの知識が無いため、
若干、読んでいての臨場感に欠けました。
ま、年代的に仕方が無いことなのですが。

そんな中で、巨人の新人として開幕戦に臨んだ長島茂雄と、
彼を迎え撃った金田正一の対決のエピソードは
非常に面白く読めました。
長島という選手には、時代を超える力があるんでしょうね。
そして、金田投手にも。

技術とか、戦略とか、作戦とか、いろいろ大事な要素があるのでしょうが、
それでも「気持ち」というものが試合を左右するスポーツというのは
やはり面白いですね。


空が見ていた (角川文庫)空が見ていた (角川文庫)
山際 淳司

角川書店 1985-06
売り上げランキング : 590887

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  山際淳司 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
『男たちのゲームセット』
- 2011/03/27(Sun) -
山際淳司 『男たちのゲームセット』(角川文庫)、読了。

巨人VS阪神を描いた作品だということで、買ってきました。

1973年の巨人のV9に至る最後の数試合を、
巨人、阪神の双方からキーマンを選び、描き出していきます。

試合を決めた中心人物だけではなく、
そこに参加していた様々な人物の視点を借りて、
ゲームを多角的に見せる手法は、相変わらず面白いです。

ただ、本作は、各章ごとに同じ時間を何度も行ったり来たりして、
また、同じシーンが別の視点から繰り返し語られることについての
書き分けが、あまり上手く出来ていないような印象を受けました。
つまり、ちょっと読みにくい。
ま、あくまで文章技術のお話です。

巨人と阪神というライバルであり、かつ両極端な組織集団の様子がわかり、面白かったです。
特に、阪神サイドは、野村監督の阪神論を読んでいたこともあり、
一段と興味深く読めました。


男たちのゲームセット―巨人・阪神激闘記 (角川文庫)男たちのゲームセット―巨人・阪神激闘記 (角川文庫)
山際 淳司

角川書店 1998-08
売り上げランキング : 530628

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  山際淳司 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『ルーキー』
- 2011/03/06(Sun) -
山際淳司 『ルーキー』(角川文庫)、読了。

西武ライオンズ入団一年目の清原選手を
他の選手たちの目を通して描き出した作品です。

私は子供のころ、近鉄バファローズのファンだったので、
パリーグの有名どころの選手は知っていたつもりですが、
清原選手の名前こそ知れど、その成績の偉大さは本作で初めて認識しました。

高卒ルーキーとして入団1年目で残した記録の素晴らしさは、
この本を読めば、良くわかります。
そして、高校生時代から、彼がどれだけ真剣に野球に取り組んできたかも。

きっと、私が森監督の野球スタイルをあまり面白いと思えなかったので、
無意識のうちに西武というチームを私が遠ざけていたのかもしれません。
(だって、いてまえ打線と森・西武は対極のチームですよね!?)

巨人に移籍し、オリックスへ移り、その間にいろいろと言われた清原選手ですが、
巨人での最後の年だったか、オリックスに移ってからだったか、
シーズン初めに「もの凄く精悍な顔つきをしてる!」と印象に残った年がありました。
30代後半に入ったベテラン選手であり、かつ大選手なのに、
それでも肉体改造をしてシーズンに臨むのかと、驚いた記憶があります。
その時、世間の評価を突き抜けて、「清原というのは凄い野球選手だ」と
初めて認識した記憶があります。

彼の野球への真摯な思いは、この作品を通して伝わってきたので、
テレビで解説をしてくれたら、面白そうだな・・・と感じました。

あと、本作の中でちょこっとだけ落合選手と清原選手の対談のシーンが
収録されていますが、いつかしっかりと落合理論を読んでみたいです。


ルーキー (角川文庫)ルーキー (角川文庫)
山際 淳司

角川書店 1989-07
売り上げランキング : 257280

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ
この記事のURL |  山際淳司 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『いつかまた、プレイボール』
- 2010/12/25(Sat) -
山際淳司 『いつかまた、プレイボール』(角川文庫)、読了。

プロ野球にまつわるエッセイを集めた一冊。

Jリーグが出来た当初、
野球はワンプレーごとに動きが止まるからスピード感が無くて面白くないと
我が友人のにわかサッカーファンは評していました。
また、私の父も、野球ほど、監督やコーチが試合中も選手につきっきりで指示を出す
過保護なスポーツって、他に無いよなぁ・・・なんて呟いてました。
(ちなみに父は昔も今もプロ野球好きです)

でも、私は、その間が好きです。
選手も監督も、一つ一つの間に様々なことを考え、その中で最善と思うことを仕掛け、
そして、一方は思惑通りに勝負に勝ち、もう一方は負ける。
一瞬一瞬に、中身の詰まった勝負があるところに面白さを感じます。

そんな野球の一瞬一瞬を追った本作が、面白くないわけ無い!

有名選手から、私が知らない選手まで登場し、
また選手だけではなく、コーチやスカウトまでインタビューしています。
バリエーションもばっちり。

読み応えのある一冊でした。


いつかまた、プレイボール (角川文庫 (6243))いつかまた、プレイボール (角川文庫 (6243))
山際 淳司

角川書店 1985-11
売り上げランキング : 337836

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ
この記事のURL |  山際淳司 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『スタジアムで会おう』
- 2010/11/07(Sun) -
山際淳司 『スタジアムで会おう』(角川文庫)、読了。

山際作品は2作目ですが、前作ほどには引き込まれなかったなぁ・・・。

それは、自分があまりスポーツ選手を知らないせいだと思います。
日本のプロ野球は好きなので、古い選手も有名な人は知ってるのですが、
テニスやボクシングとなると一流プレイヤーもほとんど知らない・・・。

なので、出だしの清原選手の話とかは非常に面白く読んだのですが、
野球から離れるにつれて、興味関心が失速してしまいました。

ブライアント~ローズの頃の近鉄が大好きだったので、
昔のプロ野球の話になると、パリーグの方が親近感があります。
今は、母の影響で阪神ファンをやってるので、
セリーグの選手しか、ほとんどわからなくなってるのですが。

西武VS巨人の日本シリーズを振り返る両軍の参謀役の視点とか、
ものすごく興味深く読みました。

じっくりとした駆け引きが見られる野球は、やっぱり面白い!


スタジアムで会おう (角川文庫)
スタジアムで会おう (角川文庫)山際 淳司

角川書店 1996-04
売り上げランキング : 281416

おすすめ平均 star
star山際さんの目指した「上質のスポーツコラム」
starいまいちかな

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スローカーブを、もう一球 (角川文庫 (5962))
スローカーブを、もう一球 (角川文庫 (5962))山際 淳司

おすすめ平均
stars江夏の21球もいいですが、裏方の人たちもいいですね
stars永遠の名作ですね。
stars「スポーツって何だろう?」
stars芸術的なほどの「クールさ」
stars影を描く。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ
この記事のURL |  山際淳司 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『スローカーブを、もう一球』
- 2010/04/02(Fri) -
山際淳司 『スローカーブを、もう一球』(角川文庫)、読了。

スポーツもののノンフィクションは、
あんまり読んだことがなかったのですが、面白かったです。

野球、陸上、ボクシング、ボート、スカッシュと、様々なスポーツの、
これまたプロから高校生まで、様々な立場の選手が登場します。

で、いろいろ読み比べた結果、
やっぱり野球って面白いな・・・と思っちゃいました。

結局、一人でやるスポーツは自分との戦いになって、
作品の内容も、その選手の哲学や克己心みたいなものが中心になります。

でも、野球は、一球の動きに、
野手9人、バッター、監督、コーチ、ベンチと、
何人もの人の思惑が絡まり、駆け引きがあります。
そこが、面白い!

有名な「江夏の21球」も面白かったのですが、
「八月のカクテル光線」の劇的な試合展開にハラハラしました。



スローカーブを、もう一球 (角川文庫 (5962))
スローカーブを、もう一球 (角川文庫 (5962))
おすすめ平均
stars永遠の名作ですね。
stars「スポーツって何だろう?」
stars芸術的なほどの「クールさ」
stars影を描く。
starsマイナー選手の活躍を描く

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  山際淳司 | CM(0) | TB(2) | ▲ top
| メイン |