『ゆで卵』
- 2011/04/16(Sat) -
辺見庸 『ゆで卵』(角川文庫)、読了。

食べもの、食べることにまつわる短編が収められた一冊。

『もの食う人々』が根底に流れているのですが、
一方で、エロス要素も強烈で、私の苦手な分野でした(苦笑)。

食と性が非常に密接な関係にあり、
生物学的にも、文化的にも、面白いテーマだと思うのですが、
ガツンと正面から描かれると、やっぱり引いてしまうのですよ・・・。

表題作「ゆで卵」では、「におい」というものに執着した描写を展開します。
文章で「におい」を伝えることが、五感の中では最も難しいのではないかと感じます。
そこに挑戦する気概は買います。

その他の短編も、日常の切り取り方が面白いなと思うものもあり、
ちょっと遠ざけながらも、楽しんだような次第です。


ゆで卵 (角川文庫)ゆで卵 (角川文庫)
辺見 庸

角川書店 1998-10
売り上げランキング : 366109

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

もの食う人びと (角川文庫)もの食う人びと (角川文庫)
辺見 庸

角川書店 1997-06
売り上げランキング : 3794

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ
この記事のURL |  辺見庸 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『単独発言』
- 2010/12/18(Sat) -
辺見庸 『単独発言』(角川文庫)、通読。

米国のイラク侵攻、小泉劇場、死刑制度などについて
著者の思いをぶつけた一冊。

ただ、私は、言葉に感情が乗っかり過ぎている文章は、ちょいと苦手。
文章が踊っているように思われて、冷静になって読めないんです。

サブタイトルに「私はブッシュの敵である」と言い切るように
ブッシュ政権の対イラク政策に真正面から異を唱えていますが、
どうにも、その論陣が感情的な気がして、こちらは醒めてしまうんです。

ま、私に、問題認識の真剣さ・深刻さが足りないだけなのかもしれませんが。

政治などの「仕組み」について語る時は、
整斉と理論展開して欲しいなぁと感じてしまいます。


単独発言―私はブッシュの敵である (角川文庫)単独発言―私はブッシュの敵である (角川文庫)
辺見 庸

角川書店 2003-04
売り上げランキング : 332113

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ
この記事のURL |  辺見庸 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『自動起床装置』
- 2006/09/24(Sun) -
辺見庸 『自動起床装置』(文春文庫)、読了。

通信社の仮眠室で「起こし屋」のアルバイトをしている主人公。
なんとも風変わりな仕事でありながら、
24時間稼動となた現代社会の一片を象徴する仕事です。

人間と仕事の関わり方とか
人的労働力の機械化とか
機械に職を追われる労働者とか
社会科学的視点から見ると面白い題材だったのですが、
ひとつの物語として眺めると、
最後の終わり方が、途中でブツッと切られた感じで、
ひとり取り残された感じがしてしまいました。


自動起床装置
自動起床装置辺見 庸

新風舎 2005-02
売り上げランキング : 41752

おすすめ平均 star
starわれわれの知らない時空間の記述
star王子様のキスで目覚めたい

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ
この記事のURL |  辺見庸 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
『反逆する風景』
- 2006/04/26(Wed) -
辺見庸『反逆する風景』(講談社文庫)、読了。

『もの食う人びと』と陰陽をなす本作。

「文全体の趣旨の都合から(中略)特異と異形をなかったことにしてしまう」
これは、新聞だけが持つ都合の良さではなく、
我々一人一人が持っている「眼を瞑る」という逃げ道だと思う。

自分が想定している意味を壊しに、世界を壊しにかかってくる
風景や一瞬の出来事を、如何にして自分の中に取り込むか。
痛みを与えてくれる文章です。

表題作以外も、自分には無い視点を与えてくれました。

『もの食う人びと』とあわせて、
自分の居る立場の変化に合わせて、
何度でも読んでみるべき作品だと思います。

反逆する風景
反逆する風景辺見 庸

講談社 1997-11
売り上げランキング : 85,325

おすすめ平均 star
star意味からの解放

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

もの食う人びと
もの食う人びと辺見 庸

角川書店 1997-06
売り上げランキング : 21,092

おすすめ平均 star
starものを食うことと人生。
star何度も読んで、何度もソシャクせずにはいられない本です
star「食う」とは壮絶なことなのだ・・・

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ
この記事のURL |  辺見庸 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |