『体制維新 - 大阪都』
- 2016/01/13(Wed) -
橋下徹、境屋太一 『体制維新 - 大阪都』(文春新書)、読了。

橋下さん、政界から引退してしまいましたね・・・・。
結構、各政治課題に対する主義主張は、賛同できるものもあったので残念です。

この政治家の、言葉や仕草による表現の仕方は私好みではないのですが、
しかし存在が気になってしまう大きな理由は、各政治課題の中で何が論点かを絞って提示し、
世の中の関心をひきつけ、議論を巻き起こすことが得意な政治家だったということです。

その世の中の議論は、得てして、見当違いなものも引き寄せてしまい
発散ばかりで収束が見られなかったり、橋下氏の主張を曲解しているものも多かったのは
日本人の政治感覚の幼さが明らかになり残念ではありましたが、
しかし、多くの人の関心を政治に向けることに成功していたという力量は素晴らしいと思います。

本作でも、素晴らしいと思ったのは、
当時の大阪府知事の立場で、府が抱える1個1個の課題に対する主義主張を並べるのではなく、
大阪府という大きな組織を俯瞰して、一体どうすれば府が変革できるのかという
大きな視野で語っていることです。

そして、個別課題の対策ではなく、組織制度としての構造改革を行う必要性を重ねて述べて、
そのための知事として民意を引き寄せるための方法論や、行政と連携していくための
ルールや運用面での必要なプロセスをきちんと考慮していることが語られており、
言うだけでなく「実行しよう」としている覚悟が伝わってきます。

あくまで、執筆当時にやりたいと思っていることが述べられているだけなので、
それがどれだけ実現されたかは、府民の方々が判断、評価すべきことでしょうが、
その姿勢や行動計画の立て方は、非常に勉強になりました。

今後どのような活動を行う予定なのかは知りませんが、
評論家ではなく、実行家のままで居て欲しいです。


体制維新――大阪都 (文春新書)体制維新――大阪都 (文春新書)
橋下 徹 堺屋 太一

文藝春秋 2011-11-01
売り上げランキング : 46741

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  堺屋太一 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『日本を創った12人』
- 2010/12/31(Fri) -
堺屋太一 『日本を創った12人』(PHP新書)、読了。

この本は読み応えがありました。

現在の日本の形に大きな影響を与えたという12名について
何を行い、今に何を残したのかを論じます。
この視点が面白かったです。

例えば、聖徳太子の神仏習合思想が
今の日本人の宗教観や、先進文化の取り込み方を規定したということに
1400年の時を超えた説得力がありました。

他にも、日本人の精神世界に大きく影響を与えたとして、
光源氏まで登場してきますが、一つの民族が共有している考え方というのは
結局、「仕組み」の一種なんだなと認識しました。

何をどう考えるのかという思考の仕方も、
官僚制度や経済制度といった各種制度も、
日本人がどう行動するのかということを規定しており、
日本人に行動を促す「仕組み」なんだと。

そういう「仕組み」を創った人々こそが
日本を創った人々と言えるんだということで、納得できました。

また、それらを説く堺屋太一の文章が面白い!
ぐいぐい引き込まれていきます。

年末のバタバタの時期に、楽しませていただきました。


日本を創った12人〈前編〉 (PHP新書)日本を創った12人〈前編〉 (PHP新書)
堺屋 太一

PHP研究所 1996-10
売り上げランキング : 149105

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

日本を創った12人 (後編) (PHP新書 (006))日本を創った12人 (後編) (PHP新書 (006))
堺屋 太一

PHP研究所 1997-05
売り上げランキング : 91173

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ
この記事のURL |  堺屋太一 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『油断!』
- 2010/05/16(Sun) -
堺屋太一 『油断!』(文春文庫)、読了。

石油依存度の高い日本社会に対して、
中東戦争の影響がどの程度深刻に作用するかを描いた作品。

非常に興味深いテーマを扱っているのですが、
文章の進め方が、どうにもシミュレーションのレポートを読んでいるようで、
味気ない印象が拭えません。

小説としての拙さが気になってしまい、
作品にのめり込めませんでした。

ただ、中東戦争勃発から200日の間に、
日本人300万人が死に至るという予測は衝撃です。
戦争そのものに巻き込まれるのではなく、
戦地から遠い日本の地で、経済の混乱の犠牲になるという・・・。

こんな事態に陥らなくて済むように、
小説が書かれた当時の話ではなく、
まさに「今」すべきことは何なんでしょうかね。

そこが知りたいです。


油断! (日経ビジネス人文庫)
油断! (日経ビジネス人文庫)
日本経済新聞社 2005-12
売り上げランキング : 46389

おすすめ平均 star
star世界初の予測小説

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  堺屋太一 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『組織の盛衰』
- 2009/01/13(Tue) -
堺屋太一 『組織の盛衰』(PHP文庫)、通読。

真っ当な組織を論じた書であったため、
逆に、連休ボケの頭では読みこなせませんでした。

試験勉強の合間に読むには
読み物としての物語性を重視して本を選ぶべきでした。
選択失敗。
いずれ読みなおします。

劉邦について書かれたパートは
物語性が豊かで面白かったです。


組織の盛衰―何が企業の命運を決めるのか (PHP文庫)
組織の盛衰―何が企業の命運を決めるのか (PHP文庫)堺屋 太一

おすすめ平均
stars優秀な人材を集めた組織が失敗するメカニズム
stars今まで読まなかったのがもったいなかった
stars組織には大切な役目がある
stars素晴らしい!
stars組織だって・・・『奢れる者は久しからず。盛者必衰の理をあらわす。』

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

項羽と劉邦 (上) (新潮文庫)
項羽と劉邦 (上) (新潮文庫)司馬 遼太郎

おすすめ平均
stars劉邦について、(おもしろいおやじさんだ)項羽。
stars司馬版項羽と劉邦は『人間臭さ』重視
starsきら星のごとき漢たち
stars「史記」の世界のフィナーレを飾る史上最強の2大超リーダーの激突
stars史実としての「最高の人間学」でしょ?(上・中・下通しての書評とさせてもらいます)

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  堺屋太一 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『日本とは何か』
- 2008/06/28(Sat) -
堺屋太一 『日本とは何か』(講談社文庫)、読了。

経済企画庁長官としてのイメージしかありませんでしたが、
元々は通産官僚なんですね。

さて、本作は、「日本論・日本人論」でございますが、
総花的な印象を受けてしまいました。

特に、経済の分野のお話については、
ご専門のせいか、なんだか教科書を読んでいるような感じで、
あんまり目新しい主張が無かったなぁと。

むしろ、日本人の宗教を語っている章が面白かったです。
聖徳太子を宗教の本質がわかっていない政治屋として評価しているところなどは
新鮮な視点でした。


日本とは何か (講談社文庫)
日本とは何か (講談社文庫)堺屋 太一

講談社 1994-02
売り上げランキング : 462546


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  堺屋太一 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |