『マリカのソファー』
- 2015/08/13(Thu) -
吉本ばなな 『マリカのソファー』(幻冬舎文庫)、読了。

「世界の旅①」というサブタイトルが目に止まったので、
旅行エッセイだと思って買ってきたら、小説+取材旅行記という構成でした。

その小説は、バリの明るさよりも重さの方に目を向けたかのような
多重人格障害の女のとの交流のお話で、結構ヘビーな内容です。
個人的には、ちょっと苦手な空気を漂わせてくる作品です。

こういう情緒不安定な感じは、どうにも受け入れにくくて・・・・。
バリ島の独特な多神教の世界観と、
少女の多重人格障害という世界観が重なると、なんとも重たい感じになります。

作品の舞台となったバリ島の描写は、この作品に独特の風味をつけていると思いますが、
小説よりも取材エッセイで描かれたバリ島の方が、明るい感じがして、私は好きでした。

小学生の頃、家族旅行でバリ島に行きましたが、
石造りの寺院の質感に圧倒されつつ、午後はホテルのプールで遊び、
夜は美味しい料理をお腹いっぱい食べるという、楽しい思い出の地です。
ケチャ・ダンスは、子供心に恐怖というか畏怖を感じてしまい、ちょっと怖い思い出です。

二十年以上も前の夏休みにタイムスリップできたという意味では、
夏の読書に合っていたのかもしれません。

あと、原マスミさんによる挿絵が非常に印象的でした。


マリカのソファー/バリ夢日記 (幻冬舎文庫―世界の旅)マリカのソファー/バリ夢日記 (幻冬舎文庫―世界の旅)
吉本 ばなな

幻冬舎 1997-04
売り上げランキング : 33733

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  吉本ばなな | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『デッドエンドの思い出』
- 2010/05/04(Tue) -
吉本ばなな 『デッドエンドの思い出』(文春文庫)、読了。

ふわっとした感じの短編がならぶ作品集。

ゆるやかに周囲と折り合いをつけているような女性たちが登場しています。
彼女たちの対振る舞いに共感できるところが多く、
興味深く読みました。

表題作は、ちょっと高梨君に魅力を感じられなかったせいか
イマイチのめり込めなかったのですが、
「おかあさーん!」とかは、設定も突飛で面白かったです。

ただ、ばなな作品の独特の文章リズムが、やっぱり苦手です。
時々読むのにつっかえてしまって、ちょっと戻ってしまいます。
最初に読んだばなな作品で感じた苦手意識が克服できません。
そこは、いつも残念に感じるんですよねー。


デッドエンドの思い出 (文春文庫)
デッドエンドの思い出 (文春文庫)
おすすめ平均
starsばななの本はばななファン以外の人から読まれることが無いのだろうか。
stars幸せについての話
stars思いでは明日へと続く
starsせつない一作
stars幸せは、すぐそこにあるよ。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  吉本ばなな | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『とかげ』
- 2008/05/06(Tue) -
吉本ばなな 『とかげ』(新潮文庫)、読了。

「時間と癒し」「運命と宿命」をテーマにした短篇集。

おかげで、結構、観念的な感じが強く、
自分としては読み辛いところもありました。

現実と観念が入り混じっていて、
継ぎ目がよくわからないような感覚です。

作品としては、「キムチの夢」が
読者の側にも「癒し」になっていて、気持ち良く読めました。


とかげ (新潮文庫)
とかげ (新潮文庫)吉本 ばなな

おすすめ平均
stars暖かい涙
starsよかった!
stars受け入れることの強さ
starsやさしい作品だが、物足りなさも・・・
starsとかげのタトゥーって!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ
この記事のURL |  吉本ばなな | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『N・P』
- 2007/12/06(Thu) -
吉本ばなな 『N・P』(角川文庫)、読了。

ばななさん、お初です。

前半、なんだかとても読み難さを感じてしまいました。
一文一文は明快だし、リズムもあるし、なんでだろ?と思っていたのですが、
一文一文の距離感(行間というのでしょうか?)が
自分の感覚よりも離れているような感じだと思い到りました。
この一文の次にこれが来るの?と戸惑ってしまうというか・・・・。

次に来そうな文章や描写や登場人物を、なんとなく想像しながら読んでいると
その予想からちょっとズレたところから次の文章がやってくるような・・・・・。

そして、そのズレというのは、
登場人物たちの年齢関係をよく頭に入れないまま読み進めてしまっていた点にも
原因がありました。
庄司が40代で、風見は庄司と付き合っていた当時高校生で、でもって翠は??
というわけで、場面が頭の中に描き切れずに、
次の展開を迎えては、前のページをめくりまくるという、
なんとも忙しない読書でした。

キャラクター達は、非常にユニークで、
面白い行動を重ねていたのに、
なんだか落ち着いて読めずに残念でした。
また、いつか読みなおします。


N・P (角川文庫)
N・P (角川文庫)吉本 ばなな

おすすめ平均
stars初期の傑作
stars今はまだ。
starsN・P
stars書物をめぐる双子と異母妹の幻想世界へ
stars予感

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ


この記事のURL |  吉本ばなな | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |